2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月の24件の記事

2015年10月31日 (土)

野菜いろいろ

まだ1週間前の記事を書いております。

10/24(土)の晩ごはん

朝ごはんから野菜はたっぷり目なんですが、晩はもっと多いです。

たまたま、これから使おうとしている野菜を並べて撮ってみましたが、この日が特に多いわけではなくて、むしろ少なめかも。

151024d1a451

サラダ用・・・・・ザックリ切ったトマトソース(ドレッシング代わりだよ)、スライス玉ねぎ、サニーレタス

炒め物用・・・・・セロリの葉と茎、ピーマン、黄パプリカ

みそ汁用・・・・・ホウレンソウ

151024d1c451

サラダ用のトマトソースです。あるものを適当に、なんですがトマトが多め。

トマト、甘酢漬けじゃがいも、玉ねぎ、黄パプリカ、セロリ、塩レモンエキス、塩レモン、オリーブオイル、お酢

去年漬けた塩レモンが、まだまだあります。

151024d3a451

鶏もも肉をマリネしていたので、オーブンで焼きました。鶏もも肉、塩、コショウ、オリーブオイル、ローズマリー

鶏をカットして、野菜と一緒に盛り合わせる。

トマトソースは、サニーレタスとスライス玉ねぎの上に、どっちが主か分からないくらいたっぷりとのせました。

151024d2b451

スィートチリ味のタラと野菜の炒め物

下味をつけたタラに片栗粉をまぶして揚げ、ついでに野菜も軽く油通しをして、一緒に合わせてタレを絡め、とろみをつけます。

151024d2c451

タラ、酒、しょうゆ、片栗粉、太白ゴマ油、

セロリ茎&葉、ピーマン、黄パプリカ、

みじん切りニンニク、お酢・ヌクマム・メープルシロップ・豆板醤、水溶き片栗粉

甘酸っぱくて少しピリ辛でニンニクの効いた味が、けっこう好きです。

他、ごはんとおみそ汁

オリーブオイルは使ってるわ、ヌクマムは使ってるわ。。。一緒くたに食卓に並んでしまっております。

ちなみに・・・

我が家の基本オイルは、生食・炒め物用を問わず、しばらく前からオリーブオイルとゴマ油の2種。

オリーブオイルはエクストラバージンのみ。

常用しているのは生活クラブのイスティオンですが、有元葉子先生お勧めのマルフーガ製も、大切に使っています。

ゴマ油は圧搾製法にこだわって作られている生活クラブのゴマ油か、マルホンの太白・太香ゴマ油。 油は品質や酸化が気になりますからね、しっかりと選んで使いたいです。

2015年10月29日 (木)

土曜日の普通の朝ごはん

1週間が早い!あっという間に明日は金曜、明後日は土曜。また週末が近づいてきましたね。

ごはん写真続きは、1週間前。10/24(土)の朝ごはん

151024b2b451

サニーレタス、玉ねぎと人参、卵とホウレン草、ジャガイモとウィンナ

151024b3a451

パンはシンプルなカンパーニュ、紅茶

151024b5c451

パンにはブルーベリー&アップルのジャムをのせて、更にバター! バターは塗るのではなくて、のせるんです!

バター、本当はこの倍以上のせて食べました。困ったことに、とんでもなくバター好きです。

ヒレカツは美味しい!

10/23(金)の晩ごはん

この日も特には出かけず。近くのクリーニング屋さんとその先のスーパー程度。

こういう日に限って、ごはんがさらに普通なんですよね。

豚ヒレがあったので、トンカツにしました。

151023d3a451

写真はこんな量だけど、実際は2人分とは思えない大量を揚げたんですよ。

サラダを別にせずに、サニーレタス、タマネギ、人参、甘酢漬け野菜(ブロッコリ、赤パプリカ)をつけ合わせました。

151023d5a451

ヒレカツ、やっぱり美味しい!

ソースは薬膳ソース(三留商店)です。 ちょっとしたソースの味の違いが、カツを更に美味しくさせるね。

丸々1本をカットして揚げたヒレカツですが、2人でほぼ一気に食べつくしてしまったのがスゴイ。 当然残るだろうから、翌日はカツ丼だね、と思ってたんだけど。

151023d2a451

ジャガイモとベーコンのガレット

うっかり焦がしてしまいました。

見かけはこんなで悪いけど、外はカリッとして中はほっくりして、美味しかったの。

151023d6a451

オリーブオイル、バター、ベーコン、じゃがいも、塩、コショウ

26cmのフライパンで焼いたものだけど、こちらも一気食いしてしまいました。

151023d1a451

一番最初に、つなぎに出していた前夜の残りもの。

我が家は連日普通のシンプルなごはんです。

2015年10月26日 (月)

鮭の粕漬け

10/22(木)の晩ごはん

一日、出かけませんでした。

月曜日に生鮭の切り身を購入し、酒粕に味噌と醤油とメープルシロップを混ぜた酒粕床に寝かせて冷蔵していました。

151019d12sake451

甘味をメープルシロップにするのは、有元葉子先生のマネです。

焼いて出しました。美味しく漬かっているかな。

151022d3b451

甘長とうがらしと長芋をカットして、フライパンで焼いて出し醤油で味をつけ、七味唐辛子をふって、付け合わせにしました。

酒の切り身はとっても大きくて、一枚170gはありました。食べがいがあります。

鮭の向き、これでいいの?

皮目が手前を向いていますが、お皿にこう置いていいものやら。前後が逆な気がするなあ。。 

付け合わせは2つだったので、洋風にして鮭の向こう側に置いてみたんですけど。

でもそもそもが洋風料理じゃないよね。

どっちにしても、とっても美味しかったです!いい具合に漬かっていました。

151022d1b451_2

カボチャとブロッコリのマヨネーズ和え

茹でて熱々を和える。カボチャが甘くて美味しい。

151022d2a451

サラダ

サニーレタス、トマト、ハム、野菜(ジャガイモ・人参・赤パプリカ)と大豆甘酢漬けのマヨネーズ和え

マヨネーズで和えたのが、味はまるで違うとはいえ、ダブルだったね。

他、ごはんとおみそ汁

2015年10月25日 (日)

パッション

10/21(水)は新宿から京王新線に乗って一つ目の初台にある「新国立劇場」に行きました。

井上芳雄さん主演の 「パッション」、和音美桜、シルビアグラブ、福井貴一、他

151021passion1a451

舞台が開くといきなりのベッドシーン!

歌唱力抜群のスターがひしめくミュージカル界でも、井上芳雄さんは今最高に力のあるひとり、プリンスとも言える人です。立ち姿だけでも美しいのに、あの美声。さらに磨きがかかってきたなあと思いました。

で、この舞台で相対する女優さんが、和音美桜さん、シルビアグラブさん。

和音さんは元宝塚の方ですが、その美声は宝塚の中でもぴか一だと言われているようですね。美しく魅力的なクララにぴったり。透明で美しい声が本当に素敵でした。

シルビアグラブさんはゾクっとする迫真の演技でした。

筋書きですが、主人公へのコワいくらいの執着ぶりで、途中途中、主人公が気の毒になってしまうほどだったんですが、病弱なのに加え美しさでも劣る、そういう役がシルビアグラブさん。顔も白塗りで死相が漂っているかのよう。。 最後はそっちをとるのか!と、驚きの展開でしたが。

以前、「レベッカ」でグラブさんの凄みのある歌声に圧倒されたことを思い出しますが、今回の役はそれ以上でした。更に更に上手くなって、微に入り細に入り実にデリケートに表現していると思いました。デリケートなんだけど、凄みがある。

この舞台に出演の俳優さんは全員実力のある人ばかり。本当に素晴らしい舞台でした。

終わってからもずっと拍手が鳴りやみませんでした。

151021passion2a451

終了後にトークショーがあり、私は是非にでも残って聞きたかったです。でも、相方がそのまま帰るのに、何も言えずに一緒に会場を出てしまった私。。

わざわざそのためにだけ、劇場の入り口に行列が出来ていたくらいだったのに、本当にもったいなかったと思います。

この日は夕飯の支度は要らなかったのにね。「私は聞いてから帰るね」とひとりで残ればよかった。今頃ここに書いても仕方ないんですけどね。。

「パッション」 10/16~11/8(日) 新国立劇場中劇場

2015年10月24日 (土)

鶏牛蒡揚げ

10/20(火)はトールペイント教室だったので、7時40分に家を出て電車に乗り、前の家に向かいました。トールの道具も教室も、あちらにあります。

絵はまるで進まず出来上がらないままになっているんですが、手を動かしながらのおしゃべりは楽しい。描くよりもしゃべってる方が多いね。適宜オヤツももってきたり。この日は先生の手作りが出て感激でした。

午後からは家と庭のメンテをしました。

玄関花壇に植えてあるヤマボウシもナツツバキも虫がついて、ひどいことになっています。草花の手入れはしているんですが、木は選定もしないまま。なんとかしなくては。

帰宅は6時を過ぎました。オットとほぼ同時でした。

晩ごはん

151020d2a451

鶏ミンチに、みじん切り玉ねぎ少々、みじん切り生姜、卵黄を混ぜて、塩と醤油ちょっとで薄く味付けをし片栗粉を混ぜ、ささがきゴボウも混ぜて手でにぎって、揚げました。

151020d4a451

あっさりした鶏ミンチに牛蒡の旨みが合うね!

有元葉子先生がこんな感じのものを(レシピをチェックしてないので。。)載せていたので、マネをしましたが、実に美味しい!!

151020d1a451

前日の手作りガンモがまだ残っていたので、もう一度焼いてから、とろりとした薄味の出し醤油の餡を絡めました。

小さいサイズですが、食べやすくて美味しい。具たくさんなので嬉しいガンモです。

なんてことのないガンモも、手作りするとご馳走になりますね!

具たくさんのガンモ

100年ぶりに弘前城が移動(曳屋)完了したようですね。今、テレビのニュースに出ていました。

弘前、懐かしい。

今年5月上旬、母が弘前の病院に入院していたので、その時に桜の終わった弘前公園に何度か行きました。散策にはもってこいの緑の美しい場所。

2年前に母を連れて、お花見に行った町。界津軽に一泊して、母とオットと私の3人で。

(自分の記憶の為のリンクですが→弘前でのお昼ごはん宿での夕食界津軽の朝ごはん

「お母さんのお陰で今年は弘前に来ることが出来たよ。」 ベッドに横たわる母にそう伝えるあの時の私たち。

桜真っ盛りの時は、溢れかえるような人・人で町はどこもかしこも混雑しているけれど、この時はお花見の熱気が収まって、ひっそりと静かなよくある北国の町になっていました。

2週間いたので、弘前の町のほんの一部とはいえ、観光ではなく普通に町なかを歩くことが出来ました。見覚えのある場所場所で、母とここを通った、ここで一緒にごはんを食べた、ここで買い物した、と2年前のそういう記憶がよみがえったりもしました。
あの時、母がヘリであの弘前に運ばれるなんて、誰が想像できたでしょう。

この先、弘前駅にも弘前公園にも行くことはないと思う。

ベッドに横たわる母に、きょうだいと共に 「お母さんのお陰で弘前見物ができたよ」 と、そう言うしかなかったです。その時と同様に、写真の母は毎日静かに笑っています。

10/19(月)

朝の片づけのついでに、ヒジキを戻し、お豆腐を水切りしておきました。

NHKの「あさいち」で、ガンモを作っていたので、久々に私も作ってみようかと思って。

でもテレビのレシピをチェックしていません。

以前作ったのを思い出しつつ、冷蔵庫にあるものを使って、適当にやってしまいました。

151019d4a451

お豆腐が絹だったのが残念。木綿にしたかった。

151019d5c451

水切り豆腐、ハンペン、長芋(山芋かわり)、ヒジキ、千切り人参、枝豆、スライスレンコン、卵黄、出し醤油、塩、片栗粉

テレビでは山芋をつなぎにしているようだったので、今まで入れてなかったけど、代わりの長芋を少量入れてみました。

手にちょっと水か油をつけて、丸めます。

お豆腐が絹だったので、水切りしっかりしていたけど、けっこうソフトな出来上がりでした。

151019d10a451

片栗粉を外側にまぶして揚げたもの、まぶさないで片栗粉を混ぜて素揚げしたもの、小さく揚げたもの

3種作ってみましたが。

151019d8a451

↑外側に片栗粉をまぶして揚げたものです。大根はかなり多めにおろして添えました。

外に片栗粉をまぶして揚げると、脂っぽいです。

つけないで、中に混ぜて小さく揚げたものが一番食べやすく、美味しかったかな。

151019d2a451

前日とは別のサバです。サバのみりん干しを焼きました。

151019d3a451

前日のサバ缶が半分残っているので、サラダにもまたまたサバだよ!

サニーレタス、スライス玉ねぎ、トマト、サバ缶、削り節

サバ缶、続きすぎ~

151019d1nagaimo451

残った長芋を全部すって出しました。

「あわゆきこまち」、という秋田のお米(新米)を買ったので、おいしくてついお代わりしてしまいました。

「あわゆきこまち」は水分を少なめにして炊きます。新米なので、さらに少なめかな。

もっと歩こう!

スマホに万歩計がついていますが、10月からは一日の基本歩数を低めの5000歩に設定してみました。達成すると、GREAT!っていうマークがつく仕組み。

それ以上だときっとまったく達成できないだろうと思ったんですが、そもそも、毎日きっちり歩こうだなんて、まるで思っていない志の低い私でありまして。。

昨日までで、5000歩越えは11日。多いか少ないか。。

たった11日だよね。少ないね。  歩いてる日はそれなりに1万歩越えも数回あるんですが。

自分のヤル気のなさにがっかりしますが、以前は車の生活だったので、ウォーキングにわざわざ出ないと、歩くことって本当になかったけど、今はとりあえず買いものでもなんでも歩くわけで。

それでもいいか歩かないよりって思っちゃうから、効果薄いです。

ごはん写真の続きは10/17ですが、15日、16日、17日はなんと外出すらしませんでした。 困ったもんです。

10/17(土)の晩ごはん

鶏もも肉を、当てもなくとりあえず解凍していたので、チキンカレーにしました。

151017d2a451

野菜は、玉ねぎ、人参、赤パプリカ、インゲン、トマト

カレーはたっぷりだけど、ごはんは控えめにね。

151017d3a451

また登場の、トールペイントのお友達からの手作り福神漬け

先日レシピをいただきました。作ってみたいです!

151017d4a451

残っていたサバを再びカレー味でから揚げにしました。

151017d1a451

サラダにもサバ!

缶詰めだよ 

レタス、スライス玉ねぎ、トマト、甘酢づけじゃがいも、サバ缶

2015年10月23日 (金)

麻婆豆腐

10/16(金)の晩ごはん

絹豆腐が残っていたので、麻婆豆腐を作ることにしました。

151016d3a451

お豆腐2丁と豚ミンチ240g(1パック分、生活クラブ)なので、たっぷりの出来上がり~

絹豆腐を大きめにカットして、ふるふるの麻婆豆腐!

写真↑奥は、前夜のおでんがまだ残っている鍋。この日もしっかり食べました。

151016d4a451

オットも大好きな麻婆豆腐。必ずおかわりします。

太白ゴマ油、みじん切りニンニク、みじん切りネギ、豚ミンチ、
テンメンジャン、豆板醤、醤油、
豆腐、ニラ、鶏ガラスープ、片栗粉、山椒

151016d1a451

麻婆豆腐の前に出していた、アサリ酒蒸し

151016d2b451

サバ缶のサラダ

レタス、スライス玉ねぎ、サバ缶、コショウ、ピリ辛ドレッシング

青魚を頻繁に食べるのは難しいので、せめて缶詰めでもと思い常備しています。上にさらにエゴマオイルをタラリとかけたりもしています。

他は、ごはんとおみそ汁、前日のおでん

2015年10月22日 (木)

だいこん1本

10/15(木)

前日は夜遅く帰宅したので、この日は外出しません。

生活クラブのおでん種があるので、さっそく使うことにします。おでんだなんて、季節を感じます。肌寒くなってきましたね~

とりあえず、朝の台所仕事のついでに、洗った大根の皮を厚めに剥いて、その皮は細切りにし、ベランダに干す。大根本体はおでん種にするべく、湯がく。

皮のほうは、半日干してベーコンと炒めてキンピラにします。

151015d2a451

皮の干し大根なので、大根の皮をうすーく剥きすぎると、出来上がりがぺりぺりして旨味がありません。

気持ち厚めに剥いて干しました。夕方には使うので、半干しです。

で、いよいよ晩ごはん

151015d4b451

大根皮とベーコンのキンピラ

上の黒いのは、黒七味です。

151015d6d451

朝から火にかけていたおでん

種類は少ないです。生活クラブのおでん種1パック、牛スネ肉、大根、人参、昆布、袋物(大根の皮・大根の葉・人参・糸こん代わりの春雨・干し海老)・こんにゃく    こんなもん。。

大根はまるまる1本入れてるし、人参まで入っていて、牛スネもたっぷり。和風ポトフの雰囲気かな。

練りもの中心よりもヘルシーなので、あえて人参入れてます。

151015d6c451

牛スネもほろほろで美味しい。大根もとろりと味が染みてる。

写真はこんな風ですが、たっぷりと入った大根を中心に食べます!

151015d8a451

サラダ

レタス、ミズナ、ミニトマト、甘酢漬けジャガイモ、甘酢漬け人参

151015d9saba451

サバのカレー粉焼き

151015d5a451

自家製のラッキョウ漬け

151015d10a451

味噌汁の具は、おでんに使った大根と人参の面とり部分、大根の葉。味出しにとろろ昆布も入れました。

一日で大量の大根を食べたけど、そんなに食べた実感がありません。 とろりと柔らかなせいかな。

151015d1c451

サラダに使った甘酢漬けは、この日の朝に作りました。

茹でるかチンするかして柔らかくしたスライス人参。程良く崩れない固さに、丸ごと加熱したものをスライスしたジャガイモ。

作り置きの甘酢(お酢カップ2+砂糖大5+塩大2)に漬けるだけです。あれば茹で汁少々を混ぜて酸味を和らげます。

2015年10月18日 (日)

庭とトール

翌10/14(水)は、家事を済ませてお昼から、前の家のメンテに出かけました。

この日はオットが晩ごはん要らないということで、帰宅が遅くなってもOKなので、ついついのんびりしてしまいました。

向こうで、庭の写真を少しだけ撮りました。撮る程のものが少ないのが、実に寂しいです。

151014g2da500

庭のアメジストセージが真っ盛りです。

この家に住んでいたら、以前そうだったように、日々庭仕事に明けくれていたはず。

151014g3c500

大量にあったコンテナもごくわずかを残すだけになり、お花は悲しくなるくらい少ないです。

大好きなヒューケラ、ヒューケレラ、ティアレラ。その美しい葉色に癒された日々でした。

当時は見た人が驚くほどたくさんの種類を持っていましたが、今は以前よりも種類が減りました。でも地植えやコンテナで株数は残してあります。

簡単に増えるし手間もかからないので、週1ガーデナー(とは言えないかな)には、ぴったりの葉物かなと思う。

葉色はそれぞれ違っていて、なんとも表現できない深い色合い。同じものが時期によって、色が変わったりもします。

さらに花の時期には、それぞれ異なる色の花穂が立ち、美しさに魅了されます。

151014g1a500

農ピンクのポリアンサローズ、ディックコスター

コンテナ植えのままなので、水切れで弱っていました。秋になってホッとしたことでしょう。

バラもわずかしかありませんが、留守中に咲いて誰もロクに見ないうちに虫にやられたりして、とっても可愛そうでした。

(以前の庭は、こちらで見られます。→→ 「大好き!ミニガーデン」  この中の「トップページの写真集」なら、コンパクトに見られると思います。)

この前の週の火曜は、トールペイント教室だったんですが、その時描いたものを写真に撮ってきました。

151014t451b

とっても小さい。。

水差しの形ですが、コンテナなどに挿す飾りです。ジョウロの形もあります。

まだ描きかけ。6つ絵を描くのに、まだ2つだけ。。

見た通りシンプルなので、簡単だと高をくくっていたんですが、小さいこともあって案外難しい。可愛くならない。。。

トールペイント教室は、次回は来週です。

この日は夜9時過ぎに帰宅しましたが、オットはまだでした。ほっとしました。

地味な晩ごはん

3連休明けの10/13、火曜日なのでいつものように前の家のメンテに出かけようと思っていましたが、翌日はオット会食があって晩ごはんは要らないとのこと。なので、家のメンテは翌日に回しました。

10/13の晩ごはん

冷凍していた栃尾の油揚げを使うことにしました。

分厚く食べ応えのある油揚げで、前回は炒めた挽肉とネギを挟んで焼きましたが、今回はカットして、ベーコン・野菜と一緒に炒め煮することにしました。

151013d1a451

太白ゴマ油、栃尾油揚げ、ベーコン、小松菜、ネギ、シメジ、出し醤油、出し汁、七味トウガラシ

あっさりしているけど、ボリューム満点でした。油揚げが出しを吸ってふっくら。

151013d2a451

鶏とキュウリとねぎの和えもの

水煮した鶏ムネ肉、キュウリ、ネギ、ピリ辛のタレ(鶏水煮して出来たスープ、醤油、砂糖、ラー油、すりゴマ、ネギ、ニンニク、ショウガ)

151013d3a451

カボチャの天ぷら

151013d4a451

人参&玉ねぎ&コーン&千切り昆布のかき揚げ

コーンは、茹でた(チンした)トウモロコシの実を削ぎ切りして、冷凍していたものです。
昆布は、サラダ昆布と書かれていて、極細の千切りになっている物。

この極細昆布は、このところのマイブームで、サラダやおむすびに振って、毎日食べていますが、かき揚げの中に昆布、って珍しいかも。

試しにかき揚げにほんの少々入れてみましたが、サクサクの中に、微妙に昆布のねっとり感が感じられました。

美味しかったけど、揚げもの2種はカロリー的にアブナイです。。

151013d5a451

シンプルなサラダ

サニーレタス、玉ねぎスライス、レーズン入りの人参マリネ

あらためてこうやって写真を見ても、やっぱり地味な晩ごはんだと思う。年齢と共に、食事がどんどん地味になっていっています。

2015年10月17日 (土)

海老たっぷりの春巻き

「10月の3連休の最初2日間のうちに、3人の子供たち家族全員に会えたって、すごいねえ」 そうオットに言われました。

そうだよね~びっくりだね。

3連休3日目、10/12(月祝)の晩ごはん

151012ebi451

冷凍庫に眠っている生活クラブの剥きエビと「海老しんじょ」を使って、春巻きを作りました。

冷凍とはいえ、いつまでも眠らせておいてはいけないよね。

151012eggroll2a480

剥きエビ(1cm程度にカット)、海老しんじょ(もんで柔らかくする)、茹で枝豆(粗みじん)、赤パプリカ(小さく細切り、少し)、玉ねぎ(みじん切り、少し)、酒少々、塩、醤油ちょっと、片栗粉

具材は実に適当で、残っているものあれこれ。
赤い色と緑色がプラスされたら、彩りもきれいでしょう、そういう組み合わせ。
海老が中心なので、きっと美味しいに違いない。
そういう春巻きです。

151012d1a451

ワンプレートにしました。

牛肉とシメジを炒め1品。

水煮した鶏ムネ肉を裂いて、サニーレタスとスライス玉ねぎのトッピングにしました。ピリ辛のタレをかけました。

151012d3a451

春巻き、美味しかったですよ!

2015年10月16日 (金)

カラフルな朝ごはん

3連休3日目、10/12(月祝)の朝ごはん

いつものように卵を焼いて、まわりに野菜をいろいろとちりばめました。

前日のスパニッシュオムレツが2切れだけ残っていたので、一口カットして一緒にのせて、彩りを追加しました。

材料はいつもと変わり映えしないんですが、いつもと違って気分が上がるね。

151012b1b451

けっこうモリモリ。

野菜好きで毎食たくさん食べるので、この程度は平気。

151012b2a451

卵、ベーコン、赤パプリカ、ブロッコリ茎、クレソン茎
レタス、サニーレタス、スライス玉ねぎ、クレソン、ミニトマト
スパニッシュオムレツ
パルメザンチーズ、塩、コショウ、オリーブオイル

オット、あっという間に食べつくす~

双子の運動会で

10/11(日)は双子のボクちゃんたちの、初めての運動会でした。

前日から雨の予報だったので、てっきり延期されるものと思っていたんですが、朝7時半にお嫁さんからメールで 「1時間遅らせて、運動会あるそうです」 と連絡がありました。

すっかりのんびりしていたので、慌てて支度しました。昼には雨は上がる、という予想の元、運動会実行のよう。

151011undokai1a451

小雨の中、吉祥寺の井の頭公園を通って、運動会会場に向かいました。思ったよりも遠かった。。

家族総出で皆さん集まっているので、こんなにも大勢なんだってびっくりの会場でした。プログラムスタートして、すぐから年少さんたちがそれぞれ出場。遠くて見えません。。

向こうのご両親、長男夫婦、駆け付けてくれた長女夫婦とたまたん&りっちゃん、私たち、と賑やかでした。

話が弾んで運動会そっちのけの部分もありましたが、すごく楽しかったです。

心配のお天気でしたが、ぱらりと降ったりまた明るくなったりで、なんとか雨の影響を受けず、プログラムは進みました。

お昼

151011undokai2a451

お弁当作らないで、プログラムの途中で抜けて会場の近所で全員分を買う、って言われていたので、お昼を心配していました。

家事が苦手なお嫁さんに 「作った方がいいよ」 と言えず、「私たちの分は自分で持って行くから、こっちは大丈夫。」 とだけ前夜連絡していました。全員分持って行くとは言えない。。

余計なことをすると角が立つし、かなり躊躇しましたが、卵とカボチャは前夜、朝にから揚げと野菜・フルーツとおむすびを準備したので、あまりたくさんにならないよう持って行きました。

お嫁さんが双子のお弁当だけは簡単なものを用意していたので、ちょっとホッとしました。

151011undokai3a451

オムスビ3合分、カニや野菜をたっぷり入れたスパニッシュオムレツ、カボチャ甘煮、鶏から揚げ、人参サラダ、ミニトマト、ブロッコリ、種なし巨峰、バナナ

これが私が用意して行ったものです。

(大人が8名、小学生2名、幼稚園児2名。人数分には到底足りませんが、ないよりマシだと感じました。)

お弁当用の大容器をすべて処分しているので、残念ながら、こんな小さな入れ物しか家にありません。

勝手なことをしてるので遠慮しいしい出しましたが、正直言って、持って行って本当に良かった。なかったら、どんなことになったんだかと思う。

会場の近くにはコンビニしかなく、買うといってもオムスビとパック入りのちょっとしたオカズがあるだけだったようです。

周りの家族は皆、手作りの大きなお弁当を広げていました。

忙しいとは思うけど、厄介なおかずを作らなくても、数種類のおむすびと大盛りのサラダとフルーツ、おかず1品、その程度で良いと思います。

親子で一緒に食べる方式のお昼なのに、買ったお弁当を食べるって寂しすぎる。そう思って、子供の為にちょっとだけ頑張って欲しい。

こんなお昼でした。

内心はどう思ったか知らないけど、誰も細かいことを言わなくて朗らかで良かったです。いろんな話をして、場が和みました。少なかったけど、皆におかずを回しました。双子も嬉しそうに食べてくれて良かったです。

双子は恥ずかしがり屋さんだけど、とても素直でいい子たちです。

運動会で頑張った喜びと褒められた嬉しさが、全身に溢れていました。久々に長男と話が出来たこともとても良かった。

151011undokai4a451

会場で向こうのご両親、長男一家と分かれ、その帰りに、娘一家と一緒に、吉祥寺駅の丸井そばにある「椿屋珈琲 花仙堂」でお茶しました。

すごく美味しい珈琲にほっこりと和みました。

夕刻前に帰宅しました。

家には作っておいたおかずがまだたっぷりとあるので、同じもの続きだけど、それで晩ごはんにしました。
帰り着くなり、オットは冷蔵庫を開けてあっという間に食べつくし、呆れました。

ひと皿の晩ごはん

二男一家はこのところ、何を焦っているのか自宅購入計画に躍起になっています。毎週末、あっちのマンション、こっちの戸建て、と忙しそう。消費税10%になる前に、と思っているのか、このところの不動産高騰に慌てたのか。。

10/10(土)、一緒に見に行かない?と初めてお誘いがあり、今どきの家を見学してきました。

ムズカシイですよね、家を買うって。昔ならいざ知らず、今は一生にたった一度の高額な買いもの。決断するには本当に勇気と勢いが必要。

私たちはお金を出せるわけではないので、二人でじっくり考えて決めてほしい。今は買わないっていう選択肢もあるんだよ、と声を大にして言いたい。

久々に、6ヶ月になったYちゃんを抱っこ出来て、私的にはそれが一番嬉しかったです。重かったよ~

帰宅後の簡単な晩ごはん

我が家の定番、スパニッシュオムレツ、それとカボチャ甘煮を作りました。

151010d2a451

オット、1人分

豚ロースとピーマン炒め、卵、カボチャ、サラダ

スパニッシュオムレツとカボチャですが、翌日、長男の双子の幼稚園の運動会があるかもしれないし、雨で延期になった場合は長女一家が遊びに来るらしいので、どっちに回してもいいよう、みんなのお昼用に多め・大きめに作っておきました。

151010d3a451

お腹すいてないから簡単でいいって言うので簡単にしたんですが、このひと皿では物足りない風のオット。他にあれこれ冷蔵庫を探して食べておりました。

言うことと違うので、困ります。

紅玉を煮る

生活クラブで購入した紅玉リンゴ2キロ。

1週間前に紅玉と洋梨のクランブルを作って2個だけ使用したんですが、残りのリンゴを早く食べなくちゃということで、夕べ、晩ごはんを作りついでに、姉からもらったかぼす すだちとお砂糖&メープルシロップで甘酸っぱく煮ました。

生活クラブのせっかくの紅玉、皮は剥きません。洗って4つ割にし、芯を取っただけ。

リンゴは2キロから4個抜いただけの量。グラニュー糖とメープルシロップは適当でしたが、レモン代わりのカボス すだちは、8個は使いましたね。

ひたひたの水、塩ひとつまみ、グラニュー糖、メープルシロップ、カボス果汁 すだち果汁

カボス すだちの酸っぱさが飛ぶのではと、最初に半量だけ入れて煮上がりに半量を入れました。

蓋はせず、落とし蓋だけ。

151016apple1a451

ピンク色に照り照りして美味しそう。

美味でした!皮も柔らかくて美味しい。

こんなにたくさんどうしようとも思うけど、小分けして冷凍することにします。

シャーベットで楽しむのもいいね。

追記: 「かぼす」 と書いていましたが、「すだち」の間違いです。かぼすは大きいので、8個も使ったらとんでもなく酸っぱくなりますよね。「すだち」です!

2015年10月14日 (水)

ひび止めにお粥を炊く

紅玉と洋梨のクランブルを作った耐熱容器は、少し前にヨーガンレールのお店で購入したものです。

151009tainetu451

使い始めに、お粥を炊いてひび割れ止めをしました。

深さが5cm程度なので、蓋をせず、このままコトコト炊きました。

浅いものでもちゃんとお粥が炊けるんですね。お粥は出来てから別鍋に移し、夕飯に食べます。この後すぐに、このお皿で前記事のお菓子を作りました。

10/9(金)の晩ごはんは、そんなこんなで(お菓子で)間に合わなくなり慌てました。

151009d1a451

鶏ムネ肉の水煮を作っていたので、細かく裂いて千切りキュウリと合わせて、とりあわず1品。上にすり胡麻を振る。

慌てて作ったピリ辛のたれをかけます。

151009d1ba451

出し醤油(醤油、みりん、昆布)、甘酢(お酢、砂糖、塩)、三温糖、鶏水煮スープ、具たくさんラー油、胡麻

151009d3a451

じりじりっと焼いたマイタケ

オリーブオイル、マイタケ、塩、コショウ、スダチ

151009d2a451

残り物のサンマフライ

151009d4a451

盛り合わせサラダ

サニーレタス、トマト、クレソン、スライス玉ねぎ、甘酢漬けじゃこ

151009d5a560

鶏ムネ肉を水煮した時に出来た煮汁に、豆腐、鶏肉、クレソンを入れて、スープにしました。塩、醤油タラリ、ニンニク、コショウ

一番上の写真のお粥も、ちゃんと食べましたよ。

食後のデザート↓  紅玉と洋梨のクランブルも食べましたが、姉に手作りの栗渋皮煮をもらったので、それも食べたんです。

151009shibukawa3a580

栗渋皮煮だなんて、そんな手間のかかるもの、私は作ったことないです。巨大な栗ですごい。たくさんあったので、冷凍しておきました。

母が毎年作っていた渋皮煮ですが、面倒くさがりの私はきっと作ることないだろうな。。姉は母に似て、マメで働き者です。

翌10/10(土)は、二男が今、自宅購入を考えていて毎週末マンション戸建て巡りをしているようなんですが、今回、一緒に見に行かない?と誘ってくれました。
待ち合わせて、今どきの家を見てきましたが、なかなか決められるもんじゃないね。2人でよく考えて、決めてください!
6ヶ月になったYクンに会えて、嬉しかったです!

その晩のごはんは軽かったです。次回の記事に載せます。

さらに翌10/11(日)は、長男宅の双子の幼稚園運動会。雨模様が心配でしたが、なんと運動会、やりました!みんな集まって楽しかったです。載せられたら載せますね~

紅玉と洋梨のクランブル

10/9、紅玉を購入したので、盛岡駅中で買ってきた洋梨と共に、オーブンで焼きました。

バターと三温糖と薄力粉で作ったクランブルを作っておいて、スライスしたリンゴと洋ナシの上に三温糖を振り、しばらく置いてからクランブルをのせて焼くだけ。

151009cake2a451

薄めにスライスしました。

レモン代わりに、姉に大量にもらったすだちを絞って、色止めをする。上に三温糖を振る。

151009cake3a451

クランブルをのせて、200度で20分程度、様子を見て焼き色がつくまで焼く。

今回のクランブルは、無塩バター20g、三温糖20g、薄力粉30g、塩ひとつまみ、の割合です。その倍量を作りました。スコーンのように手ですり混ぜて作る。

薄力粉に加えて、アーモンドプードルを入れるレシピもあったので、次回はそれかな。

151009cake4a451

焼き上がり~

紅玉も甘酸っぱくて美味しかったけど、洋梨がとろりとしていい感じ。食べやすい。クランブルがカリカリしすぎたかも。

クランブルを作る時、バターをホイップしてから粉と砂糖を混ぜる作り方だと、そんなにカリカリしないかもしれません。

たくさん作ったので、残りを冷めてから冷蔵したんですが、クランブルがとろりと柔らかくなってて、そちらの方が好きでした。

151009cake5a451

人参サラダ

頻繁に作っている人参のマリネ(甘酢漬け:お酢、砂糖、塩、オリーブオイル、粒コショウ、タカノツメ)ですが、今回は甘味にレーズンを入れてサラダにしました。

人参とレーズン、よく見かけるタイプですが、今回の材料は、人参、塩、(レモン代わりの)すだち果汁、オリーブオイル、レーズン

姉からもらったすだちがたくさんあるので、レモンの代わりに使います。

人参はきれいに洗って、ピーラーでいつものようにスライス。薄く塩をして軽く揉み、少し置いて、すだち果汁とオリーブオイル、レーズンで和える。

酸味は好みですが、私的には酸っぱめが好きです。レーズンの甘味が美味しい。

151007c3a451

人参2本分です。冷蔵庫へ。

で、翌 10/8の晩ごはん

盛りつけの時にナッツを砕いてちりばめる。

151008d2a451

炒ったクルミをざく切りして、人参サラダにのせました。レタス、キュウリ、タマネギ

好みで更にスダチをぎゅっと。

151008d3a451

サンマ3尾を三枚におろして、フライにしました。

薬膳ソース(鎌倉、三留商店)、すだちをギュッとしぼって熱いところを食べました。

151008d1a451

ごはんのお伴は、友人からいただいた醤油漬け大根。故郷の懐かしい味です。

他は、(前夜残り物の)枝豆肉団子・ホウレンソウ胡麻和え、炊きたてのごはん、味噌汁

追記: 「すだち」と書くべきところを、「かぼす」と書いてしまっていました。訂正しました。
姉からもらったのは、すだちです。途中から間違えて書いているのに、後で気づきました。

2015年10月13日 (火)

枝豆とヒジキの肉団子

10/7(水)の晩ごはん

地元から持ち帰った枝豆を早速使いました。

151007d3bc360

豚ミンチに塩・酒・醤油ちょっとを混ぜて練り、茹でた枝豆、みじん切り玉ねぎ、戻してカットしたヒジキを合わせて、肉団子を作りました。卵、片栗粉、ごま油

151007d4b451

姉が自宅に育つスダチをたくさん持ってきてくれたので、有難く使います。

ぎゅっとたっぷりしぼって、揚げたての枝豆入り肉団子を食べました。

151007d1a502

ホウレンソウの胡麻あえ、ミニキュウリの自家製ピクルス

151007d5a451

シンプルなサラダ

レタス、トマト、キュウリ、タマネギ、甘酢漬けじゃこ

151007d6a451

この日は玄米ごはんを炊きました。

「あわ雪こまち」というお米です。うるち米ともち米の中間タイプの食感で、玄米も浸水時間を長くしただけで、普通に炊けました。

151007d7a451

玄米ごはん、もやしと昆布の味噌汁

151007fuku451

トールペイント教室のお仲間からいただいた福神漬け

彼女の自家製です!2パックいただきました。

すごく美味しくて、ごはんをお代わりしました。

151007kabosu451

姉からもらったスダチ

広島の家の庭にはレモンの木もあって、たくさん採れると言っていたような。いいなあ。

2015年10月12日 (月)

10月初めのメモ

10/2に東京に来た呉の姉と一緒に、翌朝の新幹線で仙台に行き、宮城の墓地で弟と待ち合わせて、一緒にお墓参りをしました。墓石の下、父の隣に5月に亡くなった母が並んでいます。

実家のある町から1人お参りに来て下さった方があり、その後3人で、予約していた夕方の高速バスに乗りこみ、実家の町に向かいました。

夜8時過ぎに、4時間かけて到着しました。2泊して、10/5姉と一緒に再び東京に戻りました。姉は東京駅からそのまますぐに乗り変えて、広島へ。本州縦断にも近いので、この往復は本当に大変なことだと思います。

高速バスには今回初めて乗りました。仙台からとは言え、バスを使うと本当に遠いです。
母が元気な頃、父のお墓参りをするのに、このバスを使って仙台まで来たことを思い出します。
2人、3人なら気も紛れますが、1人ではどうだったろうか。。
でも乗り換えせずに仙台に来れるので、乗りものに不慣れな人にとっては便利かな。
東京から新幹線で先に仙台に着いた私たちが、駅前の高速バス到着場所でそろそろかなあと待っていると、10分以上も遅れてようやくバス到着。私たちを見つけてホッとした母の笑顔。4時間以上のバスひとり旅。くたびれた様子もみせない嬉しそうな母と姉私弟妹とで、父のお墓に向かったことを思い出します。

墓地は父が亡くなる前に、両親が自ら準備していたお寺さんの墓所を処分して、弟の住む宮城にあらたに用意しました。
広々としていて緑に囲まれ、清々しい風が吹きわたる町営の墓地です。母も気に入っていたその場所に引っ越しておいて本当に良かったと、皆が思っています。

実家のある町では親戚回りをし、友人にも会って、5月に亡くなった母の葬儀の際のお礼を伝えました。親戚には6月に帰省した際にも挨拶に行っています。8月には妹が新盆のあれこれをやってくれていました。

私たちきょうだいは全員、帰省の際には必ず、手土産を持って親戚周りをするのが学生の頃からの決まりでした。結婚後も欠かさず、いまだにあいさつ回りをします。
母が末子だったので、下の者が上の親戚に挨拶に行くのは当然、という感覚。
でも私たちだけだったと思う、そういうことをするのは。。
今回もまた、たくさんの数の手土産を荷に詰めて帰省していました。

母のすぐ上の姉、私にとっての伯母は90をとっくに過ぎていますが、頼りにしていただろう母が先に亡くなったことは、ショック以外の何物でもなく、嘆きもひとしおでした。
伯母にとって、母はずっと若くて(86歳だったけど)元気な働き者の、とても頼りになる妹でした。
自分には同居の息子と気遣いのある優しいお嫁さんがいるにもかかわらず、(もうとっくに老後なんだけど)老後は 「おめさん(お前さん、あなた)に面倒見てもらうから。」 と母に言っていたほどです。

伯母の家の前で、伯母がひとりぽつんと立っているのを見つけました。
寂しい年寄りが当てもなく辺りをうろうろしかかっている、そういう様子だったのに、胸が詰まりました。
伯母は私と姉を見るなり、人目も憚らずおいおいと声を上げて泣き続けました。
肩を抱き背中をさすり、小さくなってきた伯母にいよいよ悲しくなりました。

友人の一人にはたまたまばったりと地元のスーパーで会えたのですが、翌日彼女の所におじゃまする約束をしていたところ、急に翌朝お父様が亡くなり、会いに行った彼女のお店に行ったものの会えなくなりました。私の母とそのお父様とは同級生だったので、余計辛さがわかります。持ってきていた手土産にメモを付けて、従業員の人にことづけてきました。翌日は東京に戻らないといけなかったので、お参りもできず申し訳ない気持ちでした。

母の家はそのままです。
母が直前まで暮らしていた家は、とてもきれいでスッキリ片付いていて、私たちがあえて整理をしたり、という必要はまったくありませんでした。
今は、母と日々頻繁に行き来のあった地元の母の若い友人が、週1で家に風とおしをしてくれているので助かります。
5月から最低月1は私たち4人きょうだいの誰か(今のところ、妹と私)が行っていますが、私たちが今後も出来る限り通って、この先もしばらくこの状態で維持していくことにしています。

帰りの盛岡駅

前回通った時はサクランボを売っていたんですが、同じお店で洋梨とプルーンが並んでいました。

151005f3a451

プルーンは超巨大。見たことのないサイズでした。2パック購入。

立派な洋梨は、3個で500円でした。確か、「オーロラ」という名前だったと思います。ねっとりと甘くて美味しかった。私は洋梨が大好き。子供のころから私にとって、梨と言えば洋梨でした。

エキナカのその小さな露天の洋梨の売り文句に、「皮もずら食べられる」 と大きく書いてあるのを姉が目ざとく見つけて、大笑いしました。

長髪を後ろに縛った今どき風のイケてるオニイサンなのに、書いた文面が 「皮もずら」 だって!

「皮もずら」というのは、「皮ごと」っていうことです。私の田舎では、「皮もら」と言います。訛り具合がちょこっと違ってるのが、なかなか興味深いね。

数十年ぶりに地元のこの言葉を思い出し、懐かしくて一瞬昔に戻った気持ちになりました。

151005d2a451

5cm以上はあるプルーン。柔らかめになったものから食べます。

美味しかった!

151005f1a451

いただき物の、地ものの枝豆

3キロくらいかな。朝収穫したばかりのを持ってきてくれました。

東京に戻ってすぐに茹で、食べる分を除いて残りはプチプチ押して実だけにして、冷凍しておきました。料理に使います。

帰宅した日は夕刻前だったので、すぐに掃除・大量の洗濯をして、夕飯の支度をしました。週末に留守をしたので、オットには迷惑をかけました。

慌ただしい数日でしたが、その翌日(10/6)はトールペイント教室だったので、朝7時半に家を出て前の家に向かい、午前中は教室に行き、午後は家と車と庭のメンテをして、夕方帰宅しました。
気が張っているせいか、疲れはありませんでした。

2015年10月 9日 (金)

里芋のあんかけ

1週間ぶりの更新。

まだしばらくお休みしようかと思っていましたが、また戻ってきました!

長く続けていますが、もうそろそろ止めていいかなと思うことが多くなりました。
数年前のごはん写真を見ると、今よりもずっとあれこれたくさん作ってる。今はかなりボリュームダウンし簡単になってきていますね。
5人家族から2人になり、年齢を重ねて好みも多少変わってきたので当然かと思いますが、この先ますますこの傾向が進むことでしょう。
この先、何度も立ち止まり、そうこうしているうちに完全にストップするんだろうなと、今から想像がつきます。

1週間休む前の、抜けていた2日分のごはん写真を載せてしまいますね。写真は全部撮っているわけではありません。

9/24の晩ごはん

里芋を買ってきたので、豚ミンチと合わせてお焼き風に揚げ焼きすることにしました。

皮を剥いた里芋は、チンして熱いうちにマッシュ。豚ミンチとみじん切り玉ねぎをバターで炒め、里芋マッシュと合わせて、丸くへらべったくします。

バター、豚ミンチ、玉ねぎ、塩、コショウ、醤油
里芋マッシュ、卵黄、片栗粉

150924d3b451

小麦粉をまぶして、オリーブオイルで揚げました。

150924d3c451

揚げて、とろりとした餡をたっぷりとかける。

150924d3e451

薄味の醤油あんです。出汁は和風ではなくて、鶏ガラスープ。

和風だけど、ちょこっと洋風

たっぷりのあんが、もちっとした里芋に絡んで美味しかった!

150924d1a451

野菜とハムの盛り合わせ

ハムは、大山ハムのオニオンケーゼです。スライスして焼いています。

玉ねぎが入っているのであっさりした後味で、オットが気に入っていました。

トマト、レタス、タマネギ、もやし、カイワレ、オニオンケーゼ

150924d2a451

自家製ピクルス

ブロッコリ、パプリカ

9/25の朝ごはん

150925b1a451

晩ごはんは(「も」だよね)超簡単↓

150925d1a451

ベーコン、玉ねぎ、コーン、トマトのパスタ

150925d2a451

サラダ

トマト、玉ねぎ、大豆甘酢漬け、レンズ豆甘酢漬け、ブロッコリピクルス、赤パプリカピクルス

自分では自覚がなかったんですが、非常に強いストレスでしばらくおかしかったです。激しい動悸が24時間ずっと、1ヶ月間続きました。

元に戻ってから、あ、ストレスが原因だったかも、と思い、心と体は一体なんだってこの年になって知りました。

よく聞くことだけど、自分にはそういうことは起こらないってずっと思っていたので、私の身体は心に左右されるデリケートさを人並みに持っているんだって分かって、びっくりでした。

長く病院には行っていません。健康診断をしてないっていうと、皆、ちゃんとやって・すぐ行って、と言うんですが、なかなかそういう気分になりません。気持ちのどこかで、やっても無駄だよと思ってる。

今年も残り2か月半ですが、検診に行けるでしょうか。ストレスが原因、だなんて勝手に決め付けてるけど、ほんとは分かりませんよね。

2015年10月 2日 (金)

シンプルな豚肉の1皿と鶏肉の1皿

9/29に前の家のメンテに出かけて一泊し、翌日の夕方6時半近くに帰宅しました。オットの方が早く帰宅していました。

晩ごはんは、出かける直前にメインを作っておいていたので、少しだけお待たせして野菜の準備をして、晩ごはんになりました。

で、その9/29の作業

2日前から豚もも塊に塩をすりこんで冷蔵していたので、コショウを振り、多めのオリーブオイルで全面を焼きつけました。

150929p1g402

その鍋に、にんにくを5,6個、紹興酒と水を半々にして300~400ccほど入れて、圧力をかけて加熱しました。20~30分ほど(適当ですが柔らかくなる頃)してから蓋を開けて、ニンニクをつぶさないようにして取り出し、弱火で加熱して肉をころがしながら、とろみがついたら出来上がり。

茶色にお醤油っぽい色に出来上がっていますが、塩のみです。小さな深鍋に移して、冷めてから冷蔵庫へ。

それと、もう1品。

豚肉で1品作ったのに、こちらもお肉なんですよね。。

鶏もも肉の黄色の脂を取ってから、これもまた、塩をすりこみ、オリーブオイルを振って冷蔵していました。

ローズマリーをのせ、追加でオリーブオイルを振り、オーブンで焼きました。

150929p2b451

このまま包んで、冷蔵庫へ。

で、翌日9/30の帰宅後の晩ごはんでは、上写真の通りに出来上がっていた豚と鶏を食べるわけです。

151001d1c451

固めに茹でたブロッコリとカリフラワーをぐるりにたっぷりと置き、真ん中に厚切りにした豚肉を置く。

鍋の中のとろみのついたタレを上にかけます。

もも肉なのでかなりさっぱりしているんですが、ほろほろして美味しい。タレはコクがあり美味でした。

151001d2a451

鶏もも肉も野菜と一緒に盛り合わせました。

ピリ辛のゴマ醤油ダレを添えました。

こちらの鶏も2日マリネしていたので、味が染みていて美味しかったです。いつもの、ですが、飽きないです。

どちらか1品にして、他はお魚のにしたかったんですが、とても余裕がありませんでした。

この2皿とおみそ汁だけの晩ごはんでしたが、お腹いっぱいになりました。

2週間前に出来上がっていたトールペイントの小箱(古屋加江子先生のデザインですが、ウッドを小箱に変えて描きました。)

持ち帰りました。(描きかけのものを9/19の記事に載せていました。)

151001t12a451

手前には小鳥が2羽

蓋を開けると、小さな花束があります。

151001t13a451

金具に色がついたまま。とらないといけませんね。。ニスはまだ塗っていません。

151001t15a451

脇にも小さなお花のポット

151001t17a451

可愛らしい絵なので、描いていても楽しかったです。

この小箱に何を入れようかな。

夜になってから激しい突風が吹いています。大丈夫でしょうか。

私の姉が上京するんですが。

3日は宮城に行き、母のお墓詣りをします。 その後は姉と共にさらに北へ向かい、留守になっている母の家に行きます。

こちらはしばらくお休みいたします。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »