2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 昨日のチキン(1) | トップページ | 黒豆出来上がり »

2011年12月25日 (日)

昨日のチキン(2)

お昼を挟み、オットのパソコンがようやく終わったので、続きです。

ついさっき襖屋さんが張り替えたばかりの襖を持って来てくれて、ようやく暖房が効くようになりました。

家中のドアが開けっぱなしになっていても関係なくほんわか暖かい(に違いない)今どきの高断熱の家と違い、うちは本当に寒いです。
いくら分厚い脂肪があっても、寒さは脂肪をとおりこして骨身に沁みてきます。そういう年齢かもしれません。 (鍛え方が足らないだけだよね)

購入した圧力なべはフィスラーのもの。

3.5リットルで小ぶりですが、とあるデパートでフライパンとセットになっていて、驚きの割引率だったんです。

最初見た時は、限定の30セットがまるまるありましたが、10日ほどして次に見た時は、残りが2セットでした。こりゃ急がないとっ!と思い切って購入しました。

111224dinner1b350

家族も減ったことだし、3.5リットルでも我が家には十分かな。

骨付き豚肉のお酢煮は、水、酒、ミリン、砂糖、醤油、お酢、ネギ、ショウガ。適当。

普通のお鍋で煮ていた時、お酢は調味料の中で一番最後に入れていました。
最初に入れてしまうと、お酢がまず肉に染みて、後で甘味等を入れてもなんだか酸っぱい仕上がりになるみたい。

111224dinner1d350_2

圧がさほど強力ではない圧力なべかと思いましたが、どうでしょうか。

15分ほど煮ましたが(時間がけっこうかかってません?) 、ほろほろと崩れるように柔らかい豚肉となり、一晩おいて冷えた状態の時に脂をすくい取っていたので、カロリー的には許せると思います。

で、チキン・・・

骨付き鶏もも肉3本パックを前日に購入。

すぐに黄色の脂を取り、きつめに塩をし、コショウとドライハーブを振り、オリーブオイルでマリネしておいていました。

なので、オーブンに入れて焼くだけ。

111224dinner2a350

↑生々しい、ですね。。

途中で一度取り出して・・・

111224dinner2b350


クシ切りにしたタマネギを置き、再度オーブンへ。(ジャガイモも入れたかったんですが。。)

111224dinner2c350

こんがりと良い具合でしょ。

冷蔵庫で冷えた状態だったので、トータル35分ほど焼きました。早めに常温にしといた方がよかったかもしれません。

111224dinner2d350b


茹でたブロッコリとカリフラワーも添えて。

111224dinner2e350

もも肉は3本あったのですが、各自1本ずつ平らげ、残り1本は今朝オットの胃袋へ。
(朝ごはんは別途食べてから。朝からスゴイのよ、食欲が。夕べのうちに2本食べたかったのを我慢してたみたい。)

111224dinner2f350


オーブンに残ったオイルに、ニンニク醤油を混ぜてソースにしました。
食べる時にレモンをギュッと絞って。

美味しかった~~

111224dinner3d350


ポチキの入ったトマトスープ。具たくさん。

豆(素材缶詰)、ジャガイモ、カリフラワー、トマト缶、コーン、ポチキ、ローリエ
水、酒(あれば白ワイン)、ブイヨン、塩、コショウ

ポチキは辛いソーセージですが、美味しいソーセージなので具と一緒にぐつぐつ煮込むことはしないで、一番最後に入れてさっと火を通すだけにします。

111224dinner4a350


レンコンを甘辛く炒め煮しました。最後に七味トウガラシをパラリ。

オイル、酒、ミリン、醤油

牛だ豚だと肉ものをやたら食べたのですが、スープもかなり具だくさんだったし、お米のごはんは食べませんでした。

111224dinner5a350

このところ頻繁に使用しているブルーのお皿。Arabiaのお皿です。24cm

カトラリーはもう30年以上使ってるもの。(結婚する時に購入) きれいですよ。丁寧に使ってたので。
たち吉の ”アダムとイブ” のものです。 (”アダムとイブ”って今もあるのかな??)

« 昨日のチキン(1) | トップページ | 黒豆出来上がり »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

晩ごはん」カテゴリの記事

スープ・汁もの」カテゴリの記事

豚肉」カテゴリの記事

鶏肉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日のチキン(1) | トップページ | 黒豆出来上がり »