2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の17件の記事

2010年8月26日 (木)

今から出かけますね~

さっさと次を書くことができずで、ごめんなさい。

今日8/26から3泊4日で旅行に出かけます!!
オットが今頃夏休みをとったので、これから二人で出発します。40分後には家を出ます~~

ケンカのタネを作らないように、気持ちのよい4日間にしたいです。

100822break1a300

ではまた帰宅後に~~♪

週明けですね!

2010年8月21日 (土)

パスタだけで許して

ここ数日来、暑さもピークを過ぎたようで過ごしやすくなりました。

とはいえ、風がないと家の中は窓を開けてもムシムシする感じで、もともとの汗っかきが、ちょっと動いただけでもう汗だらけになります。

今朝はウォーキングでスタート。
朝ごはん後に、町内会の皆での町内の見回りに参加。
洗濯、外そうじ&水撒き、昼ごはん、昼ごはんの片づけ、大量のアイロンかけ・・・
etc.etc.と続き、また晩ごはんの時間がやってきまして。。

ものすごく面倒になってしまって、今日の晩ごはんはパスタとサラダだけ。

でんぷんものが出ると、がっかりしたように見える最近のオットでありますが、さて。

100821pasta4b300

先日オリーブオイル漬けにしておいたパプリカの黒焼き
あれを使って作りました。

最初に、オリーブオイルでベーコン(塊のを棒に切って)とナスを炒め、そこへパプリカのオリーブオイル漬けと中のニンニクを加えて、さらに炒めました。パプリカは1個半~2個くらいの分量を使ったかな。

100821pasta1b300

さらに、同じく先日作り置きしていたトマトソース(オリーブオイルでみじん切りニンニクを炒め、素材缶詰のトマトをつぶして入れて煮たソース)をプラスし、生のざく切りトマト大1個も入れてクツクツと煮込みまして・・・

100821pasta2b300

あっそうだ!と、ケーパーもみじん切りにして多めに入れまして・・・
(最初の方に入れたほうが良かったかもしれません)

100821pasta3b300

ケーパーは60g入りのビン詰め(固形量35g入り)のを、半分使いました。

パスタを茹でている間に、このソースの水気を飛ばすようにさらに少し煮て、できあがりです。

久しぶりのスパゲッティでしたが、これはかなり美味しかったです。パプリカもトマトもナスもとろけてる感じ。

自画自賛でなんだけど、そこらへんのヘタなパスタ屋よりはずっといい味でしたね。

黒焼きのパプリカのオリーブオイル漬け、自家製トマトソース、それと多めのケーパーが、旨みの素だったかなあと思う。

アジのから揚げでミニ弁当

8/20(金)のミニ弁当。
今週はこれでお弁当は終わりですね。あーやれやれ。

100820lunch300

アジのカレー味から揚げ(真アジが調理しやすいようにフィレになっている、生活クラブのものを使用)、ローフ状のソーセージ(大山ハム)とタマネギの炒め物、レタスとミニトマト、オクラ、自家製ピクルス(インゲン、ブロッコリ)

アジのフィレは紹興酒と醤油で下味をつけ、粉(片栗粉+薄力粉+カレー粉)をまぶして揚げる。

毎度ついつい書いてしまいますが、お弁当の具材はほぼ毎日重なっております。

時間も正味15分位しか猶予がないわけで、内容は問わないでほしい~!作ってるだけでエライと思う!(笑)

この日の夕方、オットからメールあり。
「夜の約束が入り、晩ごはんいらないです。野菜があればgood!」

ということで、急に思いついて、私は映画館にgo!!

夕方6時を過ぎたら、イブニング割引ということで1200円になるのでお得です。
1200円と思っていたら、売り場のオジサンに即、1000円と言われてびっくり。??

ふと脇の案内を見たら・・・

60歳以上は1000円という説明が目に入りました。

相当なショックを感じつつも平静を装い、200円お得になったからまっいいか、とそのまま1000円を払いました。

でもその後トイレに入って、鏡をじっくり見たりなんかして。。

で、

劇場内に入って本編の前のお知らせ等等が流れまして。

・・・

20日って、お得な終日1000円の日だったんですね。
へんなことを口走らなくてよかった。

見た映画は ディズニーの「魔法使いの弟子」ですが、もちろん気持ち良く楽しめました!!
おひとりさまの同年代のオバサン、最近の映画館には多いです。まったく平気です。

帰りはすっ飛んで帰ってサラダを作り、オットの帰宅にセーフでした。

サケのから揚げで炒め物

8/19の夕飯です。

朝ごはんとお弁当作りの後片付け後、夕飯用に生サケをカットして下味(紹興酒とニンニク醤油)をつけて冷蔵していたので、それに粉(薄力粉+片栗粉)をまぶしてから揚げにしました。

それを使った炒めもの。

みじん切りニンニク、赤パプリカ、ピーマン、ブロッコリ(生を小分けにしただけ)をじんわりと炒め、

100819dinner3a300

そこにサケのから揚げを入れ、即席のスィートチリ風の甘ずっぱいタレをジャっと炒め絡めて完成。

100819dinner3d300

今まで作っていたスィートチリは

スィートチリソース: おろしニンニク1/2個分、ナンプラー大2、酢大2、砂糖大2、水大2、豆板醤小1/2・・・これを混ぜるだけ

と、↑こんな風でしたが、

今回はかなりいい加減なタレではありまして、急いでいたので完全な手抜き。

お酢+てんてきの糖(低カロリーの甘味)+具入りラー油(市販品)+塩ちょっと

とこんな具合。シンプルというかいい加減というか、分量も適当。スィートチリソースとは違いますね。

100819dinner3b300

でも意外や意外、これでも十分に出来上がりは美味しかったです!!

他には、さつま揚げ1枚と小松菜1束のジャっと炒め。

100819dinner2a300

サラダ、というよりも、ただの生野菜の盛り合わせ。千切りキュウリと千切り焼き豚+トマト+サニーレタス

100819dinner1b300

いい加減続きだけど、ま、こんなもんです。^^)

2010年8月19日 (木)

ミニ弁当ふたつ

一昨日と今日のオットのお弁当です。これとおむすび1個が定番。

8/17

100817lunch1a300

青じそ入り鶏つくね、ポチキ、オクラ、ブロッコリ、ミニトマト、レタス

8/19

100819lunch300

焼き豚とネギの炒め物、クレソンをじりじり焼いたの、ポチキ、ミニトマト、レタス

8/18の分、つまり昨日も作ってはいるけど、あまりの手抜きぶりに情けなくて写真も撮れなかったわけで。

いやいや、今朝のだってひどいとは思ってます。時間がなくて間に合いそうもなかったんで、オットに 「申し訳ないけど。」 といいつつ、弁当を玄関に置いたんですよね。。

野菜もりもり冷やし中華

冷やし中華の晩ごはん。それとオットは、プラスで冷ややっこ。8/17(月)

と、ちょっと寂しい気が~

100817dinner2a300

が、量的にはかなりありましたね。
麺は二人で2玉なので、ごく普通。でも、野菜の量がすごい!

写真手前は私の分で、奥がオットのです。オットのは私のよりも野菜が2,3割増しです。

以下は二人分:

もやし1袋(さっと湯がいて、ごま油でもむ)、オクラ2袋(湯がいて小口切り)、キュウリ1本(千切り)、グリーンアスパラ100g(湯がいて斜め切り)、焼きナス1本(黒焼きして皮を剥きざく切り)、焼きパプリカ1個(黒焼きして皮を剥き千切り)、青じそ10枚(千切り)、レタス1/4玉くらい(太い千切り)、焼き豚(太め千切り。量はわからん。。)、煎りゴマ適宜

お皿は直径が26cmちょいあるので、量がなんとなくわかるでしょ。

タレは、冷やし中華の袋の中にセットされている醤油ダレを使いました。
野菜の量が多かったので、足りなかったらポン酢をかければいいかと、かなりお気楽。

100817dinner2b300

パプリカの黒焼きはこんな感じ。

100817dinner1a300

生活クラブでほぼ毎週買うので、我が家の冷蔵庫には必ず入っております。

今回は4個を黒焼き。

加熱すると破裂するかもしれないので、ヘタ部分を適当にとり、丸ごと焼きます。

300度のオーブンで焼いて(グリルで焼きたかったけど、大きすぎて入らなかった)、1個を冷やし中華に使ってみました。

オーブン余熱後に7,8分ほど焼いたら、なんとオーブンが動かなくなり(庫内が熱くなりすぎた?)、その後少しほおっておいてから、ひっくり返して250度くらいにして同じくらい焼き、↑こんな感じ。オーブンでそれぞれ違うかも。

この黒焼きパプリカは、冷やし中華用には冷めてから皮を剥き中のタネを取って、千切りに。

残りは、同様に皮を剥いて大きめに縦割りにして、オリーブオイルにつけておきました。

黒焼きパプリカの中に入っている汁は、旨みがたっぷりなので、流さないようにして、一緒にオリーブオイルの中に入れます。ニンニクも入れてみました。

100817dinner1b300

このパプリカは後日パスタやサラダに使うつもりです。

参考までに、2007年8月7日に載せている黒焼きパプリカは、200度で25分焼いていました。

そうだったのね。

私的には25分はまどろっこしい。250度~270度で10分ちょいくらいで出来そう。

2010年8月15日 (日)

空芯菜入り焼き素麺

土曜日の朝ごはんのあとに、45分ほど歩いてきました。

その時の収穫↓

100814vegi1a300

ウォーキング途中、農家の庭先で野菜を売っているので、たまに買います。

この日は、ミニトマトと空芯菜。100円ずつなので、計200円です。

と、そこへ、家の中からオジサンが出てきて、
「いつもありがとう!ちょっと待ってて」

と、カボチャを持って来まして、私の手にのせて、「坊っちゃんかぼちゃ。持って行って!」

恐縮しつつも有難くいただいて、即ウォーキングを再行。カボチャを持っての腕振りウォーキングとなりました!笑

手のひらサイズとはいえ、かぼちゃはかぼちゃ。負荷がかかって、いつもよりバテた~

で、帰宅してからのお昼ごはんは、早速この空芯菜を使いました。

100814lunch1a300

素麺2束(50g×2)を固茹でし、スライスした焼き豚と一緒にゴマ油で炒めて、そこへ食べやすく切った空芯菜を入れて炒め・・・

100814lunch2a300

炒めるというよりも、じりじり焼きつける感じかな。ゴマ油は途中に追加しました。

味付けは麺つゆでもよかったけど、シンプルにニンニク醤油だけで。

100814lunch3a300

一味唐辛子をふって、出来上がり!

100814lunch4a300

空芯菜は225gあり、全部一度に使いました。
素麺は一人1束(50g)で十分な感じ。同じく買ったミニトマトを添えて。

かなりシンプルだけど、美味しかったです!

お昼にポストを見たら、前日にネット注文していた珈琲豆が届いていました。

100814lunch5a300

お昼に注文して翌昼に到着するって、すごい速さ!!

焼き素麺のあとだけど、この珈琲を食後に入れました。

100814lunch5b300

お気に入りのカップとスプーンで。
たまには使ってあげないとね。

美味しい珈琲がさらに美味しい!!

土曜日の朝ごはん

1週間がとっても早いです!!また週末になっております。

8/14(土)の朝ごはん

100814break1b300

これがどうしたっ?!って感じかな~~
わざわざ載せることもない、普通の朝ごはんですよね。

ポチキとタマネギを炒めたもの、卵とトマトの炒め物、ローフ型ソーセージを焼いたの、レタス、千切りキャベツ

↓前夜(8/13)に煮豆を作ったので、朝食べました!

100814break3a300

パン食なのに、煮豆も出します~~(笑)

福白金時ですが、薄皮を破らないようにしつつふっくら柔らかくとろけるように炊くのは、私にはムズカシイです。

薄皮は破れておりません。つるんとしたままで柔らかですが、もっととろけるように作りたいです。誰か教えて!

100814break4a300

ミニ弁当3つ

オットのお弁当は平日は毎日作ってるけど、暑い夏にかこつけて脱力しており、どんどんいい加減になっています。

なーんてね。

「脱力」と「いい加減」は今に始まったことではないですね。

最近は写真さえも撮らない日の方が多かったですが、今週は3枚(も)撮ったので。

8/10(火)

100810lunch300

オムレツ(具はハム、タマネギ、ピーマン、人参、シメジ)、ローフ型ソーセージ、ミニトマト、ピクルス(ブロッコリ、生姜)

8/12(木)

100812lunch300

豚ミンチとエビのハンバーグ風(枝豆入り)、ウィンナ、オクラ、ブロッコリ、レタス

8/13(金)

100813lunch300

タレ(テンメンジャン、醤油、ニンニク、生姜、黒砂糖、ハチミツ、紹興酒、ゴマ油)に漬けこんでいたものをスライスして焼いた豚ヒレ、ポチキ(辛いソーセージ)、千切りキャベツ、トマト、ウリの一夜漬け

ウィンナ・ソーセージ類が必ず入っていますが、大山ハムの夏のお得セットを購入したので。すごく助かっています。

二男がやってきました

都内に出かけていた8/9。珍しく二男が、家に帰る気になって家電に連絡をしたらしかったけど、「誰も出なかったんで、寮に戻ります」というメールが携帯に。
最初から、家電じゃなくて携帯に連絡をくれたらよかったものを。で、翌8/10夕刻にやってきました。3か月ぶりだよ。

晩ごはん、何にしようかな~~~

毎度ながら適当だけど、キャベツのミートソース煮込みを。ロールキャベツの別バージョンですね。

100810dinner1a300

深鍋にオリーブオイル、そして上に深く切れ目を入れたキャベツを、軸を下にして入れ、じわっと焼いてから、ひたひたに水とブイヨンと酒を注いで塩・コショウし、落としブタをしてやわらかく煮ていきます。

その間に、フライパンでミートソースを作ります。具を炒めて煮込む。

オリーブオイル、牛ミンチ、みじん切りタマネギ、ナス荒みじん切り、酒、ブイヨン、トマト缶、塩、コショウ、ドライハーブ、ローリエ

彩りに、冷凍保存のいつもの茹で豆(青エンドウ)も追加して煮込みました。
味の調節に、ケチャップも適宜入れて。

今回はナス1本も細かくして入れましたが、これはカロリーダウンととろみをねらって。

100810dinner2a300

くつくつ煮て出来上がったミートソースを、深鍋のキャベツの真ん中の切れ目当たりめがけて流し込み、落としブタをして、キャベツをさらに煮込みます。

100810dinner4a300

で、こんな感じに出来上がり。

100810dinner5a300

なんとなく、冬むきの1品ではありますね。でも気にしないのよね。

おタマでざっくりとすくうと、キャベツはやわらかく煮えているので、根元はつながっていても切れます。

かなり美味い!!パスタにも合います。

100810dinner6a300

それとまたですが、エビ入りの餃子を焼きました。

100810dinner7a300

ちょっと前まで皆が家にいたころは、まるまる太いでっかい餃子を80個は作っていたけど、今は20個で十分。とてもラクチンです。いつも大判の餃子の皮を使います。
エビ餃子には、豚肉とエビはほぼ同量で。野菜はニラを入れる方が好きだけど、今回は炒めタマネギとネギのみじん切りを。

100810dinner8a300

それと、↓焼きナス。それから写真はないけど、てんこもり生野菜サラダ。

100810dinner9a300

おねえちゃん(長女)が先日我が家にいた時に、「お母さんにメールもらっても返事も返さないんだってね。」とメールされた二男。
姉に脅され(笑)観念して、ようやく帰ってきたみたいですが、実は夏休み休暇に入ったものの、日中の独身寮は経費節約でエアコンを切られてしまっていて、とても居られない状態だったらしい。「家に来るしかないでしょう」 だってさー。

我が家には一泊して、翌日にはまた寮に戻りましたが、すぐに旅行に出かけるみたいでした。

二男はこんなもんですね。小さい時には(大きい声では言えないけど)一番可愛がられたのに。愛情いっぱいに育った(と思う)ので、大きくなっても親の方は向かない(気付かないし、満たされていたので今さら求めない。←私の想像。長男の方が、忙しい中にも気遣ってくれる。←母の日、父の日、誕生日を忘れないってことですよ。)

ま、大人になった息子が家、特に母親の方をあまり向いてるのはかなり大問題なので、これはこれで、家のことを日々ほとんど忘れてるってことは、好いことです!

それよりも、仕事は大丈夫か?!仕事につくことでさえも厳しい昨今、今の仕事を大事にして、ずっと自力でごはんを食べられるようにして欲しい。首にならないようにやってくれ!

母の願いはささやかでしょ。*^^*

2010年8月14日 (土)

シアタークリエの前に丸の内ブリックスクエアへ

翌8/9(月)は、だいぶ前からチケットを手配していた日比谷のシアタークリエに、「宝塚ボーイズ」を見に出かけました。
娘一家の帰宅を待っていたかのようだけど、たまたまタイミングがそうなっただけ~~

100809brick1a300

(↑お昼、丸の内ブリックスクエアに向かう。右側がブリックスクエア)

「宝塚ボーイズ」は、戦後に存在した宝塚の男子部のお話。
賑やかでもの悲しい、そういうお芝居でした。とてもよかった!

宝塚男子部というのは初めて知ったことだったので、その意味でも興味深かったです。
テレビでも人気のある若い男優さん達が出ており、テレビとは違う姿を見ることのできる舞台は、とても気持ちが沸き立ちます。

舞台はカーテンコールの拍手が鳴りやみませんでした。

100809brick2a300

シアタークリエに向かう前。初めての丸の内ブリックスクエア。

オシャレなお店がたくさんあるみたい。どんなところかな、とわくわくでした。

100809brick3a300

さらに奥に進んで・・・

以前から一度行ってみたかった「ミクニ丸の内」で、お芝居の前に食事をしたんですよ。

100809brick4mikuni300

東京の野菜にこだわった料理が売りのお店です。
ミクニならではのこだわりと美味しさに、納得でした!

ブリックスクエアのほんの一部を垣間見たにすぎないので、また出かけるチャンスがあれば嬉しいです。
ここからシアタークリエは、歩いて10分もかかりません。

またね~!

たまたんたちのパパがお迎えにやってきた、8/8のお昼ごはんです。

鶏もも肉と人参と油揚げと青エンドウ豆(茹で)をさっと甘辛く煮た具を炊きこんで、割とシンプルな炊き込みご飯を作りました。

100808lunch5a300

本当はもっとシンプルな、人参と油揚げを炊きこんだ「人参ごはん」にしようかと思っていたのだけど、人参が1本しかなかったので。

↓タコとキュウリのわさび醤油和え

100808lunch1a300

いい加減に入れた醤油が、ちと多すぎでした。しょっぱかった。。。

↓ベビーコーンと釜揚げ桜エビのジャっと炒め

100808lunch2a300

炒めるだけで、超簡単。

釜揚げ桜エビに塩気があるので、塩分の追加はなしです。
ベビーコーンは手でぽきぽき折って使います。本に載ってたのを娘が見て、美味しそうというので作りましたが、どの本だったのかな??

↓アスパラのお浸し

100808lunch3a300

↓サツマイモの天ぷら

100808lunch4a300

少し前に作ったのがたまたんたちに好評だったので、また。
スティックタイプなので、持ちやすくてぽりぽり食べやすく、サツマイモなのでもちろん美味しい!

↓野菜と肉・ハム等々の盛り合わせ

100808lunch6b300

決してちっちゃな子向きのお昼ではないけど、いろんなものを普通に食べられるたまたん&りっちゃんなので、ごはん作りもラクチンでした。

でも、娘の家では、毎食各自のお皿に盛ってそれぞれ自分の分、という風な食卓なので、食いしん坊のたまたんりっちゃんも納得。我家のような大皿もりもりの食事は、4歳と1歳児とはいえ、好きな食べ物の争奪戦となり、それが(2年前のたまたん。今のりっちゃん)大騒ぎのもとでありました。

我が家はやり方は、オットと私の二人の時だけにしなくてはいけないけれど、簡単なようでなかなかできないのよね。。

あまり遅くなると道路が混むので、持参の大荷物を車に詰め込んで、夕刻前の早目の時間に4人は去って行きました。たまたんもりっちゃんも、あっさり、バイバイ!!

9日間はあっという間でした。長いようで短い。毎回のように思います。

子供のイス

8/8(日)には、パパがたまたん&りっちゃん&ママを迎えに来てくれました。

100808living8a300

我が家には大量の荷物を持ってやって来ていて、写真↑の子供用イスも2脚。
食事の時にこれがないと困るからということでしたが、確かにこれがあって大助かりでした。

が、家具持参ということで、我が家が狭くなった~~!!

家の中は、普段から
「こんなにモノが少ないの!?」
と驚かれるくらいにしとかないと、とあらためて反省です。

押し入れ等、引き出し等等も、空きのスペースをたくさん作っておくものですよね。

実家の母には昔から口をすっぱくして言われていたことですが、未だに身についていない私であります。

100808living12a300

日常きれいに暮らしているつもりでも、人が集まるとあっという間にごちゃごちゃに。子供がいると、おもちゃでさらに散らかる。

次にたまたん達が来るときには、
「モノが随分減ったねえ!」 と娘に驚かれるようにしておきます!

ピザも久しぶりなので

8/7(土)、週末なのでジジ(オット)もいることだし、たまたんとりっちゃんが翌日には都内の家へ戻るので、どこかに行こうかということで相談。が、なかなか決まらない~~

先週は千葉の動物園に行ったので、じゃあ牧場はどうかなとも思ったけど、混んでるかも、ということで、今回は比較的に近い佐倉草ぶえの丘に行きました。

むちゃくちゃ暑いこの日、木々が茂り小高いところにある草ぶえの丘は、少しは涼しい。

100807tamaritu_14a300

陽のあたりところはさすがに暑かったけど、深い林の中はかなり涼しかったです。
園内にはちびっこ列車も走っていて、たまたんは2度も乗りました。

キャンプ場には大勢の子供たちがいましたが、他の場所では人も少なくて、夏休み中しかも週末とはとても思えない静かな草ぶえの丘。

でも、滑り台とブランコに乗り、ささやかながらリスや鶏やガチョウやヤギなどの動物もいるので、4歳と1歳の子供たちには十分に楽しい数時間だったと思います。

バラの季節ならば、園内にあるバラ園にも行ってみたいところだけど、今回はパス。

夕方帰宅してから、ピザを焼きました。

っていうことは、夕飯はピザってこと?!いいのかな~~

100807dinner1a300

材料はあり合わせのこんな↑もので。

トマトソースは、トマトの素材缶とニンニクとオリーブオイルで、シンプルにさっと作りました。

100807dinner2a300

こね器で生地を作り、一時発酵させ・・・
のばした生地に手作りのトマトソースを塗り具をのせ・・・・

あっ!これではオーブンに入れられないですよね。
具をのせちゃったら、もう持ち上げられないわけで。

100807dinner2b300

娘の手を借りて、オーブンシートになんとかのせて焼きました。

2枚目↓はちゃんとオーブンシートに生地をのせてから作業。

100807dinner3e300

今回のピザ生地は、強力粉にコーンスターチを混ぜて作る配合でしたが、時間が足りず、1次発行の途中をはしょって作ったせいなのか、元々そうなる配合だったのか、パリッとした出来上がりでした。

100807dinner3f300

一枚目は、うっかり焦げっぽい出来上がりになってしまいました。(写真右上。すごい色でしょ。)

でもその焦げた失敗作の方が、生地がさっくり焼けていて美味しかったんですよね。
わからないもんですね。

100807dinner3g300

久しぶりのピザは本当にいい加減で失敗作でしたが、皆喜んで、美味しいよと食べてくれました。ありがとう!

2010年8月 9日 (月)

カラフルな中華おこわ

8/6の晩ごはんには中華おこわを作りましたが、いつもの如く冷蔵庫を見てから決めるので、こんな具材です。

100806dinner1a300

焼き豚、干しエビ、タマネギ、パプリカ赤&黄色、青エンドウ豆、大豆

干しエビは水で戻しておきますが、その漬け汁ももちろん使います。
青エンドウと大豆は、茹でて小分けして冷凍保存してあるもの。

お米は、普通のお米1合ともち米1合を合わせ、洗って水を切っておきます。

今回はパプリカも入れたのでちょっと変わってるかな~
色的にもなかなか好いし、美味しかったですよ。

具をサラダ油&ゴマ油で炒め、洗った米も入れて炒め、スープ(中華鶏ガラスープ)・干しエビ戻し汁・酒を注ぐ。塩と醤油も適宜。
米が2合なので2合強の水分量にして、簡単に炊飯器で炊きました。

100806dinner2a300

今回は冷凍庫の整理もかねて青エンドウと大豆を使ったけど、季節がら枝豆もよさそう。

それと
海鮮(魚)すりみにスライスタマネギを混ぜて、揚げました。

100806dinner3a300_2

揚げものついでに、釜揚げ川エビ(成田山参道で買ったもの。冷凍している。)とタマネギのかき揚げ。

100806dinner4a300 

揚げものがついつい多くなってしまいますねえ。

りっちゃんが、かつてのたまたんのように狂ったような食欲を見せるのがコワい~(笑)
中華おこわをすごい勢いで食べてましたが、大好きなトマトは、毎食大騒ぎしてありったけ取ってしまうので、即全員で分けてしまいます。
それに比べ、たまたんはとても聞きわけの良いおねえちゃんになりました!4歳だもんねえ。

2010年8月 6日 (金)

お久しぶりのパエリア

なかなか時間がままならないので、前後して申し訳ないですが、8/3の晩ごはんは、こちら。

魚介も野菜もたくさん入れて、パエリアを作りました。

オリーブオイル、ニンニク、ローリエ
具:タマネギ、鶏もも肉、パエリア用魚介セット(エビ、イカ、タコetc)、黄色パプリカ、シシトウ、茹で枝豆剥き身
サフラン、米、トマト缶&ケチャップ(ピュレがなかった)、スープ、白ワイン、塩、コショウ

フライパンで具を炒め

100803dinner1a300

米も入れて炒め

100803dinner2a300

トマト缶&ケチャップ、スープ、白ワインを注ぎ、サフランを入れ、塩コショウを振り

100803dinner3a300

蓋をしてくつくつ煮て、水気がかなり少なくなったところで、耐熱容器に移して、オーブンで10分位。

パエリアパンも持ってるけど、小さくて役に立たないです。
米2合+具にはパエリアパンは小さすぎ、しかもオーブンに入れるには取っ手がジャマ。まるで役にたたん。

ガスコンロだけで作ってもいいけど、やっぱり仕上げはオーブンに入れて、上からも火を通したいわけで。

オーブンに入れるのに、耐熱容器を2つ使いました。

出来上がりは大人3人とちっちゃな子二人には、十分すぎる量。

100803dinner7a300

最近はオットがごはんものは(食べ過ぎるから)やめてくれ~というので、パエリアを作ったのも久しぶりです。

たまたんやりっちゃん、パエリア好きかな?どうかな??
ちょっと心配しつつ・・・

100803dinner5a300

この量を1歳7か月のりっちゃん一人で、半分ほど平らげてくれまして。
驚きの食欲!食べ過ぎ!

オットの分は、写真のものとは別にもうひとつ分。他に別途2種のおかずもプラスです。
娘は驚いていたようでしたが、それが我が家では普通なのよ。

あとで写真を追加するかもしれません。よろしく~

さっさと追加せずで申し訳ないです。(8/8夜)

オットむけ追加2皿
自家製焼き豚と生野菜と冷ややっこ1丁、それとビール。

100803dinner9a300

食べすぎだと思うよ。

2010年8月 5日 (木)

枝豆のスコーン

今朝の朝ごはんに作ったスコーン

枝豆のペーストを入れて作りました。

100805scorn1

だいぶ前も一度載せたことのある、つぶした枝豆入りのスコーン

緑色がとってもきれい。

100805scorn4b 

枝豆のペーストは、実家の母が旬のものを湯がいて殻も薄皮も取り、少しお砂糖を入れてほんのりと甘くしてつぶし、冷凍して私に送ってくれたものです。麺つゆで少しのばし、揚げ茄子にとろりとかけても美味しい。

このペーストがあるので、今朝のようなスコーンにもとっても便利。

この年だけど、恥ずかしながら 「お母さんありがとう!」 です。

薄力粉250g、BP大1、砂糖大2、無塩バター50g、クリームチーズ50g、枝豆ペースト100gくらい、卵1個、牛乳大1~(適宜量を増やす) ←牛乳が抜けていました。追記です。

100805scorn5a

りっちゃんが私のひざにやってきて、続きがかけなーい!!

追加写真!

100805ri300x200

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »