2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の23件の記事

2007年3月31日 (土)

鶏もも肉と野菜のトマト煮、鶏レバー甘辛煮

3/27は二人だけのご飯。最近手抜きかな。慣れてるおかずで簡単にしてしまってます。

070327dinner4 どっちも鶏ですねー。(笑)

レバーもモモ肉も生活クラブのもので、何を作っても美味しい。

トマト煮は、炒めてからしばらく煮込んで作ります。

その時によって野菜が違うけど、今回は、前日の使い残しのパプリカとピーマン、それと届いたばかりのレンコン、インゲン。トマトは生で食べるのには柔らかくなりすぎたのが幾つもあった(恥ずかしい~)ので、それを皮むきし、荒く刻んで使っています。

オリーブオイル、ニンニクみじん切り、鶏もも肉、レンコン、インゲン、パプリカ、ピーマン、トマト、シェリー酒、コンソメ、塩、コショウ

味付けはシンプルだけど、旨味が出て美味しかったです。うちのいつものってところだけど。

それから

鶏レバーはたまに買いますが、作るのはこればかり。よくあるショウガ煮なので、書くまでもないとは思うけど、一応。

先にたっぷりの水で下煮し、表面だけが火が通ったくらいで火からおろして、アクをきれいに洗い流し、食べやすく切ります。それをショウガ、酒、ミリン、醤油で甘辛く(甘め)に数分煮ます。硬くなると美味しくないので、煮過ぎないようにします。

070327dinnermix

写真最後のロールケーキは、ヨックモックのもの。この日は、娘に頼まれたものがあったので、一番近いデパートへ行って来ました。用事が済んで地下の食料品売り場へ。ヨックモックの「ふんわりロールケーキ」というので、小さい1人分くらいのが250円でした。これって、期間限定品みたいですね。まあまあかな。

中華風炒め物と和風炒めで晩ご飯

3/26の晩ご飯。中華っぽいものと、さらに簡単な和風炒め物で。

070326dinnermix 牛スライスは150gくらいをニンニクとショウガのみじん切りと共に炒め、取り出してから、同じフライパンにオイルを足して、太め千切りのピーマン3,4個、同じくパプリカ2個分、タマネギ小1個分を炒め、牛肉を戻し入れてから、調味料(テンメンジャン、ミリン、醤油、豆板醤、紹興酒)でジャッと味付けしたもの。片栗粉は入れてないです。これは、わりとよくあるおかず。油とおしをするのが、中華の炒め物の基本で、油とおしをすると、野菜類が甘く美味しくなるのはわかっているけれど、どうしても油に気になるので、近年は炒めるくらいにしています。

今回は牛肉は野菜に比べて少ない。できれば野菜中心でご飯を、ということなので。ピーマンとパプリカが多めなのに、これをさらに、葉っぱに包んで食べました。

もう一つは、はんぺんと小女子揚げ(生活クラブのもの)とネギを焼き付けるように炒めて、麺つゆで調味し、一味トウガラシを振って仕上げた、和風の炒め物。

今まで、はんぺんでこういう炒め物というのは、滅多にしなかったけど、おでんに入れるよりはずっと好きです。

どちらも、切ったらあとは早いです!

2007年3月27日 (火)

アサリ入り春雨炒め

台所のガスにかけているお鍋を写しても、なかなか湯気が写せないのに、ましてやテーブルの上のものなんて、熱々の様子は到底写せません。それって腕が悪いのか、カメラが悪いのか。

25日の夕飯の写真↓、よく見たら湯気が写ってません?フライパンからざざあ~っとあけたばかりのアサリ入りの春雨。

070325dinner2 前日の菜の花の残りと冷凍のアサリ2パック(多いです!)、万能ネギ1束とニラがざっくりと入っている春雨の炒め物。春雨100g(2玉)に具が大量。

家族が帰宅してから大慌てで作ったので、味はどうかな?と思ったけど、アサリの旨味が春雨に染みて、美味しかったです。塩気はほとんどがナンプラーで、それに醤油少々。アサリの塩気もあるので、いれすぎないように。お酒もけっこう振りいれたのに、すっかり吸われてしまっていました。

サラダ油、ニンニク、タカノツメ、人参千切り、アサリ、菜の花、万能ネギ、ニラ、春雨、ナンプラー、醤油、コショウ、酒

それと、冷凍していた川エビの釜揚げとタマネギのスライスで、ちぢみっぽいものを。生活クラブのちぢみ粉使用。川エビはお正月に成田山の参道で買ったものの残り。かなり入りました。生活クラブの桜エビの釜揚げをいれようかとも思ったけど、川エビを使うのが先だ、と思ったので。きっと桜エビのほうが柔らかくて旨味があるかと思います。

ごま油、卵、ちぢみ粉、川エビ釜揚げ、タマネギ、水

070325dinnermix

ついたくさん焼いてしまったけど、ちっちゃいとはいえ、エビが入ると美味しいねー。

菜の花ときのこのパスタ

24日午後、成田で息子を見送り、帰ってきてからの晩ご飯。家に戻ったら7時過ぎでした。この日は前日に引き続いて朝からバタバタしていたためか、さすがにくたびれました。

070324dinnermix 午前中から出かけていた二男は私と前後して帰宅し、オットは一日中家に。

ややこしいご飯は作る気がしなかったので、3人分のご飯はスパゲッティでいいよね、っていうことにして、作ったのは本当にこれだけです。

オリーブオイル、タカノツメ、ニンニク1片、ベーコン、菜の花、シメジ、塩、コショウ

オットはカメラのずずっと向こう側で、もう食べているので、写っているのは二人分。

飲み物は、少し前に載せたイチゴのサワードリンクです。クラブソーダで割っています。くすんだ薄いピンク色で、イチゴの面影があるような、ないような。。。

2007年3月23日 (金)

甘夏でマーマレード

甘夏を2kg買いました。生活クラブのきばるです。

2kgだと6個。一度に6個全部の皮を剥いて、朝ごはんの時・夜ごはんの後に、デザートとしてあっという間に食べてしまいました。皮を剥くのって面倒なのに、食べるのはあっという間。微妙な気分。

070323orange1 皮はもちろんマーマレードにしました。

去年もこのきばるの皮でマーマレードを作っていて、その残りが少々冷凍で残っているけど、今のこの時期だけのものだし、是非ともと。

皮はしっかりこすり洗いして一晩水に漬け、水を替えて煮て柔らかくしてから千切りに。それからひたひたの水を入れてさらに煮てから砂糖を入れて煮ました。途中水を足して煮るを数回繰り返しています。普通のお鍋で作っているので、時間がかかっています。

表面の皮は、最初に火を通す前に、スライサーでまだらに剥いてあります。薄い表皮が1/3くらい残っている状態。そのままでもいいかともちょっと迷ったのだけど、今回はそうしてみました。

水煮して千切りにした段階で、1kgちょっとありました。それに素精糖を400gくらい入れました。ものすごく甘くはないけど、十分なくらいの甘さです。

出来上がったマーマレードは、小分けして冷凍するつもりです。あと一部は製菓用にお酒に漬けようかと思っています。

作り方は、先日コメントいただいたビオラママさんのブログを参考にさせていただきました。ありがとう!いつも手順や分量等は自己流で適当にやってるので、今回もその通りに作ったわけではないけど、とても助かりました!

出来上がったマーマレード、今朝食べました!

市販のよりも甘くないので、たっぷりのせてしかもパンにはバターもつけたい私としては、嬉しいです。

070322amanaumix

2007年3月20日 (火)

牛肉とピーマンの簡単炒めもの、白菜のとろとろスープ

用事があるのと私がさっさと家事をしないのとで、ご飯作りも遅くなってから始めることが多い我家です。

070320dinner1ひとつは、生活クラブから届いた牛肉(牛丼用)をピーマンと一緒にいためただけのもの。チンジャオロースーとは違う簡単な味付け。テンメンジャンと麺つゆで。ピーマンさえ切ったらあっという間!ピーマンがかなり入っているものの、レタスと一緒に食べました!

サラダ油、ショウガ、牛挽肉、ピーマン、テンメンジャン、麺つゆ、コショウ

それと、スープは以前も載せたことのある白菜みじん切りのとろとろしたスープ。炒めてから水を入れてくつくつ煮込みます。

サラダオイル、白菜みじん切り、タマネギみじん切り、セロリみじん切り、豚ミンチ少々、干しエビ、青大豆、酒、コンソメ、塩、醤油、コショウ、片栗粉

青大豆は、2,3日前にゆでておいてたものです。豆、特に大豆はそのままでも美味しくて大好き。お豆を食べてると、お腹の調子もよくなります。

2007年3月19日 (月)

ハンバーグとパスタと

あまりに普通すぎて、写真を載せるのもはばかられる晩ご飯。

070319dinner1 小さめに作ったハンバーグとポテトサラダ。ポテトサラダは前日大量に作っていたので助かりました。

ハンバーグは全部で写真の3倍ほどの量があったものの、タマネギは炒めずにみじん切りした生のまま。タリアテレのバジルソースは、市販のものに冷凍していたパセリを大量に入れただけのもの。

そういうわけで、ハンバーグも緑色の(ホウレン草入り)タリアテレのバジルソース和えも、時間がなかったにもかかわらず、案外早く出来上がって、セーフ!という感じでした(笑)

タリアテレはお米のご飯代わりのパスタじゃなくて、サラダの添え物みたいにしているので、隣の葉っぱと一緒に食べて、それがまたいい具合。

こういうパスタも、例えば炒飯なんかも、レタスでくるんだり一緒にしたりして食べるようにしています。野菜もかなり食べられてしかもさっぱり感もあって、とてもよいです。

2007年3月18日 (日)

ころころサラダ、イカとキュウリのナンプラー炒め

午後、就活に出かける二男を送り、続いて都内へ戻る長男がその前に携帯を国際用に変える必要があって、一緒にドコモショップへ出かけました。携帯の名義が私になってるので、行かないわけにはいかない。面倒だけど。それが済んでから、息子を駅改札まで見送りました。今回家に戻ってきたのは、家にあるスーツケースが必要だったからでして、大きなスーツケースを引きずり、手を振って駅のホームへ息子は消えていきました。次に会うのは次の土曜日。家に数時間もしくは半日いて、すぐに成田へいくことになっています。

070318saladmix

私が帰宅したのは6時半頃。急いでご飯の仕度をしました。サラダを作りながら、おかずをなにをしようか決まらない。こういうの、困ります。

サラダは、人参とサツマイモとセルベスとジャガイモをダイスに切って柔らかく湯がき、マヨネーズで合えただけのサラダ。湯がいてから粉ふきにしたので、水気もしっかり飛んでいます。サツマイモが入っているので、ほんのり甘くて美味しい。

で、おかず、ね。。。

冷凍庫をしばらく眺めて、解凍しなくてすぐ使えるイカ(切ってあるもの)を取り出して炒め物をしました。

070318dinner 味付けはナンプラーとレモンで、ちょっとエスニック風。

サラダオイル、ニンニク、イカ、キュウリ(種を取って)、ピーマン、ナンプラー、レモン汁、コショウ

中華おこわと久々のトンカツ

土曜日3/17夕方、長男がやってきました。お正月1/4以来ですねぇ。頑張って美味しいものをどっさりと、とも思ったのだけど。。外で待ち合わせをして一緒に買い物をする予定があり、それが済んだのは夕方6時。少しは晩ご飯の下ごしらえをしてはいたものの、帰宅が予想外に遅くなってしまい、中途でご飯作りは手をうってしまいました。

070317okowamix

070317dinner中華おこわは、お米3合分だったのだけど、今回はちゃんと蒸し器で作りました。

せいろも持っていはいるものの、しばらく前に中華なべを処分してしまっていたので、今使っているのは普通のステンレスの蒸し用なべ。これはこれで、大きいので便利です。

炊飯器でもおこわはおいしくできるので、最近はずっと炊飯器のおこわにしていましたが、こうやって蒸してみると、蒸したのが本当に「おこわ」だなあと思います。

この日の中華おこわは、具の量は多いけど、具の種類は少なめ。干し海老もいれなかったです。具を炒めて米を加えて炒め、調味して蒸し器へ。

もち米、焼き豚、干しシイタケ、タケノコ、枝豆、サラダ油、ごま油、紹興酒、ミリン、醤油、塩、干しシイタケ戻し汁

トンカツは別段どうってことのない、ごく普通のトンカツ。書くまでもないので省略!

とろりのカマンベール

ここ数日、記事をアップする余裕がなかったのとパソコンがサクサク言うことを聞いてくれず疲れ果ててしまっていたこと、それと、これが一番肝心なのだけど、こんなの載せてもなあ、とつい思ってしまう。。。そういうあれこれで更新が滞ってしまいました。あんまり深く考えないで、ここはえいっ!と写真をアップだ!!(笑)

070317break

3/17の朝ご飯。

酸味のあるパンに、ピザソースを塗りカマンベールを載せて焼きました。カマンベールって、焼くとと~ろりとして美味しい♪パンの半分には、普通のピザ用チーズをのせて焼いています。サラダは大量。

2007年3月15日 (木)

母からの冷凍品

今日実家の母から冷凍品が届きました。

070315mother1

今回は大きな白花豆の煮豆と、胡桃やらヨモギ等の入ったお餅。母の手作り。

母は昭和3年生まれ。まだまだ元気いっぱいです。

母のあの年齢、私のこの歳なのに、当たり前の話ながら、今だに私は母の娘をしておりまして、こうやって母は手作りのものを送ってくれます。

私だけではなくて、私の姉も妹も弟も。

結婚して子供ができ孫ができ、ひ孫ができても、死ぬまで母は母、娘は娘。ありがたいことです。

冷凍のパックの中のメモ書き。中に 「超やわらかい」 だなんて。超がついてて、思わず笑ってしまいました。いまどきの言葉は、抵抗なくごく当たり前の言葉になってるんだね。

お餅はほんのり甘いお餅です。胡桃が山グルミで、普通のものとは全く違う味わい。日本の山里の滋味深く優しい味。スライスして焼きました。お豆も解凍しました。母はふっくらときれいに煮豆を作る名人です。

070315mother2

この手作りのものと一緒に、長男への手紙が入っていました。息子は来週の土曜日にボストンへ向かいます。戻るのは7月。

2007年3月14日 (水)

鶏肉と野菜甘酢炒め

夕方電話があって、急遽オットが 「もうごはん作った?急に付き合いが入って、ごはん要らないことになったんだけど。」 と言う。今日も息子と二人ごはんかとそう思ったら、「あっ、帰ってから軽く食べるかも」 

070314dinner 就活中の息子、8時過ぎに背広姿で帰宅しました。

晩ご飯は昨日に引き続き簡単です。しかも時間が遅い。中華を1品だけ作りました。

鶏もも肉に下味をつけてから片栗粉をまぶし、から揚げにします。それから野菜を油とおしする代わりに、多めのサラダ油で炒め、調味料と揚げた鶏肉を加えて、火を通して出来上がり。

鶏もも肉(紹興酒、醤油、ニンニク・ショウガみじん切り、片栗粉)

サラダ油、ニンニク・ショウガみじん切り、タマネギ、ピーマン、パプリカ、タケノコ、シメジ、テンメンジャン、ミリン、砂糖、醤油、酢、トマトケチャップ、鶏ガラスープ顆粒、コショウ、片栗粉

酢豚っぽい味付けだけど、テンメンジャンも入っていて、普通の甘辛い味付けっぽくもあります。こういう(適当な)中華ならば、材料を変えてどういう風にも出来上がります。中華のおかずは、ご飯がすすみますね。オットはかなり遅く帰ってきて、しっかり自分の分を食べておりました。真夜中に中華!これはまずい。

2007年3月13日 (火)

豆腐の小鍋とパスタ

夕方息子が帰宅したのに、まったく晩ご飯の準備をしていなかったので、ちょっと待ってね、ととりあえず生活クラブで届いていたお豆腐を出して、それからスパゲッティをゆでる準備。息子と二人だったので久々にパスタで簡単に済ませてしまいました。

070313dinnermix 豆腐とパスタ!?

まったくとんでもない組み合わせでありまして。。。でもこういうのしょっちゅうだな。

お豆腐は、たまたま見たテレビでやっていた、超簡単な賄いごはん。

1人分ずつ作ります。まず、1人分の土鍋に花カツオをたっぷりと敷きます。その上に切ったお豆腐を置き、上に野菜を。今回は買ったばかりのホウレン草。ネギでもミズナでも何でも良さそうです。それにお醤油か麺つゆをまわしかけて、火にかけます。蓋をしてくつくつ言わせて、数分で出来上がり。

本当に「ちょっと待ってね」くらいで出来上がるし、冷奴や湯豆腐よりも少しは料理した気分にもなって、これは便利な1品。テレビでいいものを教えてもらいました!

パスタはありあわせの具で。

オリーブオイル、ニンニク、タカノツメ、ベーコン、タマネギ、ピーマン、パプリカ、シメジ、醤油、コショウ、コンソメ

2007年3月12日 (月)

海老ワンタンスープ

海老でワンタンスープを作ってみました。はっきり言って、これは美味い。野菜入りの熱々のスープ、つるんとしたワンタン、その中のぷりっとしたエビ。これが不味いはずはないですよね。

070312ebiwantanmix1

ワンタンのエビ種

海老は殻つきのブラックタイガーで、中サイズのが12匹くらいのもの。殻を剥いて背ワタを取ってから刻み、包丁でざっとたたきます。

海老、ショウガ1片みじん切り、中華鶏がらスープの素少々、片栗粉大2、酒大1、ごま油小2を入れ、練り混ぜます。これが、ワンタンの種。

スープ

スープは、できれば鶏がらスープでとりたかったところだったけど、今回はスープの素で。

入れる野菜は、中華らしくチンゲンサイを入れたかったけれど、これまたなかったので仕方なく、ありあわせです。水、中華鶏がらスープの素、酒、ホウレン草、ネギ、しめじ、コショウ、塩、醤油少々、(一番最後に)ごま油少々

ワンタンの皮ぐるりに水をつけ、真ん中ににエビ種小1くらいをのせて包みます。

包んだ種を別鍋でゆでますが、熱湯から入れて、浮き上がって中の具がピンク色になったらすくって、どんぶりに入れます。その上に、野菜入りの熱いスープを注いで出来上がり。ワンタンはひとり6~8個をどんぶりに入れました。

070312ebiwantanmix2

070312ebiwantan8 ワンタンスープを順番にテーブルに出し、熱いところを先に食べてもらいましたが、家族のお代わりも作ったので、写真(私の分)を撮るころには、すでにサラダも他のおかずもあらかたなくなっていました。しょうがない、残り物を小皿に移して、一応それもパチリ。

2007年3月11日 (日)

大根餅と鶏肉入り中華粥

普通のお粥も中華粥も頻繁に作ってきたので珍しくもなんともないけど、大根餅は初めて。

大根餅ってネギ餅とはどう違うのかな、と思っていたら、これは全然違いました。名前は聞いたことがあったけど、なにしろよそでも食べたことないし、作ったのは初めてなもので。私が見た雑誌(オレンジページかクロワッサン。切り抜いてたのでわからなくなってまして。)のレシピでは、大根餅は白玉粉を使っていまして、出来上がりの食感は、もっちりした ”餅” です。簡単なのがなにより良い。

070311dinner1

その大根餅ですが、今回私が使った分量を書きますね。本のとは少々違っています。

大根400g、白玉粉120g、釜揚げ桜エビ80g(1袋)、ベーコン3枚、ネギ1/2本

大根は皮を剥かずに、マッチ棒よりちょっと太いくらいの太さ、同じくらいの長さに切ります。塩小さじ1弱をふって軽くもみ、20分くらい置いてから、手で軽く絞って水気を切ります。ベーコンは5mm幅に切り、ネギはみじん切り。

白玉粉に水大6強を少しずつ混ぜてなじませて全体をしっとりさせます。それに、大根、桜エビ、ベーコン、ネギ、ごま油小1を加えて混ぜ合わせます。

この生地を、サラダ油を多めに入れたフライパンで小さめに丸く広げて、中火で裏表をこんがりと焼きます。本では、たっぷりの油で揚げ焼きする感じだったけど、私は普通に焼きました。たぶん揚げた方が、もっとかりりとしたのかも。

070311daikonmochimix 今回、桜エビは釜揚げを使いましたが、乾燥エビなら20~25gくらいを。

この分量は3人家族には多すぎるくらいだったのだけど、何のことはない、残らず全部食べてしまいました。

テンメンジャンにミリンを少量足して軽く火を通したものを用意して、この大根餅につけて食べたのだけど、お醤油だけでも美味しかったです。

で、お粥ですが

お粥は鶏肉と一緒にお米から炊きましたが、鶏肉は先に皮と黄色い脂肪部分を取り除いてから熱湯をかけて霜降り状態にしてから、ふつふつ言っているお米の鍋に入れました。ネギ、それから旨味を出すために皮も入れ、皮は炊き上がる前に早めに引き上げています。

070311kayumix お粥には、具としてこの鶏もも肉をスライスしてのせ、白髪ネギとザーサイの千切りも用意しました。ザーサイは少し塩抜きしてから切っています。

ザーサイって、普段は我家ではほとんど食べないけど、こういうお粥には欠かせないですね。

2007年3月 9日 (金)

息子の朝ごはん

オット用は、手に持って食べやすいように、朝はオムスビ(でかい)にします。フルーツと牛乳・コーヒーとあとちょっとしたものを。時間がなくてバタバタしているので、それ以上のものを用意してもまったく手をつけません。6時半頃、駅まで車で送っていくので、こちらもバタバタ。子供達が中・高校生の時は3人分のお弁当が必要だったので、お弁当作ってから6時の電車目指して猛スピードで車を走らせる毎日でした。朝の車出しは3回、夕・晩は4回(4人がバラバラに帰宅するので)。締め切りのある在宅の仕事をしていたので、日々戦争のようでした。それからしたら、今は天国。ぐうたらママになってます。

で、今家にいる大学生の二男は、オットが出て少ししてから起きてきます。朝ご飯は別のもの。私は私で朝はパンです。

070309break1

←なんだかこがしちゃってますねえ、今朝の息子用なんですが。

ポテトの千切りを塩・コショウして焼いたもの。ベーコンとピーマンの炒め物。野菜少々。

時間にしてせいぜい10分でできあがり。

これを食べて学校へ行ったのだけど、明日は早い時間から学校があって大変なので、今日は長男のところへ泊まるから、といって大きなカバンを持っていきました。家の中がちょっと寂しい。

2007年3月 8日 (木)

鶏もも肉の甘辛山椒

7日は風邪っぽくて調子が悪かったのと、他にもあれこれ(?)あって、晩ごはん用に麻婆豆腐を作っただけで、さっさと寝てしまいました。

070308dinner 麻婆豆腐は大量に作ったのだけど、大量すぎて困ったということのない、家族が好きな惣菜です。

8日は、1人分にもならないくらいの少量が残った麻婆豆腐も並べて、前日同様に簡単に晩ご飯にしました。

鶏もも肉の皮と黄色の脂肪を取ってから、一口大に切り、塩少々を振って揉んでしばらく置いてから、しょうがと一緒にフライパンで炒め焼きしました。ミリン・醤油でこっくりと味付けし、仕上げに山椒をゴリゴリゴリ。

最近、ミルつきの山椒が気に入っていて、使う頻度が多くなりました。

山椒は、辛味と独特の涼味がなんとも言えない日本の香辛料。挽いて使うので、香りと美味さが際立つ感じ。

鶏肉も生活クラブの美味い鶏肉なので、これが美味くないはずない。ウデじゃなくて素材ですかね、やっぱり。

2007年3月 6日 (火)

野菜だらけの生春巻きとハンバーグの煮込み

この日もへんてこな組み合わせの晩ごはん。おうちご飯だからなんでもアリだ!っていういい加減な主婦でありまして。。。

前日5日の、豆腐&干しシイタケ入りハンバーグは大量に作ったので、当然それは食べ切れません。あらかじめ、作った半量くらいを取り除けておいたので、6日はそれにトマト缶ひと缶とダイスに切ったジャガイモとグリーンピースを入れて煮込みました。

070306dinnermix こういうの、はるか昔の新婚新米主婦時代から作ってたなあ。

ハンバーグ、トマト缶、ジャガイモ、グリーンピース、シェリー酒、コンソメ、塩、コショウ

ハンバーグは小さめに作ってあるので、食べやすいです。トマトやジャガイモ等と煮込んで、ふっくら柔らかく美味しくなりました。

それと、テレビで生春巻きをやっていたのを見て、まねして作ってみました。ほとんど野菜の、ヘルシーな生春巻き。

ミズナ、キュウリ、赤パプリカ、カイワレ、ワカメ、カニ棒

生春巻きの皮は、水に2分ほど漬けて柔らかくしてから使います。(2分とテレビで言ってました!)

巻き方がいいかげんだったので、まるでしまりがありません。写真見ても、なんかだらりんとしてるでしょ。これも大量。でもサラダ代わりとしては、なかなかいいです。サラダも別にあったのだけど、オットが大量に食べてくれて、助かりました。この日生春巻きにつけたチリソースは、生活クラブのものです。自分で作るスィートチリソース(高山なおみさんのレシピ)はもっとシンプルでさらりとしていて、ちょっと違う雰囲気だけど、今回はこれで。

参考までに、以前作った生春巻きは、こちら。←刻むの面倒だけどハム入りで美味い。

2007年3月 5日 (月)

おこわとハンバーグ

最近にしてはかなり長く更新が滞ってしまいましたが、さかのぼってアップさせてくださいね。

070305dinner 3月3日はお持たせのお赤飯を夕飯に食べたのだけど、頂き物とはいえ、どうもお店のお赤飯は小豆やササゲ豆が少なくて、私としては不満。で、4日夜に小豆を水に漬けて、5日、自分で作りました。

ササゲ豆のほうが柔らかくなりすぎないのでいいのだけど、今回は小豆にしました。

例によって大量の小豆を入れてしまって、豆好きの私としてはこれがまさしく好みなのだけど、やっぱり普通じゃないかも。

3合のもち米にいったいどれくらい小豆をいれたものやら。。。かなり多いです。

500g入りの袋を全部水につけて一晩おき、一度ゆでこぼしてから硬めに炊き、煮あがったところで、お赤飯用に一部を取り出して、残りはまたくつくつと柔らかく煮ました。それは後日のデザートに。

お赤飯は簡単なので、特に何があるわけじゃなくても作ることがありますが、最近はご無沙汰でした。

硬めの小豆とその煮汁に、洗ったもち米を入れてしばらく漬けておくのだけど、小豆はあく抜きに一度ゆでこぼしているのでどうしても色が薄くなるため、今回はもち米に黒米を混ぜてきれいな色が出るようにしました。

おこわも炊飯器で炊いてしまうことが多かった近年だけど、今日はちゃんと蒸してつくりましたが、蒸すとやっぱり「おこわ」ですね。もち米がべたつかず美味しく出来上がりました。

この小豆大量のお赤飯と、ちょっと組み合わせが変だけど牛肉のハンバーグ。中に水切りしたお豆腐と干しシイタケのみじん切りが入っていて、心持ちローカロリー。これも大量に作ってしまいました。仕上げに、メンつゆをソース代わりにジャっとかけて1瞬火を強くして出来上がり。

070305okowamix2

2007年3月 4日 (日)

おそばにしました/スッパ甘いイチゴジャム

昨日3/3は、娘のところに行って、たまたんの初節句をお祝いしました。あちらのご両親が私たち夫婦に声をかけてくださったものですが、有り難いことです。娘夫婦と赤ちゃんのたまたん、あちらのご夫婦と私たち、合わせて7名で、吉祥寺近くのお店で待ち合わせをし、一緒にお昼を食べました。

昨日はそういうことで、夕方帰宅していつものように大慌てで晩ごはんの仕度をしたのだけど、写真を撮ったものの、もうそれはパスします。。。

今日の晩ごはんも同様に簡単なものだけど、連続してお休みするのもなんだし。ということで、恥ずかしながら載せることに。

070304dinner 変わったお料理でも作ってるのならともかく、ただのおソバなので、こんなの載せてもしょうがないんだけど。

書いてる途中ですが、今から駅へ(息子を迎えに)行ってきますね。歩ける距離じゃないので、アシがないので、迎えに行かざるを得ないんです~~続きはちょっとですが。。。

・・・・・

ということで、戻ってきました。(笑)

削り節と昆布で、おソバの出しは先に取っていたので、面倒なことはありません。干しシイタケも水につけて冷蔵していたので、昆布も干しシイタケも食べやすく切り、干しシイタケの戻し汁も加えて、酒を入れてしばらく煮てから、みりんを入れ醤油を入れて、煮立てないようにまたしばらく火を通しして、ソバつゆの出来上がり。

春菊で胡麻和えをつくりましたが、他に常備菜があったので、それでもうおかずは十分かな。

本当はこんな写真を撮ってる間に、さっさと食べてしまわないと、麺がのびちゃいますよね。写真のおソバは私の分で、オットには出来上がりを先に食べてもらってます。息子のいない晩ごはんだと、こんな中高年むきのご飯になることが多い。麺好きなので、オットは喜んでます。

↓おまけのイチゴジャム

070304sourjammix

少し前に載せた、イチゴのサワードリンク。あれのイチゴを引き上げて、ジャムにしました。

お酢漬けのイチゴなので、ジャムにするにはかなり酸っぱいんだけど、これを捨てるのはもったいない!

私はかなりの甘党だけど、スッパ好きでもあるので、イチゴジャムが多少(スッパさで)ツーンとくるのは平気。ハチミツを入れてことこと煮て、スッパ甘いジャムの出来上がり!

2007年3月 2日 (金)

海鮮ちらし寿司

朝からテレビをしょっちゅう見ているわけじゃないけど、今朝は”はなまるマーケット”でお寿司の作り方を紹介していたので、しばらく見ておりました。明日は3月3日。ひな祭りだなあ。やっぱりちらし寿司つくるのかあ。。。

明日3日は、娘のところへ行くことになっているし・・・。

070302chirashimix そういうわけで、ちらし寿司は今日になりました。夕方慌てて買い物に出かけたので、買おうと思ったものがなくなっていましたねえ。やっぱり、なんでもさっさと行動しないと、うまいこといきません。でも、久々のちらし寿司なので、海鮮で豪華に。ちょっと奮発しました。

いったい何のお祝いだあ。。息子の誕生日にも作らなかったのに。

具は、レンコンとアスパラと青ジソ以外は、全部1cmくらいの小さなダイスに切ってあります。

ご飯は、いつもは昆布とミリンを入れて炊くのだけど、今日はミリンはいれないで、昆布をしばらく浸してから取って、炊きました。

お酢・砂糖・塩の寿司酢を混ぜて寿司飯を作ってから、干ししいたけとタケノコと人参を甘辛く炊いたのを混ぜて、混ぜ寿司にしました。その上にトッピングを。

トッピング: レンコン(甘酢で煮る)、卵焼き、タコ(さっと甘酢づけに)、いくら醤油漬け、アスパラ、マグロの漬け(しょうゆ・みりん・酒を煮て作ったタレに漬ける)、かまぼこ、青ジソ

さっさとやらないもんだから、トッピングの手前でオットが帰宅。慌ててサラダだなんだと用意してから、お寿司を出しました。

070302sushi

そしたら・・・・・

「これだったら、言っておけばよかったねえ」だって。。。

お昼は会社で散らし寿司が出たんだとさ。あれれ、です。

ま、会社は会社、うちはうちの味。

とは言え、会社のお昼ご飯はかなり美味しいらしい。う~ん。。。。やっぱり負けてたかな。

「会社のは上品なちらしだった」とオット。

肉団子のグリーンピース野菜あん

夕方になってから慌てて晩ごはんのメニューを考えるので、じゃあこれにしよう!と思ってもお肉が凍っていたりで、なかなかスムーズにはいきません。昨日は本を眺めていて、ハンバーグをグリーンピース入りの出しで煮た和風ハンバーグが目についたので、ちょっとだけマネをしました。マネしたのはグリーンピースの部分だけですが。

豚ミンチはちょうど解凍してあって、最初からその豚ミンチで何かを、と思っていたので。で、肉団子を作って、春っぽい野菜あんをたっぷりかけました。

070301dinner1干ししいたけは、水につけて戻したのを冷蔵してあります。 戻した干しシイタケは、刻んで肉あんの中へ。戻し汁は、煮るときの出しとして使いました。

肉団子の肉あん: 豚ミンチ、タマネギ、干ししいたけ、ショウガみじん切り、卵、酒、塩、醤油、片栗粉

片栗粉は外にまぶすのではなくて、肉の中に練りこみます。この肉団子あんを、手にちょっと水をつけて丸め、油でこんがりと揚げます。

野菜あん: 出し(かつお出し汁・干ししいたけ戻し汁)、酒、みりん、醤油、人参、タケノコ、グリーンピース、水溶き片栗粉

切った人参とタケノコを出しで煮てから味付けして、グリーンピースを入れて煮、水溶き片栗粉でとろみを。

その中に揚げた肉団子を入れて、さっと火を通して、出来上がり。

スープのようでもあるけど、食べ応えもしっかりとあり、彩りもきれい!しかも美味しかった!

残念なのは、グリーンピースは生のがなくて、冷凍ものだったこと。フレッシュなのが出回ったら、それのほうが段違いに美味しいですよね。タケノコも採れたて・ゆでたての季節ものを使ったら、これまた二重三重に美味いはず。

2007年3月 1日 (木)

ちょっとエスニックなワンプレート

かなりいい加減な自己流のご飯なので、「エスニック」 の前に 「ちょっと」 をつけざるを得ないわけです。夕べの晩ごはんは、「大盛りどんぶりor大皿どかーん」 のスタイルじゃなくて、最近には珍しく、一人ずつのワンプレートで。

070228dinner1

カレーライスというわけじゃないけど、カレー味の野菜ものが食べたかったので、それの炒め物をひとつ。お肉はちょっぴり、野菜はダイスカット。人参は切ってからチンして少し柔らかくしてから。材料を炒めて蒸し煮て、あっという間。

オリーブオイル、ニンニク・ショウガみじん切り、豚ミンチ少々、人参、ジャガイモ、タマネギ、セロリ、トマト缶(つぶして少々)、カレー粉、ガラムマサラ、塩、コショウ、コンソメ顆粒、酒、(最後に)パセリみじん切り

もうひとつは、ナンプラー味の炒め物。野菜はスライスして。炒めて味付けして、こちらもあっという間。

オリーブオイル、豚スライス少々(しゃぶしゃぶ用を食べやすくカット)、タケノコ、パプリカ、セロリ(葉っぱも)、ナンプラー、コショウ、塩

付け合せの野菜も、心持多め。もやしは硬く湯がいてからごま油等でナムルっぽくしてあります。

ご飯を一緒に食べたい人は、カレーライスっぽくもなるけど、私はなしで、これだけで。美味かったです!

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »