2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ポテトのアンチョビ炒め | トップページ | マカロニの朝ごはん、蕎麦の晩ごはん »

2006年8月20日 (日)

梅干し、その後

8月13日に土用干しをしたあの梅干し、いったいどうなったでしょう。その後のも載せないと、中途半端な気分。

060814ume1 ←これは14日。

13日と14日午前中はお天気が良かったのだけど、このあと崩れてきました。14日からの週間天気予報を信じていた私としては、なんか裏切られた気分。

しっかりとお日様に照らされ、一日半は土用干しの効果がありましたけど、これ、3日3晩干さないとちゃんとした梅干にならないのでは。。。

梅干し入門者の私としてはかなり心配。

060814ume3 たった一日半だけど、よく見ると表面は塩を吹いています。シソも白っぽくなりました。

でもこのあと降ったり止んだりの、最悪の天候。

雨に濡れないように軒下に入れたり室内に取り込んだりで、これはもう土用干しではないですね。。。

結局は晴れたら外へ、空が危なくなったら室内の窓辺へ、としょっちゅう移動させて、まるまる4日間が過ぎたところで、この梅を梅酢にもどして冷蔵しました。

060820ume1 ←今日20日の写真。

土用干しが順調だったら、きっともっと果肉が柔らかくなったのかも。初めてなので、よくわからないです。

さっき一つ食べてみましたが、もともと肉厚の梅で、こんな風に漬かっても果肉はしっかりとしています。味は、ちゃんと普通の梅干し!むちゃくちゃ、すっぱい!美味しい!

土用干しがうまくいってたら、もっとふにゃりとした柔らかい仕上がりなんだろうなあとも思うけど、初めてだから、まあこんなもんだよね。

赤ジソが少なめだったので、来年はもっとたくさん入れようと思っています。それと、今回は梅2キロだったけど、もっと多くてもいいかなあ。自分で漬けた梅干は、安心して食べられるし、自分で漬けたというだけで、美味しいです!(自己満足!)

一緒に干した赤ジソはお天気がイマイチな為、いまだに乾燥させているけど、明日あたり、粉砕してゆかりにしようと思っています。

« ポテトのアンチョビ炒め | トップページ | マカロニの朝ごはん、蕎麦の晩ごはん »

初めて!」カテゴリの記事

コメント

梅干作れちゃうなんて、すごぉw( ̄△ ̄;)wおおっ!

近未来の旦那様のお母さんも梅干をそれはそれは上手に漬けられます。
めちゃヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ

お料理って、興味と行動力がないと!ですね。
「凄いな~。作ってみたいな~。」だけでは
進めない・・・頑張ろう(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!


ぁ、「華おから」ってご存知ですか?
「おからひろば」と云うサイトがありまして・・・
広島のお豆腐屋さんが運営されてるのですが、
「おからモニター」と云うのを募集されてます。
モニター規約はありますが、応募すると
おから300㌘×3袋が送られてきますw

お料理好きのminigardenさんにもってこいのモニター募集ではないかと思います♪
ご興味ありましたら、覗いてみて下さい^^

私も新居で落ちついたら、おからモニターに応募してみようと思ってます((o(^-^)o))わくわく

ココ→ http://www.okara.jp/index.html

◆愛玉子さん、こんばんは。
ありがとうございます!
愛玉子さんもいよいよ、ですね!!
いろんなお写真、楽しみにしていますよ~♪

おからのサイトがあるんですか?!
モニター応募でおから300㌘×3袋!!
これから行って覗いてきますね!!

おっ、愛さんから、耳寄り情報ですね
わたしも、おからサイト、のぞいてみよ~っとww

土用干しの梅干し
小さい頃につまみ食いしては、母に叱られてました
だって、ほんとにおいしそうなんですもの
特別の楽しみって感じがしてましたww

◆かずさんへ
私おからは大好きです!
卯の花つくったら、1人で大量に食べちゃいますね。

梅干しは予想外に簡単だったので、毎年作ってみようかなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅干し、その後:

« ポテトのアンチョビ炒め | トップページ | マカロニの朝ごはん、蕎麦の晩ごはん »