2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の14件の記事

2008年4月27日 (日)

エビとホタテとインゲンでパスタ

土曜日は外出し、お昼は銀座コアビルの隣の加賀屋さんで、超美味しい加賀料理をいただきました!
なんと珍しい、オットが一緒です。
しかも長男も一緒。さらにもう1人!(こちらは内緒~)

ちょうど金曜日の夜に二男が帰宅したので、一緒に銀座でお昼を食べようよ、と誘ったのですが、二男は入ったばかりの独身寮で歓迎会があるから、ということで、土曜日の朝には都内へ戻っていってしまいました。残念。

080427dinner2 それはさておき、写真は日曜日の晩ごはん。

夜なのに、お昼ごはんみたい。

日曜の朝・昼と作り、いつになく面倒になりました。
それと、オットが体重が増えたので、簡単にしてくれ、ということでして。これと、サラダでおしまい。

エビ、ホタテ、インゲン
オリーブオイル、ニンニク、コショウ、白ワイン、塩

シンプルだけど、エビとホタテ、それから旬のインゲンが入って、美味しくないわけありません。

ウデより素材、だね。

2008年4月24日 (木)

ホッケのオーブン焼き

生活クラブのお魚のパック(ホッケ2、カレイ2、柳の舞2)を久々にまた買いまして、ホッケをオーブンで焼きました。
もしかして、前回の時もこんな感じにしたかも。

080424dinner280x530 今回、ホッケ2匹を思い切って一度に使いました。

内臓もうろこもきれいにしてあるので、とてもラクチンではあります。

それをフィレにし、それをさらに2つに切ったので、2匹のホッケが計8枚の切り身になりました。

080424hokke403x266

その切り身に塩・コショウし、ハーブミックスを振り、天板にのせてオリーブオイルを多めにかけまわして焼きます。

薄ーい櫛型に切ったジャガイモも一緒に。(皮付き)

180度で20分前後かな。

ホッケの上にマヨネーズを細くかけてから焼いたらよかったなあと、後になってから思いました。
写真のマヨネーズは、焼いた後でかけたものです。

*参考までに、

08/03/05/柳の舞のオーブン焼き

08/03/08ホッケのフライ

2008年4月21日 (月)

エビにら餃子、焼き筍&筍ごはん

しばらく前から作ろう作ろうと思っていた、エビとニラの入った餃子。
これは本当に美味しかったです!
エビが入っているのだから、美味しいのは当然っちゃ当然でして。

080421dinner280x690 栗原はるみさんの本を参考にして作りました。

080421ebinira402x266 本では豚ミンチとエビを、1:2の割合にしていましたが、こちらの諸々の都合で(^0^)、同量より豚がちょっと多めの割合にさせてもらいました。

・豚ミンチ250g(1パックが250gなのでこの分量です)、エビ(剥き身正味。粗みじん)200g、にら1把
紹興酒、塩、醤油ちょっと、こしょう、しょうがみじん切り、片栗粉、ごま油

・餃子の皮20枚

餃子の皮の片面に、練った具をたっぷりめにのせ、ぱたんと二つ折りにするだけです。

これをサラダオイルで焼きます。

はるみさんの本では、片面だけを焼いていましたが、私のウデでは、焼かない面がふにゃらけてくるので、両面をかりりと焼かせてもらいました。

オリジナルよりは少ないとは言え、たっぷりとエビが入っているので、本当に美味しい。

エビは今回は生活クラブの冷凍の剥き身えびを使いましたが、殻つきの普通サイズのエビを使ったら、もしかしてなお美味しいかも。

それと

前日の筍の残りを焼き筍にし、さらに筍の炊き込みご飯にしました。

080421yakitake606x266

焼き筍ですが、まったくこれがねー、しっかりと焦がしてしまっておりまして、写真の通り、黒ぐろしています。
写真をたらたらと撮ってる場合じゃなかったのに。(写真撮りのせいにしてる。)

080421takenoko4

←こんな有様

サラダオイルで焼いて、甘辛だれ(醤油・ミリンほぼ同量よりも少し甘め)をかけて火を止め、バターをちょっと。(私はバターはなしにしましたが。)

上に木の芽(軽くたたき香りを出す)と花カツオをのせています。

それから、筍ごはんですが

筍ごはんは、といでおいたお米に、薄口醤油・酒・みりん・塩を少々プラスして米と同量の水(出し汁です)にし、切った筍と油揚げ(油抜きして切る)をのせて、炊き込みご飯モードでスイッチオンして。
むちゃくちゃ簡単。

私は、具材をサッと醤油・ミリン・酒・出し汁で煮て味付けしてから炊き込みしたものが好きですが、旬の筍の香りと苦味を味わうのは、こちらのほうがよいわけですね。

ごはんのおこげが美味しそうだったので、おこげのほうをたくさんよそってしましました。

2008年4月20日 (日)

タケノコ入りクリームパスタ

京都の白子筍を送ってくださる方がいて、毎年この時期、ありがたくいただいています。
筍は好きだけど、それがどんなに価値があるかちゃんと分かっていない私には、誠にもったいないのでは、とも思うのですが。

080420dinner2a

で、その白子筍を湯がき、数回にわたって調理しました。(湯がいている写真は、また後に載せるつもり。)

そのうちのひとつがパスタ。筍をパスタに?!

旬のものなので、パスタでも味わいたいです!

080420pasta604x266とにかく自己流に適当に作ってるので、大目に見てくださいね。

今回は、切った筍をフライパンでちゃんと焼いてから使いたかったので、筍は筍で焼き付けるようにオリーブオイルで炒め、ベーコン・タマネギは別途炒めてからクリームソース仕立てにして、最後に茹でたパスタと一緒に合わせました。

080420takenoko402x266
盛り付けてから上にパセリのみじん切りを。(冷凍し揉んでいたもの)

せっかくのアルデンテのパスタが伸びてくるわけで、撮りながらも、一刻も早く食べたい心境。

筍の茹で方も、特に誰かに習ったわけではなく、本とか筍に付いている説明書きに従って、毎度やっているだけ。筍は買ったら即茹でます。

080420yude534x606

切り方もこんなもんかなあと、毎度毎度思いながらも、適当でして。

汚い表皮を数枚剥いてから、固い根元部分を切り落とし、先端を斜めに切ってから、縦に浅く切れ込みを入れます。

糠とトウガラシを入れて茹でますが、時間は今回の付随の紙には、30分くらいと書いてあったような。とにかく、竹串がスッと入るくらいに茹で、そのまま冷まします。冷めてからきれいに糠を洗い流して、皮を優しく剥きます。

保存は水に浸して冷蔵庫へ。数日中に調理します。

2008年4月19日 (土)

またフキの煮物(エビ団子入り)

4/19は少し前の(4/14)とよく似た、煮物の晩ごはんでした。

080419dinner2フキはいくら食べても私はOK。煮物はカロリーダウンにはもってこい。

割と頻繁に買う生活クラブの魚介すり身で、エビ入りすり身(味付けされている。冷凍)があったので、それをお団子にして入れました。
しっかり練らないで、いいかげんに丸めたので、ぼこぼこになってますが、味は美味しいです。(カリフラワーのように見えるのが、エビ入り団子)

フキ、豆腐、エビすり身団子、シメジ、昆布

花カツオと昆布で濃くて美味しい出しをとったので、オットが汁まで全部飲もうとするのは、いいのか悪いのか。
血圧が高いので、薄味にしているとは言え、ちょっとマズイですよね。

080419dinner606x266

他には

サラダ2種

それから、ご飯代わりのウドン。
オットがやたら 「麺!麺!」 とうるさいので。

こちらも汁を全部飲んでしまいました。
美味い出しには勝てないってことですが、まったく自覚が足りないです。

もりもり野菜と玄米おむすびとキャベツスープで朝ごはん

朝ご飯。なんちゅうことのないメニュー。
こんなの載せるってどういう神経よ、って我ながら思っちゃう。しかも写真追加であれこれって。

080419break2280野菜はてんこ盛りですね。

でもこれって普通。オットひとりで山盛り生野菜をばくばく食べます。我家ではオット専用の一人前。私はちょこっと分けてもらう程度。

今朝のご飯は、玄米ご飯を炊いたので、小さめのおむすびにしました。ワカメ入りです。

春キャベツとベーコンのスープ

ハムとソーセージ

080419break380x450

2008年4月16日 (水)

エビカレーと春雨の炒め物

カレーはしょっちゅうしょっちゅう、毎日食べたってOK。でも、ついご飯がすすみ過ぎるので気をつけないといけないです。

080416dinner5280この日のカレーの野菜は、新タマネギとセロリと黄パプリカ。セロリやパプリカがカレーに入るのは、我家では普通。

セロリは、葉ごと全部を大振りに切って使います。

エビは殻つきのを(剥いて)使うことが多いですが、今回はムキエビにしました。生活クラブのは、ムキエビでも大粒で食べがいがあります。

エビは、冷凍なのでそのまま使います。
先に、エビをニンニクショウガと一緒にオリーブオイルで炒め、取り出しておきます。
エビの旨味ぎっしりのスープが出るので、それも一緒にとっておきます。
それからオリーブオイルを鍋に足して、野菜を炒めカレー粉を振って炒め、さらに他のあれこれ入れて煮ます。最後にエビを汁ごと戻し入れ、ひと煮たちさせて出来上がり。
あっという間にできちゃう。我家では、一晩寝かせたカレーってのは残り物カレーしか存在しません。

ニンニク、ショウガ、オリーブオイル、ムキエビ、タマネギ、セロリ、カレー粉、タイカレーペースト(黄)、カレーフレーク、白ワイン、トマト缶、水、洋風だし、コショウ、塩

それともう1品は
春雨の炒め物。オイスターソース味で。

牛ミンチを(届いてすぐに500g全部!)そぼろに炒めて保存しておいたので、それを一部使いました。

ニンニク、オイル、タマネギ、人参、ネギ、ピーマン、牛ミンチ、春雨(戻して切っておく)、酒、オイスターソース、醤油、ミリン、豆板醤

080416dinner395x535

いつもながらの適当な料理!

2008年4月15日 (火)

タケノコ入りの麻婆豆腐は山椒たっぷり

生活クラブの配達の日で、お豆腐が届いたので久々に麻婆豆腐にしました。

080415dinner 前日にフキと一緒に炊き合わせたタケノコの使い残しがあったので、それも一緒に炒めました。

ニラは、エビと一緒に春巻きの具にしようと思って買ってきたのに、麻婆豆腐をつくる気分になったので、こちらへ転用です。
まったく!ですねぇ。その日その場で、急遽つくるものが変わってしまいます。春巻きの皮、どうするんだ!

ニラとエビのおいしそうなレシピがあったので、それはそのうちに作りますね!(いったいいつなんだ?!)

麻婆豆腐には、豆板醤の他に、山椒をたっぷりと入れたので、けっこうピリ辛です。
山椒が入るとスーっとした風味が加わって、私は好きです。

ニンニク(みじん)、ネギ(みじん)、オイル、豆板醤、テンメンジャン、醤油、山椒(粒をごりごり摺って)、中華鶏がらスープ素、水、水溶き片栗粉
豚ミンチ、タケノコ、豆腐、ニラ

ニンニクとネギを炒め、豚ミンチを入れて炒め、豆板醤・テンメンジャン・醤油をいれ炒める。
切った豆腐(熱湯をかけてから水切りしておく)とタケノコを入れて、ざっと炒め合わせる。
水・中華鶏がらスープ素を入れ、煮立ったらニラを。
水溶き片栗粉でとろみをつけて、出来上がり。

山椒は、はじめの方の豆板醤・テンメンジャン・醤油のあたりで入れたり、一番最後に入れて味の調節をしたり、でして、誠にいいかげん。そういう台所仕事なもんで。

しかも、これまで何度も出てきているので、すいません~~

2008年4月14日 (月)

フキの煮物でワイン?!

春の味覚のひとつ、フキがスーパーに出ていたので買ってみました。

080414dinner3a80cmくらいの長いひと束(3~4本いり)が198円なので、安いもんです。

鍋に入る長さに切り、塩をふって板ずりし(これを書き忘れました!)湯がいてから、スルスルと表面の薄皮を剥きました。出てきた草色がきれい。

フキは大好きな食材のひとつです。
なんとも言えないほろ苦さがよいです。

大きめのガンモも合わせて買ってきていたので、一緒に炊きました。タケノコと昆布も一緒。タケノコはパック入りになっているもの。まだこの辺りでは地場のものが出ていません。

もう1品。
柔らかい春キャベツをざくっと大きめに切って、豚スライス肉と一緒に中華風に炒めました。
豆板醤、テンメンジャン、ミリン、醤油。

080414dinner200x506 あとは山盛りのサラダ。クレソンたっぷり。
お米のご飯はこの日はなしです。

頂き物のワインを開け、私はほんのひとくちだけいただきました。残りは全部オットの胃袋の中へ。

私は下戸なので、お酒の味はさっぱりだし、ちょっと飲んだだけでくらくらしてくるので、ひとくちでやめておきます。
割と重い赤だって言ってましたね。美味しかったみたいです。

2008年4月12日 (土)

エノキとろとろオムレツ

朝ご飯に卵ってつきものだけど、うちでは頻繁には出てきません。

080412break1 でも、珍しく今朝はこれ。

栗原はるみさんの本(haru-mi春)に載っていた ”オムレツのえのきあんかけ” です。

写真だけうろ覚えで、適当に作っっているので、本のとおりではありませんが。

卵には塩コショウもしておらず、シンプルにオムレツを作りました。卵3個。

エノキのあんですが、

味噌汁用の出しを取っていたので、それを一部使い、薄口醤油とみりんで味をつけました。
切ったエノキとシメジ(はるみさんのには、エノキだけです)をどさっとこれでもかと入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけて、出来上がり。

焼きたてのプレーンオムレツに、どーんとあんをかけたのが、これ。

080412break500x221

大皿から各自、自分のお皿にすくって食べました。卵かエノキか、どっちが主役かわからない、それくらいのエノキの量!

美味しかったです!キノコどっさりって嬉しい。
ふたりで全部ぺろりです。

菜の花の胡麻和え、ブロッコリー、ワカメのおむすび、豆腐とネギの味噌汁

* 

今日は、午後から都内のお姉ちゃんち(長女)に行って、たまたんとちょっとだけ遊んできます!
たまたんは生まれて半年の頃から、スイミングを習ってるんですよ。ぷくっとまあるいたまたんは、水の中ではちっちゃな人魚姫!

2008年4月10日 (木)

残り物サラダでまたオープンサンド

またまたオープンサンドです。今朝のごはん。
しかも前夜の残り物のサラダで!

080410break280 夕べはポテトサラダを大量に作ったので、今朝はこういうことになりました。

今日のパンは、自然酵母を使って焼いたパン(買ったやつね)。

トースターで焼いてから、上に粒マスタードを塗り、サニーレタスとポテトサラダをどっさりのせる。

それだけ。

まだばりばり言わせて食べました。

ポテトサラダの材料

じゃがいも、人参、新タマネギ、インゲン、グリーンアスパラ、マヨネーズ、砂糖、粒マスタード、コショウ、塩

言わずもがな、インゲンとアスパラは、春野菜の寒天寄せに使った残り物です!

豚肉&山芋炒め/ゆるゆるで失敗!春野菜の寒天寄せ/いちごのクラフティ

4/9の夕飯は

・豚ローススライス肉とヤマイモの炒め物
・春野菜のかんてん寄せ

それと例によって大量のサラダ、と、超簡単デザート(イチゴのクラフティ)

080409dinnermix606x267

豚ローススライス肉と山芋の炒め物

しゃぶしゃぶでもOKなくらい薄い生活クラブのスライス肉と、太目の拍子木に切った山芋を、エバラの黄金の味で炒めただけ。手抜きですね。

先に豚スライス肉をフライパンに入れて色が変わってから、山芋を。タレをかけて短時間でじゃっと。山芋は生で美味しいものなのでしゃきしゃきを残して。山芋からとろみが出て、全体が少しとろっとしました。上に一味トウガラシを振って。

簡単すぎて申し訳ないくらいだったけど、山芋のしゃり感が美味しかったです。

080409dinnermix600x478

春野菜の寒天寄せ

春野菜は、細めのインゲン、グリーンアスパラ、ジャガイモ、パプリカ(オレンジ色)

インゲンとアスパラは湯がいてから1cmくらいに切り、ジャガイモは最初から小さめにダイス状に切ってから、固めにゆでます。
パプリカは、2つに切りワタを取ってから湯がき、薄皮を剥いてから、小さく角に切ります。

あとはこの野菜類を、温めて寒天を溶かしたスープと一緒に、固めるだけです。

本当はゼリー寄せにしたかったのだけど、家には寒天しかなかったので。(夕刻に思いつきでいきなり作ってる。。)

ちゃんと説明書どおりの水分量にしなかったので、案の定、とろとろの出来上がり。

でもまあ、我家的には珍しいものなので、美味しくいただきました。ジャガイモが入ると食べやすくて美味しいです。
夏っぽいメニューだけど、いろんな野菜で作れそうなので、夏限定にするともったいないです。

タネを明かすと、”WaSaBi" の4月号に、野菜コンソメゼリーとイチゴのクラフティが載っていたのでありまして、でも、野菜も全く違うし、クラフティにいたってはまるで違うレシピでつくっております。
私的には、クラフティは桃のが好きです。
それと、イチゴだけよりも、ブルーベリーやらラズベリーやらいろいろ混ぜたりするのがより美味しいかな。

果物のクラフティのソース

生クリーム1パック(or 牛乳1/2カップと生クリーム1/2カップ)、コーンスターチ大1、砂糖70g、卵2個、バニラオイル(or バニラビーンズ)、リキュールorブランデー少々

耐熱容器にフルーツを並べ、上記ソースをかけて粉砂糖を振り、180度のオーブンで25分くらい焼く。

参考: イチゴと桃のクラフティ2007/04/27ベリーとバナナのフラン06/07/16

2008年4月 6日 (日)

ニラひやむぎ

4/5のお昼ご飯は簡単に。

朝ご飯を食べ終わって、オットが 「お昼ご飯は蕎麦」 っていうので、蕎麦じゃないけどこれになりました。
やれやれですよ。ご飯終わってすぐ次の注文ですもん。

080405nirahiyamugi280長年の付き合いだし、この先もこんな具合なのはわかっているので、面倒がらずにさっと簡単なものを作って出すっていう風にやりたいものです。

山本麗子さんの 「101の幸福なレシピ」 に載っている 「にらそうめん」 が簡単でおいしそうだったので。ちょうどうまい具合にニラもある。

ただ、そうめんがないので、ひやむぎで!

本では、超簡単メニューということで載せている物なので、そうめんの茹で汁をベースに、顆粒だしの素で味付けするっていうことになっております。

が、お湯を沸かしている間に、普通に出しをとる時間はあるので、顆粒だしの素は使わずに、昆布とカツオで濃くて美味しい出しをとりました。鍋に水と昆布をいれ、煮立ったら削り節をドサッと入れる。火は止める。(私は漉し網に削り節を入れて鍋に入れます。少し置いてから引き上げます。)出しはできあがり。簡単。適当。いいかげんかも。

その味付けは、薄口醤油とミリンと砂糖で作り置きしている返しを少量。
返しじゃなくても、薄口醤油とミリン(少し)を入れれば良いです。

で、作り方。

ニラ1把(2人分)をざくっと4つくらいに切り、ごま油大1くらいで炒めます。
ひやむぎ(2人で2把)を茹で、茹で上がったら水洗いせずそのままどんぶりに入れ、熱々の汁を注ぎます。
上に炒めたニラをのせ、いりゴマと一味トウガラシを振って、出来上がり。

炒めたニラとごま油が意外に美味しい。
それと、何よりも汁が美味しい。
全部飲み切って、満腹になりました。

2008年4月 5日 (土)

ロメインレタスとハムのオープンサンド

オープンサンドと言ってもですね、これまた実にシンプル。
ロメインレタスとハム、マヨネーズだけです。4/5の朝ご飯。

080405break2aハムは、大山ハムのペッパーシンケンという、縁に粒コショウがたっぷりついたピリリと刺激的な美味しいハム。

むちゃくちゃ美味しいのだけど、カロリーが気になるので、フライパンでちょっと焼いて油を少し減らしておきます。

イギリスパンを軽くトーストして、カロリーハーフのマヨネーズをチュチュっと絞り、上に1人2枚分のロメインレタスを半分に切ってのせ、その上に焼いたペッパーシンケンを。マヨネーズを上にまた絞って。

大口をあけて、バキバキ言わせて食べました。

他にはチャウダーっぽいクリームスープと、サラダ

クリームスープは、しょっちゅう作ってるのだけど、今朝はプラスで、最後のひと煮たちのときに、茹でておいた菜の花を入れました。
菜の花の苦味が春らしく、大人のクリームスープっていう感じでした。

080405breakmix600

サラダは朝なのに、かなり豪華版です!野菜の種類が多いと、やっぱり美味しい。

ブロッコリー、グリーンアスパラ、新タマネギ、きゅうり、ラディッシュ、赤パプリカ、ロメインレタス、トマト、茹で大豆

ドレッシングは、オリーブオイル大4、ワインビネガー大1、粒マスタード大1、塩・コショウ適宜

ドレッシング、美味しかったですよ。簡単だし。
ビンに入れて振るだけで出来上がり。

食後オットがですね、「朝からたっぷり食べたから、お昼は軽く蕎麦でも」 って言うわけでして。。
言うだけの人はオキラクだ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »