2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の26件の記事

2007年2月27日 (火)

干し野菜でまた!?

今日もとっても良い天気。引き続き、また野菜を干しました!

昨日はお昼からで、ちょっと遅かったので、今日は朝8時頃から午後3時くらいまで干しました。これで十分すぎるくらいの乾き具合。

今日は小松菜とシメジと人参。

人参は皮付きのまま、スライス。シメジは洗わずに小分け。小松菜は洗って水気を切ってから。それぞれザルに平らに広げます。

さてさて、干して何になったかな??

070227hoshimix377

スライスニンニク、ベーコン、タカノツメをオリーブオイルで炒めて、そこへ干した人参、シメジ、ざく切りした小松菜を入れ、さらに炒める。塩、コショウ、(ニンニク醤油の)醤油。

スパゲッティは、ディ・チェコの11番。

しこしこ感では、ディ・チェコが一番!たっぷりのお湯に多めの塩でアルデンテに。茹で上がりを具と絡め、(ベーコンは入ったものの野菜が野菜なので)お醤油もたらりと入れて、和風のパスタの出来上がり。お皿に盛ったら仕上げにパルメザンチーズをひとふり。

もっとオリーブオイルをたっぷり使った方が、全体的なパサつき感を補えた気もするけど、フレッシュの野菜と違って、干し野菜が旨味が凝縮された味わいがあって、なかなかよかったです。特にキノコは、こうやって干して使うといいかも。

070227dinnermix400

茹でて荒くつぶしたじゃがいも・硬くゆでたブロッコリ・モツァレラチーズのスライス・・・それでグラタンを。生クリーム・塩・コショウ・パルメザンチーズ・カロリーハーフのマヨネーズ

2007年2月26日 (月)

干し大根のスープ煮

テレビで干し野菜料理の紹介をしていたのを思い出して、昨日買ったばかりの採れたて大根を、ベランダで干してみました。

お昼からだったので、もっとはやく、午前中からやっておけばよかった~

070226hoshimix

よく晴れた日でちょっと風があるくらいが、干し野菜日和のようです。時間的には5,6時間くらいでOK。たくさん干して保存するとかよりも、その日に食べる分を干す、というのを番組では勧めていました。料理法によっては、大量に干してってこともあるとは思うけど、今回はその勧めに従って大根半分と葉っぱ1本分を干してみました。なにしろスタートが少し遅かったので、4時間弱の干し時間。ほんとはもうちょっと、ですね。大根は皮付きのまま2cmくらいの厚さに輪切り。

今日はたまたま晩ごはんは私1人だったので、そっちは残り物で済ませてしまいました~(笑)

大根と葉っぱを食べやすく切り、サラダ油とショウガで炒めてから、中華の干しエビとたっぷりの酒を入れ、数分蒸し煮してから、中華鶏がらスープの素と塩少々、水を入れて煮ました。弱火でコトコト。

ようやく柔らかくほっくり炊き上がりました。仕上げに味をみて醤油をたらり、片栗粉でとろみ。これは明日のおかずにします。

2007年2月25日 (日)

春野菜の煮もの

昨日今日と寒い日が続いていて、一年で一番寒いのは2月、というのを思い出させてくれた数日でした。車の窓は凍る、花壇も凍る。家の中に置いていたコンテナ、そろそろ外に出そうかと思っていたけど、出さなくてよかったです。明日からはまたすこし暖かさが戻るという話なので、庭を心配している私としてはほっとしていますが。

070225dinner

一昨日・昨日はろくなご飯を作らなかったので(でも、ここの前の記事に、思い切って写真を載せました。)、今日は野菜不足解消の野菜ものです。

人参・ジャガイモ・コンニャク・油揚げを、出し・酒・みりん・醤油で薄味にじっくり味をしみこませた煮物。それに、農家の人が採れたてをお店に並べたばかりの菜の花を今日買ってきたので、それをサッと湯がいて煮物に添えました。

お肉は入ってないけど、出しと野菜の旨味がじんわり味わえて、身体に優しい晩のおかずになりました。

それと、切り干し大根。千切りの、じゃなくて、短冊に切ってある切干なので、干した大根の味がしっかりわかります。千切りのと短冊のが、売り場に並んでいるのだけど、私は好んで短冊のほうを買ってきます。

切干も自分で作れば、さぞ美味しいだろうとは思うけど、それはまたそのうちに、ということで。切り干し大根と一緒になったのは、タケノコ、油揚げ、インゲン(これは冷凍もの)、高野豆腐。

ふだん切り干し大根と一緒にしないものを入れましたが、こちらも柔らかくじんわり味が染みて、おいしく炊けました。サラダ油、酒、出し、みりん、醤油。

私的にはもうこれでよかったけど、男性軍はそうもいかないので、肉物を1品。

豚シャブ用の肉を台所でしゃぶしゃぶして(水、ネギ、ショウガ)ザルに揚げて水気を切ってから、焼肉のたれとポン酢を合わせたものを肉にかけて絡めました。上に白髪ネギとすりゴマを。

070225nimonomix

まとめてup!

22~24日の分の写真、載せるに載せられないのばっかです。こんな料理ブログやるのにも、元気がないとやれないって、自分でもよくわかりますね。日々気持ちが明るくないとできないもんです。楽しい気持ちがないと、ご飯も作れないし、写真だって当然撮れない。。。

が、今日はようやくモチベーションが少々復活したので、今日の分を載せるついでに(中身がひどいっていうのは目をつぶって)数日分を振り返ってまとめて写真載せますね。出来上がりの写真がなかったりしているので、みっともないのを承知で。

↓22日、中華おこわ作りました。けっこう大量だったけど、案外一気にほとんどなりました。残った少しのおこわを、後日のお結び用に(オットの朝ご飯ってことですね)冷凍しておきましたが、たった2個半。でも、こういうのがバタバタ忙しい朝には便利。

具は適当に有り合わせです。もち米、人参、干ししいたけ、大豆(自分で炊きました)、ハム、高野豆腐、インゲン、ごま油、酒、みりん、醤油、塩、中華鶏がらスープ、水。

07022okowamix

↓23日の晩ごはんは中華を一品と豆腐。 070223dinnermix300 かなりいい加減。

中華は一気に出来上がるので、私的には急いでいるときは、中華って便利です。

キャベツ、豚スライス、シメジ

豚スライスは下味(醤油、酒)をつけてから片栗をまぶして、揚げ焼きしています。それからキャベツとシメジを入れて、一気に仕上げ。

サラダ油、ニンニク、ショウガ、豆板醤、オイスターソース、テンメンジャン、醤油、酒、みりん、ごま油

もうこの辺りから、気分が落ち込んでる~~まったくねぇ。。。

で、翌日(2/24)は朝から仕事へ。ものすごく行きたくなかったんですよね。でも来てくれっていうところもそうそうあるわけじゃないので、ありがたく頑張っていってきました。留守中の昼ごはんを(朝ごはんも洗濯物もあるのに!)出がけに猛スピードで作ったんですが、出来上がりの写真がない!

でも、忙しいのに途中の写真は撮ってるっていうのが、我ながらすごい。・・・カレー作りました。よくあるパターンで、ちょっとハズカシイですが。

鶏肉とタケノコ。タケノコ大量。リンゴは1個を小さめにスライスしたまんま炒めてて、案外これが甘酸っぱくて美味しかったです。トマト缶は例によって、1缶入れてます。最後に我家としては珍しくカレールウを入れたんですが、その写真がないんですよ。。(それと、最後のサラダは、帰宅後に夜作ったもの。これだけ作って、ふて寝してしまいました。訂正!疲れてたので。)

070224currymix

2007年2月23日 (金)

イチゴのサワードリンク

ジャム用のイチゴ4パックセット、というのを注文していました。一度に4パックってすごいようで、たいしたことないですよね。イチゴって、なくなるの、あっという間。

それでジャムをとは思っていなかったんですよ。ちっちゃな粒で、中にはヘビイチゴじゃないかと思うようなのも入っているけど、普通に食べても酸っぱいこともなくて美味しいし、何よりも安い。

070222ichigosourmix 1パックはそのまま食べちゃいました。一つ前の記事の写真のイチゴはそれです。

で、残りのイチゴは←こちらに変身させました!

イチゴ1:ハチミツ1:お酢1

基本は、ほぼ同量。ハチミツは氷砂糖でももちろんOKだけど、いつもハチミツで作ります。

こういうのって、お酢が多かろうが、ハチミツが多かろうが全然構わないです。あとで足しちゃっても平気。

イチゴが浮いてくるので、たまにビンを振ってやります。

普通は2,3週間後から飲めるって書いてある気がしますが、それも適当。ハチミツが氷砂糖よりも溶けやすいので便利です。イチゴはそのころに引き上げます。

何ヶ月もたつうちに、赤色がだんだん褐色になってきます。でもそれにつれて、お酢のすっぱさもまろやかになるんですよね。サワードリンクって、色んな果物で簡単に作れるので、是非!と思います。

2007年2月22日 (木)

メンチカツ定食

あまりにありきたりすぎるので、載せてもしょうがないかあとも思ったのだけど、一応メモ帳でありますので・・・。(2/21晩ごはん)

070221dinner2 届いたばかりの生活クラブの牛ミンチで、久々に(本当にお久しぶりです!)メンチカツを作りました。

中に干ししいたけ(戻してみじん切り)とタマネギ(炒めない生のみじんぎり)を入れています。タマネギはかなり前までは炒めていたけど、近年は、炒めてから使うってことは全然しなくなりました。

それから、もちろんみじん切りのパセリも、しっかり大量に入っています。

種: 牛ひき肉、タマネギ、干ししいたけ、パセリ、卵、パン粉、牛乳、塩、コショウ、醤油、ナツメグ、コンソメ顆粒

大きな声では言えないけれど・・・揚げたてにウスターソースをじゃぶっとかけて食べるのが好き。

味噌汁代わりのスープは、鶏がらスープが残っているので、豆腐とネギと(ガラからこそげ取った)鶏肉をたくさん入れて。ニンニク醤油、ニンニクみじん切り、酒、酢(たらりと)、ごま油ちょっと

ちょっとだけ酸っぱいスープです。

2007年2月20日 (火)

鶏ネギ温麺

070220dinner200 困ったことに、息子にご飯要らないと言われると、急に脱力してしまいます。これは内緒~(笑)。 今日はオットと私、二人分です。

なにしろいつも夕飯の支度を始めるのが遅いので、急に帰宅されてばたばた慌てるのが日常茶飯事。

オットは食べ物に関してはあんまり面倒はなくて、野菜ものを中心に出しておけば、ひとまずはそれで何とかなります。

で、とりあえずは、大鍋と中鍋にお湯を沸かし、中鍋の方では、今日買ってきたばかりのホウレン草の大きな1束を全部湯がきました。普通の倍の大きさの厚揚げ1枚を切ってごま油で焼き、ニンニク醤油をじゃっとかけて味付け。

しょうもないっちゃしょうもないおかずだけど、こういうちょっとしたものを準備しておけば、いつ帰られても、まずは安心。

さてそれからどうしましょう。。。

070220umen1大鍋のほうで、特にアイディアもないまま、鶏がらでスープを取り始めました。

鶏がらは冷凍庫にまだ2個入っています。鶏がら1個、ネギの青い部分、酒、お湯

鶏もも肉が一枚残っていたので、皮と黄色の脂肪を取って、それを一口に切りました。皮は鶏がらスープの鍋に入れます。

別鍋に料理酒多め・ニンニク1片みじん切りを煮立て、切った鶏もも肉を入れて、アクをすくいつつ数分煮ます。そこへ、できあがりつつある(ほんとはまだできてなくて、もう少し時間がかかる。。)大鍋の鶏がらスープをたっぷりと注ぎました。(このあたりで、オットはもう帰宅しちゃってます。)

春雨を入れようか迷ったけど、今日は春雨をやめて、素麺を1把(50g)入れてみました。湯がいてません。そのままスープの中へ!

素麺のでんぷんがスープに解けて、とろりとした感じのスープに変わりました。スープには、鶏がら&もも肉のダブルのうまみ。

写真ではよくわからないかもしれないけど、ネギは中のが2本と小ネギが5本ほども入っています。ネギはさっと火を通しただけ。鶏もも肉は1枚分。その割には素麺は1把で少なめ。素麺はスープの具という感じです。これに、塩とニンニク醤油少々で味付け。上にコショウを。  これはかなり美味かったです。

オットは野菜好きでもあるけど、かなりの麺好き。スープも1滴のこらずお腹の中へ。おそまつさま!

2007年2月19日 (月)

魚のすりみで簡単餃子、野菜とりんごの酢の物

白身魚入りのすり身(生活クラブ)は吸い物種にしたり、鍋物の種として落としたり、揚げ物にしたりで、けっこう便利。少し前にヒジキを入れて天ぷらにした海鮮すり身(こちらも生活クラブ)よりも、色が白くて、味もくせのない上品なお味。

070219dinner1

今日はこれ(200g入り)にオオバを2パック(20枚)入れて、餃子の皮で挟んで焼きました。

味ももう軽くついているので、刻んだオオバを混ぜて、そのままです。餃子の皮の真ん中にのせて、両側をぱたんとたたんで、そのままただ焼いたので、もうコツもなにもいりません。

作ってる途中でオットが帰宅したので、ばたばたして、ちょっと焦げ気味になってしまいました。。(言い訳です~~笑)

餃子皮1枚に、あんまりたくさん具をのせないで、少なめにしたほうが、いいようでした。最初のはちょっと多すぎたんですよね。多いと、焼いてる途中からすり身が膨らみますから、要注意です。2度目のは少なくしました(っていうか、足りなくなったんです~)。最後の数枚は、チーズをくるんで焼いてます。

070219dinnermix

このすり身の餃子を作る前に、酢の物を大量に作りました。

野菜は塩をしないで、3倍酢にスライス野菜をそのまま入れて作るので、ほとんどサラダ感覚です。しゃきしゃきして、美味しい。時々作ります。

ポイントは、甘酢漬けのラッキョウがはいること。ラッキョウの漬け汁もちょこっと入れます。

それと、果物(今日はりんご)が入ること。一番のおススメは、梨ですが、季節ではないので。柿でも美味しいです。

それと、ワカメと桜エビも入れます。

今日入ったのは・・・

大根、人参、キュウリ、ラッキョウ、リンゴ、(桜エビがわりの)素干しエビ(桜エビよりも小さくて安価)、ワカメ

私の場合は、これをバリバリ食べて、まずお腹を満たしてから他の物を食べる!

おまけのキンピラは、この酢の物に使った大根の皮と人参で作ったんですね。これもしょっちゅう。

今日買ったばかりのカリフワラーは、小分けにしてサッと湯がいて、シーチキン・マヨネーズ・粒入りマスタード・コショウ・パセリみじん切りで合えましたが、これも簡単。パセリはしょっちゅう買っていまして、こんなにパセリ消費量の多い家は他にはないんじゃないかって思います。(これはちょっと自慢ですねー笑)

今日も野菜いっぱい食べました!

昨日の蒸しパンは?

070218mushi2 昨日の出来損ないの蒸しパンは、こんなのでした。

角切りサツマイモと大正金時豆の入った蒸しパンで、見た目はけっして悪くなかったのだけど、なにせ水分が足りない。。。

サツマイモはレンジで柔らかくし、お豆はちゃんと自分で炊いて、冷凍保存していたもの。生地の中にも入ってます。ほんとに残念でした。

2本もあって、このままでは誠にもったいないので、ちょっと手を加えたら、きっと美味しく食べられるはず。で、こんな風に今日のおやつ用に変身させました。

070219mushimix

見た目、全く別物。

だけど、食べてみると、あーこれだこれだ、というもの。

ダイスカットして、耐熱容器に並べ、上にフラン生地のようなカスタード生地のようなものをかけて、焼いてみました。

2本分の蒸しパンが、更に量が増えてしまいましたが、ちょっとしたケーキのようでもあるので、しばらく楽しめます~♪

2007年2月18日 (日)

鶏肉とセロリと大根の炒め物

夕べからの雨は朝もまだ降っていて、一日ぐずぐずしたお天気でした。こころなしか寒かったのだけど、バタバタ用事をしているとそれでもなんとなくホカホカしてきます。

今日はお昼にピザを焼いて、珍しく蒸しパンまで作ったのはいいけど、情けないことに何となく味がいまいち。ピザも他のパン類もケーキも、最近はかなりご無沙汰気味だけど、一時は毎日のように作っていたので、簡単なのに味がいまいちだなんて、けっこうやな気分。別に美味しくなかったわけじゃないんですが。。

070218lunchdinner

今日のピザははじめての配合。どうかな、と思ってやってみたのだけど、食べてみたらば、それだったら今までの方がずっと美味しい、という出来上がり。トマトソースも簡単だけど、??の味。それに、焼くのに250℃で15分?それじゃあ、焦げる。絶対焦げる。おかしい。やっぱり焦げた・・・。

蒸しパンも書いている通りの分量にきっちり計って作ったのに、なんか甘みもないし、第一書いてあるその分量じゃあ、水分が足りない。あ~あ、これって、私のせいじゃな~い!(と、独り言は続くのであります。笑)

  1. 070218dinner2 晩ごはんは←こちら。

残っていた大根とセロリ、それと鶏もも肉を炒めました。セロリはかなり多いです。こういう炒め物は、セロリ好きにはたまりません。

鶏もも肉一枚、セロリ3本(葉っぱごと)、大根10cmくらい、オリーブオイル、ニンニク、コンソメ、コショウ、塩、シェリー酒(白ワイン)

鶏もも肉は一口大に切っておきます。例に寄って、皮や黄色い脂肪部分は取ります。塩・こしょうしてもんで、しばらくおきます。

フライパンにニンニクスライスを入れてオリーブオイルで炒め、鶏肉を入れて炒めます。一口に切った大根を入れてしっかり炒め、さらに筋取りしたセロリ(葉っぱも)を切って入れて炒めます。塩・コショウし、コンソメ顆粒も少々。シェリー酒を多めに振ってフタをし、しばらく蒸し煮状態にします。フタをあけて水気を飛ばすように炒めて出来上がり。

2007年2月17日 (土)

焼きネギと鶏団子の小鍋

今日は一日家におりまして、お昼から庭で作業。夕方まで土ふるいやら植え替えをして、土まみれになりました。2月の初めまでは寒くて、庭のちょっとした掃除や片付けくらいはしても、ずっと居続けるなんてできなかったのが、もうそろそろ平気。これからはこういう日が多くなるかもしれません。夕方家に入って、土やほこりにまみれた衣類を一式着替えました。よそでは、もうとっくに換気扇から美味しそうなにおいがしてきています。

070217dinner 昨日は白菜と(生活クラブの)シャブシャブ用豚スライスetc.で鍋物をしたのに(写真のupはしませんでした)、今日もまたお鍋です。我家は鍋物の回数は少なめだと思うのだけど、2日続けてっていうのは、ほんとに珍しい。ご飯作り、ちょっと飽きてきました~そのせいかな。

ネギを5,6cmに切って、ぐるりを焼きました。

ガスコンロで焼いた方がいいかとも思ったけど、油なしのフライパンで焼きました。黒くこがさないように気をつけないといけませんが、一部こがしてしまいました。

ネギは焼くと、甘みが増しますね。それととろり感も。

鶏肉を包丁でたたいて調味料を入れて肉団子に。包丁が切れなくてちょっと困りました。

鶏もも肉、ショウガ、塩、黒コショウ、片栗粉、水少々

コショウを利かせ気味にします。

070217nabemix

たたいてミンチにした鶏肉に調味料を入れて、こね、手に水をつけて丸め、油でこんがりと揚げます。

ひとり用の小鍋に、カツオでとっただしを入れ、酒と醤油で薄く味付け。焼いたネギ、野菜(今日は春菊)、糸コン、鶏団子を入れて煮立てます。

まあ書くまでもないことですよね。

食べるときにレモンをぎゅっとしぼりましたが、ポン酢で食べるのとはまたちょっと違う味わい。薄味がついているので、特に何も入らないとは思うけど、鶏団子に入れた黒コショウ味にレモンがいい具合でした。

2007年2月16日 (金)

ミラノ風ポークカツもどきのオーブン焼き

これが牛肉で、しかもちゃんと普通にフライパンで揚げ焼きしたら、”ミラノ風カツレツ” と、ごくごく当たり前のタイトルになるのだけど、如何せん、豚でして。。。しかもパン粉をかけてオーブンで焼いているときたら、もうこう書くしかありません。

070215dinner1

毎度のことですので、いまさら、ですが・・・

写真では、手前がやたら巨大に写っておりますが、決して手前白のお皿がこんなに大きいってことはありません。

前日に、豚の肩ロースをゆで豚にしていただきましたが、あれは700gの固まり肉の半分強です。今回、カツレツもどきにしたものは、それの残り。300gくらいと思います。

ひさびさにトンカツでも、と思ったのだけど、半冷凍にでもなっていたらば、カツ用にカットすることができたのですが。スライスが難しかったので、ダイスカットいたしましたんですね。ま、しょうがないな。これ以上の体重増加は避けたいところでもあるし。。。

たまたま豚肩ロースを使いましたが、豚ロースやフィレがあればさらに美味しく、牛のフィレでもあったら、さらにさらに美味しくやわらかに出来上がることでしょう!(笑)

豚肉(2~3cmくらいのダイスカットお好みで)、塩、コショウ

パン粉と粉チーズ(3対1の割合)、パセリ、オリーブオイル

070215porkmix2パン粉と粉チーズの割合が 3対1 というのが黄金比だというのをどこかで目にしました。たっぷりめに用意します。パセリはお好みで。ドライのスィートバジルでもよさそう。

耐熱皿にオリーブオイルをまぶします。パン粉とチーズとパセリを混ぜておきます。

カットした豚肉に塩・コショウし、パン粉とチーズとパセリを混ぜたものを全体にざっとつけて、耐熱皿に平らに並べます。残りのパン粉・チーズ・パセリにオリーブオイルを振り入れます。ちょっと湿る感じに。それを、耐熱皿の肉の上に振り掛けます。これを180度に予熱したオーブンへ入れて、こんがりと焼きます。20分くらい焼きましたがそれぞれのオーブンで違うかもしれません。

小麦粉と卵が抜けてオイルの量が減った分、ちょっと低カロリーかな。それを期待してのオーブン料理なんですが。

これのソース、ちょっと困りました。時間もなかったので、仕方ない、普通のウスターをかけていただきました。普通にあげたカツのような旨味は欠けるだろうなあとは思うけど、あっさり全部なくなったので、まあまあいける味だったんだと思います。

まあまあだなんて言わずに、美味しかった!と書けばいいのだけど、あ~私としては、たっぷりの油でこんがりと揚げたそういうカツが食べたい!

2007年2月15日 (木)

ゆで豚と千切り野菜の梅ソースかけ

昨日はバレンタインデーでしたね。皆さんいったいどんな風に過ごされたんでしょうか。

バレンタインでももう関係なく過ごしている我家なので、特別なことは全然しませんが、一応オットむけのやすーいチョコを買ってきます。例年はそれでもそれように包装されたものを用意していたのだけど、今年はとうとうスーパーのふつうのチョコ。

070214choco2森永の板チョコ!!

遅くなるとは朝言ってなかったのに、帰りはほろ酔い加減で、11時過ぎにご帰還。

用意していた晩ごはんは、結局は息子と二人でしたが、手に持って帰った紙袋には、チョコひとつとワインが1本。よかったね~。2つでももらえて、よかったよかった。

で、私の”森永”も、「は~い、義理チョコ~!」と言って渡しましたら、「おお~!」と一応掛け声だけは出ました。(笑)

「お返しのなにかを、あとで買ってきてね」

そうオットがそのあとに続けて言ったのは、それもまた例年どおり。

私へのお返しは一度ももらったことないけど、オットの職場の女性用に、3月になってから私がデパートで見繕ってくるわけで、今回は2つだけとはいえ、ひとつはワインだからなあ。難しいですねぇ。

オットが持ち帰ったゴディバ、夜中なのにさっそく(私が)ちょこっといただいてしまいました。

070214yudebuta1 森永のチョコは、息子にも同じものを渡しましたが、息子こそ、誰からかもらったんだろか。そっちのほうが気になりますよ~

晩ごはんは普通のごはん。少し古めのオレンジページに載っていたゆで豚&野菜をちょっと変えて。

生活クラブの豚肩ロースの塊があったので、それをたっぷりのお湯で、早めに1時~1時間半ほど茹でておきました。ほろほろになりました。

豚肩ロースブロック、水、酒、ショウガ、ネギ

付け合せの野菜は、ありあわせのネギとキュウリと人参を千切りに。

その上に梅ぼしがわりの梅びしおで作った梅ソースをかけて。

梅びしお、メンつゆ、お酢、ごま油、コショウ

070214dinnermix ゆで豚の茹で汁に、ダイスに切った白菜と枝豆(冷凍)のむき身、それから中華干しエビ、たっぷりの料理酒を入れて、こちらもコトコト煮込みました。塩、コショウで味付け、最後に水溶き片栗粉でとろみを。

このスープは数回載せてるものだけど、白菜が安くて美味しい季節なので、せっかくのスープも無駄にしなくて済むし、お手軽だし、しょっちゅうでもOK。

2007年2月13日 (火)

ベビーホタテの炒め物、鶏肉の炒め物カレー風味。

こちらは今日の分(2/13)。鶏がらスープが野菜とともにまだ少々残っていたので、生活クラブから届いたばかりの小粒ジャガイモ 「インカの目覚め」 を入れて煮ました。甘みのあるおいもなので、息子は「これってサツマイモなのジャガイモなの」って。070213dinner

で、肝心の炒め物ですが、まず鶏肉の炒め物は

鶏もも肉を一口大に切って、酒・醤油・オイルを揉みこみます。それをニンニクみじん切りと一緒にフライパンで焼き付けるように炒め、ブロッコリーを入れて塩・コショウ。そしてタイカレーペースト少量を同じく少量のお酒でのばしたものを入れて、ほんのりカレー味に。普通のカレー粉やカレールウよりも、タイカレーペーストのほうが独特のコクがあっておいしいかな。

もう一つのベビーホタテのほうは

ニンニクみじん切りと一緒に炒めて、お皿に取っておき、切った小松菜を同じフライパンで炒めてから、ホタテを戻しいれます。ホタテのパックに「ホタテエキス」というのが入っていたので、それを入れましたが、ホタテ味の顆粒だしなんかを使ってもいいかな。それに塩と醤油と豆板醤少々。いたってシンプル。

どちらもあっという間の炒め物。

いつもながらの適当な料理だったけど、あらかたなくなりました。

070213dinnermix

ポークチップ、海鮮すり身でヒジキ入り天ぷら

前回の鶏がらスープなんですが、昨日と今日とで食べましたが、いい加減に料理したせいか失敗してしまって、誠に情けない思いをしています。そのスープを使った料理の前に、メインの写真を。

070212dinnermix シンプルな味付けのポークチップと、(生活クラブの)海鮮すりみで天ぷらを作りました。二つとも揚げ物です~。ちょっと組み合わせを考えないと。

時間に余裕がなくて、1つ作りつつ次のメニューを考えてる有様なので、こういうことになるんですね。すぐできるやつってことで料理しているので。ただ、どちらも簡単なのに、すごく美味しかったです。

ポークチップは、薄切りの豚肉に塩と胡椒をして、薄力粉と片栗粉半々の粉をつけてから揚げしただけです。

生活クラブの豚スライス肉は市販のよりも薄めなので、出来上がりが軽くてよかったです。数枚残っていたローススライスのあとに、モモスライス肉を使ったのだけど、ロースの方がカリッとしつつもやわらか。どちらも豚そのものが旨味が濃いので、おいしかったですが。

揚げてから藻塩なんかを振っても、美味しい。ビールがすすむよ~(オット。私は下戸!)

もうひとつの海鮮すり身のほうは、スライスタマネギと(戻した)芽ヒジキを入れてます。他はショウガ、卵、片栗粉、塩、酒、醤油。

070212surimimix

こちらもあまりの美味さに、揚げるそばからいくつか食べてしまいました。あ~あ、また太るなあ。

この揚げ物2種だとつまみが並んだだけって感じ。ご飯はうって変わってピラフにしてしまいました。

揚げ物が和風なのに、なんでピラフなの?!と私も思ってますが、前日の鶏がらスープがあるし、とにかく追われるように作ったので、和洋折衷だろうがなんだろうが、もういいよね、ってところ。

ピラフの具は、スープの中の鶏がらの身と人参。それと、タマネギとシメジみじん切りとトマト缶1個分。しっかりと旨味が濃くなっている鶏がらスープを入れて炊いたので、味的には美味しかったです。

ただ、具が重くて炊飯器が炊き上げられない。。。

070212takikomi 炊飯器は1度で炊けなくて、2度スイッチを押しました。それでも炊き上がりがよくなくて、全部フライパンにあけて、パエリアのように炊いてしまいました。(涙・・)最初から、そうやって炊いたほうが簡単でしたよね。おこげができて、それはそれで美味しかったですが。

鶏がらスープには、タマネギ・人参・大根を大量に入れてやわらかに煮ていたので、その中のタマネギと人参の半分くらいをミキサーですりつぶしてポタージュにしました。家族はしっかり食べてくれましたが、これにジャガイモが入っていたら、もっと美味しかったはず。残念でした。

2007年2月11日 (日)

あさりとジャガイモのピリ辛スープ、焼き大根と牛肉の炒めもの

朝出かけて夕方帰ってきて、何はさておき即キッチンへ。主婦って忙しいですね。帰宅してまずお茶ってわけにはいかないです。留守中にたまっていたお皿類の汚れ物を洗って片付けないといけません。それから夕飯の仕度です。

070211daikonmix1

こうやって写真を見ると、夕方遅くに帰ってきた割には、案外美味しそうなのが出来上がったなあ、なーんて、ひとりニヤニヤ自己満足の私です~

夕飯づくりを始めて、まずしたのが、寸胴鍋にたっぷりのお湯をわかしたこと。

冷凍庫から鶏がらを取り出して(解凍してなかったので)、鍋のお湯をかけて鶏がらを溶かしつつきれいに洗って、数箇所ぼきぼき骨を折って、それを寸胴鍋へ。ニンニク数個も一緒に。

アクを取りつつしばらく鶏がらを煮てから、皮を剥いて大きく切った人参と大根、皮を剥いただけの丸ごとのタマネギを同じ鍋に入れて、さらにアクを取りながら沸々と煮ます。(この鶏がらスープは今回は使いません。今回使ったのは、中の大根だけ。)

大根の皮は葉っぱと一緒に、ピリからのキンピラ風味付けの炒め物を作りました。これはおまけ。

で、もう1品。今度はアサリのスープを作ります。こちらはウー・ウェンさんのレシピを参考にしています。写真と簡単な作り方は、一番下へ。

寸胴鍋で鶏がらと一緒に煮込んでいた野菜がもうすっかり柔らかくなってます。その中から、大根だけを取り出します。寸胴鍋の中で、大根は鶏の美味しいスープを吸って、ふっくら美味しそう。それを、ごま油で焦げ目をつけてしっかりと焼きます。そこへバラの牛肉と千切りショウガを入れて焼き、ミリンと醤油をかけて焼き付けるようにして出来上がり。あっという間。最後に、一味トウガラシもぱらりと振っています。

070211asarijagamix2

アサリとジャガイモのピリ辛スープは・・・。

鍋に水4~5カップ分(適当)入れまして(3人分です)、ジャガイモ2個を1.5cmくらいのダイスに切って煮ます。火が通ったら、きれいに洗ったアサリ1パック(生活クラブのパックは250g入り)を投入。貝が開いたら、薄く味付け。(酒、醤油、ハチミツ、塩、豆板醤)

それからニラをいれるのだけど、ニラがなかったので代わりに万能ネギを。硬めに戻して切った春雨も入れます。で、さっと煮立てて出来上がり。

寸胴鍋の鶏がらと野菜をどうするかは、明日考えましょ。

セレベスと大根入り野菜カレー

しばらく前に買っていたセレベス1個がなかなか使えません。サトイモはたまに買っても、セレベスって実は今まで買ったことがなかったんですね。煮っころがし風にしたら、ほくほくして美味しそうなんだけど。。。

070210yasaicurry2 思い切ってカレーにしてみました。肉なしの野菜だらけのカレー。

野菜はぜんぶ1.5~2cmくらいのダイスに切って。

肉なし、と書きましたけど、これ、正しくありません。コク出しにベーコンを少し使いました。

普段からカレーには小麦粉なんて使わないし、市販のルウを入れたとしても少しだけにして、大概はカレー粉やタイカレーペーストなんかを使って、minigarden風自己流カレーにしています。だから普通よりカロリーがちょっと少なめの我家のカレーです。トマト缶1缶が必ず入るし、一晩寝かせてってこともなくて作ってすぐ食べる、うちのカレー。

今日のは、セレベスと大根なんかが入っていて、ええっ!と思われるかもしれないけど、これ、案外美味しかったんですよね。我家のカレーに仲間入り決定!

オリーブオイル、ニンニクみじん切り、ショウガみじん切り、ベーコン少し、タマネギ、人参(切ってからレンジでチンしておきます)、セレベス、大根、リンゴ(これもダイスにカット)、トマト缶、カレー粉、(ミルでがりがり摺った)山椒、ドライハーブミックス、コショウ、塩、酒、水少々、ブイヨン

切って炒めて香辛料と一緒にしばらく煮込んだだけ。水気はあんまりありません。

山椒が入ったのと、リンゴもすりおろさないでダイスに切ってしっかり1個分入ったのが珍しいかも。市販のルウは使っていません。

山椒は、スーパーでふつうに売ってるもので、(ミル付き)ハウスの 「香り山椒」 。前回の山椒入りレシピ(麻婆豆腐)の時もそれを使っています。辛味がとても新鮮で、山椒ってこんなに美味しいんだって、再認識の私です。

070210celebesmix

2007年2月10日 (土)

食パンでキッシュもどきを

食パンを食べるのは家では私だけなので、多い分は冷凍することもしょっちゅうなのだけど、解凍した数枚がまた残って硬くなってしまいました。パン屋さんの美味しいパンなので、ちゃんと食べないともったいない。どうしましょ。。。

070210bread5 ということで、なにかの雑誌で見たことのある ”キッシュもどき” にしました。

で、これをモドキとは言え、キッシュと呼ぶにはあんまりではないかとも思うのですが、そこらへんはご勘弁のうえ、寛大な気持ちでご覧くださいませね。よろしく!

こういう写真をどこかで見たというだけで、レシピは私のいつもの思い付きです。

硬くなったスライス食パンを4つに切りまして、オリーブオイルを塗った耐熱皿にのせます。上から卵液(卵、牛乳、パルメザン粉チーズ、コショウ、塩)をとろ~りとかけます。数分おいてパンが卵液をしっかりと吸ったところで、スライスしたパプリカ、ハム、みじん切りパセリ、ピザ用チーズをのせて、予熱したオーブンへ。こんがりと焼いて出来上がり。

甘くないので、ご飯としてはばっちりですね。トッピングはいろいろ好きなものをのせられそう。

070210breadmix

↓こちらはおまけですよ~。お昼ごはん。

070210lunchmix

2007年2月 9日 (金)

ゴマたっぷり白菜のクリームパスタ

今日はオットがご飯はいらないというので、簡単にパスタにしました。

先日NHKの料理番組で、生クリーム入りなのに、すりゴマがたっぷりと入った白菜のパスタをやっていました。シェフはイタリアンの名店のオーナーシェフ。ちょっと和風のゴマの香りのただようソースを、記憶を頼りに作ってみました。

070209spa2 乾麺のフェトチーネ(タリアテッレ)があったので、クリームソースでもあるし、麺はそれで。

ベーコンは旨味を出してくれる大事な素。今日のは乾塩ベーコンで、普通のベーコンとは美味さがちょっと違います。オリーブオイル(テレビではバターだったかな)でニンニクスライスとこのベーコンを炒め、2cmほどの角切りにした白菜を入れてしっかりと炒めます。それに小分けにしたブロッコリーを入てれましたが、これは私の勝手なおまけ。テレビでは入れてません。彩りに良いので、一緒に炒めてソースを仕上げ、あとでお皿の脇に添えるように置きました。

で、白菜とブロッコリーを炒めてから、切りゴマを振り、生クリームを入れて火を通します。塩をし、火を弱めてしばらく沸々させてから、もう一度切りゴマをたっぷりと振り込みます。最後にコショウ。

ソースが出来上がるのにあわせて、しっかりと塩を入れたお湯でフェトチーネを硬めに茹で、出来上がっているソースに粉チーズと共に絡めて、お皿へ。

オリーブオイル、ニンニク、スライスベーコン、白菜、ブロッコリー、生クリーム、白すりゴマ、粉チーズ、塩、コショウ

切りゴマは途中と最後の2段階に分けて入れています。生クリームと白菜、白菜とゴマ、どっちもよく合うので、生クリーム+白菜+ごま の組み合わせもぴったり。塩は割としっかりめに、とそうテレビでは言っていました。うら覚えだったので、100%テレビでやっていた通りの作り方ではないかもしれないけど、これは確かに美味しかったです。

このNHKのテレビ番組は、たまたまタイミングよく見ただけだけど、3人の和洋中の有名シェフが同じ素材を使って、それぞれのレシピを紹介するもので、簡単ながらも美味しい(もちろんですよね!)お料理をその場で作ってくれるので、見てソンはないかな。

HPに、レシピ載ってました!→→生活ほっとモーニング この中の「これまでの放送」をクリックし、「2/6はくさいに喝采」を見てください。(リンクがずっとあるかどうかはわかりません~)

あらら~~、今このHPをチェックしたらば、やっぱりレシピはうら覚えでした。ちょっとちがってましたね。でも、何度も言うようだけど、できあがったの、美味しかったです!!

2007年2月 8日 (木)

鶏肉とキュウリの炒め物、カブのスープ

今日2/8の晩ごはん

070208dinner 大慌てで作った中華1品&スープ!

今日は午後から東京ドームに行って、帰宅したのが7時近く。それからの晩ごはんです。息子は試験中で、今日は一日家にいて勉強(だったはず)。1時間で洗濯物入れとちょっとした片付けとご飯つくり。

肉類も解凍していたのが鶏ムネ肉だけだったので、鶏肉を細切りにして下味をつけ炒め、それに細切りの野菜類を炒め合わせて、テンメンジャンや豆板醤で中華風炒めものにしました。

サラダ油、ニンニク、ショウガ、トウガラシ、鶏ムネ肉(+酒、醤油、片栗粉、ごま油)、タマネギ、キュウリ、ジャガイモ、ピーマン

酒、テンメンジャン、豆板醤、ミリン、醤油、ごま油

きゅうりは水が出るので、種をとってから細切りしています。ジャガイモは、切ってからレンジでチンして柔らかくしてから、他の具材と一緒に炒め合わせています。シャキ感をちょっと残した方が美味しいかな。

070208kabunegisoupそれと、電車に乗るのに車を入れていたスーパーで、帰りにカブを買ったので、それとベーコンでスープを作りました。残っていたハムもちょっと入ってます。ネギのぶつ切りも入って、柔らかく煮えています。

ほんとは、カブと鶏とでスープにしたかったんだけど、鶏は中華にしちゃったもんで、こちらはこの材料。

ベーコン、ハム、カブ、ネギ、水、酒、コンソメ、コショウ

8時ころにオットが帰宅して、なんとか間に合いました。よかった~。写真も一応撮れたし。

2007年2月 7日 (水)

粉山椒たっぷり麻婆豆腐

麻婆豆腐は我家の大好きなメニューなので、頻繁に作っていたメニューです。近頃はこのブログのこともあるし、そうそう頻繁にってわけにもいかず、今日は久しぶりに作りました。

いつも通りの作り方だと、調味料は豆板醤・豆豉醤・醤油etc.を使うのだけど・・・・

070207katuyomabomix今日は前からちょっと気になっていた粉山椒入りのレシピで。小林カツ代さんの作り方(その名も「カツ代の麻婆豆腐」!)を参考にしました。

これがまた、麻婆だいすきの息子が 「いつものよりも美味い!」 って言うので、いつものも美味いと思っていた私は、息子の頭をペシっとたたいてしまいました~まったくねー。

なんでもそうだけど、今日作った麻婆豆腐も3人で普通に食べるには量が多い。でもこれくらい作っとかないと、我家には足りないので。材料の分量等は、カツ代先生申し訳ない!先生のを我家用にちょっとアレンジしています。

オイル適宜、長ネギ1本、ショウガ1片、ニンニク1片、豚肉250g、

<合わせ調味料>味噌大2、醤油大2、酒大2、豆板醤小1、オイスターソース大1、粉山椒小1、

木綿豆腐3丁(350g×3)、水カップ1、

ニラ2束、片栗粉大1+水同量、ゴマ油少々

作り方は書くまでもないかと思うけど一応。上記の順番で材料が入ります。

みじん切りのネギ・ショウガ・ニンニクを炒め、豚肉を炒めます。合わせ調味料を入れてさらに炒め、切って水切りしておいた豆腐を入れてざっと混ぜて、水を加えます。切ったニラを加えて火を通し、最後に水溶き片栗粉でとろみ。ゴマ油少々を入れて、おしまい。

粉山椒は、ミル付のを買ってきたので、挽き立てが入ったせいもあってか、かなり効きました。山椒の香りと辛味がこの麻婆の美味さの素かな。

オットは、辛い!と言ってましたが、辛くなかったら麻婆じゃないよ~。オットはなんだかんだ言いながらもお代わりしてました。

2007年2月 6日 (火)

鶏とレンコンのトマトスープ

今日も昨日と同様に暖かで、連日の気持ちよいお天気。今日はトールペイントの教室に出かけたのだけど、できればそのままどこかに出かけたい気分でした。

070206dinnermix 昨日は春巻きを作ったのだけど、写真のアップもしないまま早々に寝てしまいました。連日の睡眠不足がたたった感じ。昨日一日しっかり休んだので、今日は体調もばっちり。

今日の生活クラブの配達で届いた鶏肉、レンコン、ジャガイモを使って、トマト缶を入れたスープを作りました。鶏もも肉から旨味がしっかりと出て、トマト味のさっぱりした味ながら、こくのあるとても美味しいスープになったと思います。

鶏皮が食べられないので、いつも取ってしまいます。皮は別途でスープをとったりしてもいいかと思います。

その鶏もも肉を大きめの一口大に切り、ニンニクと一緒にオリーブオイルで炒めます。たっぷりめのお酒を注ぎ、肉が浸るくらいに水を入れ、途中で水分が足りなくなったら水を追加しながら、30分くらい柔らかく煮込みます。レンコンの厚切りを入れ、ジャガイモも大きめに切っていれて、トマト缶1缶を入れて煮ます。白菜を切って入れて、具が全部柔らかくなるまで煮込みます。塩・コショウし、最後にパセリのみじん切りを散らします。

足りるかなと思ったのだけど、オットもお代わりしてくれて、ちょっと足りなかったです。倍くらい作っていたら、明日の日中も食べられたのに、とちょっと残念。

大急ぎで作ったもう1皿は、イカとキュウリとセロリをニンニクと一緒に炒めて、ナンプラーと醤油少々で味付けしたもの。大量にあったセロリも、これで全部なくなってしまいました。こんなにたくさんのセロリを食べた数日はないなあ。

オットは最初ビールを飲んでいたのだけど、すぐにワインを飲もうかな、というのでたまたま冷蔵していたワインを出しました。ひとりで1本、あっという間に飲んでしまいました。ワインだと1回に1本半だな、って言うんですが。。。

私はまったくの下戸なので、味見にひとなめしただけ。買ってきたのは私だけど、お店のワイン棚に書いてある能書きを比べつつ、美味しそうなことを書いてあるのを買ってくるという、まったくのいい加減。やすーいのしか買いません。きょうのは700円くらい。あんがいこれ、美味しかったみたいです。

070206dinner2mix

2007年2月 4日 (日)

春雨とセロリの炒め物、豆腐入りあっさり茶碗蒸し

今日2/4の晩ごはん

070204dinner 昨日は節分だったんですよね。しばらく前から時々炒り大豆を買っておやつに食べてたのに、肝心の節分を忘れるとは。

今日はお昼から久々にオットと一緒に娘のところへ行ってきました。帰宅したのは6時半を回っていて、すっかり真っ暗。普通だったらせっかく一緒に外出したことだし、時間も時間だし、たまには外のご飯でも、というところだけど、当然のように帰宅してからの家での晩ごはんになりました。しょうがない。

時間がないので、すぐ使えるものを総動員したので、こんなのになってしまいました。

春雨と大量のセロリの炒め物。セロリは生活クラブでミニセロリというのを注文したら、届いたのは全然ミニじゃなくてしっかり普通のセロリの大株。10本はついてます。今日一気に太いのを3本葉っぱごと使いました。味付けはナンプラーで、ちょっとエスニック風です。セロリって、こういう炒め物にあうねえ。美味しかったです。大人の(?)炒め物って感じかな。

ごま油、ニンニク、豚ミンチ、セロリ、パプリカ、干ししいたけ、タケノコ、春雨、ナンプラー、オイスターソース、醤油、中華鶏がらスープ顆粒、コショウ

070204toufu それと、本当は昨日作るつもりだった豆腐入りの茶巾蒸し。急いだので、茶巾蒸しじゃなくて、豆腐と干ししいたけだけのシンプルは茶碗蒸しになってしまいました。豆腐は昨日から水切りしていて、(上のでも使ったけど)干しシイタケも戻して冷蔵していました。三つ葉がなくて、カイワレを代わりに使ってしまいました。

木綿豆腐、干しシイタケ、カイワレ、卵、出し汁、塩、醤油

ゆで卵もすでに作って冷蔵庫に入れてたので、サラダに加えました。なんでも作っとくと、こういう急ぎのときは、役に立つねえ。

卵はコレステロール高いから食べないって普段言い切ってるオットが、野菜・シーチキンごと卵も3個分を全部食べてしまって、食べないのも食べるのも、その時の気分なわけ?コレステロールはどうした!?

2007年2月 3日 (土)

豚バラのおかずと、豆入りミートローフのおかず

今日2/3の晩ごはん。今日は朝から家を空けていました。私が家を出る前に、同じく家を出る家族を早朝から駅に送っていったり、洗濯や片付け物や台所仕事等こまこまと家事をしていたので忙しかったです。夕方6時ころ帰宅。オットは帰宅してたので、また大急ぎで晩ごはんの支度。

070203dinner1 もう見るからに、和も洋もごちゃごちゃ。恥ずかしい~

昨日のうちに水煮していた豚バラは、とろとろにとろけそう。今朝、浮いていた大量の白い油の塊を取っておきました。今日夕方、それに大根を入れて一緒に煮込みました。

紹興酒、豚バラ、大根、ショウガ、ミリン、砂糖、醤油

先日、3種の豆入りのミートローフを作ったのだけど、出来上がった2本のうち、1本は冷凍してまして、それを今日使いました。

ナスとタマネギを炒め、下茹でしていた人参・大きめに切った豆入りミートローフをトマト缶と一緒に煮込んだ、カンペキ洋風なおかず。途中までこれをカレー味にしようか、どうしようかまよったのだけど。。。何でこんな組み合わせになっちゃったんだろ。時間がなかったので、途中まで出来上がってるものを使おうと思ったからでしょか。

オリーブオイル、ニンニク、タマネギ、ナス、人参、豆入りミートローフ、シェリー酒、トマト缶、(豚バラを水煮してできた)スープ、塩、コショウ

スープがかなり濃厚な上、追加しながら煮詰めたので、シンプルな味付けなのに深みのある味になった気がします。

レンコンと牛肉の炒め物

昨日2/2の晩ごはん。

070202renkon2 午前中から都内に出かけ、帰宅は夜7時近くになってしまいました。オットはご飯いらないというので、息子と2人。作るのはふたりも三人も一緒なので、基本的にはかわらないのだけど、息子とふたりっていうほうが、ご飯作りは気がらくかな。写真は一人前。

牛のスライス肉よりもレンコンのほうが量が多いです。薄切りだけどシャキッとしたレンコンの歯ざわりが美味しい。短時間でできるので、こういうのがいいな。

オイル、ショウガ、豆板醤、牛肉スライス、レンコン、ミリン少量、テンメンジャン、醤油少量、酒。

帰宅途中にサワラの味噌漬けを買ったので、焼きました。付け合せのホウレン草は、サッと炒めて、市販の麺つゆ少量をジャッとかけ、仕上げに一味トウガラシをパパッと。

2007年2月 1日 (木)

カレーうどん

先日の郁恵井森のデリデリキッチンをたまたま見ていたら、カレーうどんをやっておりまして、ちょっとマネをして作ってみました。

070201curryudon2 テレビでは、卵は温泉卵をのせているので、←この写真のゆで卵は、はたして意味があるのかどうか。。。

カレー粉がかなり効いた辛めのカレーうどんなので、温泉卵のとろとろが、その辛さをやわらげてくれるに違いないです。うちの家族が半熟の卵が好きだとは到底思えなかったので、ま、彩り的にはいいかとゆで卵をのせてみたのだけど。もしかして、かたゆで卵じゃいらないかな。

カレーうどん自体、めったに食べたことがないですが、カレーうどんに油揚げって、普通なのかな??

テレビ通りの分量(4人前): 油あげ2枚、だし汁6カップ、デリ醤油120cc、カレー粉大2、片栗粉大3と1/2+同量の水、九条ネギ1束、うどん4玉、温泉卵4個

(デリ醤油・・・ミリンと醤油各1カップ、昆布5cm角)

分量を書いてしまいましたが、これ、大丈夫かな。あとで消さないといけない??

ネギは、九条ネギっていうのがないので、普通のネギをつかいました。

カレー粉大2も入っていて、絶対辛すぎ!と思ってたら、我家的にははやりちょっと辛かったです。でも、旨味があっておいしいスープでした。

昨日の鶏の水煮が少々残っていたので、ニンニクスライス・セロリ・タマネギと一緒に炒めて、ナンプラーで味付けしたもの。それと、チンゲンサイを豆板醤少々とオイスターソースで炒めたもの。これはどちらも簡単ながら、美味しかった!

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »