2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 野菜3皿 | トップページ | 春雨の酸ラータン風、豚肉&ターツァイ炒め »

2006年12月12日 (火)

オーブンレモンチキン

我家の定番の鶏肉料理をレモン風味で焼いてみました。

061206lemonchicken 鶏もも肉だったりムネ肉だったりですが、この日はさっぱりとムネ肉で。

ムネ肉を適宜大きめに切って、塩・コショウし、ドライハーブを振り、それにレモンをぎゅっと多めにしぼって、揉んでから、オリーブオイルをかけます。スライスタマネギ少々をいれてそのままマリネ。それをオーブンで、いちどひっくり返して、こんがりと焼きます。適宜食べやすいように切って、盛り付け。

写真のとおり、適当なてんこもりですが、これはいつものことですね。

こういうオーブンチキンを作った時って、料理するの面倒くさかった日ですね。申し訳ないので、カリフワラーと赤パプリカの入った豆サラダをつくりました。秋田大豆を1袋500gを味をつけないで柔らかく炊いて、小分けにして冷凍していたので、便利。

大豆、カリフワラー(硬く湯がいて)、赤パプリカ(生をダイスに切る)、酢、砂糖、塩、コショウ、オリーブオイル

それと、大根があったので、それで柿の入ったなますを作りました。チキンも(ほんのり)酸っぱいし、豆サラダもお酢が入ってるし、よく考えたらすっぱいものだらけ。おかしいなあ、作っていて全然気づかなかったです。ぼけがきたか。

柿なますは、これは本当は韓国のレシピで作る酢の物。柿じゃなくて梨を使いたかったところ。大根、人参、ワカメ、柿、酢、塩、砂糖

ふつうの酢の物と違うのは、野菜には塩をしないで、全部切って、そのまま味をつけます。だから出来上がりは、しゃりしゃり。柿は硬めのものを最後に。桜エビを絶対にいれるのだったのに、切らしていて残念でした。桜エビが入っていたら全く味が違ってます。もちろん、作ってすぐよりも翌日ぐらいの時間がたったほうが美味しいです。

061206dinnermix

« 野菜3皿 | トップページ | 春雨の酸ラータン風、豚肉&ターツァイ炒め »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

晩ごはん」カテゴリの記事

よくある」カテゴリの記事

コメント

えっ酢の物に桜海老を入れるの?❢が~ん知らなかった。桜海老だけとか、桜海老とわかめとかきゅうりとかあくまで桜海老がメインの酢の物。柿は大根と昆布との甘い酢の物しか知らないぞ~。そうそう同じ味ばかりになること、慶もよくやってしまいます。今日も実は厚揚げと大根を煮て、金平ごぼうを作り、ほうれん草にゴマだれ、ってみんな同じ調味料ジャン❢❢困ったもんだ。

◇慶ちゃんへ
梨がもう終わっているので柿を入れたんです~。
それと、お正月の紅白なますにも、私は桜エビ(釜揚げじゃなくて、干したもの)とコブを入れるんですよ。
地域それぞれ人それぞれで、けっこう違いますよね。
慶ちゃんのところでは、もしかして、桜エビっていうのは釜揚げのじゃないですか?

調味料おんなじなのは、私もしょっちゅうかも。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーブンレモンチキン:

« 野菜3皿 | トップページ | 春雨の酸ラータン風、豚肉&ターツァイ炒め »