2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 台無しのキッシュ | トップページ | ソーセージもどきとカブのシチュー »

2008年12月 1日 (月)

特製甘口子供カレー

またまた、たまたんですいません。

081201dinner280x824朝から夕方までママ(私の娘)が用事でおでかけだったので、私とたまたんは家でお留守番、ということになりました。大丈夫だろうか。。。

午前中は一緒にお買物に出かけ、あちこちに寄り道。お昼頃、帰りの車の中でたまたんは寝てしまったので、帰宅後に2人で遅いお昼を食べました。

お昼ごはんの後は、娘から希望のあったクリスマスツリーを出し、たまたんと一緒にガーデンセンターで買ってきたばかりの金色の松ぼっくりを飾りました。飾り付けは今日はここまでストップ。
ツリー出しも松ぼっくり飾りも、その前後の掃除もしっかりと手伝って(半分はジャマして)くれたたまたん、小さいのにとてもえらかったです。雑巾がけも(私にそそのかされて)一緒にやってくれました。

夕方は大量の洗濯物の片づけで忙しくなるので、少し早めだけど3時すぎくらいから晩ごはんの仕度をすることにしました。

前回のピザ作りで、台所仕事に興味津々のたまたん。
一緒に晩ごはんを作りたくてたまりません。

「あーちゃんも作る!」と言うので、(包丁使いたいって!?と最初は驚きました)、希望どおりにピンク色の包丁を渡して(濃ピンクのシリコンのヘラを、自分用の包丁だって言うんですよ。よかった!)私の脇で料理してもらいました!

実家の母が送ってくれたリンゴ(写真は前回11/30)の箱の上に、生活クラブの野菜ジュースの箱を載せて、その上に自分が乗るってきかないので、しょうがない、そのとおりに。

私がカボチャをだすとカボチャを欲しいと言い、エノキを出すとエノキも、と言うわけで、ピンクの包丁(ヘラ)でドンドンとたたかれて、カボチャも可哀相ではありましたが、たまたんはもう楽しくてしかたありません。
エノキも皮を剥かれ(?)(皮を剥くって言うので)細いのがさらに細くされ、牛乳瓶を持って油をかけられ(中身はからっぽです)、ボールの中で炒められて(炒めたつもり)。。

たまたんは、もうすっかり料理好きの娘になりました。
まだ2歳ちょっとなのに。

私はその傍らで、漫才よろしくたまたんと大笑いのやりとりをしつつ、着々と晩ごはんの仕度が進みました。

晩ごはんは、芸がないけど、カレーです。
かなりの甘口、お子様用。我が家では今まではありえなかった味。

前夜、柔らかくなりかかった大きなリンゴがひとつ残っていたのを、薄く小さくスライスして、砂糖を加えずに煮ていました。それを全部使いました。

使った材料: オリーブオイル、ニンニク1個、鶏もも肉1枚(皮なし)、玉ネギ1個、人参小1本、リンゴを煮たもの1個分、生活クラブカレー粉小2くらい、カットトマト1/2缶、リンゴジュース適宜、生活クラブ甘口カレーフレーク適宜(少なめ)

煮リンゴがまるまる1個入り、リンゴジュースも入ったせいか、短時間でできるけど、まったりとしたコクのあるカレーが出来上がりました。

生活クラブのカレー粉は、やたら辛い市販のものと違って、多めに使っても辛味は控えめなので、とても良いです。

本格的に料理をした気分のたまたんは、大満足でカレーを何度もお代わりました。
甘いけどカレー粉がほのかにピリッとしているので、大人でもけっこう美味しい気がしました。大人もお代わり、でしたよ!

他は、カボチャの天ぷら、葉物とベーコンの炒め物、サラダ(ブロッコリー、レタス、キャベツ)、味噌汁(ホウレン草、エノキ)

超簡単なおかずだけ。

この日一日だけで、たまたんはババがすっかり大好きになったみたい。*^^*

« 台無しのキッシュ | トップページ | ソーセージもどきとカブのシチュー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

晩ごはん」カテゴリの記事

鶏肉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台無しのキッシュ | トップページ | ソーセージもどきとカブのシチュー »