2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 毎日地味なおかずが続く | トップページ | また焼きそばですが・・ »

2018年7月 8日 (日)

担当医の最後の診察

6/26(火)お昼過ぎに病院へ行きました。
 
前回は6/12でしたが、この翌日からホルモン治療がスタート
ホルモン治療と言っても、ちっちゃな薬を一日1錠飲むだけです。
下に写真があります。
様子見ということもあってか、最初に処方されたのは2週間分だけ。
 
薬は本当に小さくて、しかもたった1錠だけ、ということもあり、
水と一緒にごくっと飲んでも、
あれ?今ちゃんと口に入った? と飲んだ自覚が感じられない状態。coldsweats02
 
6/26は、同じ薬90日分を処方されました。
薬をもらうだけなので、その後は3か月に一度、病院に通うのかな。
(検査は定期的にあるね。)
ホルモン治療は五年間やります。
十分に長いのだけど、その先もこれまた(再発が)心配。
5年以上は骨がもろくなりすぎるので、危ないから勧めないとのこと。
 
 
この日は、午後2時45分の予約で、骨量の測定。所要時間10分程度。
その後、乳外へ。
けっこう待たされました。
担当の先生の外来はこの日が最後だったので、
ご挨拶したい他の患者さんとかも来ていましたね。
 
前回書いたように、先生は7月からは他病院(大学病院)へ移ります。
本当に残念でしたが、私の場合、治療に区切りがついているわけで、
タイミング的にはあなたはちょうどよかったね、と言われました。
私の場合、この小さな錠剤以外の治療はもうしません。
 
閉経後のホルモン治療で一番の副作用は、骨粗しょう症になりやすいこと。
なので、この日の骨量測定は今後の骨量変化を見るためのもの。
腰の骨量と左足の骨量を測ってもらったんですが、
腰は同年代よりも骨量高め。左足は少し低めでした。
しっかり足りてるつもりだったので意外でした。
 
骨量を上げるために、
サプリではなく、普通の食品でカルシウム等々の必要な栄養素を摂るように、
との注意を受けました。
小魚煮干し等々を摂る、日光を適宜浴びる、ウオーキング程度の運動すること。
牛乳だけがぶ飲みするようなことは絶対にやめてね、
却ってよくないから、と言われました。
 
次回の診察は9月半ば。
薬がなくなる90日後に、新しい先生に診てもらうことになるのですが、
この6月の段階ではまだ着任していません。
どんな先生だろう。
 
 
先生に質問しました。
治療方針は病院内で決めた統一された方針なのかどうか。
先生の答えは、
病院内・科で同じ方針ではなく、個々の先生の方針で治療が進められる、とのこと。
 
これは、正直なところ驚きでしたね。
担当になった先生の考え・方針に依って、(大きくは違わないかもしれないけど)
治療が変ってくるなんて、思いもよらないことでした。
都内でも有数の専門病院なので、
どの先生もそれなりの能力・実績のある先生たちであることは間違いないだろうけど、
先生の力量次第。。。
どんな先生に当たるかによって、自分の状況が微妙に違ってくる可能性があるのは、ちょっとコワい気がする。
私の担当医は細かいところにも目配り・気配りする先生でした。
検査も徹底していたと感じています。
他の先生の治療方針がどうなのかは知る由もないのですが、
この先生でよかったと、心から思っています。
 
 
 
 
帰りに調剤薬局で頂いたアリミデックス。
ジェネリックはやめて、正規品を選択しています。
値段が結構違うので、先々も同じものを選択するかどうか不明。。
 
180627med2a500
 
90錠の薬、粒は小さいんですが、袋は大きめだったので、
袋の裏に、前回同様に90日分の日付を書きました。
飲んだら、日付に〇をします。
 
毎日毎日のことなので、飲んだかどうか、きっとわけわかんなくなると思うので、
プチっと薬を出して袋に〇したら、時間を置かずにすぐに飲みます。
置いちゃったら、うっかりそれも忘れることもあるでしょう。アブないよね。
 
それと、最後まで薬の殻は捨てない。(取っておいても大した量ではない)
わけわかんなくなった時、数数えてチェックできるように。
残っている薬の数だけじゃ、信用できないと思ってる。
あれ、薬、取ったっけ? とプチっと出したかどうかも分からなくなる日が、きっと
1度や2度はあるだろうから。coldsweats01
 
 
あっ、それからもう1つ・・・
担当医に、この薬を飲んでてどう?と聞かれたので
何にも変わってない、と答えたら、えっそうなの?と驚かれました。
 
2週間飲んでたわけなんですが、
副作用(ホットフラッシュ等々の更年期症状か?)が普通は出てるらしい。
 
私、自覚がなんにもありません。(もともとひどい汗っかきであるが、それ以上にはなってない)
薬、効いてるんでしょうか。心配になる。。
更年期の鬱々した気分も、今のところ出てないし。
 
先生に、副作用あるなしと効果は関係ない、と言われたのでほっとしました。
副作用が出ないのなら、それはそれでラッキーと思う。
どうかこの先も出ませんように。
元気な前向きな気持ちでずっと過ごせますように。
 
 
乳外の次回診察は9月ですが、
右胸の再建手術は7月にあります。
3泊4日ですが、大したことないって言われてます。
拡張器を入れてこの数か月大きくしてきたので、今、右胸は結構なボインなんです。
ナイン(死語?)に戻るのね(笑)
 
帰宅後の晩ごはんは次で。
 
 

« 毎日地味なおかずが続く | トップページ | また焼きそばですが・・ »

身体・健康」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
 通院お疲れ様でした。
主治医が代わるのは少し不安もありますね?
相性もあると私は思っております・・・。
 私の場合、ずっとあなたはカテーテル・アブレーションは
無理!と言われ続け(40代に大きな病の後遺症ありで)
不整脈(心房細動)の不安の連続でした。
お薬が合うまでは本当に何種類も試し・・・。
そして4人目の先生から「できるかどうかまず行ってごらん」とおっしゃられて
大学病院の紹介状を頂き、その結果去年4月に手術ができのですよ。
とてもありがたかったです。あのいや~な不整脈からやっと解放されて・・・。
先生とのつながりは大切ですが、その先生はイギリス留学で代わりの先生に・・・。
 minigardenさまもきっと相性のよろしい先生に当たると思いますよ。
しっかり服薬なさってまた美味しいお料理のご紹介お待ちしております。
 長々と失礼致しました。

こんばんはnight
お疲れさまでしたheart04
heart01×1000000000000000000000000・・・・
心こめて。

マコママさま
遅くなってごめんなさい。
コメントありがとうございます♪
先生との相性、確かにありますよね。
診察・検査が重なる度に信頼度が増して感謝も増していたので
とても残念でしたね。。
心房細動、テレビでも取り上げられたのを見たことあります。
人それぞれ、いろんなことがありますよね。
年齢を重ねると、自分がその人のことを知らないだけで、
病気を持ってない方が珍しいかも。
マコママさんも力のある良い先生に巡り合えて、本当に良かったですね。
6月終わりからスタートのホルモン治療薬ですが、
今のところは副作用も出ていなくて、有り難いです。
5年服用するのですが、ずっと何事もなく、と願っています。

草もみじさま
ありがとうございます。
ひと通りの治療が終わったので、正直なところ本当にすっきりです。
体調も元の元気さに戻りましたが、
今回のことを心に刻んで、今後は更にいろいろなことに気を付けて
暮らしていこうと思っています。
またどうぞよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日地味なおかずが続く | トップページ | また焼きそばですが・・ »