2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月の20件の記事

2007年4月28日 (土)

ショートブレッド

大きなクッキーが、このショートブレッドですね。粉とバターと砂糖だけの、至ってシンプルなお菓子。以前はたまに作っていたものです。

昨日は半日体調が悪くて、昼過ぎまで全く何も食べられなかったのだけど、その後でその分を全部取り戻してしまいました。あ~あ、がっくりです。

具合がよくなって、普段の健康がありがたく思われたのもつかの間、食欲が増幅された感じ。そういうのが情けない。。。

070429shortbreadmix

昨日はクラフティという簡単なお菓子を作ったばかりなのに、今日もまた作りました。これも超簡単。

卵が入ってないので、コクはちょっと足りないけど、ざくっとした素朴なおいしさがあります。すごく甘いことはないです。紅茶に合うなあ。

22cmのタルト型に、以下の分量を使いました。

無塩バター170g、砂糖80g、薄力粉200g、コーンスターチ30g

室温で戻したバターをボールに入れて、砂糖をくわえ、泡だて器で白くなるまで泡立てます。

ふるった薄力粉とコーンスターチを加え、さっくりと混ぜつつ一まとめにし、指先でおして、タルト型にきっちりと詰めます。

切込みを入れ、全体をフォークでつつき、170~180度のオーブンで25分前後焼きます。

せっかく作ったけど、自分で食べてしまう前に、早いトコ、誰かに食べさせないと。。。

2007年4月27日 (金)

イチゴと桃のクラフティ

今日は仕事仲間の1人と一緒に、我家でお昼をしました。しばらく前に彼女の家に呼ばれて、お昼をごちそうになっていたので、それのお返し。春になって(我家の庭に)花が咲いたら呼んで、ということになっていました。ようやく約束が果たせます~*^^* 

ところがですね、今朝起きた瞬間からむちゃくちゃおかしい。

寝てたところを(起こされて)急にばくっと起き上がったとたん、なんとか症候群風に襲われたかのような吐き気とめまい。やっとこさ起きて軽いご飯を作り、オットを駅まで送り届けて帰宅しました。が、もうそれからがあかんのですね。

たまになにかのきっかけでこういう風になることがあるので、あああれか、という感じでした。いつもはあんなに食いしん坊なのに、水以外は受け付けないし。

だいたいのものは簡単だけどあらかた夜のうちに作っていて、あとはサラダとデザートくらい。お昼まで間があったので、だましだましなんとか準備をし、洗濯も掃除機かけも簡単にだけどできました。昨日のうちにやれることはやっといたので、よかったです。なにがおこるかわからないので、家も心がけて普段からさっぱりとさせ、なんでも早め早めにやっておくもんだなあってこういう時に思います。

最初は、せっかく来てもらったのに、どうしよう、と思ってたけど、彼女と話をしているうちに、だんだんと調子が取り戻せたのでよかったです。我家の庭は、狭くてごちゃごちゃしてるけど、お花もいろいろ咲いていて、きれいなところを見てもらえました。

お昼間際、彼女が来る前に作ったデザートは、フレッシュなイチゴと缶詰の白桃(生活クラブのです)を入れたクラフティ。

以前載せたフランといったいどう違うの?と自分でも思ってしまうけど、たぶんほとんど同じだな。(笑)国によって呼び名が違うとか、そういうことかと想像します。(すいませんいい加減で)

今回のは、参考にしたのが山本麗子さんの本で、それにクラフティと書いてありまして、フルーツ入りのプリン風のものと思ってもいいようです。クラフティなら、その本に載っているように、フレッシュな桃が一番美味しい気がするけど、季節柄、桃は缶詰で。

070427franmix

味的には、イチゴだけにしないで、缶詰だけど桃も入れたのが正解だったな。

分量は本のとおりじゃなくて、少し変えてあります。(山本麗子先生、すいません。。)卵を先にほぐして一度こし、残りの材料と一緒に、ボールの中でかしゃかしゃと混ぜるだけなので、今日のように体調が悪くてもできるんですよ、これが。あり難いデザートです。しかも美味しい!

イチゴ1パック、白桃缶詰1個(固形量180g)、生クリーム1パック、コーンスターチ大1、砂糖70g、卵2個、ブランデー少々

フルーツの上に、この↑ソースをかけ、粉砂糖を振って、180度のオーブンで25分前後焼いて、出来上がり。

070427lunchmix

↑これ(スペイン風オムレツ、豆サラダ)とスープと筍カレー(ご飯は玄米)。私は最初は全然食べらなかったけど、デザートのころに復活。元気になっておしゃべりを堪能しました!(写真は、台所で準備中のものです~)

2007年4月26日 (木)

レンズ豆のスープ

昨日は午前中から上野に行って来ました。国立科学博物館でしばらく前から開かれている「花展」に行ってきたんですが、思ったよりもアカデミックな展示でしたね~

出かける回数を、これからは心がけて増やしていこうかなと思ってる私でありまして、お友達と一緒も楽しいけど、1人でも、思ったときにささっと出かけるのも悪くないな、そうも思っちゃってる。。ここしばらく、いろいろやっかいなことが続いたので、少々がっくりきている私でして。

昨日は夕方早めに帰宅できたので、普通にご飯はつくれました~

レンズ豆のスープと、さらに下の筍カレーが晩ご飯。

700425dinner レンズ豆は乾燥物をそのまますぐに使うので、お手軽。サッと洗っておきます。

使ったベーコンは、少し前に届いたばかりの、大山(だいせん)ハムの乾塩ベーコンでして、ネットで格安だったので。安い時を狙って買うに限るねぇ。

ベーコンがよいと、出る出しもうまい!2枚ほどを適宜切って、オリーブオイル少量で炒め、それに、野菜をダイスに切って軽く炒めます。人参、タマネギ、パプリカ

野菜は、たまたまの有り合わせ。他に入れられそうなの、なかったんですよね。

シェリー酒を入れ、水を足して、洗ったレンズ豆とコンソメをいれます。しばらく煮て人参が柔らかくなってから、ダイスに切ったジャガイモと(皮むきした)生のトマトを入れます。また少し煮て、ジャガイモが崩れないくらいのやわらかさになったら、出来上がり。

最後に塩コショウで味を調えます。途中、けっこうアクが出たので、時々すくっていました。

だいたい15分~20分で出来上がり。

それと、自分で湯がいた筍がまだ残っていたので、筍カレーにしました。鶏もも肉も少し入っています。

オリーブオイル、ニンニク、鶏もも肉、タマネギ、筍、赤パプリカ、カレー粉、タイカレーペースト、カレーフレーク少々、ココナツミルク、トマト缶、コンソメ、コショウ、酒、水少々

070425currymix

070425lenssoupmix

2007年4月21日 (土)

タケノコとフキで煮物

一昨年くらいから、この時期、京都のタケノコを送ってくださる方がいらっしゃいます。滅多に頂き物はこない我家なので、これはあり難い。

うちのあたりのスーパーでも、京都とは言わないけれど、産地のものがたくさん並んでいるし、もちろん地場ものもあって、そういうのは特に安くてしかも掘りたて。

でもその京都からのタケノコは、たぶん、そういうものとは格違いの高級タケノコに違いない。名産ものには疎い私だけど、きっとそうだそうだ。「日本一、白子筍」って書いてありますもんね。

届いたら即ゆでないといけないのに、一日たった今日になってしまいました。

070421takenokomix500

先端を斜めに切り落とし、縦に切り込みを入れます。先端は深めに根元のほうは浅く。ヌカとタカノツメを入れて湯がいたら、そのままで冷まします。先端近くの姫皮もおいしい。

070421fukimix 生活クラブから、フキも届いていたので、それも湯がきました。

フキって美味しいですよね。軽い苦味がなんともいえないです。

それと、透き通るような草色が美しいです。湯がいて水にとってから、皮をむきます。

で、その湯がきたてのタケノコとフキとで、煮物を作りました。

070421dinnermix

それと、サバのフィレを食べやすくカットし塩をしてから、カレー粉と小麦粉を半々にしてまぶし、少し多目のオイルで焼きました。

これは美味しかったです。簡単だしね。

煮物もそうだけど、毎日のご飯は簡単なのが一番いいです!

このところ、地場物の筍三昧の我家の食卓。

筍を湯がいたのはこの1週間で3回です!

今日は京都産の筍も食べて、本当に旬の美味しいものを堪能できました!

2007年4月20日 (金)

野菜もりもりワンプレート

写真が溜まってまして、そっちは後でなるべく早く、ということにして、今日の分を先に載せちゃいますね。記事がさかのぼってこれの前に書くことになると思いますが、よろしく~。

070420dinner3

夕方だらだらしていたせいで、6時から急にばたばたいろんなことをしていたら、晩ご飯つくりがまったく、でした。

オットが帰宅したときには、なんとモヤシを湯がいてる最中。炊飯はしていたものの、他にはまったくナシでした。かなり慌てました。

しょうがないので、お豆腐(冷ですよぉ)を出して食べてもらって、モヤシのあとに、チンゲンサイを湯がき、それから炒め物をしました。

そういうわけで、ジャッと炒めただけでハイ出来上がりのワンプレートです。それと、前日の残りものだけど、タマネギのスープも。

もやしはコショウを振ってごま油で揉み、お醤油をほんのタラリとかけたナムル風です。

炒め物は、牛バラ肉とセロリとパプリカ。野菜のほうが圧倒的に量が多い。

牛バラ肉に紹興酒と醤油とごま油を揉みこんでから、ニンニクを入れてフライパンで焼き、色がかわったところでお皿に取り、セロリとパプリカを炒めて牛肉を戻しいれ、オイスターソース、みりん、コンソメ顆粒で炒めたもの。私的には、よくある即席おかず。だから、全然お待たせしませんでした~*^^*

晩ご飯のせいで太った、と言われてるので、なるべく野菜中心にしようと思っていますが、それよりも、思うに、出したもの以外にあれこれ食べるからじゃないかなあ。。。これのほかに、残りもののおかずをかなり食べてるんですよね。今日もやっぱり、食べすぎて気持ち悪いと、つい今しがたオットに言われました。。。

2007年4月17日 (火)

カマンベール/クリームチーズロール

いっこうにアップがはかどらないです。写真ばかりがたまって、気持ちと実行がまったく伴わないminigardenです。。

で、そのパンなんですが、14日の午前中最初に作ったのが、カマンベールチーズロール4個とクリームチーズロール4個。そのあとすぐに、もう1セットのパン種を作って、クリームチーズ&甘夏マーマレードロール8個を焼きました。甘夏マーマレードは、しばらく前に生活クラブの甘夏2kgの皮で作った例のもの。小分けにして冷凍していた、あれ です。

070414breadjam2 ←クリームチーズ&甘夏マーマレードロール・・・・・チーズとマーマレードを一緒に真ん中に入れて焼いたパン。

甘夏マーマレードは、普通にパンにつけて食べる他に、パウンドケーキなんかのお菓子を焼くときに便利かなあと、冷凍しておいたのだけど、こんなところで役立つとはねえ。

ほんのりと甘みがあるので、食べる時にもう一度焼直したら、何もつけないでそのままで美味しかったです。

強力粉300g、塩小1、砂糖20g、ドライイースト5g、ぬるま湯130ml、スキムミルク大1、卵1個、バター30g

マーマレードとクリームチーズは適当でしたが、カマンベールチーズは6つにカットしてあるものを使ったので、クリームチーズもだいたい同等の大きさにしました。

カマンベールチーズ入りは、焼くとチーズがとろりと溶けて、真ん中に空洞ができてしまいますが、独特の風味が美味しいです。

一度にたくさん作った風ですが、案外はやくなくなってしまいました。

070414breadmix480

↑写真を加工したのはいいけど、よく見えない。。。

2007年4月16日 (月)

チキンリブの塩&ハーブ焼き

土曜日4/14の朝ご飯、というよりもブランチですね。なんと朝から鶏を焼いた?!

070414lunchmix 前日の晩は私1人で晩ご飯だったけど、この鶏肉を塩・コショウ・ドライハーブ・オリーブオイルでマリネしておいてたのに、使わなかったので。

朝になってからすぐオーブンに入れて焼きました。

塩をしっかりめに振っていたので、どちらかというと、おかずというよりもビールのつまみっぽい。

よくケチャップ味のにタレに漬け込んでから焼いていたけど、それはそれとして、こちらは割りとさっぱりしているようでコクもあって、とても美味しかったです。大皿の半分には、菜の花のお浸しがテンコモリ。

菜の花は大袋にひとつ入っていて、たった80円。こういう季節ものを食べない手はないです。また買いにいかなくては!

それと、またパンを焼いたんですよ。それがこのご飯のメインかな。

そのパンはまた別のページに書きますね!

タケノコと菜の花のパスタ

4/13は1人で晩ご飯でした。

070413takenoko2 1人だと面倒になってしまうんですよね。

いろいろ作るのも、家族の為というよりも、実は自分自身の為になってるんだなあと、時々、思いますねー。他に食べる人がいなかったら、もしかしてぜんぜん作らないかも。これでいて、けっこう面倒くさがりです。

で、この日はこれ。パスタ1品。

春らしく、菜の花とタケノコにしました。ハムはほんの少々。タカノツメでちょっとぴりっと。菜の花は、先に硬くざっと湯がいておいてから使っています。

オリーブオイル、タカノツメ、ハム、菜の花、タケノコ、塩、醤油(ちょっと)、コショウ、コンソメ顆粒少々

この日のタケノコだけど、買い物に行ったら、地元の朝採れたてタケノコが並んでいました。帰宅してからさっそく湯がきました。大なべに水を入れ、米ヌカも入れて。タケノコは、穂先を斜めに切ってから更に縦にまっすく切込みを入れて。4,50分たったでしょうか。茹で上がったら、そのナベのまま冷まします。中サイズでしたが、あんがい食べガイがありました!

麻婆豆腐と他いろいろ

サニーレタスのシンプルなサラダを一皿、大皿にあれこれ有り合わせを盛り付けて一皿、それと麻婆豆腐、です。4/11の晩ご飯。

070411dinnermix 子供が高校生くらいまでは、1人ずつのお皿だったなあ。

今はこんな調子。好きなだけ食べてくれ~っていう大皿もの中心です。

大皿に色々少しずつのってるっていうの、割と好きです。(なかなかできないですが。。)

それと、野菜は1,2種じゃなくて、いろんな色のがあるとなおよろしいですねぇ。でも、そういうときもあるけど、そうじゃないことも多いです。まあ1週間くらいのスパンで、いろいろ食べてたらいいかな。

麻婆豆腐は、豆板醤の他に粒山椒をごりごり摺って入れたので、旨味と辛味がちょっと複雑で美味しかったです。これは前回のものとほぼ同じですが、麻婆に粒山椒を入れるっていうのを覚えたので(笑)、今回は適当にアレンジ。

大皿にのっているのは、干物を食べやすく細めに切ってから焼いたもの、前日の鶏の残りをスライスして自前のパセリみじん切りを振ったもの、菜の花のお浸し、ハム(大山ハム)のスライス

2007年4月13日 (金)

若イカとセロリの塩炒め

4/10予想外にオットが早く帰宅。晩ご飯はまだサラダしかできてな~い!

070410dinnermix とりあえず、その大盛りサラダを出しておいて、大急ぎで炒め物を1品。

サラダ油、若イカ、セロリ、塩、コショウ

味付けは塩とコショウだけ。超シンプル。でも美味しかったです。これにナンプラーを使おうか、と迷ったけど、それじゃあ、それこそいつもと同じなので。小さいイカ好きです。やわらかで美味しいです。セロリは、太いのが2本入ってます。葉っぱの先まで全部使いました!

それと、まだ冷蔵庫に半分残っていた鶏から揚げ用のつけダレにつけていた鶏肉。それを取り出しまして、ごま油をかけてオーブンで焼きました。これも簡単。味が染みて、ごま油の風味もついて、美味しかったです。

2007年4月12日 (木)

鶏のから揚げ

うちの定番の鶏から揚げ。これまでも数回登場していて、またかというところだけど。

お昼のうちに鶏肉を切って、下味をつけておいたので、4/8夕方、から揚げを作る時は、簡単でした。

070408dinner1 生活クラブの鶏もも肉とムネ肉を1袋ずつ、計1kg。適宜食べやすくカットします。

下味は

醤油と紹興酒1対1、ショウガみじんぎりとニンニクみじん切りを多めに。

この醤油ダレに漬け込んで、冷蔵庫へ入れておきます。

粉は、薄力粉と片栗粉が同量。混ぜた方が揚げた時にはがれにくいということで、何年もずっとこれにしています。

ネギゴマダレとか、辛いタレをかけてもいいけど、下味がしっかりついているので、そのままでも冷めても美味しい。

1kg全部は揚げてませんよ~。半分揚げて、半分は後日使います!

それと、お昼のミートソースで、クルクルパスタをあえました。

もうひとつ。から揚げをする前に、釜茹で桜エビとイタリアンパセリのかき揚げを。さくさくして好きです。さっぱりしたものって、なかなか毎食毎食は作れませんねえ。この日だって、2つも揚げ物だよ~

ミートソースでお昼

同じく4/8のお昼、というか、3時頃の遅いお昼ご飯。

070408meatlunch2 朝からパンを2回も焼いて、合間に食べたりしたので、お昼はいらない、と言われたのだけど、夕飯まではいくらなんでももたないので、簡単にスパゲッティにしました。

ミートソースは前日のうちに作っていたもの。作っててよかった~。

←写真は私ので、少量です。オットと息子は普通の量だよ~*^^*

生活クラブの牛ミンチ500g1袋全部を使って作ったミートソース。

でも、野菜はかなりの量が入っているので、かえって肉が少ない野菜っぽいミートソースです。水は使ってなくて、代わりに野菜ジュースを。煮込んでは火を止めまたくつくつ、を繰り返してかなり煮詰めてあります。トマト缶も野菜ジュースもたくさん入れたので、しっかり煮込んでまろやかにしました。

オリーブオイル、ニンニクみじん切り、牛ミンチ、タマネギ、セロリ、人参、トマト缶、野菜ジュース、シェリー酒、ブイヨン、塩、コショウ、ローリエ

煮込んで量が減ったとはいえ、それでもたっぷりと出来上がりました。一部冷凍庫へ。

070408meatlunch1talia バジル入りのタリアテッレ。しばらく前に買っていたものです。

パン・ド・カンパーニュ

急にパンを作りたい欲求が! こういう日が急にやってくるんですね。(笑)

070408campa9 4/8は朝フォカッチャを焼いたけれど、即食べてしまったので、なんとなく物足りない。。。で、その後すぐにパン・ド・カンパーニュを作ってみました。これも初めてのパンです。

くるみとイチジク入りのパン・ド・カンパーニュ。

これは一部失敗はあったものの、出来上がりは全粒粉とドライフルーツとナッツの旨味が濃くて、美味しかったです!これをスライスしてオープンサンドにしても良さそう。でも、このまま薄めにスライスして噛みしめていただきました!

失敗というのは、焼く前に入れるクープ(切りこみ)が深すぎたこと。焼いているうちに更にふくらんで、クープが浅くなると思っていたのに。。

強力粉200g、薄力粉100g、塩小1、砂糖大1、インスタントドライイースト小1強、ぬるま湯190cc

私はこねるのは機械にお任せです~。

こねあがったら、荒く刻んだくるみとイチジクを混ぜ込み、丸くまとめて20分ほど発酵させます。もう一度丸め直してさらに1次発酵を続行させます。

ガス抜きをしてから三つ折を2回。また丸め直してベンチタイム5分。

専用の型がないので、代わりのボウルに全粒粉を振り、綴じ目を上にして丸めた生地を要れ、2次発酵させます。

で、霧吹きし更に全粒粉を振り、クープを入れて、180℃に予熱したオーブンで40分くらい。(これはオーブンによって違います。)  焼きたてはたまらない美味しさ。でもやっぱりクープ、深すぎ。。

070408campamix2

2007年4月11日 (水)

フォカッチャで朝ご飯

日曜日4/8の朝、フォカッチャを焼きました。トッピングのハーブは庭のコンテナのタイム。余談だけど、今年は寄せ植えでお花と一緒にタイムを入れているので、地植えしていた時よりも楽しめる感じです。

070408focabreak1 タマネギ・パセリ・シーチキンのサラダとこのパン。塩気がきいて、焼きたてが全部一時になくなりました。

子供が小さい頃は毎日のようにパンを焼いていたのに、近年たまにしか作らなくなりました。忙しいほどいろんなことができるっていうのは、本当ですね。社宅住まいだったその頃は、ケーキも毎日と言っていいくらい焼いていて、近所の子も集まっておやつでした。子供達はケーキはうちで作るものと思っていたと思います。そのうちに私が仕事をするようになって、よその奥さん達とお茶する余裕がなくなり、それと同時にパンやケーキの回数も減ってしまいました。在宅の仕事とはいえ、主婦が仕事をするって負担は大きいです。PTAの大きな役もあったのて、毎日のように学校へ、そして家で仕事と家事。子供3人のお稽古事もたくさんあったので、送り迎えもしょっちゅうで、子供達が小学生卒業まではフル回転の日々だったなあと、今は懐かしい気持ちです。中学になってお稽古送りとPTAがなくなったとはいえ、代わりに朝晩の車での送り迎えとお弁当作りが入り、そして仕事はいよいよ負担が大きくなって、別のフル回転が3人が高校を卒業するまで続きました。

パンからまったく関係ない話になってしまいましたが、娘は嫁に行き、息子たちは大学4年生・6年生(理系なので)となり、もうすっかり昔話のよう。でも私にとっては、いまだについこの間のことにも思えます。

070408focamix

牛肉と菜の花の炒め物

こちらもあっという間の炒め物。味付けも同じく超シンプル。

070405dinner3 サラダ油、トウガラシ、牛肉スライス(紹興酒と少量の醤油をもみこんでおく)、菜の花、オイスターソース、ミリン

トウガラシ1本を炒めて辛味を出し、牛肉を焼き付けるように炒めてから、食べやすく切った菜の花をいれ、さらに炒めます。

もうひとつ。大根と豚ミンチの炒め物。

ショウガみじん切りと豚ミンチと大根の太目の千切りを炒め、数分フタをして大根に火をとおします。その後、上と同じくオイスターソースとミリンで味付け。同じとは手抜きもいいところ。千切りなので、時間はかからず大根にちゃんと味が染みて、美味しかったです。

イカと青菜のナンプラー炒め

こちらは1週間ぶり。もうどうしましょう、という気持ちです。毎日ご飯を作っても、写真を撮ってそれを載せる、というところに達しません。たいしたものを作ってない、ということもあるわけですが。この先万が一長く続かなかったら、ごめんなさい。。。

070403ika すでにカットされ調理されるばかりになっているイカを使った、簡単にあっという間にできる炒め物。この日の写真は、これを撮るのが精一杯だったのでこれ一枚だけです。

青菜は、チンゲンサイとわけぎとニラ。ニラは残り物を入れただけです。味付けは超シンプル。ナンプラーのクセのある塩気で、簡単で美味しい炒め物の1丁上がり。

ニンニクみじん切り、ショウガみじん切り、サラダオイル、スルメイカ(冷凍)、チンゲンサイ、わけぎ、ニラ、ナンプラー

イカも青菜も火をサッと火を通すだけなので、即出来上がりです。

2007年4月 3日 (火)

葉物いっぱいジャージャー麺

お粥にしてと言われていたのに、一昨日だけお粥で、昨日4/2は麺物になりました。

070402dinnermix そろそろジャージャー麺食べたいなあと、お粥と言われるその前に麺を買っていたもので。

言い訳ついでに、麺にのせる肉野菜あんは、いつもよりもさらに野菜大量にしといたので、きっとカロリーは少な目でしょう(笑)

麺は生麺を茹でて使いますが、すぐ茹で上がるので、顔を見てから茹で、茹で上がりに即、あんをかけて出します。

麺は普段は1人1玉だけど、今回はそれよりずっと少なめにしました。それと、豚ミンチじゃなくて、スライスのもも肉をたたいて使っています。野菜はそのつど違っていたりしますが、ザーサイは毎回入れています。肉・野菜類は全てみじん切り。炒めて薄味に味付けし(ザーサイが塩辛いので注意)、最後に水溶き片栗粉でとろみを。

肉野菜あん: ショウガ、ネギ、ごま油、豚もも肉、タケノコ、タマネギ、ザーサイ(塩抜きする)、チンゲンサイ、小松菜、中華だし、コショウ、オイスターソース極少量、醤油ごく少量、酒、水溶き片栗粉

それともう1品。

豚肉(また!上の肉野菜あんの豚肉の残りです)と大量の人参、タマネギ(上の残り)、ネギ(上の残り)を炒めて、テンメンジャンとミリン、醤油少々であじつけしました。レタスと一緒に食べます。

参考までに、ジャージャー麺: 7/20   9/20

ブロッコリーとキクラゲと豚肉の蒸し炒め

4/1の晩ご飯。今日4/3の午後3時から1日がかりのココログメンテがあるので、今、猛スピードで写真をのせているところです。

070401dinner1 もともとがさっぱり系のごはんよりもこっくり系のものが好みなので、オットにさっぱりしたもの、と言われても、わかっていてもメニューが浮かばない。。。

ごはんはお粥で、とも言われたので、ようやくこの日、お粥にしました。毎日お粥にできるかなあ。。

普段から雑穀入りのごはん食べているので、お粥も雑穀入りです。お粥にして、おかずも少量なら絶対痩せる!さてどうかな。

そのおかずですが、これはたまたま目についた本に載っていた簡単なものです。材料がちょうどあったので。ただ、作り方を一部変更してます。

フライパンに、ごま油少量、大目のショウガみじん切りとネギみじん切りを入れ、その上に小分けにしたブロッコリーと(戻して切った)キクラゲをのせ、そのぐるりに下味をつけた豚スライス肉を置きます。紹興酒(または料理酒)、オイスターソース、醤油少々を振りかけて、フタをして数分間蒸し煮します。私は固めのブロッコリーが好きなので、せいぜい2、3分くらい。豚肉もスライスなので、大丈夫。ざっと混ぜて出来上がり!オイスターソースがちょっとききすぎていたので、これをさらに、葉っぱと一緒に食べました。

本では、フッ素加工のくっつかないフライパンを使い(うちのはただの鉄)、ごま油は最初じゃなくて、蒸し焼きした最後に上にかけています。それと、最初にブロッコリー&キクラゲを入れて蒸気を上げてから、上に豚スライスをのせて混ぜていました。

ブロッコリー、キクラゲ、長ネギ、ショウガ、豚スライス肉、紹興酒、オイスターソース、醤油、ごま油

肉の下味: 紹興酒、オイスターソース、コショウ、片栗粉

この蒸し物風炒めのやり方は、これからも役立ちそうです。

サンマのから揚げwithチリソース

長男が3ヶ月間留守をするので、その留守の部屋に二男が移動。先日、長男が出発した直後に1年半ぶりに掃除に出かけたのは、そういうこともあるわけでして。できれば見たくない・やりたくないことだったけど、長男の残した汚れに二男をもさらすのは気の毒とも思えたわけです。言ってみれば、母のささやかな愛情であります。スーツ、Yシャツ、他衣類、新学期の用意、もろもろを大きなスーツケースに入れて。二男はただいま就活中。自力でガンバレ。あとはまかせた。

070331dinner1 長男の部屋は、ここからむちゃくちゃ遠いわけでもないし、なにしろお風呂がひどくて(長男は平気?!)、それもあって、二男もずっと行きっぱなしではないのかもしれないです。行ったり来たりというところかな。少なくともここ数日はオットと二人分のごはん作り。

3/31の晩ご飯。

オットには、あっさりしたものを頼むと言われていたのに、揚げ物にしてしまいました。。。申し訳ない。

サンマのフィレを二つに切って、しょうが汁と醤油とお酒で下味をつけてから、粉をはたきつけて、少ない油で揚げ焼きに。

これに、スィートチリソース(写真の赤いのは生活クラブのもの)をつけ、焼肉用の葉っぱといっしょに食べました。

揚げ物一切れに葉っぱ一枚。これで、ちょっとはさっぱりするかな。

070331sanmamix

それから、サラダ代わりの小松菜と油揚げの炒め物。味噌汁とごはんで、あとはなし。

またか!のシーフードカレー

このところ、手抜きごはん続きです。これは3/28の夕飯。

070328dinner7面倒なとき、ついカレーにしてしまうのは私だけじゃないですよねぇ~。しかもあっという間にできちゃう。カレーの時はほぼ間違いなく急いでいるので、時間のかかるカレーは、近年作ったことない私であります。(笑)

もう何回も同じようなのを載せてるので、またか、というこのカレー、生活クラブのは、入っているホタテやエビやイカが大きいので、市販の他のシーフードミックスは使う気にならない。

ニンニクみじん切り、ショウガみじん切り、オリーブオイル、シーフードミックス、タマネギ、パプリカ、トマト缶、カレー粉、タイカレーペースト、ココナツミルク、料理酒、コショウ、塩

タイカレーの本格的なものは作らないけど、近年、カレーにはタイカレーペーストを必ずといっていいほど入れています。隠し味ってところでしょうか。市販のルウじゃなくてカレー粉中心で作るので、タイカレーペーストは私的には大事です。カレー粉は少なからず入るわけだし、タイカレーペーストも入るのでけっこう辛い。で、ココナツミルクも必然的に必要になってきます。カンペキに自己満足のテキトーなカレーと言えます~*^^*

070328currymix

最初に、ニンニク&ショウガと一緒にシーフードを炒め、取り出してから、野菜類を炒めて、カレー粉を振り込んで炒め、タイカレーペースト、トマト缶、ココナツミルク、料理酒を(まだ水気が足りなければ水も)入れて煮ます。最後に取り出しておいたシーフードを戻し入れて、塩コショウ。さっと火を通して出来上がり。

あとは、これまたテキトーな、クルクルパスタのサラダ。

茹でて市販のバジルソースと粉チーズ、みじん切りの大量パセリ(しっかり一掴み分)で和えただけ。これも早い!

070328dallacostamix

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »