2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の22件の記事

2008年6月29日 (日)

カジキマグロの黒酢炒め

休日は朝昼晩と3食なので、平日以上にメンドーな気分。
朝も食べてる最中に、「お昼はメン類ね」 と言われ、とりあえず、「へいへいわかりました~」 と、即答しておきます。

手抜きの080629dinner280x536昼ごはんが済み、続くは手抜きの晩ごはん。

またまた同じようなサラダ。
それと、買っておいたカジキマグロを使って、中華風の黒酢あん炒めを作りました。

もうこれだけです。

太い拍子木に切ったカジキに下味(酒、コショウ、醤油、ショウガ汁)をつけ、片栗粉をまぶしてカラリと揚げます。作っておいた黒酢あん(黒酢、醤油、砂糖、酒、塩ちょっと)とスライスニンニク1片分を少し煮詰めるようにして絡めて、出来上がり。早い!

晩ごはんおしまい!!

日曜日の朝ごはん

日曜日の朝ごはん

取り立てて珍しいものがあるわけではありません。ほとんど野菜。

湯がいたインゲンと黒焼きしたパプリカ。
焦げるくらいに焼いたパプリカを水にとって皮を剥きスライスして、インゲンと一緒にお酢入りのタレをかけて食べました。
皮の剥き方はかなりいいかげんで、多少ついたままでもOKですよね。黒焼きしたので、やわらかで甘みがでました。
タレは、少し前に冷やし中華用に作った、甘酸っぱいたれです。

それと、朝、野菜だけじゃなんだっていうので、サラダの後に出したベーコン&エッグ。

プラス、
これまた酸っぱいダイコンとタマネギのピクルス。

写真のパンは私だけで、オットは食べません。(3枚全部じゃないですよ~!1枚だけ~)
つけたハチミツは国産アカシア。これが一番の贅沢かな。

080629break599x534a

2008年6月28日 (土)

マルゲリータで朝ごはん

頻繁に作っていた頃がなつかしい。
久々のピザですね~

080628break280x589息子が家にいた頃は本当にしょっちゅうしょちゅう作っていたピザ。パンもお菓子も。

近頃は作っても自分がたくさん食べて太るだけなので、作る気が失せてきたような。。

ピザ生地のこねは、機械にお任せ。
ピザ自体は手間がかからず簡単です。

粉の配分は実にさまざまだけど、なかなか、これだ!というのに出会いません。
今日のは割とぱりっとした焼き上がりだったかな。

薄力粉と強力粉は、2:1の割合。

薄力粉200g、強力粉100g、
ぬるま湯180cc、ドライイースト小1、塩小1と1/3、オリーブオイル小2

砂糖は入っていません。

トマトソースは
切ったトマト、オリーブオイル、塩、コショウ、ドライハーブ
さっと煮るだけなので、こちらも簡単。

ピザは天板に大きく伸ばしたものが2枚ぶんになりました。

080628pizza1534x604

ひとつは、上記のトマトソースとチーズとバジルをのせたマルゲリータ。

チーズはモッツァレラチーズを、と言いたいところだったけど、残念、普通のピザ用チーズになってしまいました。
フレッシュなバジルは庭から。
植えて間もないのでまだまだ小さいのだけど、ちょっとだけ拝借。
オリーブオイルを小1をかけ回してから、バジルをのせて焼きました。

うちのオーブンはコンベックで火力が強いので、200度で15分くらいです。

080628pizza1402x266 

もう1個は、有り合わせの具をプラスして。

トマトーソース、タイム、バジル、赤パプリカスライス、ベーコン、チーズ、オリーブオイル(焼く前、最後にかけ回す)

080628pizza2388x622

朝昼兼用で、たくさん食べてしまいました。(ダイエットはどうした)

食後、洗い物が済んでから、台所の窓を掃除。
初公開のこの窓、ちっちゃい。これだけしかないです。

長いことほおっておいたので、汚れがすごかったです。
火の元が近いので、油汚れがほとんどでした。
これまで散々写真を撮ってた場所だけど、汚れまでは写ってないとはいえ、ちと恥ずかしい。。

場所的に、洗いにくくて時間はかかったけど、汚れ自体は割りと簡単に落ち、すっきりしてとても気持ちが良くなりました。

掃除に使ったゴム手袋は、ぶら下げて乾燥中。

080628window1266

080628herb602x400

2008年6月27日 (金)

出かけるので、冷やし中華を作りおき・・

夕方から出かける用事があったので、早めに晩ごはんの仕度をしておきました。

080627hiyashi5c280

あれこれは作れないので、買ってあった中華生麺2玉を湯がいて、冷やし中華の準備を。

都合で、3~4時間ほど後に食べることになるので、麺は固めに茹で、冷水に取ってぬめりをとってから水気を切り、ゴマ油をまわしておきました。

2玉は多かったので、3等分に分け、別の入れ物に入れて、万が一足りない時の予備に。

上にのせた具は
もやし固ゆで(1袋分)・千切りきゅうり(2本分)・錦糸卵(2個分)・白髪ネギ(1/2本分)・青じそ(20枚分)・ミョウガ(2個分)、おまけで、自家製のショウガの甘酢漬け

↑サラダが必要ないくらい、大量の野菜!
でもサラダは作りました!オットはそれくらい大量の野菜を食べます。

080627hiyashi604x534ラップをして、冷蔵庫へ。

たれですが
先日の高山なおみさんの本を見て、レシピどおりに作らせてもらいました。

このたれが、こくがあって、とてもおいしい。

酒、きび砂糖、しょうゆ、酢、オイスターソース、鶏がらスープの素
黒酢、ごま油、黒コショウ

多めに作ったので、冷やし中華をすぐまた作ってもOKではありますが、これ、サラダに使ってもおいしそうです。

080627hiyashi454x201

←冷やし中華なのに、混ぜたら麺がほとんど見えない。080627takayama1

高山なおみ 著
「おかずとご飯の本」→

2008年6月25日 (水)

晩ご飯はいらないはずじゃあ。。

オットに今日の晩ごはんはいらないから、出がけに言われたようだったので、夜の7時まで何も作っていませんでしたが、
ふと
まてよ、26日は要らないって確かに言われたけど、25日もいらないっていうのは勘違い?

080625dinner280x599心配なので、とりあえずカレーでも作っとくか

ということで、カレーがあっという間に出来上がり。

オリーブオイル、ニンニク、ショウガ、鶏もも肉、タマネギ、ズッキーニ、ピーマン、青大豆(冷凍していたいつもの。豆好きなので、おまけで入れました。)、カレー粉、トマト缶、白ワイン、ココナツミルク、鶏がらスープの素、カレールウ、コショウ

080625curry604x266

出来上がったところで、オットは帰宅。

やっぱり。。。

カレー、作っておいてよかったです。
「要らないなんて言ってないよ」 だって。。。

26日はいらないって言ったらしい。まぎらわしいから明日のことを今朝言わないでくれー

それから慌てて、超簡単なサラダを作り、味噌汁の出しをとりました。

先にビールを飲むので(つまみは、しょうがない、サラダと昨日のロールキャベツ!)、味噌汁はあとでも間に合うわけです。

毎回違うのが出来上がるうちのカレーだけど、市販のカレールウはちょっとだけ。オイルはオリーブオイルだし野菜も多いし、ヘルシーだと勝手にナットクしております。

ご飯はいつものように押し麦とモチキビ入りですが、半膳分くらいでやめておきます。

2008年6月24日 (火)

高山なおみさんのロールキャベツ

生活クラブの配達で、注文していた高山なおみさんの本が届きました。

「おかずとご飯の本」
高山なおみ 著
080624takayama1b200
(発行:アノニマ・スタジオ、発売:KTC中央出版)

しばらくご無沙汰していたロールキャベツ、暑い時期になるけど作ろうかな、そう思っていたところ。

本を覗いてみたら、最初のほうにあるじゃありませんか。グッドタイミング!

で、高山なおみさんのレシピで作ってみました。

080624dinner1c高山さんのいつものロールキャベツって、こういうのなんだ。
もう驚き!

本のとおりに繰り返し作って身につけて、それから自分流にアレンジして。

そう書いてありましたが、できるかなあ。

キャベツは芯をくりぬいて、丸ごとゆでる。
具は長ネギ、豚ひき肉、おろししょうが、冷ご飯。
ロールキャベツを煮るスープは、鶏がらスープ素、湯、酒、ナンプラー、ごま油
仕上げに、塩、水溶き片栗粉、コショウ(粒こしょうをひく)

080624cabbage402x266

分量は書けないけど、材料を見ただけで高山さんらしい!と思いません?

味から言うと、特に、具のショウガは効いてる。ショウガ入りってすごく美味しい!ご飯にもびっくり。スープもつい全部飲んでしまう美味しさ!

オットはこれを3つも食べました。私は1個でこらえました。。
残りは翌日もいただきます。

ロールキャベツの他には、サラダ、モロッコインゲンのゴマあえ、豚スライス肉とピーマンの炒め物
お米のご飯はなし。

080624dinner606x225

2008年6月22日 (日)

ズッキーニ入り玉子で朝ごはん

つい毎週注文してしまうズッキーニ。
ちょっと余りぎみだったので、日曜日の朝ごはんに、卵と一緒に焼いてみました。080622break5

しょっちゅういろんな料理本をながめているので、どこかでこんなのがあったような。かなりいいかげん。

ズッキーニをスライスしてオリーブオイルで裏表を焼き、塩こしょうして、とき卵を流したシンプルな薄焼き玉子風。

味が淡白なので、仕上げにマヨネーズをしぼってみたけど、悪くなかったです。

ズッキーニはちょっと苦味があったなあ。

スライスしてチーズをのせて焼いた、ミルク入りフランスパン生地のパン
それと、サラダ
抹茶を入れて作った白玉とフルーツ

080622break384x521

2008年6月21日 (土)

お酢入り海鮮炒飯ワンプレート

この春から、ダイエットが少し本気モードになったオットでして、肉はたくさんいらない、ごはんもいらない、とにかく野菜をたくさん、と言っておりまして、しかも、しょっちゅう体重計に乗っております。ま、たいして厳しいことをやってるわけではないですね。お腹にたまるくらいはちゃんと食べつつも、カロリーを押さえるっていうことでして。うまくいかなかったら私のせいってことかなー

080621dinner1280

そのかいあって(私の野菜料理のかいあって)

4キロ減りました!

すごい。
私はほとんど減らない。。

ごはんを炊いてもやたら残るので、軽く1膳ずつ小分けにして、冷凍しています。
それを2つ解凍して、シーフードミックス・タマネギ・インゲン・青大豆で、炒飯を作りました。
炒め油は、ニンニクを漬け込んだオリーブオイル。
出来上がりにお酢をパパッと振っています。
このお酢のひとふり、効きますね~
さっぱり感と旨味が出る感じ。

添え物に生野菜と自家製ピクルス(キュウリ、パプリカ、ブロッコリ)。
それと釜揚げエビとタマネギのお好み焼き風。天ぷら粉をごく少量使って。
揚げるとカロリーが大変なので、フライパンで薄く焼いてみました。焼き上がりにハーフカロリーのマヨネーズを絞り、さらにさっと焼いて。

キャベツのスープ(キャベツ、セロリ、コンソメ、水、、白ワイン、コショウ、塩)

このワンプレートで止めとけば、さらに減るんですが、さてその後は・・・。

すっぱ美味しい!ピクルスと梅サワー、梅酒

梅の季節なので、今年もまた梅サワーを作りました。今年は梅干はなし。
写真の梅は全部で2kg。(これとは別に少し前、2kgの梅でサワードリンクを作っています。)

080621sour280x830

ガラス瓶を使いたかったけど、全部出払っていたので、プラスチック容器を使用しました。

基本的には、サワードリンクは
梅1 : 氷砂糖1 : お酢1(リンゴ酢)

梅酒は、私が下戸なのでここしばらくつくっていなかったのですが、どうもオットが好きらしく、今年は作ることにしました。
焼酎の代わりに、梅酒用ブランデーを使用しました。

分量はこちらも基本は同量で。
でも、両方とも、梅を多めに糖分は少なめにしました。

容器も無精して、煮沸消毒の代わりに、お酢だったり酒だったり、少量を入れてぐるぐる回し、消毒(したつもり)。いいかげん・・・。

それと、ピクルスはこのところ、紫タマネギやらキュウリやらを頻繁に使い、普通の甘酢(リンゴ酢・砂糖・塩・タカのツメ・粒コショウ)に漬けていましたが、今回は加熱したマリネ液で。

マリネ液:

リンゴ酢1.5カップ、白ワイン1/2カップ、水1/4カップ、ハチミツ大2、塩小1と1/2

ハチミツを使いましたが、普通の砂糖でも三温糖でも。
甘いのが好きな人はもう少し甘み増量で。

これを数分煮立て、火を止めてから粒コショウ小1とタカのツメ1本を入れます。
切った野菜を容器に入れて、荒熱の取れたマリネ液を注ぎます。
野菜は必ず、液に全部浸るようにします。
長期保存食とはちがうので、冷蔵庫で保管し、早めに食べます。

今回の野菜は、紫タマネギ、ダイコン、キュウリ(皮をまだらに剥き、種を取って)、パプリカ、ブロッコリ(固く湯がいて)

1~2日過ぎたほうがおいしい。ほぼ毎日食べています。

2008年6月19日 (木)

上新粉でベトナム風お好み焼き

こうやって見てもオムレツにしか見えませんが、これはお好み焼き。

080619dinner2280

黄色いけど卵はなし。上新粉とターメリックで作った、ベトナム風お好み焼き。

オレンジページから出ている料理本に載っていたもので、中の具がもやしやらムキエビやらでとても美味しそうだったので、つくってみました。

ちゃんと本のレシピを実行してないですが。。

↓下は、2人分の材料です。

生地・・・上新粉60g、ターメリックパウダー小1(ほんとは小1/4)、塩少々、水1カップ(ほんとは3/4カップ)

↑この生地をまぜまぜし、なめらかにする。

080619okonomi595x488a

具・・・エビ適当にひとつかみザクギリ(ほんとは60g)、ベーコン3枚ザクギリ(ほんとは豚バラ肉50g)、塩適宜、紫タマネギ1/3個スライス(ほんとはタマネギ1/6個)、もやし1袋(ほんとは60g)

1人分ずつ焼きますが、本では具も1人分ずつ炒めちゃあ生地を流して焼き、と、それを2度繰り返します。が、面倒なので全部炒めてから半分にしてから、生地を流して焼きました。

焼きあがってパリッとしているうちに、上にたっぷりとスィートチリソースをかけていただきます。(おろしニンニク1/2個分、ナンプラー大2、酢大2、砂糖大2、水大2、豆板醤小1/2・・・これを混ぜるだけ

ベトナム風だけあって、スィートチリソースがぴったりでとても美味しいです!
080625book

(くたびれた~レシピ書くの苦手。。。)

本の請負の料理なので、ちと心が痛みます。。
本を載せときますね!

オレンジページブックス
さらに料理を知りたいときに②
「基本のアジアごはん」

便利でわかりよい本。タイトルどおりのものがよくわかります。

私的には、焼いて時間がたつと上新粉が少々もったりするので、思い切って薄焼きのオムレツにしちゃったら、なーんて。。。薄力粉+ターメリックではどうだろ、とか。。。

このベトナム風お好み焼きの他には↓

080619dinner606x266

ぶっといマカロニの茹でたて(柔らかめに茹でる)に、先日のトマトソースを絡めたもの。
トマトソース、また作りました。今回はドライバジルも入れました。

080617tomato524x266

予想外に量が多くなってしまって、半分ほど残ったのを冷蔵しましたが、冷えたマカロニ&トマトソースが、これまた美味しかったです。

それと、サラダと冷奴(また!)

2008年6月18日 (水)

外ランチの日の夕飯は

15日日曜日は父の日。
お姉ちゃん(長女)夫婦の招待で、明治記念館の中にある ”花がすみ” で、ランチをいただきました。しっとり落着いた和食のお店で、初めてだったので嬉しかったです。
あちらのご両親も一緒。5月の母の日と6月の父の日を一緒にして両家で、ということです。
お姉ちゃんの結婚を期に、年に2度くらい一緒に食事をするようになり、気も合い楽しくお付き合いできて幸せです。
たまたまお兄ちゃん(長男)も一緒に行くことになり、賑やかな日曜日のお昼を過ごしました。ありがとう!!

明治記念館って、実は初めてでした。信濃町駅からすぐのところ。
駐車場も広くて、たまたんを乗せて車で移動したいお姉ちゃん達にはうってつけ。お庭も広々と美しく、ちょうど花嫁さんが写真を撮っていました。

18日昼はお友達との約束で、麹町にある ”エメ・ヴィベール” というフレンチレストランに行きました。日テレのすぐそば。女子学院のまん前。週末はハウスウェディングで予約びっしり。
ミシェランで2つ星をとったお店なので、予約も大変だったようでした。サービスもよく、美味しくて美しい料理をいただきました!

ということで、こんなに連続して美味しい外ごはんを食べるなんて、滅多にないことでした。

080618dinner280

18日は、電車内では爆睡して夕刻に帰宅しました。
洗濯物やら片づけやらばたばたして、夕飯の仕度もできてないうちに、オットが帰宅。

ありゃりゃ

朝、出かける前にサラダ用にブロッコリやらインゲンやらを茹で、鶏もも肉をネギ・酒と一緒に水煮しておいたので、想定外だったけど、急遽こんなものになってしまいました。

稲庭ウドンを茹で、錦糸卵をつくって。
麺つゆを、作っておいた鶏の水煮のスープでのばして、冷やし中華ならぬ、冷やし稲庭うどん。

鶏もも肉水煮、ねぎ、青ジソ、きゅうり、錦糸卵、焼き海苔

おそまつさま。。

2008年6月17日 (火)

困った時の冷奴頼み?!キュウリと紫タマネギの甘酢漬け

いくら豆腐好きとは言え、連日冷奴を載せるのもどうかとは思っております~
が、ほんとのことなので。。

080617dinner1280 メタボのことがあるので、カロリーダウンよろしく~。と、そういうことでして、またもやこんな晩ごはんです。

冷奴に、ネギ・青ジソ・もやし・アスパラ・すりゴマ・ゆで卵・キュウリ(梅味噌かけ)

梅味噌っていうのは、味噌に梅を漬けただけでできる簡単なもので、これは昨年作った梅味噌です。まだ残っておりまして。。
1年経っててよいのかとも思いますが、まったく大丈夫。まろやかです。

080617dinner378x413あとは、カリフラワーのサラダ。マヨネーズ&粒マスタード

それから、甘酢漬けの紫タマネギとキュウリ。

この甘酢漬けも超簡単。
漬け汁は、お酢・砂糖・塩・粒コショウだけ。煮てていません。
2日めくらいには味がなじんでいい塩梅に。連日食べては追加で作っています。

酸っぱいものが苦手なオットがたくさん食べてるのは、疲れているせいでしょかねぇ。

普通のピクルスは、白ワインと水も入れて煮立てて作ると思うのけど、こういうのも簡単で良いです。

2008年6月16日 (月)

トマトソースでパスタ

地元の野菜を売っているお店では、たくさんのトマトがお手ごろ価格で並んでいます。

080616dinner3

真っ赤な採れたてトマトを見ていたら、栗原はるみさんの ”haru-mi夏”vol.8 に載っていたトマトソースが頭に浮かんだので、多いかなとも思ったけど、2袋を買い物かごへ。

トマトソースはミニトマトで作るレシピだったけど、今回買ったのは、小さめのとはいえ普通のトマト。

そのトマトを、4つ割にしてからさらに2つに切っておきます。
多めのオリーブオイルにみじん切りニンニクを入れて炒め、切ったトマトを入れてさっと煮て塩コショウして出来上がり。とっても簡単。

で、夕飯はこれまたお手軽に、そのトマトソースを使ったパスタになりました。

080616dinner403x266少量のオリーブオイルで、ベーコンとエリンギを炒め、茹で立てアルデンテのパスタを入れます。
茹で汁で塩気を補います。
そこへ、上のトマトソースを入れ、さっと絡めてパスタは完成。

帰ってきた人の顔を見てからスパゲッティを茹で、具も作ったので、お待たせしている間は、しょうがない、お豆腐を食べててもらいました。てんこもりのネギとモヤシとアスパラとインゲンと切りゴマ。
冷奴とパスタとは、これまた変てこな組み合わせ。しかも、どっちにもインゲンが。。

2008年6月14日 (土)

タケノコ入りビーフン

13日の晩ごはんでもタケノコ食べたのだけど、翌日(14日)夕方に外掃きをしていたら、お隣の奥さんからタケノコをいただきました。
お子さんの野球のお仲間の畑(?山?)でたった今掘ってきたばかり。とても食べきれないので何本か引き取ってと言われて、3本いただきました!

前日もタケノコたくさん食べたけど、旬なのだからこういうのは大歓迎。

「長すぎてゆでられないよねぇ。」と言うので、「剥いて生のまま調理していいのよ」 「苦味はあるけど」 と、いかにも知ったかぶりして、自分が前日に教わったばかりのことを伝授しました~!

080614takenoko452x402

いただいたばかりのこの新たな3本、すぐに皮を剥きましたが、掘りたてだけあってツヤが違う!

これを、はてどうしようか。。

もたもたしていて時間がなくなったので、久々の焼きビーフンに、このタケノコをいれることにしました。焼きビーフンと味噌汁だけで、土曜日の夕飯はカンベンしてもらいました。

焼きビーフンはエビを使いたかったところだけど、そうもいかないので豚ミンチで。少量。
野菜はこんなに入れるのか!と思うくらい入れても、あんがい最後にはたいしたことなくなるので、思い切ってたくさんね。

サラダ油、豆板醤、豚ミンチ、人参、タケノコ、セロリ、ピーマン、黄パプリカ、生シイタケ
スープ(水と中華スープ素)、醤油、酒、コショウ、ごま油、お酢(最後に好みでひとふり)

ビーフン150g使いました。
食べやすい長さに最初から切ってあるもので、袋の説明に書いてある通りに熱湯で4分煮て戻し、水で流して水気を切ってからごま油を少量振って使いました。
肉・野菜を炒めて、ビーフンを加える時にスープも少し入れて、ビーフンに汁気を吸わせるようにして炒めます。

ただの焼きビーフンなのにねー、こんなにあれこれ書いちゃって。。。

朝のオムレツは野菜いっぱい!

シンプルなオムレツに、とろりとしたエノキのあんをかけて食べてことがあったけど(栗原はるみさんのレシピ)、あれ以来、少し具を変えてオムレツを作ることがあります。玉子がやたら出てくると嫌がる人がいるので、頻繁ではないですが。

080614omu3

土曜日の朝は、これ。

ネギ入りのふんわりしたオムレツを焼き、野菜たっぷりの熱々のカニ缶入りのあんをかけて。

カニはズワイガニ。
安物の缶詰ゆえに身がやたらこまこましていて、カニらしき姿は見当たらない。。。

野菜は、(また!)インゲン、アスパラ、ブロッコリー

先日実家に帰ったことは書きましたが、その前日に届いた生活クラブの野菜をサッと湯がいて冷凍しておいたので、それを使いました。

湯がき方が悪かったのか、野菜はやはりふにゃふにゃした歯ざわりになって、フレッシュ野菜を使った時とは違ってしまいました。
次回は絶対に冷凍ではない、フレッシュな野菜で作ります!

080614omu402x185でも、湯がいてから切って冷凍にしていた野菜なので、あんを作るのは簡単。

カニ缶を鍋にあけ、スープを入れて(コンソメ素と水)煮立て、野菜を入れてさらに加熱。塩、こしょう。
最後に片栗粉でとろみをつけます。

写真は大きいオムレツなので、もちろん一人前ではありません。

2008年6月13日 (金)

タケノコと豚肉の炒めもの、ベビーホタテの塩炒め

またインゲンだの厚揚げだのを使っているせいか、どうみても変わりばえしないおかずだよね~
これにサラダがアスパラとロメインレタスなので、ますますまたか、という感じ。

で、もう1品、小さな蒸しホタテ入りで、あっという間にできる炒め物をしました。

080613dinner317x602・ベビーホタテの塩炒め
(ベビーホタテ、シメジ、セロリ、ニンニク、オリーブオイル、コショウ、塩、レモン汁)

・タケノコと豚肉の炒め物
(タケノコ、インゲン、豚スライス肉、厚揚げ、タカのつめ、サラダ油、醤油、ミリン、酒、カツオだし)

・サラダ
(ロメインレタス、キュウリ、アスパラ、すりゴマ)

080613hotate808x266

タケノコは地場のもので、孟宗かな??今が旬のようで、たくさん並んでいました。
巨大なのがいっぱいだったけど、中くらいの(40cmくらい)を3本。これで150円ほど。安い!

皮を剥いたら、ゆがかないでそのまま調理してよいようでした。
よくわからなかったので、すぐそばにいた、私よりも年配の人(知らない人ですが)に尋ねたんですよ~。親切に教えていただきました。ありがたいですねー

タケノコは080613takenoko604x266 皮を剥くと、身は半分ほど。
すぐ火を通したほうがいいので、1本半を写真の炒め物に使い、残り1本半は、刻んで薄味にさっと煮ておきました。あとでタケノコご飯にしてもいいかな。(訂正!翌日お隣からもらったタケノコとごっちゃになってしまいました。。3本全部一度に使い切りました!)

湯がかず直に調理したので、タケノコは苦味がありますが、山からのいただきものらしい自然な味わいで、それもまた好し。
旬のものをこうやって食べられる幸せ。

2008年6月12日 (木)

サラダが中心?!

メインディッシュはどれ?とまたまた思うような晩ごはん。いいのか、こんなんで!?

080612dinner1・インゲンの胡麻よごし(インゲン、すりゴマ、砂糖、返し・・・醤油とミリンが半々)

・鮭の粕漬け(生活クラブ)

・サラダ(ロメインレタス、キュウリ、ラディッシュ、トマト、シーチキン、すりゴマ、クルミ)

・紫タマネギのピクルス(紫タマネギ、酢、砂糖、塩、粒コショウ)・・・漬けて2日目

・山芋

・味噌汁(写真はないです~)

080612dinner402x266

オットはこういうのを見て「おいしそうだね~!」というのだから、ごはん仕度もラクチンなもんです。お米のご飯は食べませんでした。

肉はいいから、野菜中心でやってくれ、と強く言われていますが。。。

生活クラブでも野菜を買ってるけど、それだけではとても足りないので、割と頻繁に地元の野菜を買っています。これは特に最近というわけではなくて、いつものことです。
この時期インゲンも安いので、連日のように食べておりまして、この日は湯がいてからすりゴマで和えました。

紫タマネギのピクルスはけっこう酸っぱめかと思ったけど、まる1日漬けておくといいお味になります。
漬かった酢が、2日目3日目くらいになるとサラダのドレッシングとしても案外美味しく感じました。大人向きだけどー。ピンク色できれいです。

2008年6月11日 (水)

イカと厚揚げとインゲンの炒め物

今までも野菜の量は多かったとは思うけど、このところ特に野菜中心です。
料理とは言えないようなおかずだねー。今に始まったことではないけど、こんなの載せてもいいのかなあ。

080611dinner1a

・イカと厚揚げとインゲンの炒め物

・サラダ

・冷奴

・(写真にはないけど)味噌汁

ご覧のとおり、あっという間にできてしまうようなものばかり。

080611dinner599x252

しばらく前から、家の前で土地造成の大工事中。
騒音・振動がひどいので、とても家にはいられず、午後から逃げ出しました。

父の日のプレゼントのこともあって、デパートへ行ったのだけど、帰りに海鮮の太巻きを1本買って帰りました。

イカと厚揚げとインゲンの炒め物は、ニンニク・豆板醤・返し(醤油とミリン半々の分量)で。

サラダは、ブロッコリ(ちょっと黄色い!届いたばかりなのに。)・タマネギ・黄パプリカ・そら豆・キュウリ

サラダは前回同様、スィートチリソースで。

2008年6月 8日 (日)

田舎の蕎麦、タラ唐揚げのスィートチリかけ

実家を出るときに、母が製麺屋さんに頼んで打ってもらった蕎麦をもらって帰りました。

実家にいた子供の頃・若い時から、蕎麦といえばずっとこれでした。
とても懐かしく、よそでは食べられない美味しい蕎麦。地元の蕎麦の実を使っています。電話注文を受けてから蕎麦を打ち、作り立てをすぐに届けてくれます。

080607break403x266
戻った翌7日は朝と昼の2食、翌8日は昼、あわせて3食、蕎麦を食べました。(朝から蕎麦っていうのもすごいでしょ!)
作って3日は大丈夫と言われたのだけど、早く食べないと味が落ちる。。

もちろん、蕎麦プラス普通のおかずです。
うちでは珍しくないですが、ちとやっかいかな。

オットも蕎麦好きだし、滅多に食べられない蕎麦らしい手打ちの生蕎麦に大喜びでした。
醤油とミリン半々にした返しと、カツオと昆布のだしを多めに作っておいて。薬味のネギもてんこ盛りに用意。

080608dinner2

で、とうとう蕎麦もなくなって、8日の夜はカレー。7日のチキンカチャトーラの残りをカレーに変身させたものです。
じんわりと旨味が出て、カレーになっても美味しかったです。

080608dinner1 カチャトーラにカレー粉とタイカレーペースト少々・カレールウ少々を入れただけ!

写真の揚げ物は、タラの唐揚げ。
それに、作りおきのスィートチリをたっぷりとかけて。

スィートチリソースは、ドレッシング代わりにサラダにかけても、私は好きです。

母の晩ごはん朝ごはん

広島に住む姉が帰省するというので、急遽一緒に行くことになり、6/4~6に実家へ行ってきました。東京駅で待ち合わせて、6/4の昼過ぎの新幹線で北へ向かいました。
(少し詳しい記事は、こちら

料理が趣味の母なので、食事はすべてお任せです。
娘とは言え中年のおばさん二人が、年寄りひとりにお任せとは、誠に「けしからん!」有様なのですが、これも親孝行の1つと言わせてくださいね。。

↓ひとつずつ皿が増えていくわけです~

080604dinner3c
普段、台所周りにはヤカンひとつ出ていません。

私もかつては(もっと若い頃)そうだったのに、近頃はだらけています。。。気を引き締めて、ちゃんとやらなくては。

年取っても台所どころか、家中がカンペキに片付き(それ以前に、とにかくモノが少ない!)それを日々保っているのはすごいです。
若い元気な人がそれをやってるのは、すごいけどよくあることなわけで、それをあの年でやり続けているっていうのが、普通じゃないと思う。

080604dinner5a

夕食↑いろいろ並んでも、肉ものがほとんどなし。

姉はほっそりしてスタイル抜群だけど、私は 要!ダイエット でして。母もわかっておりますね。

母が作るものは、数年前よりもさらに健康的になったかも。
今までも多かったけど、海藻類、根菜類がとても多いです。ゴマ、クルミ、各種豆類、山菜類も欠かしません。

今年80歳になる母ですが、料理自慢なので、友達や親戚を手料理でもてなすのが一番の楽しみな。普段から平気でコロッケ100個、餃子100個を作ります。自己流ながら、オリジナルのお菓子、いろんなものが入ったお餅も作ります。冷凍されています。
豆も、いろんな種類のが煮てすぐに使える状態で、冷凍されています。
出しも作って冷蔵庫に常備されているので、煮物や蕎麦つゆもあっという間。

500リットル超の冷凍冷蔵庫、中が満杯!1人暮らしなのに!
すぐにいろんな美味しい手作りのものが出て来るけど、作るのも手早くて、しかもあたりをまったく汚しません。とてもマネができません。

↓6/5朝のテーブル風景

野菜・フルーツ中心で、軽くて助かりました!お母さん、わかってるね~!

080605break3

6/5の晩は、私の友達も加わって、晩ごはんを食べました。
食べきれないほどの種類と分量が出て、びっくりしていました。でも写真はなし。撮ってる暇なかった~~

姉・私・弟・妹の4人きょうだいですが、誰も母から料理を教わったことはありません。
子供の頃からどんなものを食べてきたかって大事だよね、と妹とも話をしたことがありますが、本当にそう思う。

「手伝ってこなくても、大人になってからの料理の上手い下手にはまったく関係ない。日々の、からだに良い美味しいごはんの記憶が一番大切。」 少し前も、とある料理家が何かにそういう意味のことを書いているのを読みました。
そうだそうだ、そのとおり!と思った記憶あり。

追記:  記事をさかのぼって6/1と6/7の分を載せました。

2008年6月 7日 (土)

適当だけどチキンカチャトーラ!

写真はサラダが前面にきているけど、いったいメインディッシュはどこに??
田舎に数日行っていたので、オットにとっては4日ぶりの晩ごはん。こんなんでよかったでしょうかねー。

ラタトゥイュとチキンを合体させたら、チキンカチャトーラになる??
適当な料理ですいません!

080607dinner16/4に出かける前に、鶏もも肉2枚に、塩コショウしオリーブオイルに漬けて冷蔵しておきました。
塩・コショウ・ドライハーブ・オリーブオイル

田舎から家に戻ってから、1枚はチキンカチャトーラ(のつもり!)にして、もう1枚はサラダが寂しかったので、焼いてザクっと切って添えました。

まったく、あれもこれも鶏じゃないですか。。。

この鶏もも肉、留守中にじんわりと味がしみこんでいて、焼いても煮ても、とにかく美味しい。うちの定番で、マリネして冷蔵しておくと便利です。

◆サラダは
有り合わせの野菜(ロメインレタス、キュウリ、絹サヤ、トマト)とシーチキン、チキン(マリネしていた鶏もも肉を、200度のオーブンでこんがり焼いて)

◆チキンカチャトーラに使ったのは
ズッキーニ、インゲン、パプリカ、人参、セロリ、タマネギ、トマト、トマト缶、鶏もも肉(上記のマリネしていたもの)、ニンニク、オリーブオイル、塩、コショウ、コンソメの素、白ワイン、水、ミックスドライハーブ

オリーブオイル+ニンニク+鶏肉+野菜

という具合に、切って炒めて、じっくり煮込むだけ。
とろけるような野菜と肉、スープの美味しさ。うまくできました!

080607dinner606x267

野菜の種類も多かったし、肝心のトマトもたくさん入っています。鶏もも肉自体も旨味が濃い。

大量に作ったので、1/3量は翌日の昼のカレーに変身しましたが、パスタにしても美味しいし、無駄はないです。

◆もう1品は、水切りした木綿豆腐と生シイタケと少量の豚ミンチの炒め物。ピリ辛。味付けはみりん・醤油・ダシ・一味トウガラシでシンプル。

080607dinner605x429

2008年6月 1日 (日)

エビにらシュウマイとサバのオーブン焼き

お皿にこまこまのっているのは、シュウマイ、サバのオーブン焼き、それとサラダ。

080601dinner 以前載せたエビと豚ミンチとニラの餃子がおいしかったので、今回はそれをシュウマイにしてみました。

エビと豚ミンチが同量、それにニラ。醤油、塩、紹興酒、ごま油、ショウガみじん切り、コショウ、片栗粉

餃子同様にニラを入れましたが、ニラではなくて、本当は枝豆を入れたかったところです。

ともかく、できた具の量が多すぎました。
シュウマイだけでは飽きるので、残りの具はシュウマイの皮をそのまま使い、挟んで三角にパタンと折り、餃子のように焼きました。こちらは、お気に入りの具入りラー油でいただきました。

蒸しても焼いても中身は同じなのだけど、なんだか味わいが違っていて、ついつい食べ過ぎてしまう。。。

080601dinner809x266

サバは、ややこしい調理をする時間がなかったので、白ワインをちょっと振って塩・コショウし、ドライハーブをぱらりと振って、オリーブオイルをかけ回してオーブンで焼きました。上でも調理できるので、1品を下のオーブンにお任せするのはラクチンです。
サバをこんな風に焼いても、案外いけるもんですね。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »