2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の23件の記事

2010年1月30日 (土)

干し大根とセロリと鶏もも肉のお酢煮

朝、大根1本の皮を剥いて、全部、厚めの輪切りにしました。100127daikon1

輪切りの1/2をそのままで、残り1/2をさらに4分割にし、皮と葉っぱ部分も一緒に干しました。

干したと言っても、たった1日天日に干しただけなので、ほんの少し、しなしなとなった程度。

その4分割にした大根を使って、鶏もも肉と一緒に煮ものにしました。(1/27晩ごはん)

(残りの皮・葉・輪切りは、その後もまだ干しています。どうしようか、思案中。。)

で、お酢煮ですが
セロリも買ってきたので、それも使うことにしました。

100127dinner450x510

セロリは筋を取り、大きく切ります。
鶏もも肉は、皮と黄色の脂部分を取って、大きめにカット。

少量のサラダ油で、大根・セロリ・鶏もも肉を炒め、酒と水をひたひたにして加熱し、ミリンを入れて少し経ってから、お酢と醤油を入れて、こっくりと味が染みるまで煮ました。
今回は一緒に、皮を剥いたニンニク丸ごと3個を入れて、煮ています。

何十回作ったかわからないくらい作っているので、お酢の量はいい加減ですが、煮詰まると味が濃くなるので、醤油もお酢も少なめに入れています。

お酢を入れる前に、必ず、ミリン等の甘味を先に入れないと、酸っぱさが勝った煮ものになってしまいます。

出来上がりは
鶏もほろりと柔らかく、セロリも大根も艶々の飴色になり、すっと箸が通って、美味しかったです。
1日だけだけど、大根は干しているせいか、味の染み具合もいい感じ。いつもよりも美味しい気がしました。

一緒に入れたニンニクは、気をつけないと箸でつかんだだけで崩れてしまう位になっていて、要注意でした。今回は、ニンニクも食べようかと思って入れてみたのですが。

他は
豆腐とセリをさっと煮たもの、サラダ、自家製ピクルス、みそ汁

100127dinner450x380

2010年1月28日 (木)

スライスポテトをオーブンで焼いて

耐熱容器に、炒めタマネギとスライスしたジャガイモを、塩コショウして交互に敷き、スープをかけて焼きました。1/25の晩ごはん

参考にしたのは
「野菜でおいしい」(青山のフレンチレストラン「ブノワ」の料理長のレシピ本です)

お皿にはあらかじめ、切ったニンニクでオリーブオイルを塗っておきます。

焼く時は、お皿の上にアルミホイルをかけて、蒸し煮・蒸し焼き状態にしてジャガイモに火をとおします。後半であっそうだ、チーズだ!と、上にパルメザン入り粉チーズをかけて、さらに焼きました。

が、ホイルのかけ方が甘くて、出来上がりがイマイチ。焦げてしまいました。。
きっちり蓋をした状態にして、ジャガイモをふっくらと焼かなくてはいけなかったみたいです。途中からチーズをかけたのも、もしかしていけなかった?

なかなか本に書いてある通りにはできないことがありますが、いろんなことをいい加減にやってしまっているのがいけない。本とはまるで違う出来上がりですよ。。

100125dinner400x836

でも、8割がた、いっきに食べてしまいました。

お米のごはん?

もちろん食べてないですよ~

ピクルスと日曜日の朝ごはん

なにがよくて撮ったのか、自分でもよくわからない日曜日の朝ごはん。(1/24)

このブログには、ごはん全部の写真はもちろん載せていません!

写真を撮る撮らないは、まったくの気まぐれ。
しかも
気まぐれながらせっかく撮ったものも、全部は載せていないわけでして、フォルダの中に大量の写真が埋もれております。いったいどうするんでしょうね。

100124break450x300

左のビンはピクルス。

前の晩に作っておいたので、朝ごはんにも出しました。頻繁に作って、どんどん食べております。

チーズとパセリをのせて焼いたトーストと生野菜とイチゴとコーヒー
工夫も何もない朝ごはんですよね~

2010年1月27日 (水)

ワンタンスープ

またまた、スープで満腹になる作戦!(1/22の晩ごはん)

100122dinner1a280豚ミンチとネギを具にして、ワンタンを作り、スープにしました。(豚ミンチ、ネギ、塩、コショウ、紹興酒、片栗粉)

スープは、顆粒のガラスープの素を少々。中華干しエビも入れて旨みをプラスしています。

具は、ワンタンの他には白菜とシメジが大量。
朝ごはんに作ったみそ汁の昆布も、切っていれております。

他は
ブリの照り焼き、炒め焼きした長いも、大量の生野菜(キャベツとミズナとタマネギ)

手間のかからないものばかり。
お米のごはんはなし。

2010年1月26日 (火)

カブのスープ

汁ものでおなかいっぱいにする作戦。(1/21晩ごはん)

100121dinner1e

小カブは皮を剥き、茎は少しだけつけた状態にしておきました。

ベーコンの細切りを炒めて、カブとスライスタマネギも入れて炒め、白ワインと水、チキンスープを入れてことこと煮ました。
塩・こしょう

カブは少し焦げがつく程度の炒め方。

とろりとやわらかいカブは、本当に美味しかったです。

ベーコンは旨みのもとなので、美味しいベーコンを使いたいです。

カブの茎・葉は、油揚げと一緒に炒め、無駄なし。
皮も使えばよかったかな。

キャベツ・タマネギ・ミズナの生野菜サラダも大量に食べました。

100121dinner432x395

トンカツと蒸し野菜

久々のトンカツ~♪

100120dinner4あら~

写真入れてみて、びっくり。

知らない間に、ココログの作業の仕様が、変わったんですね!

ろくにお知らせもチェックしていなかったので、画像挿入して、初めて変更が分かりました!

で、トンカツですが、
別になんにも珍しくもないので、載せるのも迷いましたが、せっかく撮ったので。

お肉はトンカツ用のロースだけど、脂身部分はカット。

肉にはたっぷりと粉チーズがまぶされております。(パルミジャーノレッジャーノ100%とはいきませんが。)

肉をたたいたら、塩・コショウ、粉チーズ入り薄力粉(粉チーズの方が多い)、卵、パセリ入りパン粉、という具合のコロモです。(これが牛肉だったらねー。)

久々のトンカツは美味しいでしょう?と聞いたら、うまいねえというオットの返事。

オットは、このところダイエットダイエット、と言う割には、食べるものは全くダイエットになっていないですが、それでもようやく2キロくらいは減ったようです。

去年はあれだけ載せていたお弁当ですが

最近、お弁当は要らない、と言われて、持っていくのはおむすび1個だけになってしまいました。
お弁当写真が出ないのは、そういうわけです。

お昼がおむすびだけなので、夜帰ってくると、すきっ腹で我慢の限界が近いみたい。大量の野菜類・おかず・汁ものを食べます。ごはんは食べません。

お昼はしっかり食べたほうがいいと思うけど、いらない!というので。

私はお弁当作りのない朝に慣れてしまいました。
急激に面倒な気分になっていて、もう作れなーい!!

100120dinner450x245

2010年1月23日 (土)

スープで茹でるマカロニ

前記事の牛スネ肉とゴボウのシチュー、それと一緒だったのが、キノコとベーコンのマカロニ。

100119dinner2n1

今回のキノコは、しめじ、白しめじ、しいたけ。シイタケはしめじくらいに適宜カット。

最初に、きのこの2/3とベーコン千切りを炒めておきます。

で、マカロニですが

シチューを作っている途中のスープだけで、マカロニとキノコの1/3を、汁がなくなるまで、時間通りに茹でます。

(追記: バターも加えてスープで茹で煮します!)

スープはひたひたくらいだけど、途中で煮詰まるようだったら、必要に応じて水を足しても良さそうです。(後に水気が残るようだったら、強火でとばす)

茹で上がりを、最初のキノコとベーコンを炒めたものでさらに炒めて作りました。

炒めてから、パセリとニンニクのみじん切りをさっと絡めるように炒め合わせて、出来上がり。

そういうパスタ。

盛りつけてから、さらに、パセリを散らしてみました。

マカロニを、味の濃い牛スネ肉と香味野菜のスープで煮ているので、味がしっかり染み、マカロニ自体の旨みが濃くて、とても美味しかった。

使ったキノコも多め。
今回は、マカロニ160gに、キノコは2パック分くらいかな。もっと多くてもよかったと思う。

100119dinner400x266

他は

もやし1袋を、油なしのフライパンでじりじりと焼き、麺つゆでジりっと焼いて仕上げ。

春菊1束も同様に。

生野菜
ミズナとかいわれとトマト

100119pasta450x690c

2010年1月20日 (水)

ゴボウと牛スネ肉のシチュー

少し前に、ゴボウと牛肉を煮込んだものを見て、ゴボウを洋風に煮込むっていうのは、見たことがなかったので、一度作ってみたいと思っていました。

で、牛スネ肉は生活クラブのものが冷凍庫にあるし、ゴボウも一昨日買ってきたので、いざ作ろう!と思ったら、レシピが載った元が見つからないわけで。。

100119dinner1i280

レシピも確かめてないのに、牛肉とゴボウがそろったから作ろう、と思うのがそもそも間違い。

しょうがないので
12月に数回作った牛スネ肉の赤ワイン煮、あれをゴボウ版にすればいいや、と夕べは、そういういい加減な料理になりました。

牛スネ肉を大きめにカットして、塩コショウし、フライパンで両面を焼き、煮込み鍋へ。

バターを使うべきところではあるけど、使ったのはオリーブオイル。

赤ワイン1本で煮込みたいところだったけど、買い忘れ、仕方なく、料理酒をどぼどぼ。

プラスで、果実酒に使った残りの焼酎と果実酒用ブランデーもどぼどぼ。(紙パック入りとはいえ、ブランデーなんか煮込みに入れていいのか?!)

火をつけて煮込み始めます。

ブーケガルニの代わりに、セロリの先っぽとローリエを入れて。それとニンニク2片も。

タマネギ1個と人参1本をスライスして、牛肉同様に炒めて、同じく煮込み鍋へ入れました。

具材がしっかり浸るくらいに、酒類を入れていますが、この時点では水は入れておりません。途中、たまにアクをとりつつ、足りなくなったら水を足しました。

1時間半くらいたったころ、牛スネ肉も少しは柔らかになっただろうと、ゴボウを入れる準備。

ゴボウはけっこうな太さのもので、それを、皮を金たわしでこすり洗いし、10cmくらいにカットして水に放り込み、少しアク抜きします。
フライパンで転がして焼き、牛肉同様に煮込み鍋に入れました。

それからさらにコトコト弱火で煮込み、途中でトマト缶を1缶入れて、さらに加熱。

我が家は圧力なべはないので、今回、トータルで2時間半~3時間煮込みました。
後は、塩コショウで味を調節しただけです。材料的にはとてもシンプル。

切って炒めて入れたタマネギ・ニンジン等は出汁なので、お店なんかだと食べないで、漉したスープだけを使うのだとは思うけど、家庭のごはんなので、もったいないので今回は漉さずに、そのままにしました。

牛スネ肉はもちろんだけど、ゴボウは美味しいねえ。いい加減に作ったけど、トマトにゴボウは合いますね。

牛スネ肉500g、ゴボウ1袋、タマネギ1個、ニンジン1本、セロリの葉先、ローリエ2,3枚、ニンニク2個、オリーブオイル適宜、塩、コショウ、トマト缶1缶、酒類(たっぷり。ほんとは赤ワインだけかと思う)、水(差し水用)

これが今回の材料すべて。

素朴でしみじみと美味しかったです。

途中の写真があるけど、今すぐにはアップできません。いつものことだけど、お許しを!

ようやく、写真追加しました。

100119beefgobo450x500b

またかのエビシュウマイと蒸し野菜!

慌てて作った晩ごはん。
今まで何度ものせている内容なので、upは止めようかとも思ったけど、せっかく撮ったので~!(笑)

豚ミンチとエビのシュウマイ、蒸し野菜、生野菜サラダの夕飯.。(1/18)

100118dinner450x200

シュウマイは、豚ミンチとエビのぶつ切りが同量、それにタマネギみじん切りとネギみじん切り(ネギは残り物)を混ぜて。塩、コショウ、醤油、紹興酒、ごま油、片栗粉

蒸し野菜は、レンコン、キャベツ、シメジ、サツマイモ、カボチャ

2010年1月17日 (日)

一日天日干し大根と肉団子の煮もの

大根と肉団子の煮ものを作ったのだけど、結局これは私ひとりのごはんになってしまいました。1/14

100115daikon5a280オットは晩ごはんいらない日ではなかったけれど、急に会があって、食事してきたみたいです。

皮を剥いて輪切りにした大根本体、剥いた皮、短くついていた葉っぱ。

大根の小1本分全部をザルにのせて、午前中から2階の物干しで、天日に干しておきました。

とても寒いけど風のない晴天だったので、野菜干しにはもってこいでした。

朝から干して夕方には取りこみました。

一日干しただけの大根なので、ちょっと水分が抜けた程度。

皮は後で使うとして、今回の煮ものに使ったのは、皮を剥いた大根の本体と葉っぱの部分。

最初に、大根と葉っぱを油で炒めて少し焦げをつけ、酒と水を入れて煮ました。
中華干しエビを出し代わりに入れています。
煮ている途中で、醤油とみりんの返しで味付け。ことこと煮ていくので、薄めにしておきます。

で、豚ミンチと炒めタマネギに、塩・コショウ・醤油・紹興酒・片栗粉を混ぜてお団子にします。

大根が柔らかく煮えたら、この肉団子を入れます。
青みがあったほうがよかったので、肉団子に火が通ってから、ターツァイを入れてしんなりしたら、出来上がり。

100115daikon450x525

他は、玄米の薄いお粥と焼き魚とサツマイモの甘煮、等々。

遅めに帰宅したオットは晩ごはんを済ませていたようでしたが、いいにおいが気になったようで、この煮ものは食べました。

煮ものだけど、適度に油も回っているし、大根も肉団子もふっくら柔らかくて、美味しかったと思います。

ホウレンソウとチーズの卵焼きをオーブンで

ホウレンソウどっさりのオムレツを本で見ました。

400gのホウレンソウ(ほぼ2把ぶん)の柔らかい葉だけを粗みじん切りにして、卵4個(少ない!)にパルメザンチーズやフレッシュハーブ種々を入れて、フライパンで両面を焼く、そういうオムレツ。

ビタミンたっぷりで、実に美味しそうでした。

卵がとても少ないので、うまくひっくり返してきれいに焼く自信もなく、耐熱容器に入れて、オーブンにお任せすることにしました。

フレッシュハーブもないので、かなり変更してパセリやブロッコリ茎を入れることにして、しかもチェダーチーズなんかも入れちゃったり、ホウレンソウも茎ごと全部を切って使い、いざ作ってみました。

まったくいい加減なこと、この上ないですが、けっこういい感じかも。

青菜が大量すぎて、これだけ卵の影が薄いオムレツは見たことないです(笑)。
(1/13 晩ごはん)

100113spinach450x665

たまたま買っていたホウレンソウは、小ぶりでとても柔らか。茎も固くなく、全部これに使っても良さそう。

今回の分量: ホウレンソウ(茎ごと)300g(1把半)、タマネギみじん切り(生で)1/2個分、パセリ(ひとつかみ)みじん切り、ブロッコリの茎茹でて薄切り適宜、パルメザンチーズ適宜(30gくらいかな)、チェダーチーズ角切り適宜、卵6個、オリーブオイル大1くらい、塩、コショウ

卵はといておき、具全部と混ぜて、耐熱容器に入れて焼きました。
最初は200度にし、途中から180度に下げて、30分ほど。ほんと、適当ですいませんね。

次回は、ちゃんとフライパンで焼いてみようかな。出来上がりの雰囲気がまるで違うと思います。

同時に食べたのは、小さなホタテ入りのチャーハン。炒め青菜(ターツァイ)つき。
ホウレンソウの卵焼きは、けっこうな量だったのに、二人で一度に3/4ほどを食べてしまいまして。

2010年1月12日 (火)

いい加減な中華粥・・・

今朝のお弁当が鮭とエビのつくねで、その具も残っております。
それを、晩は別な何かに変身させて1品、というのが予定。

予定でしたが、
予定は予定のままに終わり、夕刻にぐーたらしていたせいで時間切れとなり、たいして変わり映えしない1品になりました。

で、お米ですが
ごはんは食べないことにしようかとも思ったけど、気が変わって
炊飯しないで、鍋でお粥を炊きました。

100112dinner1e280お粥の写真を一枚だけupさせて~

中華の干しエビで旨みを出した、おかゆです。上には、ごたごたのっかっておりますー

続きは、また後日書かせてください。(明日できるかなあ??)

明日は朝から出かけるので、すぐには載せられないですが、

どうかよろしく!

ようやく、続きです~遅くなりました!(1/15)

100112okayu300x360

カップ1/4位の少量のお米+雑穀+中華干しエビ+水

薄めのお粥にするつもりだったので、水はたっぷりです。

沸騰したら火を弱め、ことこと加熱し続けるだけ。

仕上げに刻んだ青菜を入れ、ひと煮立ちさせて出来上がり。

トッピングには、松の実とクルミとクコの実を好みで。

最初に一緒に煮込んだ干しエビからは、旨みが出るので、あとは食べる時に藻塩を振りました。
藻塩は、柔らかい塩気で旨みもあって、おいしいですよね。

100112dinner350x505b

お粥以外では

(前述のお弁当の)鮭とエビのつくね種に、冷凍保存していた枝豆をプラスして焼きました。
一緒に豆腐とネギ。

最後に、朝と同じく、醤油とミリンの返しをジャっとかけて、味を絡めて出来上がり。

枝豆は夏のものだけど、季節のうちに少し冷凍しています。

年中ある乾燥青大豆等も、青みを使いたい時にいいので、水煮した時に、小分けにして冷凍しています。

それと

残りもののつくね種だけだと、何かなあと思い、鮭をまた重ねて使ってしまう所が、私の ”さらに” いい加減なところであります。

つくねと同じ鮭(いただき物の新巻鮭をカットして冷凍)をバター焼きしました。

ごはんはお粥だったけど、いったいどこがダイエットなんだか。

1月12日鮭とエビのつくねでミニ弁当

オットにはお弁当はおむすび1個でいいよ、と昨夜言われたのだけど。。

お弁当、今朝は普通に作りましたが、
オットも普通に何も言わずに持って行きました。
(おむすび1個でいい、っていうのは、本気じゃなかった?!)

100112forlunch4a280

栗原はるみさんの本に載っていた、鮭とエビのつくねをまねて、1品。

昨年末に初めて、小ぶりながらも新巻きサケを1本をいただき、切って冷凍していたのがあったので、それを使おうと前から思っていました。

生鮭の代わりに、新巻きサケ。
エビとタマネギ。それと
(勝手ながら、冷蔵庫に1/3個残っていた)パプリカ

鮭とエビの身は粗く切り、タマネギとパプリカは細かいみじん切りに。

つなぎには、これまた勝手ながら、片栗粉を入れてみました。

100112salmon300x600

サケに塩気があるので、
調味料は、コショウ・紹興酒ちょっと・醤油とミリンの返しほんのちょっと

練って、小さくこんがりと焼いて、甘辛の醤油ミリンダレをジュッと絡めて、できあがり。

今回は
塩サケと剥きエビとタマネギとパプリカだったけど、
サケとエビに、枝豆とか青大豆もいいかも。レンコンも良さそう、とも勝手に思っております。

1/12(火)のミニ弁当

・鮭とエビのつくね、パプリカ入り

・ジャガイモとサツマイモのマヨネーズ和え

・レタス&ブロッコリ、柿

・おむすび1個

煮ものだけ

3連休は家にいて、おさんどんの3日間でした。

なか日の1/10には、町内の会館の掃除があり、1時間半ほどお手伝いをしてきました。オットは車の免許更新のために幕張のセンターへ。

100111dinner250x500

会館の掃除ですが、
町内の班が順番に月1で掃除をするのだけど、班が多いので数年に一度、当番が回ってくるだけです。

今回は1月に当たり、せっかくの3連休だというのに、町内の皆さんはおうちにいる方が多いみたいで、たくさんの方が掃除に出て、びっくりでした。

会議室も広いし、和室もあり、台所とトイレ、窓ふきと外回りも掃除するのだけど、大勢で手分けしてやったので、みな口々に 「早かったねー」 という感想。

私は、行きも帰りも歩いて行ったので、それだけで3000歩ほどになりました。お天気もよくウォーキング日より。

いろんな人に、「車に乗っていってよ」 と声をかけていただき、とても嬉しかったです。
感謝しつつも、ダイエットよ~とお断りしました!(笑)

3連休最後の夜は、写真のお鍋だけで晩ごはんは終わりにしました。

鍋ではなくて、煮もののつもり。

出汁はかつおと昆布で、かなり濃い出しをとっています。醤油とミリン味。

テーブルに鍋ごと出して、二人で完食しました。オットはお米なし。(私はあとで一人だけ食べてしまいましたが。。)

鶏もも肉、タケノコ、厚揚げ、焼き豆腐、ネギ、シメジ、(茶色の)えのき

この3日間で、どうも2キロくらいは減ったらしい。。(オット)

私は普通に食べてるし、おやつもひとりでおせんべいなんかを食べちゃってるので。。。
いかんよねえ。

自家製の甘辛あられ

鏡開きは11日だというのに、その数日前に、早々と鏡餅を片づけてしまいました。あとで気づいたけど、もういいかぁって。

例年は餅の裏がかびているのだけど、今年は暖房を変えたこともあり、家の中が乾燥していたせいか、ほとんどカビはなくてきれいなままでした。
(うちの鏡餅は、剥きだしの昔ながらのものです)

ざるに入れて数日。
外に干さずに、台所の小窓で陽をあてつつ、置きっぱなし。

台所仕事の合間に、ひびに手を入れて、細かく割っておきましたが、からんからんに乾燥したので、少量をオーブンで焼いてみました。

100109mochi430x395

油で揚げずに、オーブンで焼いただけです。揚げたら、美味しいけどえらいことになります。痩せてる人はどうぞ。

オーブンでキツネ色に焼けたら、醤油とミリンで小鍋に甘辛いタレを作り、さっと絡める。
焼く時に使ったオーブンシートに、くっつかないように離して置きました。少し乾かして出来上がり。

美味しいです。

甘辛のタレを絡めなくても、そのままでも十分イケると思う。

かなりの量ができるので、(焼く前の)からからに乾いて石のようになった餅片は、空き缶にでもいれておき、必要に応じて焼こうかな。

残り物で中華おこわ

お弁当はおむすび1個で頼む、というオットのリクエストだったので。1/8のお弁当。

お正月で太ったらしく、ダイエットを強行するらしいです。

100108okowa300x555前夜のうちに、中華風おこわを作っておきました。

今回の具は、おせちの残りの かまぼこ・なると・自家製焼き豚
それと、タケノコと中華干しエビ

今回は簡単に炊飯器で炊くので、お米はもち米とうるち米を同量にしてみます。合計2合。

全部もち米にして炊飯器を使うと、水分を少なめにしたとしても、なんとなくべったりした炊きあがりになり、あまり具合が良くないので、いつもそうしています。

炊飯器炊きの場合、お米は洗ったら浸水させずに水切りして、時間を余り置かずに使います。

中華干しエビは、先に水に浸して出しをとっておきます。水色が変わって出しが出たら、エビと出汁を分けておきます。

かまぼこ、なると、焼き豚、タケノコは小さめのダイスカットもしくは薄切り。

ゴマ油で具を炒め、油が回ったら水切りしたお米を入れてさっと炒めます。

醤油とミリンの返し少々と塩ひとつまみと紹興酒と(あれば)中華スープの素で味付けし、干しエビの出しと水を合わせたものを、お米と同量入れて、すぐに炊飯。

具も作り方も、いつもながらいい加減。
とってもいい加減なのに、こんなに写真撮ってずうずうしくも載せております。

大量に見えた具も、炊きあがってみればたいしたことがなく、水分もちょっと心配だったけど、心配することもなくて、美味しく出来上がりました。

炊飯器はそのままずっと保温にしておくと、もち米がどんどんやわらかくなってきます。入れ物に移して、そのつど温めるたほうがいいかも。

1/8昼は、オットはこのおむすび1個だけだったけど、案外大丈夫だったみたい。減量できるか!?

私はこの中華おこわのせいで、8日の昼も夜も食べ過ぎてしまい、もうえらいことになっております。

2010年1月 9日 (土)

お花の咲く中国工芸茶

ここしばらく夕食後に飲んでいるのが、茉莉花茶。

まるい形をしている工芸茶で、熱湯を注ぐとお花と葉っぱが開きます。

100107sennichi399x266

↑「千日紅」と書かれた缶入り。

しばらく前に誰かにいただいたもの。   で、どなたからでしたっけ?

こんなこと言ってる私って、ひどいと思います。しかも、忘れ去った今頃になって缶を開けるとはね。

お花は、書かれている通りのセンニチコウです。

茶葉にジャスミンの香りを移しているので、一緒のお花はセンニチコウだとしても、茉莉花茶というのでしょうか。
私、よくわかっておりません。

それと、もうひとつ。

こちらもお花はセンニチコウのように見えます。
入れ物には、「茉莉花茶」 と書いてあります。

100108molihua390x380

お花と茶葉の開き方が違いますね。面白いです。

上のお茶よりも、この2番目のほうがはっきり言って、美味しかったです。こちらのは、かなり前に、長男と一緒に上海に行った時に自分で買ったもの。
もったいなくて、ずっと飲んでなかった。。。飲まないままにしておくほうが、よほどもったいなかったです。

もう一つ、よく見たら、戸棚の奥にありまして・・・

100109molihua375x420

お花は、これはジャスミンでしょうか。。

これも、上海で自分で買ったものだと思います。2番目のものには味は負けてますね。

工芸茶は美しくて癒される気分ですが、私みたいにもったいながって取っておくっていうのが、そもそも間違い。
賞味期限があるのかないのか。それも心配でしょ。

七草がゆ食べました

7日の夕飯のごはんは、七草粥。

お正月の野菜不足をこれで補って、胃も休めるってことが元々だったんでしょうけど、この量で、補えるかどうかは??
でも、青菜入りのお粥はさっぱりして、美味しいし好きです。

100107nanakusa350x399うちは二人なので、 1パックをお粥に使うには一度では多いけど、普通の家族だったら、使いきってしまうかも。

残りごはんがあったので、不精して、それをお粥にしてしまいました。

ご飯茶わん1杯ぶんくらいのごはんに、七草は、写真のパックを2/3ほど使いました。

たくさん入れたつもりだったけど、出来上がりは写真のとおりで、もっと入れても良さそうでしょ。

小カブと小大根は小さなダイスにカットして、途中で入れ、一緒にことこと加熱し、青菜は刻んでおいて、お粥が出来てから最後に入れ、さっと火を通して出来上がり。
塩気は一振りくらい。

出来上がりの量、ちょっと多かったですね。

以前、ダイエットのために、おかゆを毎日続けていたことがあったけど、また復活させてもいいなあと思います。

今年最初のミニ弁当

今年初めてのお弁当 1/7

100107forlunch5a280 慌ただしい年末年始が終わると、待っているのはお弁当づくり。

あーあ、やれやれな気分。

でも
1/4の仕事初め、オットは仕事の都合でお弁当はいらない、ということで、新年早々ラッキーな気持ちになりました。

それが3日間も続いて、この日が初弁当日!

冷蔵庫にはいろんな残りもんがあるので、誰も見る人がいなかったら、それを詰めて終わりにしちゃったかもねー(笑)

・エビのケチャップ炒め

きれいにしたエビに紹興酒を振り、片栗粉を薄くまぶして、ニンニクと一緒に炒める。
ケチャップと隠し味程度の返し(醤油とミリン半々)で炒めて、出来上がり。

100107forlunch266x350

・自家製焼き豚とネギの和えもの

・ポチキとパプリカの炒め物

・黒豆、ブロッコリ、クレソン、ごぼうの漬けもの、イチゴ

大したものは作ってないけど、久しぶりのお弁当作りは疲れますねー

2010年1月 7日 (木)

お正月3日の昼夜ごはんと4日の朝ごはん

1/3のお昼から、娘家族が来ました。1泊の予定。

3歳のたまたん、1歳になったばかりのりっちゃんがいて、それはそれは賑やかでした。
オットはたまたんと一緒に公園へ行ったり、私は年賀状の追加を出すついでに、あたりを一周してお散歩したり。洗濯物も一緒に干したり。
いろんな我慢もできるようになって、すっかりお姉ちゃんになったたまたんに、あらためてびっくりでした。

(よかったら、こちらも→ミニガーデンな日々1/5記事

100103table700x545a

3日のお昼は、年末に作って冷凍保存していたミートローフを解凍しました。

(写真のもの以外に出したものがあったはず。思い出せないです。。記憶がすっ飛んでいますねー)

夜は、同じく年末に冷凍保存した、牛スネ肉の赤ワイン煮を解凍して出しました。
皮つきのジャガイモを、薄くくし切りにして、塩・コショウ・オリーブオイル・ドライハーブを絡めてから、オーブンで焼いたいつものポテトを添えました。

牛の赤ワイン煮こみとポテトはとても好評で、嬉しかったです!簡単ながらも、煮込む時間がかかったので、作ったかいがありました!!

ブリの照り焼きも、年末に漬け汁に漬けていて、1日に焼き、残りをこの3日に焼いて、それで全部終わりになりました。フライパンで焼き、そのあとで甘辛いタレを絡めましたが、ふっくらできて、とても美味しかったです。ブリって本当に美味しい。ブリの照り焼きが好きな人、多いです。

100103dinner3a266

右のマカロニサラダ→は、たまたんがどうしても、というので、1/3晩ごはんに作ったもの。

クリスマスバージョンのマカロニを引き出しで見つけ、「これ食べたいからお願い!」 というので。
タマネギの他に、茹で卵もどっさりです。

4日の朝は、お雑煮は出しませんでした。
おせちがまたまた並んでいるのに、主食はパンだったんですよ。

米粉でできたパンをスライスして、チーズをのせて軽くトースト。サラダとウィンナ類。

白カビ系のチーズを切って出したら、たまたんがえらくお気に入りでした。3歳なのに味がわかるんだ。
確かに食べやすいのだけど、びっくり。

娘家族は、お昼直前に都内へ戻って行きました。

この4日は、オットは仕事始めで6時半すぎには家を出たのだけど、当然、朝はたまたんたちの顔を見ることができず、とても残念がっていました。
またいずれ会えるよ。。

お正月2日目の食卓

変わり映えしないですが、2日の朝です~

元旦は3人だったけど、午後から長男とお嫁さんが来てくれて、元日の夕飯から5人分になりました!

100102break2c280 一日目、二日目と続くと、おせちもさすがに飽きますねえ。

まだ次の日も続くわけです。。またかだけど、たべてもらわないと!

ものによっては作り過ぎたものもあり、かと思えば、よそでは当然あるものが、我が家にはなかったり。

私の勝手な好み+家族の好みも反映して、作っております~~

でも、普通のごはんも、私としては普段から作り飽きているし、食べ飽きてもいるので、おせちも好いなあと思ったりして。
年齢のせいかもしれないです。

オットの家では、もちろん手作りのものも並んでいましたが、彩りで、お店で買ったものがいろいろあったように思います。
初めて見た時はびっくりした記憶があります。

私の実家では、普段から全部手作りしている母が、お正月用に買ったものと言えば、せいぜいかまぼこくらいだったような。

錦糸卵も昆布巻きも種々豆類も、母が作っていました。

私は、錦糸卵も昆布巻きも生活クラブのを買っていますがー。

100102break570x245

母が年末に送ってくれた手作りの煮豆2色も、私の黒豆と一緒に小皿に入れて、3色の豆にしました。

薄甘く煮たユリ根も、昔から母が作っていて、少量だけどそれも冷凍で送ってくれていました。

お昼ご飯

お昼にはおせちの他には、年末に漬けこんでいた豚肉と鶏肉をオーブンで焼いて、追加で出しました。それと、温かいおそばを食べました。

100102lunch680x200

二男が 「みんなそんなに食べられないってば!」 というので、おそばは全員、少量ずつ。(そばの写真なし)
出汁を濃くとったので、汁もとても美味しかったと思います。

我が家では普段からしょっちゅうおそばを食べていますが、年末年始も、飽きずに食べました。

お昼が済んだ午後、長男夫婦と二男はそろって帰って行きました。

お嫁さんは昨年3月に結婚して以来、今回我が家には初めてのお泊まりでした。
泊まってくれてありがとう!と心から思います。

長男が小学校5,6年生時の同級生だったお嫁さんなので、なんとなく心安くて、毎度ながらいろんな話が弾みます。同級のお嫁さんっていいなあと思います!

これで第一陣、終わり。
翌3日には第二陣の娘家族が来るわけです。

元日の食卓

1/1の追加です。今頃!!

元旦はオットと私と二男の3人

100101break555x678

午後から長男とお嫁さんが来てくれました!

人数も増えた元日の晩ごはんは、上写真とほぼ似たようなものが並びました。

それと、31日の夜用に作ったきりたんぽ鍋。
そのスープを大量に仕込んでいるので、それも食べてもらい、さらにメインには、イクラやカニ缶(もらいものがあってよかった!)や錦糸卵等がどっさりのちらしずしを作りました。

ちらし寿司は写真を撮り忘れてしまって。。

自分では慌ててない風に思ってたけど、やっぱりばたばたしてたんですね。

(きりたんぽは、31日の記事に、後で追加しますね!)

100101dinner630x200 

2010年1月 2日 (土)

新年おめでとうございます。

2010年、明けましておめでとうございます。

100101break28031日の夕方に、二男が夏以来の帰宅。

明けて1日の午後には、長男とお嫁さんが来て1泊してくれて、思いがけず賑やかな2日間を過ごしました。

今日2日の午後、3人そろって帰って行きました。

明日3日は、娘家族が遊びに来てくれるようで、たまたんとりっちゃんに会えるのが楽しみです。

お正月、
重箱はあっても、食器のひとつとして使うくらい。
おせちだから重箱に、ということは毎年していないです。

元旦は二男を入れた3人だったので、あっさりした雰囲気。
翌2日の朝は、それが5人分になっただけで、比較的シンプルな食卓だったかな。

それでも朝昼晩と続く中、ちょっとしたものがあれこれ出てくるので、結局は食べ過ぎになってるかも。

あれだけ普段は大量の野菜類を食べているのに、ここにきて一気に野菜不足になりそう。要注意です!

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »