2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 荷物発送(続き) | トップページ | 鶏と野菜のスープ »

2011年3月26日 (土)

荷物の続き

一昨日の夕方5時ころ、荷造った4個の荷物をクロネコさんに取りに来てもらいました。

ネットで追跡したら、昨日の朝にはもう仙台のセンターに到着済み。

引き取りのときは 「こういう時期なので、2日から1週間はみてくださいね」 とか言われるのだけど、半日後にちゃんと届いている。すごいです。主要道路もガソリン事情も回復してきているのが分かって、心強いです。

でも、現地ではガソリンは、車一台につき10リッター制限になっているようで、
弟は、昨日の夜中の2時にスタンドに並び、11時間かかってその10リッターを入れてもらい、クロネコさんのセンターまで車を走らせて荷物を受け取ったようです。

10リッターのために11時間。どんなに大変かと思う。

私たちは4人きょうだい。母を含めての5人は、本州のあちこちにてんでばらばらに散らばって住んでいます。

もっと近かったらなあと何度も思ったことがあるけど、今回ほど全員散らばってて良いこともあるんだってわかりました。

私や妹のところで水やお米がなくなっても、姉や母のところには豊富にある。
こっちにはなくても、あっちでは買い占めも関係なく普通に沢山売ってるって、こんなに安心なことはなかったです。

この2週間、毎日頻繁にメールや電話でやり取りをしてきました。本当に頻繁でした。

荷物も、エラそうに私だけが送っているかのように書いたけど、姉妹と母、それぞれが手に入る品物を入れて弟に送っています。
母と妹は、私よりも数日前、宅配便が復活してすぐに食べ物中心で一度送っていて、弟は23日にそれらを同じくセンター止めで受け取っています。
大地震から10日以上過ぎ、どんなにか待ち遠しかった食べ物だったことでしょう。

荷物の配達も、
私が発送した日はまだセンター止めだったけど、翌日(昨日発送分から)には家まで届けてくれるようになりました。(地域によって違うようです)

私がもう一日後に荷物を出していたら、弟もセンターまで取りに行く必要はなかったと、すごく残念に思うものの、こうやってどんどん状況が良くなってきているんですよね。

一刻も早く、全部の地域がそうなってほしいです。

荷物を家まで取りに来てくれて、責任を持って向こうの家まで届けてくれる。扱いもとても丁寧。

昔は考えられなかった宅配便が、今はごく当たり前になっているけど、こういう状況になってみると、これってすごいことだったんだって、よくわかる。

本当にありがとう!っていう気持ちです。

買い物をして回っている時も、こうやって車を走らせて重いものを運べる幸せ、ガソリンの有難さ、買い物をするこのお金の大事さ。
いろいろ感謝すべきものがいっぱいなんだって、よくわかる。
オットにもずっと働いて稼いでくれてありがとう!と素直に心から思う。(時々むちゃくちゃ腹が立つ時があるけどね。)

弟の地区に水道が復旧するのは、4月に入ってからです。

3月11日からずっと、トイレもお風呂もなしの生活。
どんなにか早くお風呂に入りたいだろうと思います。トイレも早く流してしまいたいことでしょう。
あと何日かかるでしょうか。

« 荷物発送(続き) | トップページ | 鶏と野菜のスープ »

番外」カテゴリの記事

コメント

いろいろ、大変でしたね。うちも水戸と習志野と町田に義弟や叔父がいますが、水戸はまだ水が使えず、屋根や壁も崩れたまま修理ができず、買い置きのお米があるだけ、習志野と町田は乳児への水の制限、と言っているうちに習志野は一時大人も摂取制限が出たとかで、いよいよ何もなくなったということで、昨日お米や静岡の水道水を持ってオットが行ってきました。水道水がどのようになるのかで、また、計画停電もどうなっていくのか、直接被害のなかったところも、大変なことになってきましたね。静岡では逆に人出がお店になくなって、先日はパン屋さんの食パンが大量に売れ残っていました。たぶん一時スーパーやコンビニにパンの入荷がなく、パン屋さんでは売り切れ状態になったので、そのつもりで、大量に作ってしまったんではないかと思うんですが、食パンて毎日は買いませんからねえ。なんか売れ残った美味しそうな高級食パンを見て、複雑な気分でしたよ。
そうそう、富士の方には道の駅や神社の境内で湧き水を無料で汲めるところがあるんですが、関東地区から水を求めて多くの人が訪れていてるそうです。富士山からの湧き水は伏流水なので、100年単位前の雪解け水と言われていて、霊水として有名なんですが、このことが報道されたら、今日あたりすごいことになっているんじゃないかしら。
普段からどれだけ、大量の水、電気などを無意識に使っていたかという事ですよね。
また、こういうときにこそ、人格と言うか資質というかが見えて、慶も家族の中にこんな時に我儘なことを言うのがいて、「文句を言わずに黙って食べなさい!」と年長者に言いました。特定のヨーグルトが食べたいとそれを求めて車であちこち回ったバカな高齢者がいるんですよ。こんな人が被災したらどうなるんでしょうね。

慶ちゃんへ
習志野はここから近いですよ。お水をはこばれたとのこと、喜ばれたことでしょう。
うちのあたりは、水道水は何も言われてなくて大丈夫なんですよ。
放射能性物質が検出されたと言っても、日や時間や場所によって、値がかなり違うみたいで。よくわからなんないですねぇ。
取水制限が出た地域の方は心配かと思うけど、こちらで同様になっても普通に水道水を使うかも。。それにスーパー等々では水は売ってないんです。並ぶみたいだけど、あっという間になくなってる風です。
娘家族、息子家族、姪たちは都内に住んでいますが、都内のほとんどすべてで一番最初に乳児への取水制限が出て、ペット水まで支給されたけど、うちの親族は誰も気にしてないみたい。息子のお嫁さんも今妊娠中なんですが、すごく呑気でした。
放射能物質汚染に関しては、昔の放射能汚染とは違うもののようですよね。。
周りにまどわされることなく、買い走ることなく落ち着いて暮らしていきたいです。
早く福島第一原発の事故が解決して、ひとつでもみんなの不安がなくなることを祈ってやみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 荷物発送(続き) | トップページ | 鶏と野菜のスープ »