2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« いつもの豆サラダ | トップページ | しそ入りつくね »

2006年9月 9日 (土)

中華おこわ

夕べ(9/8)は久々に中華おこわを作りました。まだ暑い盛りにおこわ、というのもなんだけど、普段買い置きしないもち米をたまたまだけど、買っていたので。ですから具も適当でちょうど冷蔵庫にあって使えそうだったものを入れています。

060908dinner1 作ったのは、中華おこわ、甘長とうがらしと豚スライスの炒め物、モヤシとミズナのサラダ、サツマイモの甘煮

おこわだけ仕込んでおけば、あとのものはたいして時間がかからないものばかりで、手間がかからずに出来上がりました。

地場の野菜が安く買えるスーパーがありまして、昨日はそこでけっこうな量を買ってきました。ひん曲がったり、大小だったり、形は不ぞろいだけど、新鮮で美味しいです。家計的にもかなり助かります。

まだまだ続きますが、これから外出しますので、写真一枚だけで申し訳ないですが、続きはまた夜にでも。どうかよろしくお願いします!

続きです。

◆中華おこわ

もち米3合、豚肉150g、人参1本、タケノコ1/2本、インゲン100g、ごま油、醤油、塩、みりん、チキンコンソメ顆粒、水3合

と一応書いてしまいましたが、もち米3合以外は、適当に使ってしまったので、きちんとはわからない。そういうところが主婦暦20数年のいい加減さでありまして。。。

豚肉は、もしあれば焼き豚があったら角切りにして使いたかったけど、今回は普通のスライス肉を1~1.5cmくらいの大きさに切って代用しました。タケノコと人参も1cmくらいの角切りに。インゲンは今回も例によって冷凍ものです。これも1cmくらいに。

060908okowa1もち米は事前に洗ってざるにあげていました。

豚肉・人参・タケノコ・インゲンをごま油で炒め、もち米を入れて炒めて全体に油をまわします。醤油、塩、みりんを入れ、コンソメ顆粒は豚肉も入るので要らないとも思ったけど、少々振り入れました。これに水3合を入れて炊飯器に。

炊飯器に入れないで蒸し器で蒸してもいいわけだけど(そのときは前記の水はなし)、今回は炊飯しました。

出来上がりは味はよかったけど、炊飯器を使うのならば、もち米に普通のうるち米を混ぜた方がよかったかなあとも思います。もち米だけだとちょっとべたっとする。でも、美味しかったらしく、あっという間になくなってしまいました。

◆甘長とうがらしと豚スライスの炒め物

豚スライス、甘長とうがらし、サラダ油、ショウガ千切り、麺つゆ、醤油

豚スライスは上記おこわに使った残り。甘長トウガラシは、庭のものと市販のものが半々。地場のものがやたら安く売っていて、なんだかコンテナで作ってるのが悲しくなる感じでした。両手のひらにのるくらいの分量が120円!麺つゆを焼肉のタレがわりによく使います。さっぱりして、けっこういいです。

◆モヤシとミズナのサラダ

モヤシ、ミズナ、ごま油、醤油、一味トウガラシ、ポン酢

モヤシはCMで最近おなじみの、雪国モヤシを買ってみました。他のモヤシよりも量が少なくて、CMどおりにちょっと高い。45円でした。でも根きりモヤシなので使いやすいです。湯がいてごま油で軽くもみ、醤油を少々。ミズナもごま油少々振って混ぜ、モヤシと合わせました。一味トウガラシもさっと振って混ぜました。各自食べるときに、ポン酢少々を。

060908satuma1

◆サツマイモの甘煮

サツマイモは食べやすく角に切って、砂糖、みりん、塩、水で煮ただけ。

あんまり甘くはしないけど、食後のデザートがわりにもなって、案外好きです。

いつもは写真のよりももっと煮崩れた風に作りますが、この日のも、見た目よりもほこっと柔らかいです。

« いつもの豆サラダ | トップページ | しそ入りつくね »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

晩ごはん」カテゴリの記事

ごはん物」カテゴリの記事

豚肉」カテゴリの記事

中華」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつもの豆サラダ | トップページ | しそ入りつくね »