2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« おせちの準備12/30 | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

2009年12月31日 (木)

1年間ありがとう!

あと1時間ちょっとで、今年も終わりです。

ここ数年は我が家も大きく変化した時期でした。

来年、どういう年になるかはわからないけど、いろんな意味で自分自身のフットワークを軽くして、少しずつ前に歩いていきたいと思っています。

自己満足なものばかりを載せて、さぞ呆れられていることと思いますが、日々の気持ちを揚げて、楽しく台所仕事もやっていきたい、そのためのupと、自分では思っています。

この1年間もそうだったように、次の1年もきっと、途中で何度もめげることもあるかもしれないですが、皆様にお付き合いいただけたら、とても嬉しく心強いです。

どうぞよろしくお願いします。

091231toshikoshi546

(↑晩ごはん12/31)

(↓日中の作業12/31)

091231osechi352

写真を追加させてくださいね。(10/01/07)

上写真と前後していて、申し訳ない。

091231osechi665x555

(上写真の右下↑南部鉄のせん抜き。これを古釘代わりに鍋に沈めて、黒豆を煮ます。お豆は真っ黒になります!)

↓上写真の説明ですよ~

なますに使った大根と人参の皮onlyのキンピラ

これはおせちじゃないですよ。もちろん!

筑前煮

一足早く、31日の晩にも食べました。

きりたんぽ鍋

鶏ガラスープとかつお出しを合わせ、昆布も入れて、基本のスープを作ります。
醤油と酒で味付け。

具は、
鶏肉、ささがきゴボウ、マイタケ、糸こんにゃく、厚揚げ、ネギ、セリ、きりたんぽの代わりのだまこもち

だまこもち
新米を炊いて、熱々をすりこぎでついてつぶします。私はつぶしすぎるのは好きじゃないので、半つきくらいにしています。暖かいうちに丸めて焼きます。(私は一気にオーブンで!)
鍋には、好みだけど、セリと一緒に最後に入れます。ぐだぐだ煮過ぎないのが好みです。

栗きんとん
今回の分量: サツマイモ500gくらい1本、クチナシ3個、水適宜、砂糖200g程度、栗甘露煮のシロップ1/2瓶~1、栗甘露煮1瓶

クチナシを割り、水につけて数時間置き、色を出します。
その色水を入れてサツマイモひたひたにして、サツマイモを煮ます。
柔らかくなったら漉し器で裏ごし。
そのサツマイモと砂糖と栗甘露煮のシロップを色水に入れて、練り混ぜながら煮ます。
最後に栗の甘露煮を入れます。

今回は漉し器は使わず(持ってないので)、つぶしただけにしましたが、ちょっとだけおイモの粒が残っている状態にしました。
それと、サツマイモを最後に練って煮る時に、栗のマッシュしたものもプラスしたので、とても美味しい栗きんとんができたと思います。

手綱こんにゃく

アク抜きしたこんにゃくを手綱に結び、薄味の出し汁で煮ました。

黒豆

最初に煮汁を煮て作り、その中へ優しく洗った黒豆とさび釘を入れて、一晩おきます。
それから、アクを取りつつ2度ほど差し水をして、柔らかくなるまで5時間~煮ます。
煮えたらさび釘を取り、煮汁ごとそのまま冷まします。

煮汁は、黒豆の袋に書いてありますが、
手持ちの本には
豆300gに対して、水10カップ、砂糖250g、醤油1/4カップ、塩大さじ1/2、重曹小1/2

さび釘はないので、代わりに毎年使っているのが、南部鉄製のせん抜き。

せん抜きのお嬢さんには、誠に申し訳ない、です。ありがとうね。

« おせちの準備12/30 | トップページ | 新年おめでとうございます。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お正月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« おせちの準備12/30 | トップページ | 新年おめでとうございます。 »