2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の35件の記事

2006年12月31日 (日)

キリタンポなべ(もどき)

こちらも、もどき。というのは、キリタンポの入っていないキリタンポ鍋だから。

キリタンポを買っても作ってもよかったけれど、いつも代わりに”だまこもち”というのを作って入れています。

061231dinner 我家は私の勝手な決め事だけど、12月31日の夕飯はキリタンポ鍋と決めています。つまり、年に一度は必ず食べることですね。

で、タンポというのは、その年の新米を炊いて、炊き立てをついて(つぶして)専用の棒にそのご飯を巻き付けるようにつけ、ぐるりを火であぶってから、棒を抜き取ったものを言います。それを食べやすいように切ったものがキリタンポ。切らない棒状の(つぶして焼いた)ご飯はタンポで、キリタンポとは言いません。

キリタンポの代わりに、炊きたてご飯を8分つきくらいにつぶし、丸めて焼いたものを入れていますが、これがだまこもち。

出し: 鶏がらで美味しい出しをとり、昆布とカツオを入れてさらに出しをとったものをベースにします。

具: 鶏肉(できれば地鶏)、ささがきゴボウ、せり、マイタケ、厚揚げ、糸こんにゃく、ネギ、(上記の)だまこもち

味付け: 醤油、酒、みりん

具のささがきゴボウから、強い旨味が出るので、たっぷりと入れます。ゴボウと鶏肉とまいたけとセリはどれも絶対に欠かせません。

他は、タコとセロリ、キュウリ、サニーレタスのサラダ。ご飯はお昼の中華おこわ。

061231tanpo403

中華おこわもどき

今日のお昼ご飯。二つ前の記事で書いたように、お姉ちゃん(長女)夫婦と赤ちゃんのたまたんが一泊の予定で昨日やってきました。お姉ちゃんのだんなさまが我家に泊まったのは、今回が初めてです。たまたんと会うのは、せいぜい月1で、今回は2ヶ月近く開きました。ますます太ってまんまるのたまたん。まだおっぱいだけ。可愛いですね~。

朝ご飯がしっかりめだったので、お昼食べられそうもなかったけど、ご飯物を作りました。

061231lunch もち米がなかったのに、中華おこわ。普通のうるち米だったので ”もどき” になってしまいましたが、おこわは普段はもち米とうるち米を半々にしているので、うるち米だけでも大丈夫、美味しかったです。

写真のしゃもじにご飯粒が付いてるのがご愛嬌かな。

米3合、焼き豚、タケノコ、干ししいたけ、干しエビ、干ししいたけ戻し汁、紹興酒、ミリン、醤油、中華鶏ガラスープ(顆粒)、水

米3合にだいたい水分3合。具を大量に入れたつもりだったけど、写真だとこんなもんです。

生活クラブのしっかり硬いはんぺんを切って油で焼き炒めし、麺つゆと一味トウガラシで味付け。

サラダ。カリフラワーとブロッコリーとトマト。ポン酢味付け。

500gを炊いた丹波の黒豆。美味しくできましたが、もうけっこう食べてます。。。おせちは今年はまったく作ってないんですよ。期待されてた方、誠に申し訳ない。

2006年ありがとう!

今年はあと残り1時間ちょっと。昨日と今日の分を載せようかと思ってるのですが、間にあうでしょうか。写真の縮小もまだしてないのに~。

これから大急ぎでやりますね。間に合わなかったら、ごめんなさい~。

それともう一言。今年は6月からこのブログを始めましたが、我家はオットが外食はしないので、まず全部おうちご飯です。いろいろなものを作りますが、さすがに毎日毎日のことなので、同じような材料で同じようなものになりがち。

これまでそういうメニューにお付き合いくださいまして、本当にありがとうございました。2007年、どうなっていくかわからないですが、自分の日々の家事の元気づけになるので、なるべくなら続けていきたいとは思っています。でもしょっちゅう、こんなの作って載せてぇ、と反省しながら後悔しながらですので、ちょっと心配。

ともかく2006年、ありがとうございました。皆様に来ていただけることが私の力になると思っていました。感謝感謝です。

2007年もどうかよろしく!2007年が、皆様にとってもよりよい年でありますように心からお祈りしています。

最初に書きましたが、残っている写真を今からできるだけ載せようと思っています。夕飯もとっくに終わり、その後食べた年越しそばの後片付けもそっちのけ。横目で紅白をちらちら見つつ、パソコン打ってます。半分一生懸命、半分いい加減、そういう私の象徴的な光景ですね。(笑)

ピザとチキンリブ

061230lunchmix2 昨日のお昼からお姉ちゃん(長女)家族がやってきました。赤ちゃんのたまたんとは2ヶ月近く会ってなかったので、どうなってるかなあってとっても楽しみでした。

皆でお昼(12/30)はこんなものを食べました。何を作ろうかと直前まで迷って、結局はいつものうちのご飯です。

大人4人なので、量的には多すぎるってことないと思うんですが、最後に出したピザが小さいながらも4枚あったので、2枚は食べきれず、夕方に帰宅予定の二男に取っておくことになりました。

ピザ作ったの、久々です。簡単なのに、最近はちょっとさぼっていました。

今回の粉は、薄力粉と強力粉を半々で使ったのだけど、毎回作るたびにどういう配合にするか迷ってしまいます。いろんな人のいろんなレシピがあるけど、ピザは絶対これで!というのがわからない。

薄力粉200g、強力粉200g、ドライイースト小1.5、塩小1、砂糖小2、水230cc、オリーブオイル小3

ちょっと固めの生地が出来上がりました。もっと水分多くてもいいかな。

薄力粉の分量をもっと多くして、パリッと薄めにしたほうが好きですが、これはこれで、とも思うし。

061230lunchpizzamix

写真一番上のチキンは骨付きのだけど、これ、チキンリブって呼んでいいのかな。塩コショウしてから、ウスターとケチャップ半々くらいをタレとしてチキンに揉みこんでからオリーブオイルも振って、200度のオーブンで焼きます。一度返して裏表をこんがりと。

パプリカとピーマンとセロリを、大山ハムのピメントハムをスティック状にカットして、一緒に焼きました。味は塩コショウとコンソメ顆粒少々だけ。

スープは、スープストックにターツァイとエリンギ、そしてスープストックを作った時の鶏がらからこそげ取った鶏肉が入っています。あとは紹興酒・塩・コショウのみ。あっさりめだけど自然な味で、美味しかったと自分では思っています。

2006年12月29日 (金)

誕生日に久々のステーキ!

今日はオットの誕生日でした。HAPPY BIRTHDAY! と言いたいところだけど全然帰ってこない。。。今日が会社の仕事納めで、例年のようにきっと早く帰宅するんじゃないかと思っていたのだけど。

二男が今朝8時頃、思いがけずに早くスキーから戻ってきまして、今日の晩ご飯はその二男の分もあったので、しょうがない、先に食べてもらいました。息子が朝帰宅したっていうのは、夜現地を出発してバスで一泊ということか。行きも車中一泊だったし、若者のスキーも大変だねえ。帰宅してよれよれになっていました。

061229steak 生活クラブの牛ステーキ肉。これ、初めてです。500gありました。

いつも鶏肉や豚ミンチ豚スライスがほとんで、牛肉はミンチかたまにスライスを買うくらい。

500gって見た目よりも、切って料理前にたたいてみると、これがまた大きくなるんですね。久々のステーキ肉だったのもので、こんなこと書いちゃって。。。私は全然ステーキを食べたいと思ってないので、この500gはオットと息子用です。3つに切って、2つが今日、残りの1/3は明日のサラダのトッピングにしようかな。

で、ステーキですが、私が好んでするのは、ニンニク醤油のステーキ。

お醤油にニンニクを漬けて常備しているので、それを2つ取り出してすりおろします。長いこと漬けているので、ニンニクは茶色。

それを、1人前にカットして軽くたたきコショウを振ったお肉の裏表にぺたぺたとこすりつけます。フライパンにバターを熱くして両面を焼きますが、ニンニク醤油は焦げやすいので、その点が要注意。

好みに焼いたら、お肉を取り出した後のフライパンに、ニンニクを漬けこんでいるお醤油を小1ほどたらして、余熱でジュッとさせ、それをソースがわりにお肉にかけます。

味はどう?と息子に尋ねたら、美味いねえ、と言っておりました。焼き具合は焼き過ぎずちょうどだったらしく、よかったです。

オットは11時過ぎに帰宅して、ご飯要らないかと思ったら、「いや食べるよ、ご飯はちゃんと食べてないから」 というので、それからステーキを焼きました。夜中にステーキってどうだろ。先月左手首を骨折して、まだ手が動かないオットなので、食べやすいように切ってあげましたが、他に、サラダも野菜たっぷりのスープもしっかりたっぷり食べて、そのまま寝てしまいました。

煮鶏のタレでラーメン

自分でスープを作り、麺を茹でてラーメンを食べるときは、だいたい煮豚を作った時ですが、煮豚じゃなくて煮鶏を先日作ったので、その時の茹で汁をスープストック代わりにして、昨日の晩はラーメンを食べました。

061228ramen お兄ちゃん(長男)は昨日お昼に3泊の予定で旅行に出かけてしまい、二男はまだスキーから戻ってこないし、晩ご飯はオットと2人。急にご飯作りも脱力してしまいました。(笑)

オットは大量の野菜物があれば、とりあえずはOKなので、山盛りのサラダを食べてもらっている間に麺を茹でてラーメンの仕度。スープは作ってあります。

作ってあります、というものの、これがまた案外簡単。

煮豚や煮鶏を作るときは、まず塊肉をネギ・ショウガ・ニンニクと一緒に茹でます。豚塊肉は30~40分。鶏なら半分くらいの時間かな。

それからお醤油2紹興酒1の割合のしょっぱいたれを作って、肉の茹で汁1の割合で薄め、茹でた塊肉とニンニクを入れて10分ほど煮ます。その後しばらくそのまま漬けておきます。これで煮豚や煮鶏は出来上がり。その時に一緒にゆで卵も入れて、煮卵も作ります。煮豚煮卵は、料理家の山本麗子さんのレシピ。

そのしょっぱい漬けダレを、鶏がらで作ったスープストックとお肉の茹で汁を合わせたもので割って、ラーメンの汁にしますが、今回は鶏の茹で汁が濃厚だったので、それだけを使いました。

ラーメンが好きであちらこちらの有名店を食べ歩きしているような人には、全然話しにならないでしょうけど、おうちの自作のラーメンとしては案外これが美味しいです。オットはおつゆも全部飲み干してしまいます。

煮豚ならばそれがチャーシューとして、ラーメンにのりますが、今回は鶏でしかもムネ肉だったし、大山ハムから届いた美味しい焼き豚がちょうどあったので、それを千切りしてのせました。陰に隠れてよくみえないですが、千切りのネギをいつものように大量にのせました。

写真は私の分。オットのは先に出来立て熱々を食べてもらっています。それから私のを作って写真をパチリ。だから奥のサラダが半分以上なくなってるの。

2006年12月27日 (水)

素干しエビ入りソーセージもどき

素干しエビは中華の干しエビとはまったく違う、小エビをそのまま干しただけのものだけど、カルシウムいっぱいで、なんとなく健康的。しばらく前に買ったその素干しエビがそろそろ賞味期限が来ているので、頑張って使うことにしました。

061227dinnermix764

豚ミンチのハンバーグっぽい種をソーセージ状に作って焼いて、それをソーセージの代わりにドッグパンなんかに挟んで食べたり、そういうのをたまにします。

今日は豚ミンチに、この素干しエビを粉砕したもの、干ししいたけのみじん切り、タマネギのみじん切りを入れて細長くして、フライパンで焼きました。このソーセージもどきは3面を焼くので、断面が三角形っぽくなります。

豚ミンチ、タマネギみじん切り、干ししいたけ(戻して)みじん切り、素干しエビの粉砕したもの、卵、ごま油、片栗粉、塩、コショウ、醤油

タマネギも、戻した干しシイタケも、みじん切りはしっかり細かく。タマネギは炒めないで生のままでOK.

上記の材料をしっかりとこねて、フライパンにサラダオイルを敷いて、こんがりと焼きます。

出来上がりの熱々に、しばらく前にも載せた、スィートチリソースをかけて。

中に素干しとは言え、エビが入っているので、チリソースがピッタリ合いました。ピリ辛で美味しかったです。

前日も登場した煮鶏を、手で裂いて、千切りキュウリとざっと合えたもの。鶏に濃い目の味がついているので、味付けはいらなかったです。上にゴマをたっぷり。こういう煮鶏のようなものを作っておくと、ちょっとした1品もできて、便利だなあと思う。

切り干し大根、また炊きました。たくさん作って冷凍していた味付けしていない大豆、今日生活クラブから届いた厚揚げ、人参、そういうのをたくさん入れました。ソーセージもどきに使った干ししいたけの戻し汁は、この切り干し大根を煮る時につかっています。

私としては、この切り干し大根をたくさん食べて、お腹をいっぱいにしたいな、と。いよいよダイエットしないと大変になりそう。。。

2006年12月26日 (火)

シーフードでパエリア

今日は雨。午後からは土砂降りになってしまいました。ついさっきのことだけど、11時過ぎ(間違い。10時過ぎでした)にお兄ちゃん(長男)を迎えに駅に行って来ましたが、雨は相変わらずひどい降り。ちょっと生温かい感じで冬12月とは思えないです。お兄ちゃんは久々の帰宅で、それとはすれ違いに、二男は新宿発の今日の夜行バスでサークル仲間とスキーに出かけました。昼過ぎには家を出て都内に向かったので、晩ご飯はオットとお兄ちゃん、私の3人。

061226paeriaお兄ちゃんにとっては久しぶりのおうちご飯になるので、今晩のごはん、どうしましょ。。。

生活クラブの配達で届いたパエリア用のシーフードが冷凍庫に入っていたので、それに別途、イカを足して、パエリアを作りました。サフランも買ってあります。前回のパエリアは、こちら

あっ、今、雷鳴ってるけど、パソコンやってて大丈夫かな・・・

雷けっこう鳴ってます。。ちょっとコワいので(電気きれるかも)この続き、また後で書かせてください。。。

・ ・ ・ ・ ・ ・

ということで朝になり、今8時近く。続きを書きますね。

冷凍パエリア用シーフードミックスに同封されていたレシピに沿って、作り始めましたが、途中から自己流に。材料は適当に冷蔵庫のものです。

オリーブオイル、ニンニクみじん切り、タマネギみじん切り、シーフードミックス、イカ、ハム、サフラン、白ワイン、米、赤パプリカ、ピーマン、スープストック、トマト缶、塩、コショウ

お米は洗ってザルにあげておきます。オリーブオイルでニンニクみじん切り・タマネギみじん切りを炒め、シーフードミックスと追加のイカ、ハムを入れて炒めます。(鶏肉や豚肉等を入れても良いようです。)塩・コショウし白ワイン、もんだサフランを加えます。(魚介が硬くなるので、ここでいったんフライパンから出したほうがよかったです。)お米を入れて炒め、パプリカとピーマンを加えて炒め、トマト缶、スープストックを入れて時々混ぜながら、中火でゆっくりお米を炊いていきます。水気が少なくなってきたら、(パエリアパンじゃなかったので、それをガラスの耐熱容器に移してから)上をアルミ箔で覆って200度のオーブンへ10~15分。(オーブンに入れないときは、途中混ぜながら中火で15~20分かけて炊き上げる。レシピにはそう書いてあります。)

作り始める前に煮鶏を作っていて、それでできたスープをパエリアに使っています。だから鶏の旨味も加わって、お米が美味しかったです。

私の作るパエリアは具材も分量も適当で、特にスープストックの量はいい加減。お米の様子を見て、途中で足したりしています。具は多い方が美味しいですよね。今回はトマト缶を一缶丸ごと入れたので、せっかくのサフランの色が活きていません。

それと、前回はフライパンで作って、そのままガスコンロで仕上げたので、おこげもしっかりできましたが、今回は、パエリアパンよりもずっと深いガラス容器に移してからオーブンに入れたので、おこげなしでした。おこげ、美味しいのにね。

写真奥に一緒に写っているのは、湯がいてから醤油と紹興酒で煮た煮鶏と煮卵。鶏肉はムネを使ったのでさっぱりめになりました。モモのほうがコクがあって本当は好きですが。

お兄ちゃんは夜遅くにやってきたので、それからひとりで晩ご飯。パエリアも鶏肉もお腹いっぱい食べてくれました。夜中だったけど、彼は痩せてるから大丈夫でしょう。

2006年12月25日 (月)

野菜いっぱい!厚揚げと小松菜炒め、チキンのせサラダ

夕べの残りのチキン、寝る間際にオットが食べたそうにしていましたねー。でもやめてもらいました。あの骨付きモモ肉を食べてすぐ寝る、だなんて、ねぇ。

で、その残りものチキンは、骨をはずして今日のサラダになりました。

061225dinner1

 今日はあれこれ用事があったので、晩ご飯のしたくも遅くなり(というよりも、ぜんぜん作る気にならない~)、夕方帰宅した息子の顔を見てから作り始めた有様。

ま、そういうのは、しょっちゅうなので、誰も何にも言わないです。普通は6時台には、よそのお宅はごはん食べてるんでしょうね。6時からごはん作り始めるのは、私くらいかなあ。

手間のかかるのはやりたくなかったので、ざっと炒めるだけの、料理と言うには恥ずかしい惣菜。

小松菜が大袋にどっさり入ったのを買ってきたのを、それを全部使いました。

豚ひき肉少量を豆板醤ちょっとと一緒に炒め、麺つゆをかけてさらに炒めます。絹厚揚げ1つを切って入れて焼き色をつけてから、大量の小松菜を。炒め過ぎないように。水気が出るので、最後に残った水分だけを煮詰めて、上にとろりとかけます。

正直な話、小松菜や春菊やホウレンソウ、そういった青菜をたっぷり使ってお豆腐等の大豆系たんぱく質中心に、お肉類は少なめにして作った簡単だけど優しい滋養たっぷりのおかずが、一番美味しいと思っています。見た目はこんなんだけど、豆板醤もぴりりときいて、私的にはとても好きだし美味しかったんですよね。オットもたぶんそうだと思います。

サラダはミズナとグリーンカールとカブ。それの上にチキン。

061225dinnermix400

それだけ出したら、息子に「緑だらけだね」って言われました。

息子がなんか物足りなそうだったので、食べ始めてからもう1品を作ることに。ただジャッと炒めただけなので、それこそアッという間。

061225pizzaloafmix400_3 

年末のハムの福袋が宅配便で一昨日到着。半額以下になってたので、超お買い得でした。大山ハム。

それのピッツァローフというのと、セロリとキュウリ。炒めてコショウを振り、お皿に盛ってから、スモークの香りの燻塩を上にパラリ。

2006年12月24日 (日)

ハニーローストチキンでクリスマス

いよいよ今日はクリスマスイブ。よそのお宅はどういう風にすごしてるんでしょう。

二男は今日はサークル仲間と集まりがあるようで「晩ご飯要らない」と言うし、長男は26日じゃないと家に戻ってこないし、そういうわけでオットと2人だけの一日でした。もうクリスマスがどうとかいう我家じゃないんですよね。

061224dinnermix

でも、クリスマスのわくわくする気分はまだ持ち合わせているので、一応クリスマスっぽいチキン料理にしました。去年は大きな鶏を焼いたのに比べたら、今年はモモ肉なのでお手軽風だけど、こういうモモ肉のほうが食べやすいし料理も簡単ですよね。

で、少し前に買っておいたオレンジページに、最近料理本でお見かけする料理家のコウケンテツさんの ”ハニーローストチキン” が載っていたので作ってみました。載ってる写真がとっても美味しそうだったんですよね。

正直言って、色んなものを作るにはちょっと元気が出ないです。それに、今日はたったの2人。たくさん作ったって、ねぇ。

骨付きのモモ肉は生活クラブで注文してあったものなので、その時は今日が2人だなんて、予想してなかったので、2本セットを2つ注文していました。焼いたその日は余っても、美味しいお肉は、翌日にはすぐなくなるので、大丈夫。

4本のモモ肉は、前日のうちにマリネしておきました。本のレシピでは、焼く少し前にやっているようでしたが。

お肉にはすでに骨に沿って切れ目が入っていて、こういう下ごしらえがしてあるのが、実にありがたいです。

モモ肉に塩コショウをすり込んでから、ビニール袋に入れて、おろしにんにく、赤トウガラシ、オリーブオイルを入れてもんで、一晩。

で今朝になってから、庭で採ったローズマリーとタイム、セージを入れ、国産レモンの皮をすりおろしたものをまぶして、さらにもんでマリネ。

061224chickenmix3 2段階にマリネしてるけど、最初から一緒にやってよかったんです。昨日はハーブ類を採るのとレモンを摩り下ろすのがすぐにできなかったのでこうなっただけ。

これを今日の夕方焼きました。

20分ほど200度で焼いていったん取り出してから、たっぷりのハチミツとたっぷりのレモン果汁をあわせたものをかけまわしてから、もう一度オーブンへ10分。

甘いハチミツがたっぷり入っているので、私が普段作ってるオーブンチキンとはそこのところが違います。ハニーレモンをかけて焼くので、赤トウガラシが入っていたほうが、味が引き立つんでしょう。刻まないで2つに切ったくらいにして赤トウガラシを入れたのだけど、やっぱり刻んだほうがよかったです。

チキンは照り照りして美味しそうに焼けました。しっかりしたモモ肉だったので、食べ応えありました。

付け合せのパセリも、庭のコンテナのものです。ちょっとしか育ってない、うちの貴重なパセリなんです。

あとは中華の鶏がらスープで作ったネギとセロリのスープ。

ご飯は、人参ご飯。

人参ご飯というのは、エッセイストの向田邦子さんがやっていた「ままや」というお店で出していた人参だけの炊き込みご飯なんだけど、昔(10数年前)に読んだエッセイに載っていたもので、人参だけっていうのが面白くてけっこう美味しくて、私もまねして時々作っていたご飯です。今日の人参ご飯には、人参の他に油揚げとエリンギが入っています。出しに使った昆布も刻んで、一緒に炊き込みました。

それから、クリスマスのお楽しみ、肝心のケーキ・・・。

息子は、自分が今日は仲間とのパーティーがあるもんだから、「明日でいいよ」 だなんて言うんですよね。

061224chococakemix

散々迷って、今年はイチゴのケーキ(毎年焼いてるんですよ)は止めて、シンプルなのにしました。

薄力粉は全く入っていない、卵とチョコレートとバターとココア、プラスで、クルミのみじん切りを。それだけのケーキ。粉が入ってないっていうのがすごい。上には飾りにクルミとイチジクのスライスをのせて焼きました。

ところが、うちのコンベックは火力が強いので、予想外に短い時間で焦げてしまったんですよ。うえ~んっていう感じ。泣きそう。(大げさな)

夜11時過ぎに息子が帰宅したので、このチョコケーキを食べてもらいましたが、上はちょっとこげこげだけど、それは本の表面だけ。中はとろりの美味しいチョコケーキでした!でも、また明日もう一度焼くかも。10日ほど日持ちするらしく、嬉しいケーキです。

豚肉と豆の煮込み

23日の晩ご飯ですが、生活クラブのカタログに載っていたレシピを拝借しました。

061223porkbeans2 まだつづきますが、時間の都合で後で書きます。どうかよろしくお願いします。。。

ということでしたが、だいぶ時間がたってしまって・・・たぶんこんなのを使ったかな・・・。

オリーブオイル、ニンニク、豚肉、茹で大豆、タマネギ、セロリ、人参、トマト缶、野菜ジュース、料理ワイン、コンソメ、塩、コショウ

厚切りベーコンでホットドック

23日土曜日の朝ご飯。昨日のですね。大山ハムで共同購入したブロックのベーコンを厚切りにしてホットドックに。

061223break

本当はソーセージを入れたかったんだけど、このベーコンがとても美味しく、また赤身の多かったのでドックパンにはさんでもOKでした。みじん切りのタマネギも少しのせています。粒入りマスタードをたっぷり。

カリフラワーと肉団子のクリームスープ

これからアップしそこなっている数日分の写真を載せてしまいますね。今日中に(あと20分くらいです)と思ってます!記事は後で書かせてもらいますので、どうかよろしく~*^^*

12月21日の晩ごはん

061221dinner5

後記: こちら、かなりほおっておいてしまいました。こんな↓感じだったのかな。忘れてしまって申し訳ないですが・・・。

バター、タマネギ、小麦粉、肉団子(豚ミンチ、タマネギ、卵、塩、コショウ、醤油少々、片栗粉)、カリフラワー、ブロッコリー、ぶなぴー、牛乳、生クリーム、塩、コショウ、ローリエ、スープ、料理ワイン

肉団子は、別鍋でタネを茹でてから。漉した茹で汁を、あとでスープとして入れてます。

ホワイトソースを作るのではなくて、タマネギみじん切りを炒めてから、そこに薄力粉を振って炒め、スープでのばすと、だまにはなりません。それから野菜と肉団子を入れて火を通し、牛乳と生クリームを入れて煮ます。時間かかりません。

焼き大根のそぼろ煮

遅れ遅れてのアップでして、これは12月20日の晩ご飯。写真見ても思い出さなかったら、ちょっとやばい。ある意味、ボケの自己診断ですね。

061220dinner

大根が安くて美味しい季節なので、しょっちゅう買ってきます。

これを今回はどうしようかと思ったのだけど、大きめに切ったのをフライパンで焼いて焦げ目をつけてから、豚ひき肉と一緒におしょうゆ味のそぼろ煮にしました。テレビで、大根を焼いてるの、確かやってたんですよね。ああそれがいいかなって、即、まね。

サラダ油、大根、ショウガ、豚挽き肉、醤油、ミリン、酒、片栗粉

大根をたっぷりめの油で焼くと、味が染みやすくなり、やわらかで味がさらにまろやかになる感じです。

ちょっとひと手間だけど、これは美味しかったです。オイリーになりやすいので、そこがちょっと・・・だけど、ね。

スーパーでアジが安かったので、シンプルに塩焼きしました。

焼き魚、久々。大根おろしが大量。オット、とても喜びました。(笑)なんのことはない、こういうシンプルなのが美味しくて好きなんですよね。

061220daikonmix

牛肉と豆腐でまた煮物

しょちゅう作る煮物ですね。もう何度も似たようなのを載せてるから、またか、という感じです。12月19日。

061219dinner4 入れる野菜が違ったり、お豆腐が焼き豆腐になったり、肉が牛じゃなくてしゃぶしゃぶ用豚肉、もしくは鶏もも肉スライスになったり、タケノコが入ったり。そういう変化球ありの、ほんとによくあるただの煮物。

面倒になったときはこれになることが多いわけですが、お肉の旨味が野菜やお豆腐に染みて、いつ食べても飽きることはないです。(と思ってるのは私だけかも。家族は飽きてるかな。)

青物は、今回はミズナになったけど、春菊だったりセリだったり、とまあいろいろ。そのとき冷蔵庫に入ってるものが入ります。青物は最後にサッと火を通すくらい。

カボチャとレンコン(こっちもまただね)を蒸しました。それをポン酢で。

汁物は、春雨・人参・(ちょっとだけ残っていた)タケノコ・タマネギの中華風。

061219dinner3

2006年12月23日 (土)

豚肉と山芋のテンメンジャン炒め、ターツァイの酸辣湯風スープ

山芋があったのを思い出して、豚肉と炒め物をしようと思ったけど、なにしろ生活クラブの豚スライス肉は冷凍庫の中で凍ったまま。

061218dinner がちがちのをなんとか少しだけ柔らかくして切り、ばらばらにしないで(というか凍ってまだ硬くてできない)お酒と醤油を振り、片栗粉をまぶして油通しをしました。

太目にスライスしたタマネギと赤パプリカも油通しします。

山芋は太目の棒状に切っておきます。

中華なべでニンニク・ショウガのみじんぎりを炒めて、テンメンジャン・豆板醤・ミリン・酒・醤油のちょっとピリ辛の甘いタレを作って入れて熱くし、そこへ豚肉・タマネギ・パプリカ・山芋を入れてジャッと炒めて、軽くコショウ。これで1品完成。山芋のしゃき感が美味しい。いためすぎは厳禁。

最近は避けていたけど、油通しすると、野菜も甘くなるしお肉も片栗粉をまぶして揚げるので柔らかくて旨味もあって、やっぱり美味しいです。カロリーちょっと気になりますが、そこは野菜を多めにするなり、油きりをしっかりするなりで。

<切干大根> 地場の農家の、干しあがったばかりの切り干し大根が売っていて、新鮮で美味しそうだったので、買って来ました。市販のもののように、細い千切りではなくて太めで短い。大根の切れ端を全部利用しました、という感じの切干。

ゆっくり味をしみこませて炊いたら、とても美味しい箸やすめが出来上がりました。大根の干したのって、こんなにおいしいんだ。そう思わせる切り干し大根。

<酸辣湯風スープ> 地場のターツァイが出回っていて、前も書いたけどこれがまたとても安い。今回はたった80円で買ってきて、台所で広げてみたら、小さめながらも3段重ねになっていて、またまたびっくりでした。

これで、すっぱ辛い酸辣湯風スープをつくりました。スープベースは、前回でも使った鶏がらスープ。美味しくないわけがない。スープを取った鶏がらには美味しい身がついているので、それをほぐして入れました。

ターツァイ、ネギ、ニンニク、豆板醤、鶏がらスープ、酒、お酢、コショウ、鶏がらスープの鶏の身

オイルでニンニクみじん切りと豆板醤を炒め、ガラスープを注ぎます。お酒も。そこへ切った野菜とガラスープに使った鶏のほぐし身を。最後に好みの量のお酢。コショウ適宜。すっぱ辛いスープは、おいしくて身体もほかほか。

061218dinnersoupmix

これでようやく12/18のごはんにたどり着きましたが、今日はもう23日。大急ぎでアップ、と思うけど、24日も忙しい。

2006年12月22日 (金)

野菜ごろごろポトフ

鶏ガラで時々スープを作ります。150円もしないガラで滋養たっぷりの美味しいスープが簡単に作れるのだから、こんないいことはないです。スーパーで鶏がらを見かけると、その時に使う予定がなくても買ってしまいます。

061216soup8ガラは熱湯をたっぷりかけて白く表面がかわるくらいにしてから、水でざっと洗い、数箇所をぼきぼきと折って、味が染み出しやすいようにしておきます。

それから大なべに水を入れて、ネギの端っこ等と一緒に火にかけます。

今回はネギも入れたけど、たまねぎ、ニンニク、ショウガも入れて作りました。それが前日。

で、翌日になってから、その美味しいスープに野菜を大きく切って入れて、ポトフを作りました。具材はどれもとても大きいですが、柔らかくて味が染みて、美味しいスープになりました。

ジャガイモは煮崩れると汁が濁るので、今回はジャガイモだけ別鍋で。鶏肉、厚切りベーコン、カブ、セロリ、人参、レンコン。味付けは塩と胡椒だけでシンプル。しみじみ美味しいなあと思います。あ、書き忘れたけど、シェリー酒も入れてます。

061216dinnermix

あとは例によって、カイワレ2つ分と硬く湯がいたモヤシ2袋分をサラダに。ごま油でもみ、麺つゆを薄くかけました。

一味を少量振って味つけしたりもするけど、私だけ、からーい具入りラー油をのせて。この分量は、やっぱり3人であっという間に食べつくしました。

1羽分のガラスープはまだ残っていて、このスープを使って1品、という日がこの後二日ほど続きました。

2006年12月20日 (水)

レンコン入り肉団子と白菜のスープ煮

アップが滞っていて写真が溜まっていましたが、ようやく14日の分まできました。それでもまだ1週間近く遅れてる。大変だなあ、料理ブログって。

もっと内容を厳選してちゃんとしたのを載せるべきなんでしょうけど、日々のご飯、しかも大慌てで作るおかずなので、ありきたりのものばっかり。もっと目新しいものを、とも思うけど、今のところは自分の引き出しのものを作って、たまに料理家レシピでも、ということで。

061214renkondango1 火曜日が生活クラブの配達でして、レンコンが毎回届いています。レンコンって美味しい。

レンコンをみじん切りにしてから、豚肉、タマネギと一緒に混ぜました。

レンコン入り肉団子:  豚ミンチ、タマネギみじん切り、レンコンみじん切り、こしょう、卵1個、塩・醤油・酒少々、片栗粉、ショウガ汁

タマネギもレンコンも生のままを混ぜます。

鍋に水、中華のガラスープ(顆粒)、干しエビ、酒を入れて火にかけ、白菜と厚揚げを入れ、煮立ってからレンコン団子をいれます。最後にシメジを入れてまたサッと火を通します。塩、コショウ、醤油で薄く調味。

肉団子からあくが出るので、きれいに何度もすくいます。場合によっては肉団子だけを別な鍋で火をとおしてから、スープを漉して、野菜類と一緒に合わせたりもするけど、今回はひとつの鍋で作りました。

061214renkondango2 肉団子は柔らかく、白菜には干しエビいりスープの旨味がしみて、美味しかったです。しょっちゅう使ってるけど、干しエビって、いい仕事するねえ。

2006年12月19日 (火)

肉おでん

で、タイ風サラダの翌日がこのおでんです。061213dinner

鶏もも肉いりのおでん。

鶏はほろほろして抜群に美味しくなっていました。おでんは少し前にもやったし、また写真を載せるまでもないのだけど、これって記念写真(?)みたいなもんだから、お付き合いくださいませ。

またもや大なべに一つ作ったけど、大根がいっぱい入っていて、肉おでんだけど、軽い感じ。袋も作りました。中身は、簡単にシラタキと大根の葉っぱ。ヘルシーだなあ。

オレンジ色のサツマイモに衣少々つけて、天ぷらにしました。

それと、前日のタラを少しだけ残していたので、それをカリッと揚げて、また同じくサラダにしました。

この日は都内に出かけて夕方帰宅。このおでんと、サラダ、おイモの天ぷらでご飯にしましたが、おでんを昨日のうちに仕込んでいたので、ラクチンでした。

061213taranampler ←前日のと違って、サニーレタスが入ったので、もっとサラダサラダしました。この、レモンとナンプラー味のは美味しいですね。食べ飽きない感じで、とってもよいです。

揚げ魚のタイ風サラダ

今年はナンプラーの出番がやたら多くなりました。この日は、冷凍庫のタラを揚げてサラダ仕立てにしました。

061212dinnermix

レシピは、料理家の山本麗子さんのものですが、毎度のように、いざ晩ご飯の仕度をするその時になって、材料を見てから何を作ろうかなあと決めるので、いくら本を参考にしても、同じようにはできないなあ。。

タマネギ、セロリ、キュウリ

野菜はあいにくそれだけしか使っていません。タマネギも紫タマネギがあれば、もっと色がきれいだったかも。本では紫タマネギを使っていました。それと、香菜も。私、香菜は苦手。

魚は、白身魚なら何でもよいらしいです。一口大に切って、粉(私は、片栗粉と薄力粉を同量混ぜたもの。本では薄力粉)をまぶします。

揚げたてのタラと野菜を、タレでざっくりと合わせます。

タレ: ナンプラー大2、水大2、レモン果汁1個分、砂糖小1と1/2、塩、コンソメ少量

レモンとナンプラーの酸味と旨味がなんともいいお味。

それと、一緒に作ったのが、うって変わってごく普通の和風のもの。煮物とキンピラ2つ。

煮物は豆腐とキノコ。今回は肉なし。すぐできるのでめんどうなときは、こんなのになってしまいます。

キンピラは、ヤーコンを買ってきたので、それを使いました。それと大根の皮と人参の皮のキンピラ。本体はおでんの具になってしまってます。(翌日都内に出かける予定だったので、一緒におでんを作りました~。えらいでしょ。)

061212daikonyaconmix

ヤーコンのキンピラ(右写真)は太め。しゃきしゃきして美味しかったです。ヤーコンて、実は初めて食べたけど、案外おいしいですねー。大根皮と人参皮は栄養満点だし、こちらもしゃきっとして美味しかった。無駄がないので、いいことやってる気分。どっちもゴマを振ってて、見た目おんなじ。芸なしだね。

2006年12月16日 (土)

レンコン入り炒飯

これは日曜日のお昼ごはん。先週のってことですね。かなり遅れてのアップで誠にお恥ずかしい。しかもこんな炒飯なんか載せて、さらに恥ずかしい~。でもせっかく、写真撮ってたので。

061210lunch

お昼ごはんで一番多いのは、もしかして炒飯かも。

たった3人なのに、炒飯もつくる量が多いのは、ひとえに息子のせいでありますね。写真のはまだ少なめ。

お米のご飯ばかりを大量に食べるのは、あんまり感心しないので、炒飯はできるだけ具も多く(肉以外の具ですよ)、しかもこんな風にお皿に野菜を添えて、ご飯と一緒に口に運べば、さらに好いかな。

炒飯くらいその時々で材料の違うものってないです。だいたいが、あり合わせですよね。

今回は炒飯にレンコンのスライスを入れてみましたが、これってしゃき感もあって、美味しかったです。炒め油はごま油にしてみました~

鶏ひき肉、タマネギ、ピーマン、レンコン、ご飯、ごま油、塩、醤油

鶏肉のヤンニムジャン焼き、手延べうどん

前日の晩はラーメン、その次の晩はうどん。麺つづきだなあ。

お歳暮に小豆島の手延べ生うどんを送ってくださる方がいまして、うどん好きのオットはこれを見るともう我慢ができない様子。

061210dinnermix花カツオをどっさり入れて、濃くてきれいな出しをとりました。昆布もたくさん入れています。私は昆布が好きなので、出しを取ってからいったん取り出し、食べやすく切ってまた汁に戻し入れ、柔らかく煮て、うどんと一緒に食べてしまいます。これで翌日のお腹の調子もいいはず。

で、この晩、うどんと一緒に出したのが、鶏もも肉のヤンニムジャン焼き。

なにか簡単なものと思って冷蔵庫を探していて、ヤンニムジャンのパックを見て、あっそうだ!これでお肉をもんで、オーブンで焼いたら美味しそう。

で、やってみました。ぴりりと辛くて、発酵したヤンニムジャンの旨味がきいていました。キャベツと人参の千切りと一緒に食べましたが、お肉が辛いのでそれでちょうどいい感じ。

今回は、簡単にヤンニムジャンだけを揉みこんで焼いたけど、これにごま油ももみこんだらよかったかも。ごま油が加わったら、香りも艶もよくなって、さらに美味しかったに違いないです。

061210dinner3

干しエビスープがキャベツスープに変身

実はちょうど1週間遅れになってるごはんレシピでして、その日のをその日のうちに載せないと、ごはんの記憶も冷めてしまうのはわかっているのだけど。。。

061209break 前日の夕飯が干しエビスープのラーメンだったのだけど、いつものようにスープをたくさん作り過ぎていまして、翌朝はこんなキャベツのスープになりました。

昆布を切って入れてお酒を足して煮てから、キャベツをざくざくと太目の千切りにして入れました。あっ、チンゲンサイの上の青いところも入っています。

前日のラーメンには白菜が入っていたけど、それと一緒に、チンゲンサイの白っぽい部分も入れていまして、その青味の部分はラーメンスープには入れずに、残していました。

このキャベツスープ、美味しいかったです。

昆布の旨味も入り、前日の白菜の甘みにさらにキャベツの甘みも加わって、スープが前日よりも美味しい。

まだベーグルも残っていて、スライスして軽く焼いてから、クリームチーズを載せて食べました。

干しエビでラーメン

急にラーメンが食べたくなって作ったのだけど、これがまたいい加減な。。。

061208hoshiebimix たまに作る自作ラーメンスープは、茹で豚を作ったスープをベースにする醤油ダレを、鶏がらで作ったスープで割ったもの。茹で豚は、そのラーメンのチャーシューになります。山本麗子先生のレシピです。

今回のは、チキンコンソメに干しエビをたっぷり入れただけの、超簡単あっという間に出来上がるラーメンスープです。料理酒もどぶっと入れてます。

一緒に白菜を入れて煮たので(チンゲンサイの白っぽい部分も太目の千切りにして入っています)、ちょっと甘みも出て、私的にはこんなに簡単な割にはけっこう美味いかなあと思ったのだけど、ラーメンフリークの息子は、う~んと言って返事をしません。

上には美味しい大山ハムの焼き豚をたくさんのせました。これで許して頂戴。(笑)

麺はスーパーで売っていた細めん。茹で加減が悪かったのか、茹でた時のお湯の切り方が悪かったのか、かなりもっちりしてましたが、これはわたしのせいなのか、そういう麺なのか。。。とにかく満腹!

2006年12月14日 (木)

春雨の酸ラータン風、豚肉&ターツァイ炒め

ターツァイは今の時期に出回る野菜で、近くの農家でも作っているらしく、けっこうな大きさのがビックリするくらい安いです。今のところに越してきてからは、頻繁に炒め物やスープ類に使うようになりました。

061207dinnermix ターツァイはチンゲンサイよりも緑が濃くて葉が小さいせいか、ぎゅっと旨味がある気がします。どちらもクセがなくてさっぱりした味わいの野菜なので、いろいろ使えそう。

簡単に豚ローススライスと一緒に炒めました。使ったのは、京都山田の焼肉のたれ(味噌あじ)。ごま油が入っていて、よくある市販のものよりも濃厚なこっくりした味わいのたれでした。

それと、辛味に中華街の香港ラー油というのを少々使いました。これは具入りのラー油で、刻んだトウガラシとニンニクがたっぷり入っています。

こちらも初めて使ってみたのだけど、この具入りラー油って、美味しいですねえ。旨味があります。

いつものように、炒めすぎないように注意します。ジャッと一気に強火で炒めてお皿に取ったら、フライパンに残った水気とタレを煮詰めて、上にかけます。

それと、春雨のスープを作りました。数日前から干ししいたけを冷蔵庫で戻していたので、その戻し汁も一緒に使いました。

春雨、タケノコ、干ししいたけ、人参、ネギ、鶏がらスープの素、干ししいたけ戻し汁、酒、醤油、塩、コショウ、具入りラー油(上記と同じもの)、お酢

061207choumiryoumix

ラー油もお酢も好みに応じて。すっぱ辛くて美味しい。干ししいたけの旨味もかなり出ているので、スープも全部飲み干しました。

我家にやって来た数少ないお歳暮のひとつが、魚久の漬け魚。お高いので、自分では買いませんが、たまーにこうやってむこうからやって来てくれるので、本当にありがたいです。これ、大好きですね。

一度に食べられないときは、まわりの粕を取って冷凍しておけばいいので、たくさんあったらそうしたいところ。でも、やってくるのは、小さな箱なので冷凍するほどじゃない。ちょっと寂しい~

061207uokyumix

2006年12月12日 (火)

オーブンレモンチキン

我家の定番の鶏肉料理をレモン風味で焼いてみました。

061206lemonchicken 鶏もも肉だったりムネ肉だったりですが、この日はさっぱりとムネ肉で。

ムネ肉を適宜大きめに切って、塩・コショウし、ドライハーブを振り、それにレモンをぎゅっと多めにしぼって、揉んでから、オリーブオイルをかけます。スライスタマネギ少々をいれてそのままマリネ。それをオーブンで、いちどひっくり返して、こんがりと焼きます。適宜食べやすいように切って、盛り付け。

写真のとおり、適当なてんこもりですが、これはいつものことですね。

こういうオーブンチキンを作った時って、料理するの面倒くさかった日ですね。申し訳ないので、カリフワラーと赤パプリカの入った豆サラダをつくりました。秋田大豆を1袋500gを味をつけないで柔らかく炊いて、小分けにして冷凍していたので、便利。

大豆、カリフワラー(硬く湯がいて)、赤パプリカ(生をダイスに切る)、酢、砂糖、塩、コショウ、オリーブオイル

それと、大根があったので、それで柿の入ったなますを作りました。チキンも(ほんのり)酸っぱいし、豆サラダもお酢が入ってるし、よく考えたらすっぱいものだらけ。おかしいなあ、作っていて全然気づかなかったです。ぼけがきたか。

柿なますは、これは本当は韓国のレシピで作る酢の物。柿じゃなくて梨を使いたかったところ。大根、人参、ワカメ、柿、酢、塩、砂糖

ふつうの酢の物と違うのは、野菜には塩をしないで、全部切って、そのまま味をつけます。だから出来上がりは、しゃりしゃり。柿は硬めのものを最後に。桜エビを絶対にいれるのだったのに、切らしていて残念でした。桜エビが入っていたら全く味が違ってます。もちろん、作ってすぐよりも翌日ぐらいの時間がたったほうが美味しいです。

061206dinnermix

2006年12月10日 (日)

野菜3皿

日々野菜はたくさん食べていると思う我家ですが、この晩は特に。。。と言っても、どれもこれも超がつく簡単野菜料理(料理とは言わないね)。ま、こんなに野菜食べました、と言ってるだけですが。

061204saladmix

<小松菜とちくわの炒め物>・・・小松菜はしょっちゅう買ってきていますね。こんな具合に炒め物にすることが多いですが、一束ぐらいは、1食であっという間に食べてしまいます。ごま油で炒めて、味付けはいつもの超簡単、麺つゆで。最後にゴマと一味トウガラシを。

<サニーレタス&トマト&ハム>・・・これはただの生野菜とハムのサラダ。ノンオイルのドレッシングかポン酢で。

<もやし&カイワレ>・・・これで、もやし2袋と、カイワレ2つです。もやしは、サッと湯がいてから、ごま油をざっと揉みこみ、醤油を振ってさらに混ぜています。ごま油がはいると、美味しいですよね!

もやしは根をちゃんととると良いのだけど、よそのお宅では、ちゃんとやってるんでしょか。 私? 私はしませ~ん。

2袋分の根を取るくらいなら、たぶん、もやし食べないと思う。。。 それに、何となく最近のもやしって、きっちりじゃないけど、大体きれいになってません?

サラダが3つじゃ、ご飯が食べられないので、餃子つくりました。

我家の定番の餃子はニラ餃子。ニラと豚ひき肉だけの餃子です。白菜とかが普通だとは思うけど、野菜はニラonlyの方が旨味があるので、ついそちらになってしまいます。061204gyouzamix

で、ニラと思ったけど、今回はこれにマイタケを刻んだのをプラス。いつもよりもかなりあっさりめの餃子になりました。

私は、マイタケは身体によいので、たまにはこんなのもいいかなあと思ったけど、息子はマイタケ入りよりも、もっと肉肉した(?)いつものニラ餃子の方が好きだったみたい。

サラダ3つ、見たとおりかなりの量だと思うけど、これがまた、あっという間になくなりました。

それと、餃子は40個作りましたが、これも完食。3人なのに。

3人とも満腹になったけど、満腹の中身は、野菜が大部分だと信じたい私です。

2006年12月 9日 (土)

ベーコンのカラフル野菜炒め

うちのよくある簡単炒め物。野菜いろいろでカラフル。

061203breakmix

ネットの共同購入でものすごく安く買うことができた、大山(だいせん)ハムの乾塩ベーコンが届いたので、さっそくそれを使って炒め物にしました。

ベーコンが美味しいと、味付けは特にこだわる必要ないです。軽く塩、コショウをしただけ。ベーコンはブロックなので、好きなようにカットして料理ができるのも便利です。

拍子木にカットしたベーコンと、ブロッコリー、パプリカ、ピーマン。

シンプルだけど、おいしかったです。

冷凍していたパンを軽く焼いてだしました。小さなクロワッサンちょっと、それと、同じく冷凍したベーグルをカットして。

このベーグルは柔らかくて、ベーグルじゃないみたい。もっちりした味わいがベーグルの身上だけど、さっくり軽いこのベーグルも、これはこれでおいしかったです。

バターつけるのが、私的には好きなのだけど、やめときます。でも、痩せてるお兄ちゃん(長男)は大丈夫。

バタつきベーグルは、長男にはかなり美味かったようでした。普段いったい何食べてるんだろねえ。

061203daisenmix

ラザニアに変身!

前記事のコロッケの(おイモを入れる前の)具の2/3は、翌日の土曜日に、ラザニアになりました。

061202dinnermix なかなか家に戻ってこないお兄ちゃん(長男)が数ヶ月ぶりに帰宅したので、ちょっとごちそうになりました。

今は便利な携帯やパソコンがあるので、しょっちゅうやりとりはあるのだけど、忙しいのと面倒くさいっていうのとで、滅多に帰宅しなくなりました。

下の息子は日々のご飯やあれこれ(洗濯やお風呂等)の面倒がないので、しっかり家にいることに味をしめてる風なのに、いったいどうなってるのやら。

朝7時半から学校の実習が始まり、夜までそこにいる毎日らしいので、仕方ないかなあ。よくいろんな話をしてくれるので、ものすごく心配ということはないけど、やっぱり心配は心配。

コロッケの具の炒めたタマネギ・牛ミンチに、トマト缶1個とトマトジュース丸ごと1本1リットル、シェリー酒etc.を入れて、クツクツ煮詰めたので、とても美味しいトマトソースが出来上がりました。お肉が大量という風ではないので、ソース自体は、見た目よりもかなりヘルシーだと思います。

下はソース、ラザニア、ソース、チーズ、ラザニア・・・という具合に何層かに重なっていて、これだけでご飯はいらないかな。

と思ったけど、息子はお米のご飯も食べてましたね。それと、具沢山の味噌汁も。

一緒に作ったのは、少し前に作ったのと同じ、ジャガイモとカリフワラーとゆで卵のマヨネーズ焼き。カリフワラーは前回よりずっと多いです。

それと、鶏ミンチでつくねを作りました。

レンコンを入れたかったのだけど、時間が押してきて、仕方なく鶏ミンチと玉ねぎだけになりましたが、ふっくらと出来上がって美味しかったです。

061202dinnermix2 マヨネーズ焼きとラザニアを一緒にオーブンに入れ、鶏のつくねもオーブンで一気に焼いたので、時間はさほどかかっていません。オーブンはうちではフル稼働の働き者です。

量が多そうだったのでどうかなと思いましたが、男3人なので、これくらいはへっちゃら。ほんのちょっとラザニアと卵が残っただけでした。

2006年12月 7日 (木)

オーブンでポテトコロッケもどき?

今回のココログのメンテは長かったですね。メンテのお知らせがあったのにすっかり忘れていて、思いがけず日数が過ぎてしまいました。ますます先細りになりそうなこのブログ、この先どうなるやら、と弱気のminigardenです。。

061201dinnermix ごはんは何をどう作ったんだか、もうさっぱり・・・ですが、写真を見つつ思い出して書きますね。なんか、老化のチェックテストみたいです。(笑)

コロッケ、大好きなので、作ったらきっと大量にぱくぱく食べてしまいそう。私にとってはコワイお惣菜ベスト3に入っています。

で、コワイのならコワくないように揚げなければ良い。

というわけで、コロッケの具の上にオリーブオイルを混ぜたパン粉を振って、オーブンで焼きました。

はいどうぞ、と息子の前に出したら、エッと言われたけど、一口食べて、コロッケと同じじゃん、て。

全く同じわけにはいかないけど、だいたいそんな感じですか。

おイモは割りと好きでいろんなのに使うけど、コロッケに関しては、ほとんどおいも、というポテトコロッケはあんまり好きじゃないです。オットはイモ料理だと、けっこう露骨に「イモかあ」とがっかりします。

ポテトコロッケのお肉はだいたい牛ミンチだけど、豚のときもあります。それと、パセリみじん切りをたくさん混ぜることが多いです。

牛ミンチ、タマネギ、ジャガイモ、パセリ、塩、コショウ、コンソメ、醤油、オリーブオイル、パン粉

(炒めるのにもオリーブオイル使っています。)

一個ずつ丸めて粉、卵、パン粉、などとやるよりも、こちらのほうが時間もかからないので、もうすっかり最近はこういうのばっかり。内心は、揚げたほうがこおばしくさっくりして美味しいけどなあ、と思ってるんですが。

で、あとは炒め物。あらら、今気づいたけど、また牛だ。。牛ばら肉とブロッコリの炒め物。

061201potatomix

味付け??塩・コショウにカキソースだったかな、と思ったけど、色が薄いですよね。エビソースを使ったような気がしています。。。。。オイル、赤トウガラシ、牛ばら肉、ブロッコリ、塩、コショウ、エビソース、醤油少々

このコロッケの具だけど、牛ミンチとタマネギを炒めた時点で、大量だったので、コロッケには1/3量だけを使い、あとは別の具を入れてそのままトマトミートソースになりました。それは翌日のお惣菜に変身しています。

途中で半分が他のおかずに、っていうのが便利ですね。

2006年12月 4日 (月)

牛肉・レンコン&ブロッコリ・パプリカで炒め物

前日の鶏のから揚げは、実はかなりの量をつけダレにつけたので、翌日も食べたんですよね。味がますます染みるので、醤油が多すぎると味が濃くなるので要注意だけど、漬けたまま一晩たってもOKです。他にも残り物が少々あり。というわけで、あとは簡単に炒め物をしました。

061130dinnermix 味付けは、いつもの麺つゆ。これがまた重宝でして。しかも美味しい。

ごま油で赤トウガラシを炒めてから、焼き付けるようにお肉を焼き、取り出しておきます。ありあわせの野菜類を炒め、お肉を戻し入れて、麺つゆで味付け。おしまい!

ごま油、赤トウガラシ、牛ばら肉、レンコン、黄パプリカ、ブロッコリ、麺つゆ

緑も黄色も入っているので、色がきれいな炒め物になりました。野菜類はくれぐれも炒めすぎてぐだぐだにならないように。

鶏のから揚げ

あ~これしばらく前に載せたなあ。でも仕方ないですね。うちの定番のから揚げなので。かなり単純な味付け。

061129dinner

から揚げの衣が厚かったり、揚げた後で衣がふにゃりとなったのは好きじゃないです。

で、鶏のモモ肉とムネ肉を適宜一口よりも大きめに切って、下のつけダレで味付けします。ビニール袋に切ったお肉とつけダレを入れて揉んでから、30分くらい置きます。

つけダレ: 醤油、料理酒(できれば紹興酒)、ニンニクみじん切り(どっさり)、ショウガみじん切り(どっさり)

衣: 薄力粉と片栗粉を1:1

衣は、2つを混ぜた方がはがれにくいかな。書くまでもないけど、つけてから余分な粉をはたいてから揚げます。

お醤油も紹興酒も適当に入れてるけど、どちらもザボっと入れてて多め。

よくあるおかずだけど、いろんな料理家のレシピがあると思うので、そのうちに別の漬けダレでやってみますね。

061129dinnermix250 

それとこれもしばらく前に似たようなのを載せたなあ・・・。

根菜類やタマネギのかき揚げを、油で揚げないで、フライパンで(少し大目の油で)揚げ焼きしたもの。かなり大きいです。

天ぷらほどオイリーじゃないよねぇ、と思ってるのは私だけかも。カリッとして好き。それにおいもが美味しい。食べすぎ注意ですが。。

タマネギ、人参、サツマイモ、天ぷら粉

揚げ物だらけのおかずで、ちょっとオットは苦い顔でした。でも、鶏を食べながら 「やっぱり肉は美味いなあ」 そう、ぼそっと言ってるの、聞こえましたよ。

2006年12月 2日 (土)

ポテトと卵のマヨネーズ焼き

何を作ろうかと冷蔵庫を開けたけど思いつかないので、とりあえずジャガイモで1品と思って、ジャガイモ数個を取り出しました。(28日夕飯です。)料理をスタートすると、そのうちに思いつくもんです。

061128dinnermix1 塩コショウしてハーブを散らし、オリーブオイルをかけてオーブンで焼くジャガイモは、付け合せによくやります・・・と、あっそうだ、例のコーミのイタリアンエッセンスをかけて下味をつけ、卵と一緒にオーブンで焼いたらどうだろうか。

急いでゆで卵を作り、その間、ジャガイモを皮付きのままコロンと切って、レンジでチン。塩・コショウ・イタリアンエッセンスを振り、オリーブオイルをかけました。

ここまではビニール袋の中の作業。

そのジャガイモと一緒に4つ割のゆで卵を耐熱皿に並べて、上にパセリ、そしてレモン風味のマヨネーズ。

180度に予熱したオーブンで、こんがり焼きました。ジャガイモもすでに火が通っているので、時間はかからないです。

このレモン風味のマヨネーズは、我家では不評で、買って一度試したものの、残りをどうしようかと思っていました。こんな風に焼き物に使ったら案外早くなくなりそう。

これに味をしめて、今日夕方もうすぐ、お兄ちゃん(長男)が家に帰ってくるので、これにカリフワラーをプラスして、ほぼ同じのをもう一度作るつもりです。(二男はサークルの試合で留守)

冷凍庫の隅にアジのフィレを見つけたので、それに下味をつけてから揚げに。それと、生活クラブで届いたばかりの厚揚げと地場の小松菜で炒め物。

この日は実家の母から手作りの食べ物が届きました。

061128dinnermix2 母は料理が得意。大の料理自慢です。78歳でひとり田舎に住んでいるけど、友人も多く、周りに親戚がたくさんいて、よく人を招いては食事をふるまっています。

で、今日届いたのは、手作りの煮豆。傷ひとつなく、まったく崩れていなくて、ふっくらとやわらか。それと、胡桃やゴマをいれた甘味噌をつけたキリタンポ。ありがたいです。この日の夕飯に一緒に出しました。

エビ入りかた焼きそば

先週日曜日夜、帰宅した息子が 「お母さん、これ残り物。」と言って、焼きそばの麺5個を差し出しました。どうしてまた焼きそばが、と思ったら、その週末は息子の大学の学園祭だったようです。学園祭は5月にあったのだけど、それとは別に、11月には1,2年生が通う教養学部の学園祭があり、サークルで出店した焼きそば屋さんの残り物、というわけ。

ということで、焼きそばの麺があったので、翌日はかた焼きそばになりました。

061127dinner  野菜は白菜ともやし、シメジで、今回はシンプル。あとはムキエビ。具は多すぎと思うくらい、いつも作りますが、たっぷり野菜あんがのらないとおいしくないので、それで多すぎだったことはないです。

今回はごま油とニンニクで炒めました。エビとニンニクを炒めて取り出しておき、野菜を炒めスープを入れて火を通してから、エビを戻し、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

ごま油、ニンニクみじん切り、ムキエビ、白菜、モヤシ、シメジ、水、鶏がらスープの素、酒、醤油、エビソース、コショウ

少し前に登場したエビソースを今回うまみとして使ってみました。こういう時に使えるソースだね。

で、おそばは・・・

かた焼きそばのとき、麺を油で揚げるだなんて、そんな恐ろしいことはしませ~ん。(笑)

麺を薄く広げてオーブンへ入れ、野菜あんを作っている間に、その麺を焼きます。(一度ひっくり返して)

焼き具合がちょっとムラになるけど、かりっとしたのが好きだし、おうちのご飯なので、焼きムラもご愛嬌ですよね。簡単ご飯だったけど、これで満腹!(でもまだ麺が残ってる~)(あっ、後方のおかず!大量に作ってる常備菜だから、2回連続おんなじもの。ありゃりゃ。)

2006年12月 1日 (金)

いつもの牛肉・キノコの煮物と豆サラダ

夕飯の仕度が面倒な時、時間がない時によく作るものの一つが、これ。牛肉とお豆腐野菜キノコetc.を炊き合わせたもの。それと豆好きにはたまらない豆サラダ。

061126dinnermix  煮物:

ショウガ千切り、牛ばら肉、糸こんにゃく、シメジ、ブラウンエノキ、ミズナ、ネギ、出し汁、醤油、ミリン

お豆腐に美味しい出し醤油の味がしみて、いくらでも食べられる感じ。

先に牛肉をサッと色が変わるくらいに煮てから、取り出しておき、残りに出しの味をしみさせてから、牛肉を戻します。

豆サラダの具はそのつどありあわせのもので。今回は大豆を一袋煮ておいたので、それを使いました。数種類の豆を合わせても美味しいです。材料は、そのままお酢、塩、砂糖、オリーブオイルで合えるだけ。簡単。

大豆、タマネギ、カブ、赤パプリカ、青ジソ、お酢、塩、砂糖、オリーブオイル、コショウ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »