2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の7件の記事

2009年4月28日 (火)

塩キノコで炊き込みご飯

「塩キノコ」は、何種類かのキノコを切って(ほぐして)さっと茹で、塩をまぶして保存する、キノコの保存方法。
クロワッサンに載っていたものです。

便利そうなので、やってみました。

090428dinner280x571シメジ、白シメジ、エリンギ合わせて4パック分を使い、茹で上がりに自然塩小2をまぶして、保存容器にいれました。
水が少々あがってきました。
これで、できあがり。
冷蔵して、1週間で使い切ります。

キノコは、シイタケやエノキも入れたかったところですが、それは次回に。

この「塩キノコ」で炊き込みごはんを作りました。

一緒に、前日の煮ものを作る時に取り分けておいたタケノコも。それと、青大豆も煮ておいたので、それも一緒に。

炊きあがりに、青みとして、切った三つ葉を入れて蒸らしました。

「塩キノコ」、炊き込みご飯の他にみそ汁にも使いましたが、ちょっと塩気が気になるかな。

保存用としては、便利だと思います。パスタにも使えそう。

キノコの保存方法としては、冷凍するのもいいです。それもやってみています。

090428gyoza402x560

晩ごはん: 塩キノコの炊き込みご飯、(いつもの)ニラ餃子、サラダ(レタス・トマト・ブロッコリ・カリフラワー)、みそ汁

塩蔵きのこ と 炊き込みご飯は↓こんな感じ。有り合わせでいい加減でしたが、まあまあだったかな。

090428takikomi855x265

2009年4月27日 (月)

タケノコとフキで春の煮もの

なんということのない、ごく普通の煮もの。
いただきもののタケノコを湯がき、買ってきた長いフキを茹でておいたので、それを使って。
旬のタケノコとフキだから、今、たくさん食べなくては!

フキのかすかな苦み、なんとも美味しいです。私は大好き。

旬のフキはとても安くて、長いのを持ち帰るのがいやじゃなければ、これはもう、買って自分で湯がいたほうが、絶対に美味しい。

茹であがって水に取り、皮を剥いたフキの美しいこと。

サラダは2つ。
・3色のショートパスタ、どっさりのカリフラワー、きゅうり、塩、マヨネーズ、お酢、オリーブオイル、砂糖、こしょう
・トマト、レタス、コーン

090427dinner405x828

2009年4月26日 (日)

サバのお酢煮と長いものお酢炒め

浜内千波さんのレシピ本を初めて買いました。
その中から、お酢で煮たサバ料理を1品。

090426saba サバをお酢で煮るってどうだろうか、と思いつつ、冷凍のサバ(フィレが3枚)があったので、やってみました。

サバを4つに切り、熱湯をかけまわしてからアクを水で流し、薄切り生姜と共に煮ます。水ひたひた、お酢カップ1/2、醤油大3

落としぶたをしました。中火強で10分ほど。

砂糖もみりんも入れないので、これってどうだろうか、と思っていましたが、お酢、水、醤油だけで、本当にOKでした!

レシピ、書いちゃったけど、どうしましょ。ダメだったら、後で消しますね。

このお酢煮に味をしめ、続けてもう一品。
こちらは自己流。

長いもを太目の拍子木に切り、サラダ油少々でジャジャッと炒め、お酢と醤油で味付け。最後に一味唐辛子をふって、できあがり。

さっぱりして、どちらも美味しい!しかも、早い!

お酢の中の甘味が感じられて、角のある酸っぱさも丸くなっています。

これ、お昼に食べましたが、お昼御飯のおかず、というよりは酒の肴風だね。

2009年4月23日 (木)

鶏もも肉と春キャベツの白ワインの煮込み

日経新聞に月1で付いてくる「日経マガジン」の終わりページあたりに、おしゃれな料理レシピが載っています。

4月号のは 「鶏肉と春キャベツのベルジュラック煮込み」

090423cabbage250x565どういうのかというと
ガチョウの脂で炒めた骨付き鶏もも肉を、8つ割りキャベツで挟むようにして、干しブドウとともに、ベルジュラック・セックという白ワインで煮込んだひと皿。

ベルジュラック・セックもないし、ガチョウの脂もないわけで・・・

で、にんにくとオリーブオイルで(骨なし)鶏もも肉を炒め、キャベツの間に鶏を押し込んで、白ワイン煮込みにしてしまったわけです。

しかも
鍋の写真ばかりで、盛り付け写真すらないというのが、甚だ情けない。。。

オリーブオイル、にんにく、鶏もも肉(皮は取って)2枚、キャベツ1個、白ワイン、水、塩、こしょう

水も足しましたが、(安い普通の国産)白ワインをどぶどぶと、キャベツが浸るくらいたっぷりと入れて、塩こしょう。くつくつと煮込んで。

キャベツはとろり、鶏肉もほろほろと、実に美味しかったです!こんなに簡単なのに。

干しブドウはなしだったけど、次回は入れてみてもいいかな。

ちなみに、植物油はこの料理には向かない、とありました。

そうでしたか。。。。。美味しかったですけどねえ。
美味しくて、ふたりで一気に全部食べてしまいましたが。

2009年4月21日 (火)

野菜がメイン

1年前と比べると、本当に痩せました。
私、ではなくて、オット。

090421dinner336x602 日や時間帯によって1~2kgは違うけど、だいたい8~10kgは減っております。

確かに、りっぱなリンゴっ腹が、すっきりとなくなりました。

いやいやすごい。

あんなに毎食 「満腹になった!」 とごちそうさまをしているのに、ちゃんと痩せられるんだ。

1か月前の長男の結婚式でも、親戚一同に、「痩せたねえ」 とびっくりされたオットであります。

よかったね。

さて、我ながらびっくりのお粗末料理!よくまあこんなの作ったねえ、と心から思う。

今日の晩ご飯、いざ作ろうと冷凍庫を見たら、楽してごちそう風になりそうな食材がない。。

仕方なく取り出した、ベーコンとシーフードミックス1/3袋分で、炒めものをしました。

普通ならパスタにしたいところ。

でも、「炭水化物はちょっと・・。」と嫌がられるので、ただの炒め物です。

・オリーブオイル、にんにく
生活クラブシーフードミックス(エビ、ホタテ、イカ)、ベーコン、グリーンアスパラ
イタリアンエッセンス(コーミの調味料)少々、藻塩
・新玉ねぎスライス
・甘塩シャケ(焼いて)

イタリアンエッセンスなるものを使っているので、なんとなくイタリアン風。

炒め物はしっかりと味が付いているので、新玉ねぎと絡めて食べました。
別に用意した、もりもり大量のサラダ(レタス、キャベツ、トマト、黄パプリカ、人参)も一緒に。

キリン淡麗W(プリン体99%cut)350ccを2本を飲んでいるので、そりゃあ、おなかもいっぱいになるでしょ。(オット)
お米なし。(オット)

お米なしで、納豆ととんぶりを食べておりました。

私はちゃんとご飯は食べております。

これだと確かに痩せるだろうなあ
そう思える今日の晩ご飯。

2009年4月20日 (月)

キャベツ入りメンチカツの変身

19日のお昼前に旅行から戻りました!

「一緒に長い旅行に行って帰ってきたら、それから口を利かなくなった夫婦がいるよ。」
そんな風に友達に脅されて
「わかる、わかる。うちもそうなるかも」
と思いつつ、出かけた旅行。

無事に元気に楽しく過ごしてきました!
よかったよかった、成田離婚にならなくて。

「帰ったら、とにかく野菜だ!」

そう言うオットなので、帰宅そうそうなのに、私だけ買い物に出かけ、スーパーで野菜を大量に仕入れましたが、19日と20日だけで、食べつくしました。やれやれ。

4/20の晩ごはん。

とりあえず、写真だけ載せさせてくださいね!

090420dinner480x370

メンチカツは大好きだけど、ずっと食べておりません。

キャベツ入りも美味しくて、好きです。

で、どうしようかと思って・・・・・これをカツにしないで、オーブンウエアに詰めトッピングをして、オーブンで焼いてみました。

↓写真の追加~

左が耐熱容器に入れてオーブンで焼いたメンチカツの具

右は、魚のすり身にタマネギと生姜を入れて揚げた自家製さつま揚げ

090420dinner1a384

090420dinner2a384x414

2009年4月10日 (金)

特製!野菜カレー

ご飯ちょっぴりで、カレーを食べました。
プラス、サラダはいつものてんこ盛り。レタス、キュウリ、カイワレのシンプルな生野菜。

カレーには、お肉ではなくてホタテがちょっと。ほぼ野菜だけのカレーです。

090410curry・にんにく、オリーブオイル
・ホタテ(生活クラブの刺身用冷凍もの)少々
・玉ねぎ、ナス、パプリカ赤と黄、ブロッコリー
・トマト缶、カレー粉、タイカレーペースト黄、生活クラブカレーフレーク、ブイヨン、白ワイン、コショウ

たくさん食べてもOKな、カロリーダウンのカレー

そう思って、たっぷりとおかわりしてしまいました。。。

4/11~4/19 春休みでも夏休みでもないのに、旅行に出かけます!

それもあって、冷蔵庫の野菜はそっくり全部使いました。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »