2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« エビ入りかた焼きそば | トップページ | 鶏のから揚げ »

2006年12月 2日 (土)

ポテトと卵のマヨネーズ焼き

何を作ろうかと冷蔵庫を開けたけど思いつかないので、とりあえずジャガイモで1品と思って、ジャガイモ数個を取り出しました。(28日夕飯です。)料理をスタートすると、そのうちに思いつくもんです。

061128dinnermix1 塩コショウしてハーブを散らし、オリーブオイルをかけてオーブンで焼くジャガイモは、付け合せによくやります・・・と、あっそうだ、例のコーミのイタリアンエッセンスをかけて下味をつけ、卵と一緒にオーブンで焼いたらどうだろうか。

急いでゆで卵を作り、その間、ジャガイモを皮付きのままコロンと切って、レンジでチン。塩・コショウ・イタリアンエッセンスを振り、オリーブオイルをかけました。

ここまではビニール袋の中の作業。

そのジャガイモと一緒に4つ割のゆで卵を耐熱皿に並べて、上にパセリ、そしてレモン風味のマヨネーズ。

180度に予熱したオーブンで、こんがり焼きました。ジャガイモもすでに火が通っているので、時間はかからないです。

このレモン風味のマヨネーズは、我家では不評で、買って一度試したものの、残りをどうしようかと思っていました。こんな風に焼き物に使ったら案外早くなくなりそう。

これに味をしめて、今日夕方もうすぐ、お兄ちゃん(長男)が家に帰ってくるので、これにカリフワラーをプラスして、ほぼ同じのをもう一度作るつもりです。(二男はサークルの試合で留守)

冷凍庫の隅にアジのフィレを見つけたので、それに下味をつけてから揚げに。それと、生活クラブで届いたばかりの厚揚げと地場の小松菜で炒め物。

この日は実家の母から手作りの食べ物が届きました。

061128dinnermix2 母は料理が得意。大の料理自慢です。78歳でひとり田舎に住んでいるけど、友人も多く、周りに親戚がたくさんいて、よく人を招いては食事をふるまっています。

で、今日届いたのは、手作りの煮豆。傷ひとつなく、まったく崩れていなくて、ふっくらとやわらか。それと、胡桃やゴマをいれた甘味噌をつけたキリタンポ。ありがたいです。この日の夕飯に一緒に出しました。

« エビ入りかた焼きそば | トップページ | 鶏のから揚げ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

晩ごはん」カテゴリの記事

コメント

マヨネーズは重宝しますね。一度低カロリーのマヨネーズでマヨネーズ焼き作ったらまずかったです(T T)カロリーは心配だけど、普通のマヨのほうがいいですね。

お豆さん、本当にふっくらつややかですね!おいしそうです。お豆を煮るのはむずかしいですよね。きっとお正月の黒豆もおいしく炊かれるのでしょうね。

きりたんぽ、五平餅みたいですね。

お母様の作ってくれた煮豆は上手にできていますね。ふっくらと、でもつぶれてなくて。きりたんぽはこんな食べ方もあるんですね。マヨ焼きおいしそう!これなら、常備品で作ってとは思えないですよね。ウチにも鯵のフィレが冷凍品で生活クラブのをとって、どう料理しようか、考えあぐんでいたんだけど、(フライは嫌がる!)これいいですね。やってみます。

◇めいぷるさんへ
マヨネーズ焼きは確かに、普通のものが美味しいですね。
煮豆は私もよく作るけど、母にはまったくかなわないです。
黒豆も、料亭のように美味しくてきれいです。
キリタンポはこれはミソ付けタンポですが、
キリタンポ鍋にはそのまま切っただけのを使います。
これから12月中にキリタンポ鍋を作るつもりなので
また見てくださいね。


◇慶ちゃんへ
新米をつぶして作ったタンポは
野菜や鶏肉と一緒にキリタンポ鍋にして使ったりしますが
甘味噌をつけて焼いて食べたりもします。
アジのフライも美味しいけど、時間がなかったので
今回はたまたまから揚げにしてしまいました。
美味しかったです~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポテトと卵のマヨネーズ焼き:

« エビ入りかた焼きそば | トップページ | 鶏のから揚げ »