« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月の19件の記事

2016年9月30日 (金)

ミニトマト入り肉団子甘酢炒め

毎日作る料理、自分の作るもののパターンって決まってきますね。
食材は毎週毎週、ほとんど同じものを買います。
毎日のメニューは前もって決めたりはせず、冷蔵庫の中を見て、夕方、作り始めるときに決めますが、足りないものがあっても、あるもので間に合わせて作ります。
普段使わない食材を「こんなの作ってみようかな」と買ってみることもあるんですが、うまく使えないことが多い。。
食材はほぼ生活クラブのもの。週1度くらい、近くのスーパーで野菜を買い足す程度。ごくほんのたまに、通りがかりのデパ地下で1,2品。漬け魚とか。
 
 
9/26(月)の晩ごはん
 
 
腹ペコで帰宅のオット。とりあえず、↓これでビール。
 
160926d4b500
 
甘酢漬けミョウガのせ冷奴、スパニッシュオムレツ、枝豆
枝豆はこの日、届いたばかりのものです。残りは全部冷凍されました。
 
160926d1a500
 
スパニッシュオムレツは、これで最後になりました。
具たくさんなので、食べごたえがありました。
 
160926d3a500
 
ピンク色のきれいなミョウガ。甘酢漬けにしとくのも、意外に使えて悪くないですね。
お豆腐にのせたのは初めてかもしれません。たまには良いかな。
 
160926d6b500
 
レンコン入りの肉団子をたくさん作って置いていたので、それと野菜を合わせて、油通しの代わりに蒸し炒めして、ちょっとピリ辛で甘めの甘酢あんを絡めました。
 
ミニトマトも入れてみました。。
ブロッコリは固ゆでして、一番最後に入れています。
 
160926d6a500
 
 
肉団子(豚ミンチ、玉ネギ、レンコン、卵、塩、コショウ、醤油、片栗粉)
ごま油、玉ネギ、黄パプリカ、ミニトマト、酒、鶏ガラスープ素
みじん切りニンニク、甘酢(酢、砂糖、塩)、豆板醤、メープルシロップ、醤油
ブロッコリ、水溶き片栗粉
 
 
160926d7b500
 
ミニトマト、中華にもいいですね!
ほんのりと甘酸っぱくて、美味しさが引き立ちました。何よりも、何だか可愛いよね!
 
160926d5b500
 
塩麹漬け鮭、大根おろし
 
160926d8b500
 
サラダが間に合わず、ロメインレタスだけになりました。
ネギ・しょうが・ニンニク・ゴマ等々が入った香味醤油のたれをかけて。
 
他、お味噌汁。お米のごはんは要らない、と言われました。
 
 
 

2016年9月29日 (木)

朝ごはん・枝豆3キロ・ケーニヒスクローネ

昨日(9/28)は前の家のメンテに行ってきましたが、2本あるキンモクセイに黄金色の花が咲き、甘い香りでいっぱいでした。
今の家でもベランダに出るとキンモクセイがどこからか香ってきます。
こんな建物だらけの都会の真ん中。姿は見えないけど、どこかで存在を主張しているんですね。
秋だなあって思います。
 
 
9/26(月)の朝ごはん
 
160926b500
 
サニーレタスとすりごま、スパニッシュオムレツ、パストラミビーフ、ホットビスケット1/2個
 
 
この日の昼前にまた枝豆が届きました。今回は3キロ注文していました。前回とは別の種類。
塩で揉んで一気に湯がいて、殻からぷちっと出して、ジプロックへ。
 
160926eda2a500
 
前回同様に冷凍して、料理に使います。
前回は5キロ、今回は3キロ。もう一回お願いしてあります。それで今年の枝豆は終了とのことでした。
 
大好きな枝豆。大事に使って彩りの良いごはんを作りたいです。
 
 
 
160926s1a500
 
午後から久々にデパートへ行ったんですが、帰りのデパ地下でケーニヒスクローネのシフォンケーキを買いました。
 
160926s2a500
 
この四角の箱に入れてそのまま焼いたように見えるんですが、紙の箱が焼けてないわけなので、とっても不思議。蒸したんでしょうか。
 
160926s3a500
 
豆とか栗とかが入っているシフォンケーキ。
きれいな黄色。
軽いけどしっとりと美味しかったです。
神戸出身のお友達に、ケーニヒスクローネのホテルが出来たんだよって、しばらく前に教わりました。
お菓子屋さんが作ったホテルって、どんなだろ。泊まってみたいな。
 
この日の晩ごはんは、次で。
 
 

2016年9月27日 (火)

運動会お弁当の準備

9/25(日)は前日までの悪天候が嘘のように雨がやみ、陽が出て日中はとても暑くなりました。
 
「各自持参してください」、と言われたので、前日の夕方から晩ごはんの支度がてら準備し始めた、オットと私の運動会のお弁当。
量は+αで少し多めです。
息子一家、向こうのご両親、それぞれがそれぞれ食べる分をもって行くってことです。think
 
特別なもの凝ったものは作らずに、作り慣れたいつものものにします。
 
160924pre1a4a500
 
何度も数えきれないくらい頻繁に作ってきたスパニッシュオムレツ
具材はその時その時に応じて違いますが。
 
この日の具: ジャガイモ(茹でる)、ブロッコリ(茹でる)、玉ネギ、パプリカ赤黄、インゲン、グリーンピース、ベーコン (他はバターで炒める)
 
卵液:  卵、塩、コショウ、生クリーム、パルミジャーノレッジャーノ
 
他:  セミドライトマト(トッピング)、バター(炒め用)
 
160924pre1b500
 
パルミジャーノレッジャーノは冷凍してあるので、がりがりすってパウダにしました。これを卵液にたっぷりと混ぜます。
 
160924pre1c500
 
炒めた具材の粗熱をとり、茹でたものと一緒に卵液へ。そのまま型に入れて焼いてもいいけど、緩く火を通してとろみが出てから、型に入れ180度のオーブンで焼きました。
 
セミドライトマトは、たたいて粗みじんにしてトッピング。
飾り用に、色のある野菜を上に出し、溶けるチーズを振る。
 
160924pre1e2a500
 
焼き上がりました。トッピングが焦げやすいので途中ホイルをしてもいいかな。
 
160924pre1f4a400
 
断面
 
良く冷やしたほうがきれいに切れるので、前日に作って冷蔵しておいた方がいいです。
 
卵焼きは↑スパニッシュオムレツと、↓こちらの枝豆入り。すごいね、卵だらけ。
 
160924pre2a500
 
卵、出汁、薄口しょうゆ、枝豆
 
枝豆はこの数日前に届いて、茹でて冷凍していたものです。(→枝豆5キロ
 
160924pre2b500
 
片面焼いてから、ひっくり返してまた焼きました。
 
160924pre2d500
 
表面の枝豆がきれいに隠れるように焼きたかったですが。出来上がり。
 
↓炊き込み中華おこわを作ります。
 
160924pre3a1a500
 
炊き込む具材は5種。干ししいたけ、タケノコ、焼き豚(大山ハム)、干しエビ、枝豆
 
他、ごま油、紹興酒、醤油、鶏ガラスープ、干ししいたけ戻し汁、オイスターソース
 
もち米は、炊飯器を使うと柔らかく炊けるので、白米(うるち米)と半々にして洗米します。
浸水しません。
 
160924pre3b500
 
1.もち米・白米を洗って水切りする。
2.ごま油でお米を炒め、干ししいたけ、タケノコ、焼き豚を加えて炒める。
3.紹興酒、醤油、少量のオイスターソース、鶏ガラスープ素、みじん切りショウガ(1片分)で調味。
4.水と干しエビを入れて炊飯。 水はお米の量よりほんの少し少なく。
5.炊きあがったら枝豆をのせて蒸らす。
 
160924pre3c2a500
 
 
160924pre3d500
 
炊き上がりに枝豆(茹で)をのせる。一緒に炊いてしまうと色が変わるので。
出来上がり!!
160924d5a500a
 
 
 
↓鶏チャーシューも作りました。
 
160925l2a500
 
前日、鶏もも肉の黄色の脂をとり、甜麺醤、紹興酒、醤油、黒砂糖、メープルシロップ、みじん切りニンニク、ごま油でマリネしました。
 
1日だけだったので、どうかなと思ったんですが、朝、焼く時にはとても良くしみていました。
 
 
それと、写真はないのですが、前夜のうちにみじん切りレンコンを入れた肉団子を揚げておきました。
 
豚ミンチ、レンコン、玉ねぎ、卵、紹興酒、塩、醤油、片栗粉、揚げ油(ゴマ油)
朝、トマトケチャップ、みりん、メープルシロップ、しょうゆを絡めました。
 
 
 
 
 
9/25の朝は6時前には起きれず、ちょっと忙しかったです。
 
 
卵焼き2種と肉団子は、前夜のうちに作ってありました。
 
ミニトマトとブドウ(シャインマスカット)も、前夜のうちに洗ってパックに入れ、冷蔵してあります。
 
他の持っていくもの(敷物=テーブルクロス、手拭き用、ビニール袋、箸etc.)はバックに入れて玄関に置いてあります。
お茶と紙皿を、途中のコンビニで買います。
 
朝は、中華おこわを炊き、鶏チャーシューを焼き、ブロッコリを茹で、肉団子に味付けしました。それと、パッキング。
 
見栄えの良いようにパッキングしたかったんですが、入れ物もないし、時間も足りず慌てたので、テキトーになりました。
 
仕方ないです。お弁当用のいろんなものもとっくに全部処分しているので、持ってるもので乗り切るしかないですよね。
8時には洗い物も全部、完了しました。
 
160925l3a500
 
中華おこわとスパニッシュオムレツ
おこわは小さめにラッピング。オムレツは三角にカットしてホイルで軽く包む。
 
普段乾物を入れている、少し大きめの蓋つきパックを、お弁当用に流用しました。
 
 
160925l5a500
 
こんな感じ。ただ入れただけになってしまいました。時間がなかったです。焦りました。
 
160925l6a500
 
レンコン入り肉団子(ケチャップ味)
 
 
160925l7a500
 
枝豆入り卵焼き
 
160925l8a500
 
鶏チャーシューとブロッコリ
 
普段使っているこの小さな入れ物しかないので、これで乗り切りました。
 
 
運動会当日のお昼、あたりを見ると、すぐ近くのママは、大きなお弁当の入れ物全体がキャラ弁になっていました。
とってもオシャレにパッキングした、豪華なお弁当のママもいました。
 
若いママたち、なかなかやるね!
 
子供たちも、招かれた祖父母の方たちもお弁当でさらに盛り上がったと思います。
 
でもお料理が苦手なママだっているので、無理をせず、品数は少なくても彩りを考えてつくれば、それでいいのでは。
チマチマ作らず、どんとオムスビ弁当でもOKだと思います。
 
双子のぼくちゃんのママ(お嫁さん)も今年はがんばりました。
息子に、「朝から一生懸命作ってたよ」と言われたので、心なしか二人の会話もとても和やかに聞こえました。
向こうのご両親、息子一家にも、お弁当のおすそわけをしました。
 
 
双子の弟の方が、私にすり寄って来て「(私の作る)ごはんはいつもとっても美味しいね。大好き!」とぎゅっとしてくれました。
 
最近、知らない人でも若くて美人のお姉さんがいれば、傍によって行って話しかけるんだよ、と息子に言われました。で、パパのところに戻って「きれいな人だったよ」と報告するんだって。
将来、ちょっとアブナイ子になるかも。。去年はよく泣いていてどうなるのかなと、思ってたのに。。これも成長、でしょうか。
今年はダンスもかけっこも、二人ともきっちりやれて、ものすごい成長を感じました。1年幼稚園に通えば、こんなに違ってくるんだね。
 
 
向こうのご両親ともお話出来て、本当に楽しい一日でした。暑かったのだけは参ったんですが。
 
終わり近くに、すぐ近くに住む娘一家も遊びに寄ってくれました。
 
一日暑くて日焼けして干からびた感じだったので、帰りに皆で寄り道して、冷たいものを食べました。
 
娘のところのたまたんとりっちゃんは小学生4年生と2年生。
双子とそれぞれ手をつないで、仲良しで楽しそうです。そういうのが何より嬉しく思います。
 
今年は双子は5歳の七五三のお祝いです。息子の仕事の都合で、10月にお参りをします。
また来月会えるので、それも楽しみです。
 
 
 

運動会前日の晩ごはん

9/25(日)は双子のぼくちゃんたちが幼稚園に入って二度目の運動会でした。5歳児のぼくちゃんたち、今年は年中さんです。
 
去年(10月)に引き続き、「各自がお弁当を持参してください」とお嫁さんからラインで連絡があったので、オットと私のお弁当を作るべく、前日の夕方から下準備をしました。
 
(訂正:去年の記事を読み直したら、去年は「当日のお昼前に子供の競技が一段落するので、近くのお店に全員分を買いに行く」と、そういう状況でした。なので、私たちの分は持っていくから大丈夫、と言うことで、私は作ったんです。)
 
 
朝8時台には家を出るのですが、前夜のうちにやっておくべきことと当日の朝にやることを、頭に整理しておきました。
 
去年も、私たち夫婦のお弁当は私が作って持って行ったのですが、その時、ママが準備したぼくちゃんたちのお弁当・息子のお弁当はエライことになっておりました。今年はどうだろ。。
 
あの時は、向こうのご両親には「作っただけでも、良かった」と言われてましたけど。お嫁さんは「作ってないけどね」と。
 
 
去年、チラチラとあっちこっちの様子を見てみましたが、周りのご家族は、若いママが作った手作りお弁当を広げて、全員で楽しそうに食べておりましたね。
やっぱり昔からのああいう形が、今でも普通なんだ、とちょっとほっとしたけど、とっても残念な気がしました。
 
イマドキは運動会にコンビニ弁当っていうのも聞かないわけじゃないですが、子供はしっかりとお弁当を楽しみにしてますもん。がんばって走ったりダンスしたりして、お昼は出来合いじゃ、嬉しいはずがないと思う。
 
あれこれ作らなくても、例えば、から揚げ・ブロッコリ・ミニトマト・オムスビ、くらいでOKなのにと思うんですが。
大きな入れ物(タッパーとか)に彩りよく詰めれば、それでもう十分なんですけどね。
そういうのだと朝作っても、何とか大丈夫じゃないですか?
 
後はフルーツが1種あれば良いですよね。ブドウなんかを前日に洗って小分けして冷蔵しておけば、持参するだけだし。
 
今回も心配でしたが、私は 「了解しました!楽しみです!!」 とだけ返信。
 
当事者でもないので、作りすぎないよう、かといってきっちり二人分でもナンだし、私の持参する手作り弁当って、微妙なところに思います。
頑張ろうにも体力落ちてるし、気力やる気もイマイチ。いつものおかずが普通に入った、頑張らないお弁当になります。
 
(先に書いちゃいますが、今年のママは去年よりもずっと頑張りました!ほっとしました。ぼくちゃんたちも嬉しそうに食べていました。)
 
 
 
 
で、前日の9/24(土)の晩ごはん
 
運動会用お弁当の準備と共に,晩ごはんを支度したんですが、時間が押してきました。
 
仕方ないので、前日の残り物一皿、翌日用に作ったもの一皿も、晩ごはんに出さざるを得なくなりました。
 
160924d3a500
 
オット用。この3皿でビールを飲んでて下さい!
 
枝豆が大量に入った卵焼き、冷奴(小葱、食べるラー油)、残り物小皿
 
160924d1a500
枝豆入り卵焼き
 
翌日のお弁当用に焼いたものなので、切れ端がのっかっております。
 
卵、出汁、薄口しょうゆ、枝豆
 
160924d2a500
 
冷奴
 
160924d4a500
 
豚ロース肉とクレソンのポン酢焼き
 
160924d5a500
 
中華炊きおこわ
 
もち米、白米、干ししいたけ、焼き豚、タケノコ、干しエビ、枝豆、刻みショウガ
ごま油、紹興酒、醤油、チキンスープ、オイスターソース、干ししいたけ戻し汁
炊飯器で炊くので、お米はもち米と白米(うるち米)を半々にします。
 
 
160924d5b500
 
美味しくできました。
翌朝、お弁当用の中華炊きおこわを作るので、これは試作です。
 
久々に作るので、前日に一度作ってみることにしたんです。
 
いつもは入れてなかった刻みショウガを入れたんですが、少し多かったので、気をつけます。
これで、朝、気軽に安心して炊飯することができます。
 
他、サラダ、お味噌汁。
 
次の記事にはお弁当準備の写真を載せますね。
 
 
 

2016年9月24日 (土)

麻婆豆腐と冷奴

9/23(木)の晩ごはん
 
絹ごし豆腐が2丁半あるので、使ってしまうことにしました。
 
160923d4a500
 
頻繁に登場する冷奴
 
tmcmさんに教えていただいたおろしニンニクのっけのお豆腐にしました。
 
おろしたてのにんにくがピリリと辛く、香りが良いです。元気が出そう。
ショウガはよくあるけど、ニンニクは初めてでした。面白いね~
ネギ好きなので小葱てんこ盛りですが、ニンニクだけってのにしたほうがよかったかな?
 
160923d4b500
 
みじん切り小葱、(友人から頂戴した)玄米麹とピーマンで作ったお味噌、おろしニンニク
 
オットはこれで最初にビールをやってます。
 
 
それと、豆腐つづきだけど、麻婆豆腐を作っていました。
シメジも2/3パック。それも入れています。
 
160923d1b500
 
太白ごま油でみじん切りニンニクとネギを炒め、豚ミンチを炒める。
小分けしたシメジを入れて、さらに炒める。
 
日によって微妙に違うんですが、この日の調味料は、
甜麺醤、豆板醤、オイスターソース、だし醤油(醤油・みりん)、紹興酒
 
 
トウチは切らしていました。
 
 
調味料を入れて炒め、豆腐を投入。
鶏ガラスープを入れ、ニラを投入。
 
160923d2a500
 
水溶き片栗粉を入れ回し、とろみが付いたらみじん切りの小葱を散らして、出来上がり。
中華は早いですよね。材料切って調味料を合わせてあれば、あっという間に出ちゃう。
 
 
160923d3b500
 
ごはんが進むよね。delicious
 
160923d5c500
 
前日に使ったワカメ入りのハンペン、それが2個残っているので、使ってしまいます。
ダイスカットして、キュウリと一緒にニンニク炒めにしました。
 
太白ごま油、スライスニンニク、キュウリ、ワカメ入りはんぺん、コチジャン、みりん
 
160923d5a500
 
コチジャンの味付けです。なので、ちょっと赤茶っぽい仕上がり。
コチジャンなので、こちらもピリリとした味。
 
大概、材料を見て、調味料をどうしようか考えるのですが、これはいい結構イケました。
 
 
160923d6b500
 
サバ缶と大根おろしをのせたサラダ
サニーレタス、サラダ菜、キュウリ、大根おろし、醤油味のサバ缶、ピリ辛の香味醤油タレ
 
最後にもう1品!
 
160923d7a500
 
鶏もも肉1枚を薄味でマリネ(紹興酒・しょうゆ)していたので、から揚げにしました。
ザクッと切って、上にみじん切りのミニトマトをソース代わりに。
 
他、わかめと青菜のみそ汁。
 
凄い量を食べました。いつもは食べない時も多いお米もお代わりしちゃったし。大変です。
 

2016年9月23日 (金)

家具がカビる。。

9/22(木祝)は秋分の日。
祝日をすっかり忘れていて、朝7時になっても起きないオットを起こしてしまいました。coldsweats01
朝から土砂降り。
 
向こうの家のメンテに出掛けようと思っていたので、参りました。
 
でもこの日に行かなければ、週明けになってしまうわけで、迷ったけど昼前に家を出て頑張っていってきました。
 
前の家のメンテは私の仕事、と思っているので、ヒマでもオットは行きません。
 
朝ごはんはとっくに済んでいるので、昼夜のごはんは冷蔵庫に準備しておきます。
1時間半後、向こうに着いたらいよいよ雨がひどくなっていました。
玄関周りが葉っぱで散らかっていました。
 
室内へ。引き出しや戸棚、クロゼット、押し入れ、物置等々、ありとあらゆるところに入れてある除湿剤をチェック。
家じゅうに、細長いプラスチックに入った、詰め替えタイプのドライペットを入れてあります。
 
一体幾つあるんだろう。数えたことはないけど、200個くらいはあるかも。
 
先月替えたばかりのにも、しっかりと水が溜まっています。
 
たまっているものを出して取り換えましたが、なん十個か替えました。
 
160922drypet500
 
すごいよね。
 
除湿剤を入れてなかったら、引き出しやクロゼットの中で、この水分はどういうことになってたのか。
 
箪笥には着物も入っているので、湿気には厳重注意です。
家の外面に接している場所の戸棚、押し入れなんかには、確実に湿気が来ているので、何も入っていなくてもアブないです。モノが入っていれば、いよいよアブナイです。
 
夕方頃にようやく小降りになったので、外回りを掃除し、玄関の汚れを水で洗い流す。
 
やっとこさ終わって、家の中をふと見たら、最初気づかなかったんですが、1階の家具全部にカビが生えているのを発見。coldsweats02 ギョッとしました。
暮らしてないと、長雨の時は家具がカビる。家じゅうがカビると思う。
暮らしていても、家具の内部にカビが生えます。衣類もカビます。
 
だから大量の除湿剤を入れてるんですが。
入れてなかったら、もっとひどいことになってたかもしれないです。ぞっとしますよね。
 
テレビ台もテーブルも椅子も全部、カビが付いていました。
 
すぐに洗剤で拭けばきれいになります。。
 
気が付いてよかったです。そのままにして、1週間ほおっておいたら取り返しがつかなくなったかも。。。
 
住んでもいない家をメンテするって、本当に空しい気分。毎週行ってるけど、毎週毎週やりきれない気分をほぐすように鼻歌歌いながら掃除して車のメンテしてます。
20年、大事にきれいにして暮らしていた家だったんですけどね。
またそこへ戻る気がある(オット)から、こうしてメンテしている(私)のかもしれません。
 
庭に出たら、柵が何か所も壊れかかっていて、下のおうちに落ちそうになっていました。
 
応急処置で針金で縛っておきましたが、早めに業者さんに修繕をしてもらう必要があります。
 
車も動かさないといけないので、その後町を1周してきました。
 
 
オットにLINEで状況説明をしたら、「お互いがんばろう!」 というブタとパンダのスタンプが返信されてきました。「お互い」、とは? 
 
私: 「何か(今)頑張ってたのかな?」
 
オット: 「何もしてないよ。ゴルフの素振りしてごはん食べてただけ。」
 
スタンプは正しく、的確に使おうよ!!!
 
 
行きも帰りもいつもと違うコースを使ったんですが、帰りはバス、電車、バスを乗り継いで。
また1時間半の8時過ぎにようやく帰宅できましたが、くたびれました。
 
私の仕事の一つと思って、深く考えずにメンテに通おうと思います。来週は火曜日に行きます。
あれこれ考えずに動くっていうのも、私には大事なんだろうなあと思います。
 
 
 

2016年9月22日 (木)

ハンペンとエリンギのオイスター炒め

 
9/21(水)の晩ごはん
 
前記事で朝ごはんを載せたんですが、同じ日の晩ごはんです。
 
 
160921d1a500
 
とりあえず、いつもの冷奴を。小葱、ミョウガをたっぷり。
 
160921d2a500
 
レンコンのキンピラ
 
いつもよりもピリ辛でになりました。鷹の爪1本が効きました。シャキッといい具合に、いい薄味にできました。
 
太白ごま油、鷹の爪、レンコン、薄口だし醤油、みりん
 
160921d3a500
 
生活クラブのハンペンがしっかりしていて、好きです。ワカメ入りっていうのを購入していたので、使ってみました。小さいのが4個入った冷凍パックです。解凍して、2個使いました。
 
 
160921d4a500
 
ハンペンとエリンギのオイスタースース炒め
 
スライスして、エリンギとハムと一緒に炒めました。ニンニクが効いてます。しょっぱくなり過ぎないよう、オイスターソースは少量で。
 
オリーブオイル、ニンニク、ワカメ入りはんぺん2個、エリンギ1パック、ハム、オイスターソース、みりん
 
1609216a500
 
みりん漬け鮭、大根おろし
 
160921d5a500
 
超簡単な盛り合わせサラダ
 
サラダ菜、サニーレタス、ミニトマト、シーチキン
 
他は、お味噌汁、雑穀ごはん
 
 

バターのこと

今朝は大雨です。
 
ちゃんと天気予報を見てなかったんでしょうかね、私。回復するものと思ってたんです。
今10時台、今日これから出かけるんですが、夕方には上がってるといいな。
 
 
9/21(水)の朝ごはん
 
平日のいつもの朝ごはん、↓私用。オット用には卵がつき、もうちょっとボリュームあります。
 
160921b500
 
サニーレタス、トマト、パストラミビーフ、ココアベーグル1/4+イチゴジャム
イチゴジャムをのせてるけど、ここにバターものせて。
コーヒーはこの日はやめて、脂を溶かすべく、ウーロン茶です。(無駄な抵抗だけど)
 
 
近くのスーパーでカルピスバターが割引になっていたので、思わず買ってしまいました。
帰宅してすぐに小分けスライスしぴっちりラップし、すぐ使う分を残して冷凍しました。
 
160921butter500
 
バター、大好き!
 
しかも昨日から、カルピスバターですよ!
口に入れた後にとろりと残る旨みが、他のバターと微妙に違ってて何とも言えない美味しさ。
 
食べ過ぎないように、最初に少量を切り出してお皿に置いたら、バターケースはすぐに冷蔵庫にいれることにします。
 
 
パンにはジャムとバターをのっけて食べるんですが、困ったことにやめられません。
 
バターは塗るものではなくて、バターナイフでカットして、パンにのせるんです。
 
しばらく前に読んだ誰かの文章にも、同じことを書いているのを見ました。(阿川さん?)
読んだ時は、パンっと膝を打って(笑)「その通りだよね!」と意を強くしました。wink
私の子供の頃のバターは今よりももっと堅くて、よくパンにバターを塗るだなんて書いてるけど、ちょっと常温に置いたくらいではパンには塗れません。
 
ナイフでえぐってパンにのせ、バターの味を味わって食べるもの。
そう思っている、バター好きの私であります。coldsweats01
私の父は田舎生まれにしては相当珍しいハイカラさんだったので、朝のパン食、レギュラーコーヒー、バター、洋食等々が、我が家では物心ついたからごく普通。バター好きも、4人きょうだい皆同じ。
 
子供のころからの習慣は幾つになっても変わりませんね。
少し前にもきょうだいに、パンにはジャムとバターをたっぷりのせる、と言ったら「同じだよ」と言われました。
 
バター大好き。
だけど量にはくれぐれも注意して、美味しいバターを食べて使っていきたいです。
 
 

2016年9月21日 (水)

豚肉と野菜の蒸し焼き

9/20はトールペイント教室の日で、早朝出掛けて暗くなってからの帰宅となる予定だったので、前夜のうちに1品作っておいたのですが、結局お休みしてしまいました。
 
6時の電車に乗るには体調悪すぎ。夜更かししてたし。coldsweats01 台風で大雨だったし。coldsweats02
お天気が回復しつつあるので、家のメンテには、明日、行きます。
 
9/20(火)の晩ごはん
 
前夜から仕込んでいた、豚肉の蒸し焼きがメイン。
 
だいぶ前になりますが、有元葉子先生の教室で教わってきた料理。何度も載せてます。
シンプルなんですが、何度も何度も作って、我が家の味になったかも~happy01
 
豚肩ロース塊に塩を擦り込んで半日置き、オリーブオイルでニンニクと共に厚手の鍋で焼きつけます。
(最初に脂身の方から焼き付けます)
 
今回は野菜は有り合わせ。玉ネギと人参とミニトマト
 
たっぷりのミニトマトは絶対です。(旨みの濃いソースになります。)
鍋はしっかりと厚手のを使います。
 
160919pre4a500
 
皮を剥いた玉ねぎと人参を丸ごと入れて、軽く塩を振り、一緒に軽く焼きつけます。
上にミニトマトをたくさんのせて、蓋をして弱火で蒸し焼きしていきます。
 
オリーブオイル、ニンニク(皮を剥いて丸ごと数個)、豚肩ロース塊肉、玉ネギ、人参、ミニトマト、塩、粒コショウ
 
160919pre5a500
 
蓋をして蒸し焼きしているうちに、野菜の水分がかなり出てきます。
豚の脂と共に、旨みが染みわたってきます。
 
いつもは水分は入れないんですが、今回は、途中でシェリー酒を少し振り入れました。
 
160920d1a500
 
4,5時間弱火で蒸し焼き。今回は夜2時間ほど、翌日3時間ほど過熱しました。
 
野菜、トロトロになってます。
 
160920d2a500
 
全部を盛りつけました。
 
最後に数分ですが強火にしてしまったのがいけなかった。ソースが黒っぽくなってしまってるのが残念。余計なことをしてしまいました。。
 
160920d3b500
 
ソースが黒っぽくなりましたが、美味しかったです。
 
私が続きの料理をしている間に、オット、これを2/3 平らげる。。
 
その前に、タコのカルパッチョ(写真ナシ)も食べてしまってる。
 
 
160920d4a500
 
サラダ
サニーレタス、ミニトマト、(大山ハムの)パストラミビーフで巻いたキュウリ
 
160920d5a500
 
かぼちゃを蒸し焼きしました。
オリーブオイル、水、スライスニンニク、塩、コショウ
 
160920d6b500
 
こちらもとても美味しくて、こんなすごい量なのに食べつくしました。
お米のごはんナシ。かぼちゃ食べたから要らないですね。
 
オットは少し前からジム通いをしています。
減量したいってことなんですが、我が家のこの日々の食事では、筋肉増強は可能でも、減量は無理かも。
 
 
 

2016年9月20日 (火)

豚ミンチのソーセージもどき

9/19(月祝)の晩ごはん
 
160919d1a500
 
タコのカルパッチョ
 
届いたタコは冷凍なんですが、開けたらとても細くて、ちょっと残念なタコでした。
 
セロリとニンニクを多めにしたんですが、これで何とか美味しく食べられました。
 
160919d2a500
 
鶏もも肉のトマト煮
 
鶏もも肉、オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、
玉ねぎ、 シメジ、パプリカ、トマト、トマトソース、塩、コショウ、シェリー酒
バジル
 
バジルは家のコンテナ植えのものです。終わりが近づいてきました。
 
160919d3a500
 
豚ミンチをソーセージ風に焼きました。(1面ずつ軽く焦げ目をつけて焼き、3面を焼きます)
 
肉に混ぜ物をしない方がソーセージらしいんですが、玉ネギを入れてソフトにしました。
 
豚ミンチ240g、極細みじん切り玉ねぎ1/2個分(+小麦粉少々)、シェリー酒、塩(ハーブ入り)、醤油ちょっと、コショウ、クミンパウダ、パセリ(ドライ)
 
クミンパウダを効かせて種を作ります。焼き縮むので、出来るだけ細長く形作ります。
この分量で生活クラブの豚ミンチ1パック分(240g)です。
 
160919d4a500
 
ケチャップとマスタードをつけて食べましたが、とっても美味しかった。
 
 
 
晩ごはんの片づけ後に、翌日の下ごしらえをしました。
 
明日9/20はトールペイント教室の日で、早朝から出掛けるつもりで、晩ごはんの下準備をしたんですが。
 
お稽古はお休みすることになるかもしれません。。
 
 
160919pre2a500
豚の塊肉と野菜の蒸し焼き
 
160919pre6a500
 
蓋をして、4,5時間弱火で蒸し焼きします。まだできていません。
 

2016年9月19日 (月)

スカイツリーに行く

3連休に入る前日、オットが3連休だって気づいたようで、急にスカイツリーに行く、と言い出しました。今頃どうしたの?と思う。

恥ずかしながら、私は一度もスカイツリーに上ったことがありません。

一度だけ傍まで入ったことがあるんですが、その時はただ見上げて帰ってきただけ。coldsweats02
何しに行ったのか、その時はさっぱり意味不明。。


オットはスカイツリーのオープン日に上まで行ってきているので、これまで一緒に行こうとは言わなかったんですが、急にいったいどうしたことかな、と思います。

しかもお天気がイマイチだというのに。


で、その金曜日の夜、日曜日9/18のお昼の予約を取りました。
(ネットでチェックしてから、セブンイレブンへ行って、予約券を購入。ネットではクレジットカード払いなので、オットは嫌だったんだって。)
 
そうしたら、その日の夜中1時近く(もう土曜日)、次男からラインで「日曜日に遊びに行ってもいいかな?」と連絡がありました。
 
凄い時間に連絡してくるもんだね。呆れます。まだ起きてるって、良く分かってるね。
次男はその時間が会社からの帰宅時間だったんだろうと思います。。。


160918sky1a500
次男一家も一緒にスカイツリーに行くことになりました。

次男は土曜日の昼にセブンイレブンの予約機でチケット購入。(ネットで買えるのは2日前まで?前日分は載ってなかったらしい)

我が家の近くまで車でやってきた次男一家。車を格安の駐車場に入れることができました。

1歳半児を連れ、電車を乗り継いで、スカイツリーに到着。
見上げて、みんなで写メを撮る。撮りたくなるもんですね!

スカイツリーの建物内は3連休のせいなのか、それとも普段からこうなのか、ものすごい混雑でした。
先にランチをと思ったんですが、どこもかしこも大行列が出来ていて、時間に余裕がないと食べられません。
なので、私たちは一足先にスカイツリー展望デッキへ。
 
私たちよりも30分遅れの予約時間の息子一家は、ソラマチ3Fのショップでお惣菜を買って、ランチ代わりにしたらしいです。(後で、お惣菜がすごく充実してて良かった、と言っていました。)


160918sky2a500

予約入口から入って列に並び、予約券を引き換えて、いよいよエレベーターに案内されて乗り込みます。
予約者の列は大したことがなく、すぐに順番がきたけど、当日券の方は物凄い大行列でした。
 
4基のエレベーター内は四季の内装になっていると説明されました。

私たちの↑これは夏、だったんでしょうか??
江戸切子が埋め込まれていて、見とれました。きらめいて美しかったです。
 
「フロア350」に、あっという間に着きました。



160918sky3a600

↑「フロア350」からの眺め。
真ん中の右端が浅草。浅草寺が見えるような見えないような。。(見えてます!)

晴れてはいないんですが、風で雲が飛んだのか、眺望は悪くない日でした。
快晴だったら富士山は見えたんでしょう。さすがにこの天気では見えませんでした。


160918sky4a500

スタンドでアイスを食べました。ブルーべりーのお酢のソースがけ。
ウェハースのようなちょっと違うような、スカイツリー絵柄入りのが可愛いね。
 
160918sky5a500

さらに100m上に上ってみました。「フロア445」へ。別料金です。いいシステム作ってますよね。(泣)
 
見たところ上には行かない人が結構多かったような。
家族全員で上がったら、びっくりする値段になりますもんね。
私たちは、「ここまで来たら上がろうよ、2度めはもうないから」と皆で行くことにしました
下の展望台と違って、緩い坂道になっています。
ゆるゆる歩いて行くと、450mの一番高いところがあります。(ソラカラポイントは、451.2m)

160918sky6a666

Yちゃんは下を見ても平気みたいだね。
 
 
下の階(フロア340)にはガラス床もあって、ガラスに乗って下を見ている人がたくさんいましたが、私は遠慮しました。
 
160918sky6c550
 
スカイツリーからの眺望、満喫しました。下に降りて少しお買い物をし、電車に乗ってひと駅の浅草へ。

電車を降りたら雨が降ってきたんですが、しばらくしたら止んだのでほっとしました。



160918sky7a550

こちらの混雑ぶりもすごかった。
アジア系の人が多いので、ぱっと見はわかりづらいんですが、外国人比率、相当高いです。

 
この日は1万1千歩ほど歩きました。思ったほどではなかったんですが、人混みの中を歩いたので疲れました。
 
電車を乗り継いで帰宅。
一緒に近所のお店で早めの晩ごはんを食べ、息子一家は車で帰宅しました。

小さな子供のいる家族は本当に大変ですよね。もうすっかり忘れてしまいましたが、こうやって振り返ると子育ての頃のいろんなことを思い出します。


子育ての事よりも舅姑のことでは実に大変なことが限りなくあったんですが、ほぼ思い出になりました。
 
過ぎてしまうと苦しかったことは忘れるものですね。


うちの子供たちは、私たちから言い出さなくても、忘れたころに声掛けをしてくれるので、嬉しいです。
同じ都内に住んでいるけど、それぞれ会うのは2か月に一度、っていうところです。
でも、3人いるからね~


息子やお嫁さんには面倒くさいことを言わず、あっさりさっくりとした付き合いをしていくつもりです。娘にも同じです。もちろん出来る限り優しく親切にはするけど、必要もないのに、入り込むのは避けたい。
向こうだって同じだと思う。べたつくところからは離れたいと思うもんでしょ。
それと、自分の楽しみは自分で作っていこうと思う。
人を当てにすると、思い通りの成り行きにならなかったら、不満が出てきますから。


年長者がひがんだリ面倒な事を口うるさく言いたてたりするのは、実に情けないです。
そういうのを長年味わってきたので、私はそうはならない、と決めている。何かあっても前向きに楽観的に向き合うようにしたい。
あえてこうやって書いて、自分を戒めたいと思ったりもします。
 
次男はこの翌朝は会社へ出勤。
一応3連休にはなってはいるんですが、出勤せざるを得ないブラックです。
体調を壊さないようにね。
 

パスタで晩ごはん

ごはん写真の続きは、9/17(土)の晩ごはん
 
超簡単なので躊躇する写真だけど、週末の家ごはんはいつも以上に簡単。
有り合わせで、お昼ごはんのようなパスタ、晩ごはん用に作りました。
 
160917d1a500
 
オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、ベーコン、玉ねぎ、パプリカ、シメジ、ブロッコリ、トマトソース、塩、コショウ
 
160917d2b500
 
サラダ
サニーレタス、キュウリ、トマト、シーチキン+甘酢漬け玉ねぎ+マヨネーズ
 
160917d3a500
 
パスタには不釣り合いだけど、海藻のスープ
 
簡単な晩ごはんだけど、結構これでおなか一杯。
この日から3連休でしたね。
 
 

卵入り月餅

9/16はオット会食があり晩ごはんはナシでした。


予想外に帰宅が早かったんですが、しっかりと食べたんでしょうか。家では食事の量が驚くほど多いので、パーティーなんかの量ではきっと足りないかも。

一応は「何か作ろうか」と聞いてみます。coldsweats01


要らないって。
 
良かった。wink
 
160916geppei1a500

夜だけどちょこっとだけ甘いお菓子を。


160916geppei3a500
 
中に小さな卵が入った月餅があるので、味見してみました。
 
ウズラかな~?
 
塩漬け卵らしいのですが、しょっぱくはありません。


この月餅、アンがまったりとして、とても美味しい。

横浜中華街で売っている月餅も食べたことがありますが、味わったことのないコクのあるアンで、しっかりと練られて本当に美味しいです。
シンガポールのマリーナベイサンズの月餅。
 
小ぶりなんですが、結構なお値段でした。


卵を入れた月餅が今の時期(9月)のスペシャルらしかったです。卵いりって初めて。
見たことないので、それ何?!ってびっくりしました。


他のお店でも、卵1個入り、2個入り、と言うのを見かけたので、あちらでは珍しくないんでしょう。もしかして、知らなかったのは私だけかもしれません。
これは真空パックされているので、開封しなければ1か月持つとのことでした。


9/7~9/11にブルネイとシンガポールに旅行に行ってきたので、その時のお土産の一つ。


大量の写真がそのままになっているのでまだ記事は書いていませんが、そのうちに載せられたらいいです。他にもたまってるものがあるので、それっきりになる可能性もアリなんですが。

 

写真を整理しようと思うのがそもそも間違いかもしれません。
1枚か2枚をバシッと載せて、数行の文章を入れて終わりにするっていうブログもアリですよね。
 
ただ、私は書いているうちにどんどん長くなってしまう。。wink


 

2016年9月15日 (木)

枝豆のかき揚げ

9/15(木)、今日の晩ごはん
 
「今日の」って書くなんて、最近はなかったかも~coldsweats01 (たまりにたまった写真。まるで更新がすすんでいません。1週間遅れが普通になってます。。)
(この2週間分が滞っているのですが、適正な場所に、後で押し込みます。よろしく。coldsweats01
 
 
前記事に書いたように、前日に注文した枝豆が午前中に届いたので、晩ごはんにも1品、超シンプルだけど枝豆のかき揚げを作りました。
 
何しろ5キロの枝豆を茹でてはぷちっと剥き、茹でては剥き、していたので、狭い我が家は枝豆の匂いで充満。
あっちに行ってもこっちに来ても、かなり匂っていました。美味しい香りなんだけど、結構強烈。
 
160915d3b500
 
枝豆だけのかき揚げ
 
ついでに、ジャコだけのかき揚げも。
 
ジャコは少し前に日本橋の島根物産館(にほんばし島根館)で買ってきたジャコです。
(冷凍してます。すごく美味しいの。)
 
160915d4a500
 
1種だけのかき揚げって、素材の美味さが伝わりますね。
 
160915d2a500
 
牛肉とインゲンのオイスターソース炒め
 
片栗粉をまぶした牛肉を揚げておき、炒め煮したインゲンとさらに炒め合わせて中華風に。少しピリ辛です。
 
牛肉、片栗粉、ごま油、インゲン
みじん切りニンニク、オイスターソース、醤油、みりん、紹興酒、豆板醤
 
160915d5a500
 
サラダ
 
サニーレタス、紫玉ねぎ、マカロニサラダ(マカロニ、玉ねぎ、キュウリ、ブロッコリ、茹で卵)
 
160915d6a500
 
鮭と玉ねぎの甘酢炒め
 
牛肉同様に片栗粉をまぶして唐揚げにし、玉ねぎと炒め合わせて。
 
ごま油、鮭、片栗粉、玉ねぎ
みじん切りニンニク、甘酢、醤油、みりん、砂糖、豆板醤
 
160915d1a500
 
一番最初に出していた、茹で枝豆
 
ビールのお供はこれですよね!(って、私は下戸ですが。coldsweats01
 
枝豆は止まりませんね!!(私は中国茶で枝豆パクパク)
 
 
 
 

枝豆5キロ

前回の続きの旅行写真、ごはん写真が大量にあるんですが、今朝、注文していた枝豆が届いたので、とりあえずその分を載せちゃいますね。
 
 
昨日の午後、枝豆を作っている農家にメールして枝豆を注文をしました。
北の街ならば、枝豆はまだぎりぎり大丈夫。最終は9月下旬かな。
 
8月から収穫のようですが、今年は今回が初めての注文になってしまいました。
なので思い切って5キロお願いしました。
 
今朝、その枝豆が届きました。
昨日の朝採れ枝豆を夕方の宅配便で送ってくれたんですね。
 
早いね。びっくりです。
 
160915eda2a500
(「あきた香り五葉」と言う種類です)
 
5キロってすごい。
 
一瞬ビビるけど、でも大丈夫。
去年は3キロを、確か2度(別種類)送ってもらっています。
 
私の妹は、(その農家に)4,5種類ある枝豆を全種類(採れた順に)3キロずつ送ってもらっているので、それを考えたら、私は少ない。
 
 
160915edamame1a500
 
茹で用の大鍋があるので、それで4回茹でる。
5キロが4回だけで終了だから、なんてことないでしょ。
 
160915edamame2a500
 
お湯を沸かして塩もみしたものを湯がく。数回アクをすくいます。
その間に茹で上がったものをぷちっと剥いていくので、躊躇せずにどんどん作業。
 
160915edamame3a500
 
1時間半ほどかかって、塩もみし、茹でて剥いて、冷凍の準備が完了しました。
使った道具の洗い物も全部済ませています。
 
160915edamame4a500
 
冷凍するのは、この量↑
 
凍結しかかったら、数回揉んでおくと、バラ凍結となりますよね。
 
卵焼き、ゼリー寄せ、炊き込みご飯、パエリア、ミートローフ等々に使います。
お正月はまだ先ですが、お正月用にもあれば有り難い食材です。
前回も春先まで使っていきました。
それを考えたら、すぐにもう一回注文してもいいかな。
 
こちら↓は、今晩用。
 
160915edamame5a500
 
オットのビール用にそのままのを。
 
剥いた分は簡単にかき揚げにしようかな。
 
 
 

2016年9月12日 (月)

宇奈月温泉でのごはん

「延楽」という和風旅館に1泊しました。
 
チェックインして、すぐにお風呂へ。その後すぐに夕食。(6時半)
お品書きはありませんでした。
写真だけ載せますね。
 
160901unazukikurobe169a500
 
 
160901unazukikurobe170a500
 
 
160901unazukikurobe171a500
 
 
160901unazukikurobe172a500
 
 
160901unazukikurobe173a500
 
 
160901unazukikurobe174a500
 
 
160901unazukikurobe175a500
 
160901unazukikurobe176a500
 
 
160901unazukikurobe178a500
 
 
160901unazukikurobe179a500
 
 
160901unazukikurobe180a500
 
 
160901unazukikurobe181a500
 
きれいに作られたお膳でした。美味しかったと思います。
 
オットは立山で泊まった「森の風 立山」の食事が大層気に入っており、こちらを褒めませんでしたね。
 
 
翌朝のごはん
 
朝も部屋食です。7時に布団を上げに来て、直後に食事が運ばれてきました。
 
160902a3una550
 
朝からこんなに食べたら大満足です。満腹で動けなくなりました。
 
ただ、今まで寝ていた部屋ですぐに食事、というのは個人的にはあまり気持ちの良いものではありません。
部屋数のあるもっと値段の高いお部屋を取ったら、きっとそんなことはないでしょうけど。
 
ただ、埃のまったく立たないお布団だったようで、部屋が埃まみれにならないよう、そこはちゃんと考えているように見受けられました。
 
160902a5una550
 
食事後、すぐに出発します。
 
160902a7una550
 
最寄り駅の宇奈月温泉駅前の噴水は、温泉でした。湯気が立ってる~
 
160902a8una550
 
この後、宇奈月温泉駅から電車に乗り、新幹線乗り着き駅(黒部宇奈月温泉駅)へ向かいました。
 
10時26分発の「はくたか」に乗って、金沢へ行きます。金沢11時2分着。続く。
 
 
 
 
 
 

宇奈月温泉から黒部峡谷へ

立山に2泊した翌9/1(木)、立山駅から電車で宇奈月温泉に向かいました。
 
160901unazukikurobe9a550
 
駅のロッカーに荷物を置き、トロッコ電車に乗って黒部峡谷の旅へ。
宇奈月から終点の欅平(けやきだいら) を目指します。
 
160901unazukikurobe10a550
 
よく見かけるのは↑こちらのタイプなんですが、オットは↓下写真のリラックス車を選択。
 
峡谷を走るのに、これ↑だと心もとないんだそうで。。吹きさらしはいやだって言うの。鎖から落ちそうって。
 
↓↓これでも構わないけどね。。でも遊園地みたいで↑↑こっちの方が楽しそうじゃないですか?
 
紅葉の中を走るトロッコ電車は、この↑↑オープンタイプが載っていますよね。
 
ま、どっちでも構わないので、オットの希望通り、↓↓このリラックス客車に乗車。
窓がきちんとついていますね。シートもオープンタイプよりもしっかりしています。
空いている時期だったので、切符はすぐに買えました。
 
160901unazukikurobe11a550
 
11時6分発
 
160901unazukikurobe21a550
 
青空の下、濃い緑の山々。
 
160901unazukikurobe22a550
川に沿って山肌を削って作られた線路を、トロッコ電車は奥へ奥へと走っていきます。
160901unazukikurobe31a550
 
途中、ダムもあります。発電所でしょうか。
 
160901unazukikurobe46a550
 
何が溶けているのか、水色がすごい。見とれてしまいました。
 
160901unazukikurobe141a550
 
終点の欅平
 
160901unazukikurobe56a550
 
 
この欅平から、猿飛峡へ行ってみることにしました。
 
川幅が狭く、サルが飛び越えたことからついた名前、とのことです。
アップダウンする細い道を徒歩で20分ほどでしょうか。雨が降っているときは危ない道です。
 
160901unazukikurobe60a550
 
狭いトンネルがいくつもあります。
 
160901unazukikurobe73a550
 
岩を削って作ったのがわかる大変な小道。
 
160901unazukikurobe75a550
 
きれいな流れ。水色が美しい。
 
160901unazukikurobe76a550
 
このトンネルを通りました。狭いです。
 
振り返ってみても、よく作ったもんだなあと思います。
黒部渓谷鉄道同様に、山肌ぎりぎりの工事だったんですよね。
 
160901unazukikurobe82a550
 
 
猿飛へ到着!とてもきれい!
小さなあずまやがあります。
 
10分ほどいて、来た道を戻りました。
 
途中で草刈りをしている人に会ったので、「ご苦労様」と声をかけてしまいました。さっきはいなかった人です。
あたり一面草だらけなのに、どうして草刈りかな?と思って尋ねたら、道を塞がないように、とのことで、「何でもやるんだよ」と言われました。
 
その人には後でビジターセンターでばったり会いました。欅平を守るスタッフさんのお一人だったようです。
 
 
160901unazukikurobe103a550
 
この赤い橋を渡って祖母谷(ばばだに)温泉方向へ行ってみることにしました。
祖母を「ばば」と読むなんて、スゴイよね。
 
160901unazukikurobe109a550
 
 
160901unazukikurobe115a550
 
この後しばらく歩き続けましたが、途中で断念しました。
 
祖母谷まで行って戻ってきた人にも途中で会ったんですが、「まだ先ですよ」と言われ、帰りの電車も気になり、戻ることにしました。
 
160901unazukikurobe117a550
 
欅平にはこういう景色があるだけですが、峡谷の迫る山肌を流れる川を眺めるのも、別世界で楽しい。
 
前述のスタッフさんには、「何もないね」と言うお客さんもいますよ、と言われましたが、お土産物屋さんとか、この景色には要らないでしょ。
 
夕刻のトロッコにまた乗りました。
 
160901unazukikurobe142a550
 
何度見ても不思議な色。
 
途中途中の見どころを、行きと帰り、室井滋さんが車内放送で解説しています。
 
160901unazukikurobe150a550
 
長い車両なので、カーブではこんな風に連結車両が見えます。
 
紅葉の時期はどんなに美しいことでしょう。でも混雑して、切符を買うのもきっと大変かな。
夏休み、特にお盆の頃も混んでることでしょうね。
 
お天気にも恵まれ、空いていて、この時期で私たち的には正解でした。
 
この日は、宇奈月温泉に一泊しました。「延楽」と言う宿です。
 
160901unazukikurobe167a550
 
ネットで予約したんですが、私たちのスケジュールにぴったり、この日しか部屋が空いていませんでした。
 
一日歩いて汗もかいていたので、食事の前にお風呂に行きました。
食事は晩も朝も、部屋食が基本の宿でした。
お風呂から戻ったら、お膳がお部屋に運ばれている最中でした。
 
食事の写真は次で。
 
 
 
 
 
 
 

2016年9月 7日 (水)

立山駅から黒部湖へ

 
記事の通り、翌朝(8/31、富山二日目)、立山駅から一気に黒部ダムのある黒部湖へ向かいました。
 
 
立山駅→→美女平・・・・・・ケーブルカー
美女平→弥陀ヶ原→天狗平→室堂・・・・・・バス
室堂→→大観峰・・・・・・トロリーバス
大観峰→→黒部平・・・・・・ロープウェイ
黒部平→→黒部湖・・・・・・ケーブルカー
 
 
160831tateyama28a550
 
(立山駅から美女平に向かうケーブルカー )
 
8月の終わり、しかも台風がこちらへ来るかそれるかと言うきわどい時期だったので、人出もさほどではなく、どの乗り物もすんなりと乗車できました。
 
同じ夏でもこれがお盆の頃だったら、モリモリに混んで大行列だったことでしょう。
これからの紅葉を迎える頃には、またきっと乗り物の予約もままならないことになるんでしょうね。
 
美女平からバスに乗って室堂へ向かいます。
 
160831tateyama39a550
 
景色がどんどん素晴らしくなっていきました。
一面緑でも圧倒されているのに、花の季節、紅葉の時期、どんなにすごいか。
 
雨後の風で空は澄み渡り、抜けるような青空。向こうまで山々がくっきりと見えます。
 
室堂は帰りに見ることにして、大観峰から次の乗り物、トロリーバスに。
トンネルの中を電気で走ります。
室堂→大観峰は、山のど真ん中をぶち抜いてトンネルを作っています。
 
山の2千数百メートルの高さところを、こちらから向こう側にぶち抜いてトンネルにしてしまっているって、すごい。
 
 
続く大観峰から黒部平まではロープウェイ。
長い距離なのに、途中に支えのないロープウェイです。
 
160831tateyama61a550
 
黒部湖が見えてきました。乗客が一斉にざわめきました。
何とも言えない感動的な美しい色。
 
強風が吹いているようで、水面に絶えずさざ波が立っているのが見えました。
 
160831tateyama63a550
 
黒部平に着き、その先の黒部湖までは、またケーブルカーです。
このケーブルカーはずっとトンネルの中。下っていきます。
 
黒部湖へ到着しました。
 
立山駅から黒部湖まで乗り物を乗り継ぎ、長い時間がかかりましたが、この険しい山を切り開いて、道を作り、乗り物でつなぎ、困難なダム建設に携わった人々の苦労に思うと、胸が熱くなります。本当にすごいことをしてくれたんだなあと感動を覚えます。
 
 
ダムに向かう前に、黒部湖の観光船の時間をチェックし、先に船に乗ることにしました。
 
160831tateyama78a550
 
船着き場に向かう途中、ダムが見えました。
 
160831tateyama81a550
 
小さな売店兼切符売りがあります。
 
船着き場は下にあるのですが、このあたりで並んで時間を待ちます。乗客は20人ほどでした。
 
すぐ近くにこんな橋がありました。
 
160831tateyama82a550
 
ゆさゆさと揺れてコワそう。渡っている人もいましたが、向こうは行きどまりのように見えました。
 
160831tateyama90a550
 
この日は湖面が30m低いとのこと。下までの距離が結構あります。
 
160831tateyama92a550
 
ダムなのでその時その時で湖面の高さが違うわけで、船着き場はゆらゆら揺れていました。浮いているのでしょうか。
乗り場をどうやって固定するのか興味あるところ。
 
160831tateyama93a550
 
↑こちらの方にはこれ以上近づきません。放水してるから?
 
160831tateyama94a550
 
上流はどうなっているのかな?この船で数キロ先にも行けると言われたような。
でも狭くなっていくので、向きを変えられなくなると言っていましたが。
 
船を下り、いよいよダムの上を歩きます。
 
 
160831tateyama105a550
 
トンネルを抜けると・・・
 
160831tateyama103a550
 
そこはダムの通路(?)だった。
 
歩けるんだね。厚みがよくわかります。
 
160831tateyama104a550
 
結構風が強い。思ったよりも。帽子が飛ばされそう。
日差しがめちゃくちゃ眩しい。
 
 
160831tateyama108a550
 
放水しているので、覗いてみます。
 
160831tateyama111a550
 
ひゃ・・・スマホ落としそう。
 
柵の外に手を出さないと撮れないです。
 
 
160831tateyama114a550
 
虹~~
 
160831tateyama118a550
 
↑写真中央に展望台があるんですが、行けるでしょうか。
 
 
160831tateyama119a550
 
美しい湖水
 
160831tateyama122a550
 
展望台に行くには、階段をどんどん登っていかなくてはなりません。強風が吹いているんですが。。
 
結局展望台には行きません(行けません)でした。コワイ。無理そうだった。
若者はスタンプラリーがあるから、と登っていきましたけど。
 
 
160831tateyama146a550
 
ダムを後にし、黒部湖から再度ケーブルカーに乗ります。狭い穴の中を進みます。
 
160831tateyama159a550
 
また、大観峰。
行きでは立ち寄らなかった展望台へ。
 
こんなすごい晴天は珍しいとのことです。
 
午前中、運よく晴れても、午後は崩れるというのですが、この日は一日、このお天気。
山々の景観図(?)そのままの景色が、奥にある山まで全部見えました。
 
160831tateyama161a550
 
この通りのが全部見えました。
 
外人客も結構来ています。中国語が飛び交っていました。
 
この後は室堂へ。1時間コースを散策します。
 
160831tateyama162a550
 
登山姿の人が多い。遊歩道を散策というのではなく、お山のお宮まで登っていくようでした。
 
今はどうかわからないのですが、富山の子供は立山のてっぺんまで登ってお社をお参りしないと一人前とは認められないって。
本当ですか?
 
160831tateyama163a550
 
 
真っ青な空の下、室堂の遊歩道を歩きました。みくりが池、素晴らしく美しかった。
 
160831tateyama175a550
 
 
160831tateyama189a550
 
 
160831tateyama190a550
 
その先のミドリガ池も、小さいけど澄んだ美しいお池でした。
 
160831tateyama195a550
 
 
160831tateyama222a550
 
素晴らしい室堂!!
季節が変ったらまた別の美しい姿を見せてくれるんでしょう。初夏のお花の季節。10月の紅葉時。。。
遊歩道とはいえ、足腰がしっかりしていないとどうにもなりません。私に2度目はあるんだろうか。
160831tateyama236a550
慰霊碑があります。。。
 
 
 
慌てて書いているので、間違った情報を書いてしまっていたら申し訳ない。後日直すかも。。
 
 
まだまだ続きがあるんですが、今はすぐには書けません。写真も多く整理もしてないし。
ほぼ、自分のこれからの記憶の為の記事であるので、他の人にとってはつまらないですね。
 
 
7日の夕方からまた数日留守にします。9/2に旅行から帰って翌日から用事が続き、連日忙しかったです。
週明けのごはん写真3日分もあるんですが。
 
また5、6日ほどお休みします。
 
 

2016年9月 5日 (月)

富山駅から白川郷、そして立山へ1

8月の下旬から、オットは近年まれにみる長いお休みを取り、週末土日込みで9日間の夏休みでした。(長かったよ。。)
今日からまた仕事です。
 
で、夏休み行事である旅行ですが、8/30(火)から3泊で、初めて立山、白川郷、金沢に行ってきました。
オットは富山や金沢は年に1,2度何年もずっと行っています。仕事だから観光してないっ、と言ってます。。。。。
 
北陸新幹線が出来たお陰で、本当に近くなりましたね。
 
1か月前には駅ネットで予約をしていたんですが、学校の夏休みが終わりの時期でもあったせいか、新幹線は混んでいませんでした。
 
朝7時台の北陸新幹線「かがやき」に乗り、10時前にJR富山駅に到着。
トンネル多いけど、感覚的には富山は近いですね。東京から盛岡に行くよりちょっとだけ近い感じ。
 
160830toyama229a550
 
コインロッカーに荷物を預けて、富山駅前発の10時台の白川郷行きのバスに乗り込みました。
台風の動きがはっきりせず、お天気がイマイチだったせいか、バスの乗客は3人だけ。
 
富山駅から白川郷までのバスは本数が少ないのですが、この10時台のバスに乗れば、1時間ちょっとでお昼には白川郷です。
 
夕方には富山駅へまた戻るわけですが、3時台のバスがあるので、3時間半ほど白川郷を散策することができました。
 
160830toyama23a550
 
(この橋を渡ると白川郷)
 
8月上旬に、娘一家と向こうのご両親とでツアーに出掛けたようですが、団体旅行だったので白川郷では1時間も余裕がなかったようです。
お昼ごはんもあったので正味30分だったよ、と後で言われました。
それを思うと3時間半あれば、お昼も食べて一回りできて、とりあえずは十分かも。
あともう1時間あれば、とも思ったんですが。
 
160830toyama38a550
(神田家)
 
 
160830toyama49a550
(神田家)
 
160830toyama106a550
(和田家)
 
160830toyama111a550
(和田家にはお蚕さんがいました)
 
160830toyama74a550
(のどかで美しい田園風景)
 
160830toyama75a550
(小川がきれい。懐かしくてとっても可愛い風景)
 
 
160830toyama88a550
(水連池。すぐ向こうにコスモス畑があって、美しい。)
 
 
160830toyama171a550
(お花がとってもきれい。ここのお宅は民宿です。民宿もいいな。)
 
展望台に上る余裕がなかったのは残念でしたが、有名な神田家、和田家、どぶろく祭り会館、合掌造り民家園、等々、ゆっくりと見て回ることが出来ました。
 
160830toyama77a550
(ここでお昼ごはん)
 
160830toyama85a550
(べーめん=米の麺 がセットになったランチ。牛肉の朴葉焼き)
 
「べーめん」って何?と思って、尋ねてしまいました。
 
珍しいから食べてみようと注文。予想に反して歯ごたえのあるしっかりした麺でした。
なかなか美味しかったです。
べーめんの他に白ごはんも付いていて、たらふくデンプンを摂った気がする。。。
牛肉は柔らかで美味しかった。
 
他のお客さんは?と見ると、クマ肉がメインのセットランチが多かったです。
クマ肉が入った鍋物(焼き物?)の入れ物が、北海道の鮭をくわえた熊の彫り物と同じ形でびっくり。
 
 
160830toyama142a550
(豆菓子のお土産を買いました)
 
160830toyama206a550
(民家園も広かったのですが、一回りしました)
 
3時台のバスに乗り、5時ころに富山駅へ戻り、富山地方鉄道で立山へ向かいました。
白川郷からのバスは、飛騨高山へ向かうバスが多いように見受けられました。乗降客も多いようです。
富山に戻るバスは本数が少ないですが、富山→白川郷→富山、とすんなり一日で大丈夫。
東京からの日帰りも十分OKだね。
 
富山地方鉄道。ローカルなので途中途中の景色や駅風景も楽しい。
終点の立山駅で下車。駅から車で数分のホテルに2泊します。
 
 
160830toyama233a550
(立山駅)
 
160830toyama232a550
(立山駅の駅前)
右前方方向に無料駐車場があり、 車で来る人はそこに駐車して立山に登れるようでした。
 
 
この日の万歩計は、12000歩弱。
そんなもんでしたか。もっと歩いた気がしていました。
 
160830toyama239a550
(ホテルのお部屋)
広くてびっくり。2部屋付いていました。
 
160830toyama243a550
(お風呂が2つ。ヒノキと陶器。すごい。1度しか入らないのに、もったいないと思ってしまうビンボー性の私。。)
 
 
 
翌朝、立山駅から一気に黒部ダムのある黒部湖へ向かいました。
 
立山駅→→美女平・・・・・・ケーブルカー
美女平→弥陀ヶ原→天狗平→室堂・・・・・・バス
室堂→→大観峰は・・・・・・トロリーバス
大観峰→→黒部平・・・・・・ロープウェイ
黒部平→→黒部湖・・・・・・ケーブルカー
 
こういう乗り物を乗りついでようやく黒部ダムへ行きつくわけですが、よくぞ立山を切り開き道をつけ、こういう乗り物を作ったものだと驚きでした。
 
 
 
続く。
 
 

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ