2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 押し豆腐の麻婆ナスセロリとかき揚げ | トップページ | 豚肉とピーマン・しめじの炒め物 »

2017年10月15日 (日)

紅玉を煮る

生活クラブの紅玉2キロが届いたので、昨日、コンポートにしました。
2キロで10個ありました。
 
とりあえず、小さめで皮がより赤いものを5個選んで、煮ることにしました。
キレイなピンク色になるので皮ごとです。
農薬が気になるので、生活クラブのものじゃないと皮ごとにはしません。
(普通のリンゴの時は必ず皮を剥いて煮ます)
 
171014apple2a500
 
きれいに洗って、皮付きのまま4つ割りにして水に取り、水をしっかり捨てて鍋に並べ、グラニュー糖を振りかけて蓋をし、1時間ほど(適当だよ)置いておきました。
 
そのまま火をつけて煮始めました。
水は入れてません。リンゴとグラニュー糖だけ。
 
ジュクジュク熱くなったら、弱火にします。蓋はしたまま。
 
 
で、空いてるコンロ2個で晩ごはんをつくっているうちに、うっかり消しそびれてしまいまして・・・
 
171015apple1a500
 
ありゃあ。。。  煮すぎ。
 
とりあえず、触らずにそのまま蓋をして一晩寝かせておいたんですが。
今朝、恐る恐るひっくり返してみたら・・・
 
あーよかった、何とか大丈夫でした。煮崩れてなかった。
 
171015apple3a500
 
これが普通のリンゴだったらドロドロになってたかも。紅玉だったからよかったけど。
普通のリンゴは色が透き通ってきたら、火を止めてちょうどでしょうか。
 
171015apple2a500
 
小さめだったせいもあり、5個分はこの入れ物2個分でした。
このまま冷凍庫へ。
 
 
去年も紅玉を煮て冷凍していたのを新年に出したんですが、半解凍で出すとシャーベットのようで、ものすごく美味しいです。
子供家族にとても喜ばれました。
 
今回はレモンがないので入れていませんが、酸味のある紅玉なので特にいらない。
普通のリンゴなら絶対に入れなくちゃ。(煮た後にギュギュっと絞ってたくさん入れます)
 
 
田舎がリンゴの産地なので、コンポートは母がしょっちゅう作っていました。
 
芯を抜き、バターとお砂糖を詰めた焼きリンゴも、母はよく作ってましたね。
シナモンは入れてたんだろうか。入れてなかったと思う。
 
懐かしいです。
 
171015apple4a500
 
今日昼過ぎに残りの5個を切って、グラニュー糖を振りかけておきました。
紅玉は普通のリンゴよりも小さめ。
5個分に大匙6をかけていますが、これも適当。
 
今日これからまた煮ます。
煮すぎないように、今度は注意しなくちゃね。
 
 
 
 

« 押し豆腐の麻婆ナスセロリとかき揚げ | トップページ | 豚肉とピーマン・しめじの炒め物 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旬のもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 押し豆腐の麻婆ナスセロリとかき揚げ | トップページ | 豚肉とピーマン・しめじの炒め物 »