2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月の23件の記事

2006年8月30日 (水)

鶏のから揚げとさつま揚げ

今日の晩ごはん。

こうやって見ると、昨夜よりも色けのない晩ごはんですよねえ。野菜がまったく足りないです。うちの場合、野菜というのは生野菜のことでありまして、生野菜をたくさん食べないと、オットは060830dinner1 調子が悪くなるらしい。。。

生野菜はともかく、昨日と今日は食卓に赤いのがないんですよね。おかずの色って、けっこう大事じゃないかと思っているので、赤色がないってことは、たとえばビタミンAとかリコピンとか、そういうのが足りないってことでしょう。

◆鶏のから揚げ

鶏もも肉、醤油、紹興酒、ニンニク、ショウガ、小麦粉、片栗粉、揚げ油

鶏もも肉は、普通のから揚げよりもかなり大きく切っておきます。ビニール袋に切った鶏肉を入れ、醤油・紹興酒・ニンニクみじん切り・ショウガみじん切りを入れてもみ、30分くらい置きます。醤油と紹興酒は、いつも適当。今日はだいたい半々にしました。

粉は、小麦粉と片栗粉をやはり半々。片栗粉だけだと揚げてから剥がれやすいです。

060830karaage3 今日のお肉は大きめにしたので、粉もよけいにしっかりとつけてはたき、中火でじっくりと揚げました。

かりりと揚がってから、包丁でざくざくと食べやすく切って、上に香味醤油をかけました。レタスに包んで食べましたが、そうするとレタスもけっこう食べられますし、鶏も食べ過ぎずにすみます。

<香味醤油> 醤油、ニンニクみじん切り、ショウガみじん切り、ネギみじんぎり、切りゴマ、ラー油、お酢、砂糖、チキンスープ

もともとは、チキンスープというよりも、鶏ムネ肉を茹でたときの茹で汁を少々使います。醤油だけだと味が濃いので。その茹でた鶏ムネ肉を細かく裂いてキュウリの千切りと白髪ネギを一緒にしたものの上に、香味醤油をかける、そういうレシピがあったからです。今は適当に作って、だいたい似たような味にしていますが、この辛くて臭い(?)香味醤油をたくさん作っておくと、かなり便利。サラダにも蒸した野菜やお肉にも使えます。今日は、蒸したナスにもたっぷりとかけています。

060830surimi3実はさつま揚げが大好きです。

生活クラブの「料理用すり身」というものがありまして、わりと好きでときどき買うのですが、市販のさつま揚げは添加物が多そう。生活クラブのは無添加で味がとってもよいです。で、このすり身で自分で作ったならば、さらに美味しい。

◆自家製さつまあげ

料理用すり身1袋(200g)、タマネギ1/2個、冷凍ミックスベジタブル一掴み、大正海老4匹、酒少々、ショウガ1片、塩一つまみ、片栗粉大1くらい、揚げ油

タマネギ(2cm位の長さで超薄にスライス)、ミックスベジタブル、海老(殻と背わたをとり、5,6片に切り、酒を振る)に片栗粉を振っておきます。これを、すり身に塩を一つまみとショウガ汁を入れて練ったものと、合わせます。小さく小判型にして、中温で揚げます。海老は今日はたまたま入れただけ。入れなくても別段OK.わさび醤油で食べました。

060830kabo3かぼちゃも、私大好きでして。何のことはない、自分の好きなものばかりを日々作ってるんですよね。。。

かぼちゃはごくごく少量の水で蓋をして弱火で煮ます。水には塩を一つまみ。かぼちゃの上には三温糖。醤油は今日は使いませんでした。

このまま蓋をして、柔らかくなるまで弱火にかけますが、あっという間にできます。ちょっとわからないけど10分もかからないかな。それと、途中で鍋をゆすったりしないで、このまま。煮上がった時に煮汁が多めにあるようなら、汁だけを少し煮つめて、かぼちゃの上にかけます。

作る量が人数の割りに多いので、いつも少しずつおかずが残るのだけど、今日はかぼちゃがちょっと残っただけで、すっかりとなくなりました。

炒め物で晩ごはん

昨日(8/29)の晩ごはんです。

炒め物ばかり3品のおかずを作りました。冷蔵庫のものをいろいろと組み合わせたのだけど、なんとなく色めの寂しい食卓だなあ。。。

060829dinner1 ◆ワカメとキュウリとマイタケのゴマ油炒め

ワカメ、キュウリ、マイタケ、ニンニク、ゴマ油、調味料(豆板醤、トウチジャン、みりん、醤油、コンソメ顆粒)

ワカメは水洗いしてから熱湯をかけて戻し、さっと水にとって冷やします。水につけておいて戻すよりも、熱湯をくぐらした方が色がきれいだし、早いです。食べやすくざく切りに。フライパンにゴマ油とニンニクみじん切りを入れて熱くし、水をしっかりと切ったワカメを炒めます。半割して斜めに厚くスライスしたきゅうりと小さく分けたマイタケを入れて、軽く炒めます。調味料を入れてジャッと炒めておしまい。

◆小松菜と油揚げの炒め物

小松菜1把、油揚げ1枚、ごま油、麺つゆ、一味とうがらし

最初に大きめに短冊に切った油揚げをごま油で焼き付けるように焼いてから、切った小松菜を入れてジャッと炒め、麺つゆで味付け。仕上げに一味トウガラシ。あっという間にできるよくある炒め物。油揚げを先に焦げ目をつけるように焼くのが珍しいくらいかな。

060829dinner4

◆豚肉とセロリの炒め物

豚スライス、セロリ、サラダ油、焼肉のたれ、コショウ

セロリは葉っぱもちゃんと入れたので、無駄がないです。セロリって美味しいですよね。生活クラブのタレを使いましたが、あっさりしてコクもあっておいしいです。

肉を焼くときはやたら混ぜないで、何回か返すようにするだけ。タレを入れると全体がジャブジャブした感じになり、時間がかかると肉も硬くなるので、タレをかけまわしてすぐに肉は片側に寄せて、タレが煮詰まるようにしてから、全体を混ぜます。

仕上げに上にカイワレをどっさりのせました。肉は野菜と一緒に食べて、なるべくたくさん野菜を取るようにしたいです。

2006年8月28日 (月)

お好み焼きもどきとかき揚げ

今日28日の晩ごはん。息子が「いろいろあるねえ」とテーブルを見て言ってくれたのだけど、実は半分は残り物。作ったのは、お好み焼き風のものと、海老&枝豆のかき揚げ、キュウリ(切っただけ)くらいです。(それと、味噌汁・ご飯。)

060828dinner1お好み焼きもどき、と書いたのは、粉が薄力粉と片栗粉を使ったから。

◆お好み焼きもどき(写真のものが2枚分)

釜揚げ桜エビ85g、豚モモ肉100g、タマネギ1個、ネギ1本、卵2個、薄力粉適宜、片栗粉適宜、顆粒かつおだしプラス水、コショウ、塩、ゴマ油

桜エビは生活クラブの釜揚げの美味しい桜エビで、1袋使いました。豚モモ肉は、包丁で荒くたたいてコマにします。タマネギは短かめの超薄スライス。ネギは荒いみじん切り。薄力粉と片栗は半量ずつ。材料を一緒にして、多めのごま油で焼きました。香ばしかったけど、焼き上がりがぼってりとしてしまって、少々具合が悪かったです。

薄力粉と片栗粉が半量ずつなので、かりっと焼けるのを期待。でも、すこし置いたらかなり柔らかくなったので、焼き立てを即食べた方がよさそう。焼き上がりにマヨネーズとお好みソース、ネギ。

060828amazu ←こちらは、常備菜の甘酢づけ。

大根、人参、赤パプリカ。箸休めによいです。それと体によいかなあと思う。

人参パプリカは一緒、大根は別に漬けたものです。大根のほうには、青ジソが入っています。

それから、海老と一緒に、昨日も使った枝豆を、かき揚げにしました。

海老は、フライにするような大正海老やブラックタイガーの殻をとり背わたを抜いて、3つに切ります。酒少々を振って、生臭さをとってから、凍ったままの枝豆を入れてかき揚げにしました。

060828ebi かき揚げは久しぶり。最近揚げ物はあまりやらないからなあ~。さっくり感がいまいちだったけど、やっぱり美味しい!

枝豆は皮むきしたのを冷凍にしとくと、やっぱり便利。今のうちに少し多めにやっとこうかなあ。

このかき揚げには、広島で買ってきた藻塩を食べるときに振りました。塩っ辛くない藻塩は、とっても良い味です。

060828moshio

ゴーヤのナムル風サラダ

昨日広島から戻りました。広島駅から東京駅まで4時間とちょっと。”のぞみ”なので、早いです。

夕方5時半ころに家にたどり着き、すわる間もなく荷物の片付けと大量の洗濯。洗って干して、と大忙しです。引き続き晩ごはんを作りました。

060827dinnerこれは、昨日27日の晩ごはん。

冷蔵庫に残っていたゴーヤで、サラダを作りました。ゴーヤを使った料理はほとんど知らないので、これは思いつきなのだけど、ゴーヤも他の具も、それぞれにごま油でナムルのように和えてから一緒に合わせたので、まろやかになって美味しかったです。

量はかなり多いのです。調味料は申し訳ないのですが、いつものごとく適当で、目分量。

◆ゴーヤのナムル風サラダ

ゴーヤ1本、人参小1本、もやし1袋、卵2個、春雨50g、枝豆適宜、クルミ適宜、塩、ごま油、醤油

卵2個を割ってほぐし、塩少々を入れて薄焼き卵を作り、5mm幅くらいの錦糸卵を作ります。クルミはオーブンで軽く焼き、荒みじんにしておきます。枝豆は、湯がいてから殻をはずし薄皮を剥いて冷凍しておいたものがあったので、それを使いました。

060827goyasalad300c ゴーヤはわたを取って5mmくらいのスライスにし、塩を振って軽くもみ、しんなりしたら水で流して水気を軽くしぼります。ごま油を振って軽くなじませるようにもみ、醤油少々を振ってさらに混ぜます。人参は千切りにして、ゴーヤ同様に塩をし、しんなりしたのを洗い流して水気をぎゅっと絞って、ごま油で軽くもみます。もやしはさっと硬めに湯がいて水気を絞り、同様にごま油を振ってもみます。春雨は熱湯で柔らかくもどしてから、食べやすく切り、水気をしっかり切ってごま油でもみます。

材料を全部一緒にして混ぜ、少量の醤油、塩で味を調えて出来上がり。必要ならば、ごま油を追加してもみます。塩でもんだほかにごま油でもむというのが、ゴーヤの苦味をかなりやわらげてるかなあと思う。

それから、くるみが入ると香ばしくて美味しいです。それと、冷凍保存していた枝豆が役に立ってよかったです。枝豆は安いときに多めに買って、湯がいて皮をとったものを冷凍しておくと、色んなものに使えて便利。

このゴーヤのサラダの他には、牛スライスの炒め物とミズナ、トマト。それと、広島駅で買ってきたかまぼこ。かまぼこの一つは、広島名産の牡蠣の入ったもので、もう一つは明太子の入ったぴりからのもの。かまぼこの美味しいのがあるので、広島土産にはこういうのも良いです。少しずつ買ってきただけなので、あっという間になくなってしまいます。

2006年8月25日 (金)

数日お休みします

明日(もう今日になってしまいました!)朝から、義父母のいる広島へ行ってきます~
元気は元気ですけど、高齢だしいろいろなことがあるので、様子伺いです。25日朝から27日までお休みしますので、どうかよろしくお願いします!

アップしそこなった写真もあるのですが、時間がなくてできませんでした。カメラをあけてもいません。

月曜日にはまた載せることが出来るかなあと思っていますので、それまでどうか皆さまも、暑さに負けずに美味しいものをたくさん食べて、頑張ってくださいね!

* * *

と、上のように書いてしまいましたが、今(1AM)、カメラを明日持って行くので、入っていた中身をパソコンに移しました。その中の23日の写真を一枚載せておきますね。

060823dinner23日の晩ごはん

こちらも例のごとく大慌てで作った晩ごはんです。野菜だらけの手間のかからないものばかりで、載せるほどのこともないとは思うのですが。

写真を載せるだけ。。。

2006年8月22日 (火)

ナスとタケノコでイエローカレー

今日は午後から家の中の調査と称して、家中くまなく業者さんが見て回って、壁等の写真を大量に撮られてしまいました。部屋だけじゃなくて納戸もトイレも洗面所もお風呂も、どこもかしこも、です。

赤の他人がいきなりうちにやってきて(ちょっと違うか。数日前からわかってました。)家捜し(じゃなくて、調査)するわけだから、これってすごい。家の前の広大な地面を、これから整地して宅地にするので、種々の振動でもしかして家の土台と建物に影響があるかもしれないので、事前に調査する、そういう名目です。そこまでしないといけないくらい、振動があるってこと?!工事が始まる日が怖いです。。。

で今日、その業者さんがくるのを待ってる間、テレビである女優さんがカレーの話をしていました。急にカレーが食べたくなって、今日の晩ごはんはカレー。単純このうえない。

060822curry1カレールウやカレー粉を使ういつものカレーにも、タイカレーペーストを少々入れています。緑・赤・黄色と3種あるタイカレーペーストの中で、一番辛くないのが、黄色。

今日はイエローカレーを作りました。

ただ、お肉はなし・魚介類もなしのナス・タケノコ・インゲンのみの、野菜オンリーのイエロータイカレーです。

イエローはぜんぜん辛くないから、タイカレーというのなら、グリーンかレッドにしなさい!そういう声が聞こえてきそう。。。

◆ナスとタケノコのイエローカレー

ナス大2個、タケノコ水煮1袋、インゲンひとつかみ、トマト2個、ココナツミルク1缶(400cc)、水と酒200ccくらい、イエローカレー1袋(50g)、チキンコンソメ1個、ナンプラー適宜、オイル、ニンニク1片みじん切り

本当は炒めないでいきなり水、カレーペースト、ココナツミルクの中に具材を入れて煮込むのだけど、オイルでニンニクを炒め、野菜を入れて、それからココナツミルク・水・酒・ペーストetc.を入れてしまいました。良いのか悪いのか、おかげでコクが出たかなあと思います。

家族にはイエローで十分、と言われました。皆が辛いのが大好きというわけではないので、いいかなあと思います。皆おかわりして、ほぼなくなってしまいました。

それと、昨日の豚肉の残りをピーマンと一緒に炒めたもの。オットは代わりにお豆腐1丁冷奴で。

大根を太目の拍子木に切って、塩をして流してから甘酢につけたもの。オオバも入ってます。

それからサラダは、ミズナ、オオバ千切り、キュウリ千切り、カイワレ。

おなかいっぱいになりましたが、いつも夜遅めに食べるので、あんまりよいことではありませんね。

冬瓜入り雑穀スープ

昨日(21日)の晩ごはんです。時間がなくてアップできなかったので、一日遅れですが。

060821dinner1 ここしばらくあっさりめのごはんがよいらしく、オットは重いものには箸を伸ばしません。

毎日のごはん作りは、食べてくれる人の希望や体調ももちろん大事だけど、何にしようかなあと迷わず作る為には、自分の食べたいものを作るのが一番。申し訳ないけど、これが主婦の特権だよね。

でも昨日は私もあんまりこってりしたものは食べたくない気分。ちょうどよかった~。

いつもご飯を炊くときは、雑穀を10%~20%適当に混ぜるのだけど、この雑穀だけをスープに使っても良さそう。

ということで、丸鶏スープの顆粒を入れて、雑穀をふつふつとお粥状に煮て、スープにしました。

雑穀だけだと寂しいので、ちょうど買ってきていた冬瓜も入れました。枝豆を茹でていたので、それも彩りに入れてみたけど、この緑色が入らなかったら、見た目があんまり美味しくなさそうだったかも。

◆冬瓜入り雑穀スープ

雑穀(そば米・こきび・あわ・押し麦・いりゴマ)、冬瓜(皮を剥きワタもとって)、枝豆(湯がいて薄皮も剥く)、丸鶏スープ顆粒、酒、水、こしょう、塩、片栗粉(←忘れてました。最後にとろみを!)

先にたっぷり目の水(直径18cmの鍋に2/3くらい)に雑穀大匙4くらいを入れスープの素も入れて、沸騰したら火を弱め、おかゆを作るように煮込みます。ここいらへんはかなり適当。途中でお酒を少々。それと、一口大に切った厚めのスライス状の冬瓜を入れて、またふつふつさせます。最後に枝豆。これはもう湯がいてあるので、最後でOK。塩、こしょう。片栗粉で軽くとろみをつけて、出来上がり。

急に思いついて初めて作ったけど、これは案外、私好み。お代わりしてしまいました。(私だけだけど。)

白米に入れる為に調合された雑穀を使ったので、いりゴマも入ってます。そば米はスープ煮使うと美味しいので、そば米だけあったら、もっと入れたかったです。

他には、豚モモ肉の切り落とし(かなり薄い)を買っていたので、それを串焼きにしました。(普通のスライスよりももっと薄い方が良いです。)これはとっても食べやすくて、美味しい!美味しいのは当然で、市販の焼肉のタレにお肉をつけてから、焼いたからでして、誰が作っても同じ味。。。

フライパンで焼くので、串は短めが作りやすいです。焼き付けるように両面を焼き、仕上げに一味トウガラシをふります。

それから、トマトを湯剥きして大きめの一口に切り、皮剥きしたきゅうりと一緒にした、シンプルなサラダ。

ナスは黒焼きにして皮をむきました。魚焼きのグリルでヘタを切り落としたナスを、そのまま焼きます。表面が黒くなるまで。一度ひっくりかえして。焼けてふにゃふにゃに柔らかくなったら、水にとり、皮をむきます。食べやすく切って、上にネギをのせてポン酢をかけました。

朝炊いたご飯が残りそうだったので、甘味噌をつけた焼き結びにしました。甘味噌は、味噌、みりん、砂糖、すりゴマ、それとみじん切りのミョウガ。三角に握ったごはんの上に、その甘味噌をたっぷりとのせて焼きますが、オーブンで一気に焼くので、簡単です。ミョウガはふだんあんまり甘味噌には入れないけど、これはなかなか美味しかったです。

8月も後半にはいって、いよいよ暑くなり、肉肉したおかずは(お肉いっぱいってことです)ちょっとカンベンしてと言われているので、串焼きの豚肉も量が少なかったけど、これで十分。(息子はちょっと足りなかったかも)

2006年8月20日 (日)

マカロニの朝ごはん、蕎麦の晩ごはん

暑がりの私は、普通の人ならたいして暑さを感じない日でも、情けないほど汗をかきます。これって、更年期の症状、というよりも、もともとそうなんですよね。恥ずかしくて、真夏はなるべく外へは行きたくない気分。

今朝も朝から暑い!起きてすぐからだらだらしてて、どうもけじめがつかない日です。

ご飯作りも面倒。しかも今朝はパンもないし、ご飯も炊いてない。。。。。

060820break わざわざ写真を載せるほどのものじゃないのはわかっているけど、思い切って。

穴の直径が1cm以上あるマカロニを炒めたもの。わざわざ書くまでもない、よくある作り方。

Rigatoni No50(リガトーニ)と袋に書いてあります。

これ、500g入りの大袋だけど、たった100円でした!100円だけど、ちゃんとデュラムセモリナ。

リガトーニひとつかみ、ベーコン4枚、タマネギ1個、ピーマン3個、トマト缶詰1缶、オリーブオイル、チキンコンソメ、塩、コショウ

あとは、サニーレタスをちぎって、上にシーチキンを載せただけのサラダ。

先に洗濯物をやっていたので、朝ご飯が遅くなり、10時半くらいに食べましたから、お昼も兼用です。

夜は夜でお蕎麦にしたので、続けて簡単メニュー。

060820dinner1

冷たいお蕎麦を冷やし中華風にして、キュウリと錦糸卵と白髪ネギをのせました。

お蕎麦の時って、茹でたてをサッと出して食べないとせっかくの味が落ちるので、大慌てです。他のおかずも薬味もツユも、全部準備が整ってから。

蕎麦は、いつもの十割蕎麦。

トマトを切って、またまたサニーレタスとシーチキンのサラダ。

それと、もう一つは・・・・・

息子に 「鰻だ!」 と喜ばれたけど・・・・・

ちゃんと見た息子が、「なーんだ違うのか!」って、がっかりしていました。オットも同じ。。。

060820dinner3

こんなのをこの大きさで載せるのも、ちょっと、とは思ったけど。。。サバのみりん干しです。

上にネギを載せたので、よく見えない。

ネギと一緒に食べた方が美味しいかなあと思って。

がっかりさせて申し訳なかったけど、そうそう鰻というわけにはいかないでしょ。

060820dinner2

梅干し、その後

8月13日に土用干しをしたあの梅干し、いったいどうなったでしょう。その後のも載せないと、中途半端な気分。

060814ume1 ←これは14日。

13日と14日午前中はお天気が良かったのだけど、このあと崩れてきました。14日からの週間天気予報を信じていた私としては、なんか裏切られた気分。

しっかりとお日様に照らされ、一日半は土用干しの効果がありましたけど、これ、3日3晩干さないとちゃんとした梅干にならないのでは。。。

梅干し入門者の私としてはかなり心配。

060814ume3 たった一日半だけど、よく見ると表面は塩を吹いています。シソも白っぽくなりました。

でもこのあと降ったり止んだりの、最悪の天候。

雨に濡れないように軒下に入れたり室内に取り込んだりで、これはもう土用干しではないですね。。。

結局は晴れたら外へ、空が危なくなったら室内の窓辺へ、としょっちゅう移動させて、まるまる4日間が過ぎたところで、この梅を梅酢にもどして冷蔵しました。

060820ume1 ←今日20日の写真。

土用干しが順調だったら、きっともっと果肉が柔らかくなったのかも。初めてなので、よくわからないです。

さっき一つ食べてみましたが、もともと肉厚の梅で、こんな風に漬かっても果肉はしっかりとしています。味は、ちゃんと普通の梅干し!むちゃくちゃ、すっぱい!美味しい!

土用干しがうまくいってたら、もっとふにゃりとした柔らかい仕上がりなんだろうなあとも思うけど、初めてだから、まあこんなもんだよね。

赤ジソが少なめだったので、来年はもっとたくさん入れようと思っています。それと、今回は梅2キロだったけど、もっと多くてもいいかなあ。自分で漬けた梅干は、安心して食べられるし、自分で漬けたというだけで、美味しいです!(自己満足!)

一緒に干した赤ジソはお天気がイマイチな為、いまだに乾燥させているけど、明日あたり、粉砕してゆかりにしようと思っています。

2006年8月19日 (土)

ポテトのアンチョビ炒め

今日はお昼前から出かけることにしていたのだけど、ゆっくり8時半ころから朝ご飯の仕度。

平日ならオットが6時半には家を出るので、その前にオット用の簡単な朝ご飯。息子はそのだいぶ後に起きてくるので、別の朝ご飯をもう一度、という2段構えの朝ご飯になります。今日土曜日はオットは休みなので、朝も一度で済むので、どちらかというと土日のほうが面倒がない。

何を作ろうかと雑誌をながめていたら、ジャガイモ料理が目につきました。

ジャガイモとピーマンをアンチョビと一緒に炒めるのは、朝からちょっと重そうな感じだけど、ジャガイモも最近使ってないことだし、確かアンチョビのペーストがあったはずだし。。。

060819break1

炒め物なので、大して時間はかからないですが、作った量は相変わらずの多め。残ったら、ひとり留守番をする息子にまた食べてもらおうということにして。。。

◆ポテトのアンチョビ炒め

ジャガイモ大3個、ピーマン3個、赤パプリカ1/2個、タマネギ小1個、アンチョビペースト適宜、オリーブオイル、牛乳1/2カップくらい(たぶん)、コンソメ顆粒少々、コショウ

アンチョビは普通の缶詰のがあったらそちらのほうを使います。今回はペーストになったものが残っていたので、それを使いました。アンチョビは塩気がきついので、分量は好みで。入れすぎると塩っ辛くなるので、気をつけて。ペーストのチューブをギューッとしぼり入れたんだけど、私も分量しっかりとわからないです~(笑)

オリーブオイルで5mm~1cmくらいのスライスしたジャガイモを炒め、油が回ったらタマネギ、ピーマン、赤パプリカを入れてコンソメとコショウを振り、焼き付けるように更に炒めます。牛乳を入れて蓋をして数分蒸し煮にしてから、アンチョビを加え、水気をとばすように炒めて出来上がり。炒め物は、物にもよるけど、あんまり触り過ぎると、崩れてしまうこともあるので、炒めるというよりも、焼き付けるようにすることが多いかな。

これプラスで、今朝はフレンチトースト。

夕べのうちに、残っていたパンを食べやすく切って卵液につけ冷蔵しておきました。こういうのは、前の晩にやっておくと朝がらくちん。一晩卵液に浸ってパンがやわらかくなってるし、作業が早い!

今朝はそれをバターで焼きました。漬けてた卵液は、卵、牛乳、ハチミツ、バニラオイル。甘くはしなかったので、好みで焼き上がりにメープルシロップやハチミツやジャムなどを。

今朝のお茶は冷たい中国茶にしたので、こってりめの朝ご飯にはよかったです。パンとポテトとで、せいぜい20分くらいで出来上がり。

2006年8月17日 (木)

お豆腐団子でひとりご飯

朝送っていく車の中で、晩ごはんが要るか要らないかを尋ねるのが常だけど、今朝オットにも息子(二男)にもなんと言われたのか・・・定かではない状態。

どっちもいらないって言われたような気もするなあ。いつも同じことを聞くので、その返事もふっと忘れてしまうわけでして。ぼけてるだけなのかもしれないのに、ぼけてるわけじゃないっていう言い訳だな、これは。

長男は夕方、都内に戻って行き、いらないって言われたかもと思いつつ、晩ごはんは一応オット・二男・私の分の3人前を用意しました。でも、9時近くになっても帰ってこないので、やっぱりいらなかったみたいだね。・・・私一人だけで食べることにしました。

060817dinner2今、こうやって書いてる私の隣で、さっき帰宅した二男もパソコンをしてます。

「お母さんの夕ご飯はこれだよ」 と見せたら

「低カロリーなものばっかだね」 って。

そうでもないでしょう。お豆腐のお団子は、一応揚げ物だしね。

これは、自分で言うのもなんだけど、美味しかったです。(いつも同じ言い方だね!)さっき息子はこの揚げ物もつまんでいくつも食べてました。「豆腐が80%だな、これ」 って言われたけど、50%ですよ!

それと 「人参だけあるって、すごくない?(しり上がりに!)」って。「人参は甘酢漬け!」 とまた私の反論。

まあ確かに、ひじきだ豆腐だ緑の野菜だじゃあ、若者には寂しいでしょうね。でもこういうのが体調をよくする食事!(と、私だけが声を大きくしているわけです。)

060817dinner3

◆お豆腐団子

鶏ミンチ250g、タマネギみじん切り1/2個分、木綿豆腐1丁、青ジソみじん切り10枚分、ショウガみじん切り多め、卵1個、醤油、塩、片栗粉大1くらい、揚げ油

タマネギは生のままで、かなり細かいみじん切り。鶏ミンチ・ショウガ・卵・醤油・塩をしっかり練ってから、タマネギ・青ジソを入れて混ぜ、豆腐をくずしながら入れてさらにまぜます。この種を丸めて、分量外の片栗粉をまぶして(適当に)中温の油でゆっくりと揚げます。1個が4~5cm位。大きいです。タレは麺つゆ。中がふんわりと柔らかく、食べやすくて美味しかったです。

060817dinner5_1肝心のご飯はこれ。一応、混ぜ寿司なんですよ。

先週甘酢につけておいたミョウガ3個(1パック分)。寿司飯をつくりまして、切ったその甘酢漬けのミョウガをスライスして混ぜました。寿司飯が茶碗4杯分くらいなので、甘酢漬けミョウガ3個じゃ足りない気がして、昨日買ってきたミョウガ1個をみじん切りにして、更に混ぜました。市販の甘酢漬けラッキョウもスライスして入っています。ミョウガとラッキョウそれぞれが漬かっていた甘酢もスプーンですくって1,2杯入れています。これがまたいいお味!

野菜はサニーレタス、キュウリと青ジソ、ミズナ。このすし飯と野菜をマゼマゼしていただきました。すし飯と生野菜が同量くらいなので、いかにもヘルシーな感じ。

◆ミョウガとラッキョウの混ぜ寿司

寿司飯(ご飯、お酢、砂糖、塩、ミョウガ甘酢少々、ラッキョウ甘酢少々)、ミョウガ甘酢漬けスライス、ミョウガみじん切り(生)、ピリ辛ラッキョウスライス、白ゴマ

ラッキョウの甘酢を入れたけど、野菜の甘酢づけにラッキョウとその甘酢も入れるレシピがあり、ときどきそれを作っているので、酢飯にもいいかなと思ったから。もうばっちり。

060817dinner1 最後にこんなことを言うと、あれれ?なんだけど・・・

本当は今日はお豆腐団子をつくるつもりじゃなくて、こちらの豆腐ハンバーグだったんですよね。

これを先につくったけど、上記の分量では多くなりそうだったので、小ぶりを7個焼いて、残りをお団子にして揚げたわけ。

で、揚がったらそっちのほうが美味しそうだったもので。。。

こんなことはしょっちゅうですね。帰ってきた息子はお豆腐団子もつまんで食べたけど(オットも食べたの)、この豆腐ハンバーグも半分食べてしまって、せっかく明日のおかずにしようと思ってたけど、これで終わりになりそうです。

2006年8月16日 (水)

ひじきの煮物厚揚げ入り

海草類は大好きだけど、ワカメは頻繁に食べていても、ひじきはこのところご無沙汰だったかな。

晩ごはん用にひじきの煮物を作りましたが、別のおかずになるはずの厚揚げも、時間の都合で、ひじきと合体してしまいました。まったく、こういうことがやたら多いです。

060816dinner3

(息子から今電話あり、です。迎えに行ってきますね。。。。)

(戻りました~)

◆ひじきの煮物

芽ひじき1袋(50g)、厚揚げ2枚、人参中1本、大豆素材缶1個(140g)、ゴマ油、酒、みりん、醤油、出し

厚揚げが2枚も入ったので、私てきには、今晩のおかずはこれが中心!と思ってます。(笑)

他には、蒸し野菜のポン酢かけ(かぼちゃ、ナス、ブロッコリ)。この蒸し野菜は、甘みが出ておいしかったです。別のものを作ってる脇で、勝手に蒸してくれるので簡単。電子レンジで加熱するのはどうも苦手。普通に蒸したほうが、私には簡単です。

060816dinner2

それと、豚超スライス肉の焼肉。串焼にしようと思ってたのに、それも時間切れで、ただの焼肉になりました。ミズナたっぷりをしいて。

お粥(これはオット用)また炊きました。炊飯器のご飯は息子用。お粥は1/2合炊いて、2人で満腹。

2006年8月15日 (火)

春雨のカラフルピリ辛炒め

頻繁に出てくる春雨の炒め物。今日は晩ごはんはオットと2人だけだったので、簡単に炒め物をしました。

おまけに、ご飯は炊かずにお粥に。お米から作るお粥って、案外簡単です。普通のご飯はついたくさん食べてしまうので、お粥にしたほうがダイエット的にも良いので、今年になってから、特に寒い時期はお粥をしょっちゅう作っていました。暑くなってからはやらなくなっていたので、今日は久しぶりです。お粥は、出来上がりの最後の方にクコの実を入れました。

060815dinner1

実は冷凍庫の中身がそろそろからっぽ。

一回は生活クラブの注文書を出し忘れ、次の一回は旅行で留守だったので注文せず。で、とうとうメインを作れるような材料が尽きてきてしまって、ありゃぁ~という感じ。

冷凍庫にあったのは、今日使った海老。それとスープを取る為の鶏がら、鶏もも肉1枚。。。

鶏もも肉を解凍するのは、時間的に間に合わなかったので、海老を使うことにして、我が家的にはゼンゼン珍しくもない、春雨の炒め物となりました。

息子がご飯要らない、というので、これでOKだったけど、食材が少なくなってくると、なんだかご飯作りも心細い。。。今日来ると思ってた生活クラブさん、今日はお盆休みで配達なしだった。忘れてました。。。明日は買い物に行かないと。

◆春雨のカラフルピリ辛炒め

春雨100g、海老中サイズ1パック、パプリカ1/2個、セロリ大1本、タマネギ中1個、インゲン(冷凍)一掴み、人参1/2本、オイル、ニンニク1片、コショウ、酒、塩、醤油少々、豆板醤

最初に、みじん切りニンニクとオイルとで、皮と背わたを取った海老を炒め、いったん取り出してから、オイルを足して野菜を炒めました。味付けして、お湯で戻して切った春雨を入れてさらに炒め、海老を戻して炒め合わせる。

本当は味付けにナンプラーを使いたかったけど、昨日の素麺のつゆで、それもなくなってしまいました。ナンプラーも使いつけると頻繁だなあ。ワンパターンにならないように、気をつけないと。

セロリは昨日も使ったけど、炒め物にするとやっぱり美味しいです。豆板醤が多めに入ったので、ちょっと辛かったですね。ミズナとキュウリの千切りを大量に添えて、一緒に混ぜて食べました。火の通った野菜も、たくさん野菜を食べるにはいい方法だけど、やっぱり生野菜もしゃきしゃきして美味しいです。

生春巻きの海老シンジョ揚げ

ライスペーパーを使った揚げ春巻きです。昨日14日の晩ごはん。

生春巻きは、生野菜をたくさん入れて食べるのが美味しくてヘルシーで、けっこう好きですが、揚げ物にしたのは、初めてです。

060814dinner3子供も皆成人して、今家にいるのは末子である二男のみ。子供三人皆家にいた時は、もちろん野菜類も大量だったけど、おかずは肉類・揚げ物が主体で、しかもあっと驚くほど大量に作っていました。お弁当作りも毎日あったし、揚げ物はよく作るごく普通のおかず。

最近(今年の年明けくらいから)は、オットの要望で、割とさっぱりめのものが多くなりました。揚げ物類も控えて、サラダオイルの消費量がガクンと減りました。

でも、ごく最近は、こういう揚げ物類もまた復活。息子は喜ぶのだけど、あんまりつくり過ぎないように気をつけないといけません。揚げ物のときって、オットは目で 「エッ?!やめて欲しいなあ」 と言ってますもんね。

生春巻きの揚げ物、なんて言ったらいいかわからないけど、やっぱり小麦粉で作られた春巻きの皮とは、食感が違うんですね。春巻きの皮のほうが、単純にサクッ、カリッとしてます。ライスペーパーは、カリッとしていても少々歯にまとわりつく感じ。でも、珍しくて美味しくて、カロリーさえ気にならなければ、具を変えて、また作りたいです。

この日の具は、生活クラブで買って冷凍保存していた、すり身の海老、それと青ジソ。もう出来てるすり身なので、簡単ですよねえ。

060814ebishinjo

揚げ春巻きを上手に作るには、ライスペーパーの切り方に工夫が必要だったらしいです。

でも、今回はごく普通に1個1枚ずつ。

手前に種を置き、その先に青ジソを置いて、ごく普通の巻き方で。

小さめにしたほうが良いようです。

解凍した2袋の海老しんじょに、酒とみじん切りのショウガを混ぜただけの具です。青ジソは10枚。全部で10個の揚げ春巻きを作りました。

食べるとき、チリソースをたっぷりつけるのが好きです。上写真の左上の赤いのは、人参と赤パプリカの甘酢漬けです。数日前に作っていたもの。

巻いてすぐ揚げないで、数分置いて皮が落着いてから揚げた方が、いいみたいですね。

中温よりも少し低めで揚げ始めたけど、途中で皮が膨らんできてギョッとしました。でも大丈夫でした。良かった~

写真のとおり、ちょっと温度が低かったみたい。2度目3度目はもっと高めにして、かりっと揚げましたが、青ジソのところが、揚げ上がりがなんとなくフニャっとしてて、次回は工夫が必要かな。

お米のご飯も炊いてあったけど、素麺にしました。

060814dinner5 例によって、お汁はホタテ味のコンソメで、ナンプラーをかなり入れて味を調節しました。冷たくしてあります。

上には麺と同量くらいの野菜。

キュウリ2本とセロリ1/2本分の千切り、カイワレ2パック、青ジソ10枚

この分量で3人分。大人向きの分量の野菜がのっかった、冷たい素麺。

サラダは作らなかったので、サラダ代わりでもありますね。ナンプラーの味とセロリのほんのりした苦味が美味しかったです。

2006年8月13日 (日)

日曜の簡単ご飯

昨日の朝から二男はサークルのお楽しみ一泊合宿へ出かけて留守。代わりにオットは出張から昨夕戻ってきました。それは昨日も書いたとおりです。今日は朝・昼は2人分、夜は二男が戻ってきて3人。長男は明後日くらいに、またやって来るかな。

我が家はどういうわけか洗濯物がとても多い。毎日、家族の人数以上と思われる大量の洗濯物を洗っていますが、今朝はオットの1週間分の洗濯物も加わって、またまた大変。

そろそろ危なくなっていた洗濯機が、今朝3回目の洗濯のときにとうとう壊れてしまいました。

うまく動かない洗濯機を相手に、無駄にあれこれと抵抗してくたびれ果てました。洗濯機相手に格闘もしたけど、床もものすごく汚れてしまって、その掃除もめちゃくちゃ大変。おまけに、洗濯機が動いてくれない代わりに、残りの洗濯物は手洗い。干すのに、家の1階と2階を必要以上に何度も何度も行き来して、ほんと、ああ疲れた~。

大物でなければ、洗うことはなんとか大丈夫。でも問題は脱水。結局、手洗いしたものは乾いてくれませんでした。

ご飯にはまったく関係ないことだけど、洗濯機が壊れるって、家庭の一大事ですね。そろそろいろんな電化製品が順番に壊れていきそう。。。

060813lunch お昼ごはんは2時頃。簡単にスパゲッティにしました。もう疲れてめんどう。。。でも私一人じゃないし。主婦はつらいねえ。。。

(これの前に載せた梅干は、お昼ご飯の後に外に干して、写真を撮ったんですよ。もう元気復活!)

大山ハムの乾塩ベーコンと冷凍のインゲン、それだけの簡単なスパゲッティです。

2人分なのに量が多くて、オットはお皿を見ただけで「もうおなかいっぱいになったよ」って。(笑)

でも、案外おいしかったです。オットも私も完食。

ニンニク1片、オリーブオイル、ベーコン70gくらい、インゲン一掴み、塩、コショウ、醤油ちょっと

インゲンは冷凍だったので、焼き付けるようにしっかりと炒めました。

晩ごはん・・・こちらもただ炒めただけの、またまた超がつく簡単さ。わざわざ載せようという人(私のこと)の気がしれないですよねえ。(笑)

060813dinner

我が家では出番がなかなかやって来ない牛肉!

生活クラブの牛スライス肉をピーマンと赤パプリカと一緒に、炒めただけです。おまけに使ったのは、エバラ焼肉のタレ!!

サラダオイル、ショウガ1片、牛スライス350g、ピーマン4個、赤パプリカ1/2個、豆板醤、エバラ焼肉のタレ、コショウ

豆板醤を入れたので、ぴりりと美味しかったです。

上にはミズナのざく切りをのせて、さらに上に焼肉のタレを少しかけました。

フレッシュなさっぱり味のミズナと一緒に、ピリ辛の炒め物を食べるのはおススメです。

初めての梅干づくり

7月に入ってすぐのころ、梅干作りをしました。

梅は生活クラブで2kg購入し、届いた梅の袋に入っていた 「梅干しの作り方」 というメモ書き程度の紙を参考にしましたが、なにしろ簡単に書いてあるだけ。ネットでちょっと調べましたが、それぞれ微妙に違います。

とりあえず、梅を洗って水を切り、15%の塩をして重石を、。数日後、白梅酢が上がったところで、塩でもんでアク出しをした赤ジソを梅の上に広げて、その上にまた重石をして、1ヶ月おきました。

060813ue1 正しくは、1ヶ月ではなくて40日ほど過ぎています。

←今朝の写真。梅の入ったホーローの入れ物。

昨日は雨が降ったけど、今日からは晴れるはず・・・・・

ということで、土用干しをすることにしました。

重石を取って赤じそをどけて、漬かった梅を見たのは、これが初めて。梅を取り出してザルに一つずつのせました。

060813ue3

生活クラブの梅は、下曽我という所のものらしいです。下曽我って、神奈川県ですか?

割と大きめで、ふっくらとしたいい梅でした。

添付の説明書には、「下曽我の梅は果皮が柔らかいので、水に浸さないでください」 と書いてありました。

普通、梅干し作りをするとき、事前に梅は一晩たっぷりの水に漬けて、アク抜きをするようです。(初めてなので。。。)

そういうわけで、この梅は洗って水切りしてからすぐに塩漬けしました。

060813ue6 手持ちの竹ざるに2kgの梅がピッタリ。赤じそも一部を一緒に干して、ゆかりを作ることにしました。

たまたまお隣の奥さんが庭の手入れをしていたので、声をかけて、この後どうしたらいいのかを尋ねました。お隣さんは今年はやってないけど、去年は6kg漬けたって。

そうか。。。2kgは少ない。

でも私は今回初めてだから、いきなり欲張ってもね。

狭い庭にはコンテナがいっぱい。コンテナの脇に、この梅のザルも並びました。なかなか楽しいいい景色!(笑)

060813ue8 ザルを直におくのはためらわれたので、下にアルミの寸胴鍋をおきましたが、寸胴鍋の使い方っていろいろあるもんでしょ。(笑)

夕暮れの頃、なんとなく空の向こうでまたゴロゴロ・・・

また雷?

日に1~2度梅を返して、夜もこのまま3日間。

この3日間だけはどうか降らないでって、祈っています。

2006年8月12日 (土)

冷たいうどんに梅肉

6日から出張に出かけていたオットが、今日の夕方ようやく戻ってきました。

飛行機が成田に近づいた頃、雷がごろごろドッカーンと大変な状況だったので、空港付近の上空でしばらく旋回し、予定よりも遅れて到着したようでした。

晩ごはんはオットの好きなうどんにしました。頂き物ですが、小豆島の手延べ生うどん。茹でるのに時間はかかりますが、こしもあり小麦粉の旨味が伝わる美味しいうどんです。

060812dinner1ブログのお友達のみぃさんのところで見たうどんには、梅肉がのっていて、さっぱりして美味しそう。マネをさせてもらいました。みぃさん、ありがとう!またよろしく~!

梅干もあったけど、それとは別に 「うめびしお」 という生活クラブの梅肉の瓶詰め(材料は、梅、赤じそ、塩)があったので、それを使いました。

「うめびしお」に、すりゴマ、ネギみじん切り、青ジソみじん切りを入れて練り、それをうどんの上に載せました。ネギは、白髪ネギ(と言うには太過ぎ)にして、たっぷりと。たれは、普通のめんつゆです。

060812dinner2_1

他には、シャブシャブ用の豚スライス150g、大量のネギ、マイタケ1パックを炒めた物。オイスターソース、醤油、みりん、コショウで味付け。

それと、今日は夕方早めに、人参の甘酢漬けをつくっておいたので、それも出しました。

060812sour5 人参2本を太目の棒に切って、蒸しました。案外、早く柔らかくなります。シャッキッと歯ごたえを残したかったのに、蒸しすぎになってしまいました。

小ナベにお酢と砂糖と塩と水少々タカノツメ1本を入れてさっと煮立て、甘酢を作りました。

入れ物に蒸した人参を入れて、甘酢を注ぎ荒熱をとってから冷蔵庫へ。赤パプリカも、蒸してから皮を剥いて切って、同じ甘酢の入れ物に入れました。

しばらくもつので、箸休めにいいです。

他にセロリとかキュウリもあったら、同様に甘酢に漬けたのだけど。

ミョウガを1パック買ってきていたので、それも甘酢に漬けましたが、そちらは今日は使いません。甘酢につけると、ミョウガってほんのり赤くなるんですよね。

ミョウガの甘酢漬けは、朝のテレビ番組「はなまるマーケット」でやっていたものです。これ、なんに使おうかなあ。

060812sour4

2006年8月11日 (金)

蒸し野菜のピリ辛ゴマダレ

時間がなくて大急ぎの手抜きご飯です。

060810dinner1 野菜を切って蒸して、上にこれまた大慌てで作ったピリ辛のゴマダレをかけた、サラダ代わりの野菜。

野菜は、ナス、キャベツ、かぼちゃ

蒸しあがったら、上にミズナを食べやすく切ったのをのせて、その上にたっぷりとゴマダレ。

ピリ辛ゴマダレは・・・

お酢、切りゴマ、ごま油、ラー油、豆板醤、砂糖、醤油、みじん切りネギ、みじん切りニンニク、みじん切りショウガ

写真ではわからないけど、ナスもキャベツもかぼちゃも、とっても柔らかいです。特に、ナス。もうトロトロです。

こういう蒸し物は蒸したてもいいけど、つめたくしても美味しいですよね。

写真向こうはサモサ。恥ずかしながら、サモサといっても、三角にしたからサモサと言ってるだけです。遠い昔に本を見て作ったものの、その後は適当な中身。

春まきの皮を使うので普通に巻いたらただの春まきだよね。

こういう風に三角にしたほうが、ぱりぱり感があってさらに美味しい気がします。息子にはとても好評でした。具はいつものように冷蔵庫のものを適当に使いました。牛ひき肉、タマネギ、ピーマン、春雨、カレー粉、タイカレーペースト少々、コショウ、ニンニク、酒

こんどジャガイモ入りを作ってみようかと思います。

2006年8月10日 (木)

オイスターソースでチャンプルー

少し前のレタスクラブをながめてたら、ケンタロウさんがゴーヤチャンプルーにオイスターソースを使っていました。オイスターソースを使うのは、ケンタロウさんのオリジナルということです。(ここにちゃんと書いたから、いいですよね!)

私は沖縄料理には(だけじゃないですが)まったく疎いのだけど、オイスターソース使いの炒め物はよくするので、1本買ってあったゴーヤでためしてみることにしました。

具材はその雑誌では、

ポークランチョンミート缶、卵、ゴーヤ、モヤシ

だったけど、私のは冷蔵庫整理もかねて、いろいろごちゃごちゃのゴーヤチャンプルー。要は炒め物なのだから、相性さえよければ何でもいいわけですよね。(言い訳がましい?)

060808dinner1前回の使い残しの黄ピーマンもブロッコリもこちらに使い、さっぱりしました。

アップが遅れましたが、8日夜のご飯です。オットは出張で留守。息子が一緒なので、けっこうカロリーアップしているおかずです。しかも量が多い。卵は入れてません。

◆ゴーヤチャンプルー

(ゴーヤ1本、豚肉超薄切り400g、タマネギ1個、ブロッコリ1/2個、キュウリ2本、黄パプリカ1/2個、ニンニク1片、しょうが1片、オイスターソース大1~適宜、酒、コショウ、ごま油)

ゴーヤは、縦に切ってわたと種を取り除き、5mmくらいに切る。塩をふってもみ、10分くらいたってから、水でさっと洗って水切り。フライパンにごま油を熱してニンニク・ショウガをいため、ゴーヤ、肉を入れていためる。残りの材料(切ったタマネギ、ブロッコリ、パプリカ、キュウリ)を入れて手早く炒め合わせる。酒を振り、オイスターソースで味付け。塩、コショウで味をととのえる。

なんとなく、ゴーヤの影が薄いチャンプルーですよね。でも、豚肉も多いけど野菜類もかなりたくさん入っていて、これはとても美味しかったです。

野菜類は、歯ごたえがなくなったら美味しくないので、炒めすぎないように色鮮やかさを残して。キュウリは生でもOKの野菜だから、大きめに斜め切りに。

キュウリは好んで炒め物に使っています。しゃきっとして、さっぱりとしておいしいです。このキュウリのおかげなのか、ゴーヤの苦味をあまり感じませんでした。

この日は、春雨の入ったカレー味の炒め物を作って、春まきの皮に三角に包んで揚げようと思っていました。サモサもどきです。ところが春まきの皮に包んでる時間がなくて、なんと、春雨入りカレーになってしまいました。。。こんなことでいいんでしょうか。カレーとして食べた残りは、後日サモサに。

2006年8月 8日 (火)

パイナップルチャーハン

今日8日のお昼ご飯です。

060808lunch1 のの(二男)が昨日の夜遅く、大きな荷物を持って合宿から戻ってきましたが、ぐったりと疲れ切っていて、起きてきたのはお昼。出来上がったばかりのお昼ごはんを食べて、すぐまた寝てしまったようです。

昨日炊いたご飯が保温でそのまま残っていたので、チャーハン作ろうかと。昨日の使い残しの大山ハムのポチキも残っていることだし。

前も触れたことがありましたが、「ヴェトナムアリス」で買ってきた本をぱらりと見ておりまして、パイナップルチャーハンが目につきました。パイナップルは生はないけど、缶詰ならある。生活クラブのパイナップル缶なので、無添加かつシロップはパイナップルのジュース入り。

辛いポチキと甘いパイナップルは、きっと相性抜群でしょう。よし、それだ!

本は参考にはしましたが、材料はその通りではないです。2人なのに、3人前くらい出来上がりました。

◆パイナップルチャーハン

(チャンクのパイナップル缶大2/3、ポチキ4本で100gくらい、豚超薄切り数枚、人参小1/3本、黄パプリカ1/2個、タマネギ1/2個、セロリ小1本、ニンニク1かけ、卵2個、ご飯茶碗3~4杯くらい、オイル、塩、コショウ、コンソメ顆粒少々)

パプリカは黄色しか冷蔵庫になくて、赤があったら、もっと出来上がりの色がきれいだったと思います。

先に卵を半熟のいり卵を作り、皿に出しておきます。みじん切りのニンニクをオイルと共に温めて香りを移し、切ったポチキ、細かくたたいた豚肉、薄いいちょう切りの人参を炒め、、みじん切りパプリカ・タマネギ・セロリ、パイナップルを順番に入れて、さらに炒め、塩・コショウ・コンソメ顆粒で味付け。ご飯といり卵を戻しいれて、炒める。

とまあ、わざわざ書くまでもないことを書いてしまいましたが、今日のは本当に珍しく分量がはっきりとしています。いつも適当なので、調味料だけじゃなくて全てが目分量。今日は使った野菜の量もはっきり。だってついさっき(でも3時間たってる)だもんね、作ったの。。

写真には載ってないけど、付け合せの野菜(ミズナ・青ジソ・キュウリ)にも、チャーハンにも、スィートチリソースをかけて混ぜて一緒に食べると、パイナップル缶の甘さがキリッと引き締まって、美味しいです。ポチキの辛味も効いてるけど、なにしろパイナップル缶がけっこう入ったので、想像どおりの甘めのチャーハン。チリソースが予想どおりにぴったり!

残念ながら、冷凍保存して大事に食べていたポチキ(辛いウィンナソーセージ)は、とうとうこれでなくなりました。

でも、メールチェックをしていたら大山ハムからメルマガが来ていたのに気づいて、実は今朝、大山ハムの4種セット(それぞれが500gの業務用。TOTALで2キロ!)を買ってしまいました。夏休みの特別価格でしかも送料込み。かなりオトクでした。が、これ、9時でもう終わってしまったんですよね。。。

大山ハムの初めての方用の、入門セットがあるので、ご参考までに、こちらを。よかったら。ドイツでも金賞を取った本格派の美味しいハムです。お高いので、割引のあるものがいいですよね。楽天なので、購入の場合は、ご存知のとおり、楽天の会員にならないといけませんが。。。それと、大山ハムは、前払いが前提です。(私は大山ハムの回し者ではありませ~ん。)

参考: クイーンアリス   ヴェトナムアリス・ルミネ新宿店

  ヴェトナムアリス・赤坂店    大山ハム

一葉茶

旅行に出かけることって滅多にないけど、出先でやたらお土産を買うのも実はあんまり好きじゃないです。もちろん多少は買ってきます。

で、今回上海で買ってきたものの一つが、定番だけど中国茶。その一つが、これ、一葉茶。

060807tea2ichiyou ご存知の方は、ご存知でしょう。こんなの珍しくないよ~って言われるかも。

でも私、初めて見ました。

ガイドさんに連れて行かれた中国茶専門のお店で出されたお茶の中で、一番高かったお茶です。あっ、間違い!葉と花を毬状に糸で結んで作った茉莉花茶が一番高かったですね。(笑)

この一葉茶、なにがいいのかっていうと・・・・・

コレステロールを低下する、熱を下げる、解毒、利尿、肝機能が再生できる

そういう作用があるらしい。で、飲んでみました。。。

一葉茶を大きめのポットに1本。熱湯でもいいけど、おすすめは水、というので、浄水器のお水をなみなみとついで、しばらくほおっておき、家事をしておりました。忘れたことに、飲んでみましたら、水色は透明無色で、お茶っぽくないです。で、ほのかな苦味あり。

上海の夏はものすごく暑くて、誰もがペットのお茶を持ち歩いています。ペット茶じゃなければ、水筒にお茶を。

中国茶葉を出がけに水筒に入れて水を注ぎ、それを水代わりに飲むと体にとっても良いといわれました。太ってる人なら、プーアール茶、肝機能の悪い人なら、この一葉茶。

一葉茶一本で、1リットル~1.5リットルの水。苦味が取れるまでの水量で飲める、ということらしい。少し苦みがあるので、お茶というよりも薬茶という感じでしたね。

ちなみに、日本ではウーロン茶にはお砂糖なんか入れる人、いませんが、中国では甘くして飲みます。だから、中国で売ってるサントリー(日本物だよ~)のウーロン茶には、加糖と書いてあります。もちろん旅行者用に、無糖もあります。タイとカンボジアでパックパッカーした長男によると、むこうでもウーロン茶は加糖だって。暑いから、お茶も甘くないとやってられんのでしょうね。

2006年8月 6日 (日)

甘長トウガラシで晩ごはん一人分

昨日の朝、4日ぶりに庭を見ましたら、水切れでかなり危なくなったコンテナがいくつも!息も絶え絶えのお花と葉物。大急ぎで水撒きをしました。

留守番をしていた二男に、2日には必ず水撒きをしてね、と頼んで、1日早朝にたっぷりと水撒きをしてから出かけたのだけど、ちゃんとやってくれた気配はありました。ありがとう!ぎりぎりのところで、植物復活。

二男は3日朝からサークルの合宿へと出かけて、今はいません。私と一緒に旅行へ出かけて戻ってきた長男は、5日の夕方、都内の大学そばにある自分の部屋に戻りました。オットは今朝、成田へ。なんと私とバトンタッチで出張です。で、家に家族は誰もいなくなり、今日の晩ごはんは私ひとり。ひとりって、全く平気。でもご飯はちょっとさみしい。

060806amanaga

それと、ひとりの時って、ご飯作るの、実はなんだかとっても面倒です。

でも、コンテナ植えしている甘長トウガラシを採ったので、それを食べてしまおうと、甘長のパスタを作りました。

甘長トウガラシは、あんまり辛くない長い形のトウガラシです。シシトウもいいけど、こちらのほうが、天ぷらにしても炒め物にしても、食べやすいと思う。

冷凍保存していた最後のポチキ(大山ハムの辛いウインナソーセージ)を、1本だけ使いました。私ひとりだから、それ以上は食べすぎです。

そのポチキと庭の甘長とうがらし。オリーブオイル、ニンニク、コショウ。塩気は、仕上げに茹で汁を少しすくって味付けに使います。

麺は、たまたま試しに買ってみて使っていなかった全粒粉のデュラムセモリナのスパゲッティを使用。色が黒っぽいのは、そのせいです。黒いことも黒いけど、茹でてる最中にぶちぶちと切れてきたのも、それのせい。短く切れているので、フォークには絡まらず、すくって食べました。

甘長トウガラシがたくさん入っているし、付け合せの野菜も量が多かったので、かなりヘルシーかと思います。スパゲッティの量はそんなでもないはずだけど、写真をこうやって見るとかなりの量。すぐ食べなきゃいけない状態になってた、いただきものの桃も食べたので、おなかいっぱいになりました。食べ過ぎかも。。。

旅行から戻った翌朝

しばらくお休みさせていただきました。上海は猛暑でしたが、こちらも負けずの暑さ。

むこうでは、その暑さの中を一生懸命歩き回ったことを思うと、暑がり・汗っかきの私が、よくまああんなに頑張ったね、と思います。

4日の夜に家に帰り着き、翌5日は土曜日。朝、冷蔵庫の中をのぞいて、いつもの炒めものをしました。

060805breakfast1 炒め物は、一袋残っていたオクラ、半分残っていた赤パプリカ、冷凍庫のベーコン。

ベーコンは大山ハムの 「ハーブ豚でつくった 乾塩ベーコン」。美味しいベーコンを使うとそれだけで、シンプルなただの炒め物がぐんと美味しくなります。仕上げにコショウとナンプラーをひとふりしましたが、ナンプラーなんかいらなかったかな。

それと、絹あげ豆腐が1パック残っていて、賞味期限1日過ぎていたけど、もったいなかったので、フライパンでオイル大目にして焼きました。大丈夫だよ、一日くらい。へへ。こちらは仕上げにメンつゆをジャッとかけてもう一度焼いて、上にゴマを。

それと、冷凍していた ”クルミ・カマンベールパン”。

なんとも妙な組み合わせだけど、これもいつものことで、なんでもありのうちのごはんです。お兄ちゃんは、これのほかに納豆ごはんを食べてたなあ。ご飯は炊き立て。

オットは炊き立てご飯が数日振り。お兄ちゃんのご飯がとっても美味しそうに見えたらしく、佃煮なんぞを出してきて、白いご飯食べてましたね。クルミがたくさん入った生地の真ん中に、大きいクリームチーズが入った(カマンベールは生地に練りこんでる。)クルミ・カマンベールパン。とっても美味しいのに、食べたの、私だけ??

060805miyage1

おやつに、甘栗をつい食べてしまいました。

上海空港で帰りに買ったものだけど、箱に ¥60 と書いてまして、これは60円ではなくて、60元なんでありますよ。元に¥を使うなんて、ほんとに紛らわしいです。(元も¥を使うと気づいたのは、上海に入った初日の夕刻。ハーゲンダッツでメニューを見て、エラク安い!とたくさん注文しちゃった後に、¥イコール元イコールRMBだとわかったんですよ。手持ちの元がぎりぎりで、危なくみっともないことになるところでした。知らないってことは、コワイです。。)

箱の中に100g入りの袋が2つ入っています。1元15円くらいだから、60元だと900円。

お隣へのお土産に買ってはきたけど、ホテルの売店でひとつ買ってみた甘栗は、箱には入ってなかったけど、半値でした。ケチくさい話になったけど、なにがオトクかは後でわかるんだなあ。。。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »