カテゴリー「お出かけ」の283件の記事

2017年5月27日 (土)

おかゆとあれこれ

5/17(水)は前記事のようにお昼に日生劇場に行きました。
 
 
その日のよくある朝ごはん
 
 
170517b2a500
 
お腹をこわしたオット、もう大丈夫、というのでいつもの朝ごはんに戻してみましたが、やはり食が進まないようでした。
私だけ完食で申し訳ない。
なので、晩ごはんはまたおかゆにしました。
 
 
 
 
晩ごはん
夕方まで(日比谷・銀座に駆け足だったけど)出掛けていたので、ちょっと余裕なし。。。
 
170517d3a500
 
おかゆならお代わりできるみたい。
他のおかずも結構食べてたので、良かったです。だいぶ回復した風でした。
 
170517d2a500
 
お豆腐、玉ネギを炒めて卵でとじました。
上に小葱を散らして、薄味のあんかけにしました。
 
カニなしのカニ玉風って感じ。崩れてるけど。。意外にイケましたよ。
 
170517d1b500
 
実家のある町を出る時に、知り合いからグリーンアスパラを持たされたので、新鮮なうちにどんどん食べます。
 
豚スライス肉、ショウガと一緒に炒め物にしました。
味付けはしょっつると出し醤油少々です。
 
170517d1a500
 
少し前にも載せましたが、↑しょっつるはこちら。タラのしょっつる
 
 
 
 
170517ginza500
 
この日の夕方、銀座を駆け足で通り抜けている途中に長野のアンテナショップの前を通りました。
 
銀座NAGANO→→こちら
 
さっと入って、目についたウィンナを購入。
常備している大山ハムの在庫がなくなり朝ごはんが不便だったんですが、これでしばらく助かります。
 
見た目、美味しそうでしょ。
野沢菜入りとか、行者ニンニク入りとかなの。
面白いね~
さすが長野のウィンナ。混ぜてるものが違う。
 
日本各地の物産館は銀座にも日本橋にも東京駅近辺にもあちこちにあるけど、意外な発見があったり、当地に行かなくても珍しい品が手に入ったり、懐かしいものが買えたり、面白いですよね。
日中数時間だけ歩くツアーで、物産館巡りっていうのもあるくらい。
わざわざツアーに参加しなくても自分で行けるわけだから、余裕があるときに回ってみたいです。
 
 

2017年5月26日 (金)

グレート・ギャツビーを見てから銀座SIXに寄る

5/17(水)昼、日比谷の日生劇場に行き、井上芳雄さん主演の「グレート・ギャツビー」を見てきました。
 
170517nissei4a550
 
右が宝塚劇場、並びの奥が日生劇場
 
左側が帝国ホテル
 
170517nissei3a550
 
たまたま都民劇場の会員となり、選択肢は限られているものの、チケットが少し格安で気軽に手に入り、こうやって観劇をすることが出来るのは本当に有難いです。
 
170517nissei1a550
 
ジェイ・ギャツビー役が、井上芳雄さん
デイジー役が、元宝塚星組娘役トップだった夢咲ねねさん
物語を語るニック役が、 田代万里生さん
 
井上芳雄さんの、聴く者の心を深く強く揺さぶりながらも、まろやかに大きく包み込むような美しい歌声。
凛々しい容姿、甘いマスク
 
心をえぐる悲劇的結末を迎え、何ともやるせない気持ちのまま感動の舞台は幕を下ろしました。
デイジーの犯した轢き逃げ事件の身代わりとして撃ち殺されてしまうギャツビー。可哀そうすぎます。
デイジー、いいの?それでっ!良心の呵責は感じないのっ!?
 
 
井上さんの舞台は私は久々でしたが、さすがミュージカル界のプリンス!と思いました。
 
170517nissei2a550_2
 
観客総立ちのカーテンコールでした。
 
ふらふらと劇場を出るともう4時台。
 
 
 
せっかく日比谷まで来たので、前の道を一直線に銀座に戻り、最近話題の「銀座SIX」に行って見ることにしました。
 
早く帰宅して晩ごはんを作らないといけません。
いつまでもそのまま劇場の余韻に浸っているわけにいかないのが主婦のつらいところ。
 
170517six1a550
 
銀座SIX
 
建物外がすでにゴージャス。外だけは通りがかりに2度ほど見ています。
 
一刻も早く帰宅したかったけど、ここまで来て勿体ないので、駆け足でざっくり。
エスカレーターを上って・・・また降りた、それだけ。。
 
170517six2a550
 
よくあるデパートの作りとは違ってるんだね。
表参道ヒルズのタイプ
 
170517six3a550
 
外人さん比率、高いな。
 
せっかく来て手ぶらってのもナンなので、何か買って帰ろうということで地下の食料品街へ。そちらも駆け足。
 
170517gsix1a500
 
フランスのパン屋さんが出店しているのを見つけ、クロワッサンを購入しました。
さっくり美味しそうでしょ。
右上のクロッカンも大好物の一つ。
 
クロワッサンはちょうど焼き立てが、お店の奥から出てきました。
 
 
帰宅して、パンは明日の朝、と思ったけど、こんなおいしそうなものを一日置いとくなんて、私にはできません。
晩ごはんを作りながら、クロワッサンを1個、食べちゃいました。
 
 
食べてよかった!
 
焼きたてだもの。 サクッサクッ この味を逃すなんて、もったいない。
 
最高のクロワッサンでしたよ!
 
170517gsix2a500
 
 
 
 
翌朝、クロワッサンいただきました♪
3個買ってたので、数は大丈夫!
 
(最初っから、2個は自分用、と思ってたのがバレた。coldsweats01)
 
170518b2a400
 
買った当日のすぐの方が香りとさっくり度はずっと良かったけど、美味しくいただきましたよ。
 
 

2017年5月22日 (月)

実家のクリスマスローズ

前回の続きです。
5/13(土)皆で弟の家を辞して、雨の中タクシーで最寄り駅へ向かい、仙台駅へ戻りました。
姉は東京へ行き、翌日広島へ帰る。妹はもう一泊仙台泊。翌日横浜へ。
私と母の友人は、連れだって盛岡へ向かいました。盛岡から高速バスで1時間ちょっと。
母の家にはまだ仏壇があるので、誰も行かないってわけには行きません。
妹は今回行けない代わりに、6月にご主人と一緒に母の家、更に宮城へもう一度行くことになっています。
 
 
だらだらと書いちゃいましたが、きちんと考えて書く余裕がなくなってきました。
急いで写真を載せちゃいますね。
 
 
もう日が変って、5/22です。
朝になったら、私とオットは8時頃の新幹線に乗って、広島へ行きます。
義姉から連絡が来て、急遽、そういうことになりました。
1泊して戻ります。(と思います) 数時間前にネットでホテルを予約しました。
新幹線は、チェックしたら空きは十分あるようだったので、乗る直前に東京駅で指定券を購入する予定です。
 
 
170514a15a550
実家の庭のクリスマスローズ
前回の記事で、お花はこれからかな、だなんて書いちゃいましたが、もう後半に入っていました。当たり前ですよね。。
 
花色がもっとピンクとかいっぱいあったように思ったのに、なぜか白っぽい。
どうしたことかな。。
 
170514a12a550
 
うっすらピンク色で、優し気できれい。
でももっと濃いピンク色がいくつもあった気がしてたんだけど。
 
クリスマスローズの育苗・研究をしていたいとこが、母の家の庭にクリスマスローズの花壇を作って、大事な苗を植えてくれた、そういうクリスマスローズです。秘密の花園だよって。
そのいとこは数年前に亡くなってしまいました。早すぎました。
広大なクリスマスローズの農園が残されましたが、いったいどうなったのか、私はわかりません。
人の人生ってわからないものですね。。
ここにあるクリスマスローズもこの先どうなるのだろう。
 
170515a12a550
 
家のすぐ裏に植えてあったのは、ライラックだったのに初めて気づきました。
優しい色。トールペイントでこの花を描いたことがあったけど、実際見たのは初めてだと思う。
 
170514a27a550
 
料理好きだった母が、台所仕事をしながら眺めただろう、このハナカイドウ。満開です。
170514a22a550
 
ミニアイリス、紅白の芝桜、スズラン
 
170514a24a550
 
このスズランはお隣のご主人が植えてくれたんでしょう。
お隣の玄関先にはスズランが群生していました。数年前に、オジサンに「植えといた」と言われたと思います。。
 
170515a3a550
 
お隣にご挨拶に伺ったついでに、入り口付近の写真を撮らせてもらいました。
種々の草花が愛らしく、高い木々が木陰を作って、森のような雰囲気。とても素敵。
 
母が居なくなっても、私たちは家のメンテナンスに年に数回、新幹線に乗ってここに来ます。
母が存命だったころと同様に、母の家は本当に美しく保たれています。
私の母ほど、家を美しく保って暮らした人はいない。その状態のまま。
 
私たちきょうだいが里帰りした際は、両隣りに東京土産のお菓子を持ってご挨拶に伺い、さらに親戚周りをするのが常です。
今回は、私一人。ひとりでも親戚周りはします。
 
親戚周りは、高校卒業と同時に田舎を出た時からの習慣です。大学生の時も社会人になった時も結婚した後も。母が末子だったから、父が本家の跡継ぎである長男ではなかったからという理由。
これからも続くんでしょう。この母の家がここにある限り。
その先を考えるのはまだ早いですよね。もうしばらくはこの状態です。
 
読み返す時間もないので、変な文章書いてるかも。
戻ってから微妙な手直しをするかもしれません。
 
6時には起きないといけないのに、もう1時。
大丈夫かな。もう休みます。
 

2017年5月20日 (土)

残り物晩ごはん、宮城へ

5/12(金)午後、我が家の最寄り駅で姉・姪(1歳半児も一緒)と待ち合わせし、家に来てもらいました。
姪がうちの住まいを一度見せてと言っていたのを、妹から伝えられていたので、姉が広島からやってきたこの日、宿は姪(姉の次女)の家を予定していたので、ちょうどよい機会なので一緒に来てもらいました。
姉と私は翌朝の新幹線で、一緒に仙台へ行きます。
夕方まで話に花を咲かせ、楽しい時間を過ごしました。我が家から姪の家は電車1本とはいえ、帰宅の頃はちょうどラッシュにかかっていて、ちょっと大変だったかもしれません。
 
姉と姪たちが帰ってすぐに、オットが帰宅。ちょっと残念そうにしていました。
すぐに食べ始めるのが常なので、慌てて晩ごはんを支度しましたが、仕方ない、残り物を勢ぞろいさせてしまいました。
 
 
晩ごはん
 
170512d1a500
 
ビール用に、残り物あれこれ。。
 
茶色いねえ。
 
オーブンで、マリネしていた鶏もも肉を焼きました。
 
170512d2a500
 
野菜と鶏の盛り合わせ
オット用のお皿です。
 
サニーレタス、千切りキャベツ、ミニトマト、甘酢漬けジャガイモ・人参・パプリカ
塩・コショウ・オリーブオイルのシンプルマリネの鶏もも肉
 
もうこれで十分、という有難いお言葉で、晩ごはん終了。
 
170512kure500
 
姉から、地元で最近評判になっているという「黒酢ゴボウ」 をもらったので出しています。
有名な料理家の先生お勧めらしかったですね。
さっぱりしてゴボウの旨みが効いて美味しかった。
 
 
 
 
5月20日は母の命日。三回忌になります。もう2年も経ったなんて。
翌朝10時頃の新幹線で一緒に仙台駅へ。
 
実家のあるさらに北の町にお墓はあったんですが(誰もまだ入ってない)、両親が生前に弟の住む宮城に移しました。
田舎で、代々・私たちや両親が生まれる前からずっとお付き合いのあるお寺さんから離れるというのは、本当に大変なこと。
でも地元に家族が誰も住んでいないのにそこにお墓があっても、いくら親戚が大勢いると言っても、管理・お参りは難しいです。代替わりしたら、更に難しい。
お寺さんからも完全に離れ、宮城の弟の家の近くに墓所を求めたことは、私たちきょうだい全員にとっては当然のことです。何よりも両親がそれを望んだのだし。
 
実家のある町から高速バスでやって来た母の友人を仙台駅で迎え、3人で仙石線に乗り、一足先に来ていた妹とも待ち合わせて、皆で宮城七ヶ浜の墓地へ向かいました。
弟一家、お嫁さんのご両親が風雨の中を墓地で私たちを迎えてくれました。
 
本当にひどいお天気でした。
何度も来ているけど、毎回晴天で清々しい美しい気候だったのに、この日は雨のみならず風もあって、傘が飛ばされそうでした。大急ぎでお参りする有様だったので、自然豊かな美しい墓所を眺める余裕も何もありません。最寄駅から乗ったタクシーもそのまま待ってもらっていました。
ひどいお墓参りになりました。せっかく日本本州各地から全員が集まってきたのに、こんなお参りになってしまって。。
母も父も物事に全く拘らない穏やかな性格なので、きっと笑って許してくれるはず。。。
 
その後すぐに弟の家に全員で向かいました。
 
 

2017年5月18日 (木)

根津神社と森鴎外記念館へ行く

5/5(金)前記事の朝ごはんの後、ちょっとしてからオットの希望で根津神社に行ってきました。
 
途中でオットが、お昼には少し早めだけど、外のカレーを食べたいと言うので、お付き合いしました。think
 
170505neduougai1a500
 
CoCo壱番屋に入りました。
 
私はほうれん草カレーをチョイス。辛さは1で、ごはんは少なめ。
オットは牛肉入りだったかな。辛さは2。サラダも注文。
 
滅多にはないことだけど、たまにはいいかな。
 
ようやくたどり着いた根津神社
 
170505neduougai5a550
 
この日が「ツツジ祭り」の最終日だったみたい。結構な人出でした。
 
で、肝心のツツジ・・・
 
オットが「どこにツツジあるんだ?」って言うんだけど。
 
↓ほら、ここにもあっちにも、ツツジあるでしょ、と言ったんですが。
 
170505neduougai6a550
 
「えっ、どこ?」
 
「あるでしょ、↑ほら、あそこ。」
 
「えっどこ?」
 
「そこに刈り込んでる木がいっぱい。」
 
「えっどこ?ツツジ、どこにもないよ。」
 
wobbly(あるでしょうがっ、ツツジの木がそこら辺じゅうに。花はもうほとんど終わってるけど。)
 
最終日だから、咲き具合はこんなもんですよね。もっと早く来ないと。残念だったね。
 
170505neduougai7a550
 
170505neduougai12a550
 
170505neduougai19a550
 
170505neduougai18a550
池には鯉と亀さんが。
 
170505neduougai20a550
 
屋台もたくさん並んでいましたね。
 
170505neduougai21a550
 
根津神社は2度目なんですが、前回は1年半前で冬でした。
寒々とした景色だったせいか、この日はかなり違って見え、こういう素晴らしい神社だったんだと認識を新たにしました。
 
この後、ここから森鴎外記念館が近いから行こうよ、と言われまして・・・
(私はついて行くだけ)
 
根津神社を抜け、通りに出て坂を上り・・・
 
170505neduougai29a550
 
ここが森鴎外記念館
 
鴎外の自宅跡に建てた記念館。鴎外の自宅はほど近い上野に移築されているようでした。
 
170505neduougai25a550
 
中は写真NGです。
 
鴎外は植物にも詳しく、草花を愛した鴎外の姿をあらためて知りました。
中にちょうど案内の方がいらして、詳しい説明を伺うことが出来ました。
 
170505neduougai27a550
 
記念館の中にはカフェがあるんですが、その窓外には1本の木と大きな石が見えます。
 
鴎外の存命中に撮った写真に写っている、木と石。
石に座っている鴎外の写真が記念館にありました。まさしく、その木と石。
 
170505neduougai30a550
 
森鴎外記念館の向かい側には、ビルの隙間からスカイツリーが見えました。
 
170505neduougai31a550
 
鴎外に見えたのはどんな風景だったんでしょう。
 
 

2017年5月11日 (木)

旧岩崎庭園・弥生美術館・東大

4/29(土)旧岩崎庭園に行きました。
 
170429iwasaki7a550
 
無縁坂
 
この左側に旧岩崎庭園があります。
 
門を入ってなだらかな坂道をゆるゆる歩いて行くと・・・
 
170429iwasaki13a550
 
洋館は補修中。
 
旧岩崎庭園は、洋館、和館、庭園、撞球室(ビリヤード場)という構成。
当時の広大な敷地は、かなり狭められているようです。
 
170429iwasaki35a550
 
木造のこの建物は、ジョサイア・コンドルの設計
 
170429iwasaki36a550
 
建物の中は写真NG
 
贅を尽くし細部にもこだわりを持って作られた素晴らしい建物は、一見の価値あり。
テラスのミントン製のタイル、金唐革紙の壁紙・・・
 
170429iwasaki15a550
洋館に引き続き、和館を見学。
有名な職人さんの手により作られた広大な和館も、この一部だけが残されているようでした。日本画、障壁画が素晴らしかったです。
170429iwasaki19a550
 
一部残されてる庭園
 
170429iwasaki23a550
 
コ ンドル設計の撞球室(ビリヤード場)
 
山小屋風で素敵です。
 
170429iwasaki25a550
 
うろこ状の壁が面白い。
 
170429iwasaki31a550
 
撞球室(ビリヤード場)脇の様子
 
170429iwasaki38a550
 
岩崎家の家紋は、ひし形が3個重なった形。
三菱の今の紋とは、ひし形の並び方が違っていたんですね。
 
 
旧岩崎庭園を後にして、夢二の作品が並ぶ美術館へ行きました。
 
170429iwasaki41a550
 
 
ちょうど、セツ・モード学園の長沼節さんの展覧会が開かれていました。
名前だけは知っていましたが、初めてその作品を見せていただきました。
 
 
*「生誕100年 長沢節展」 4/1~ 6/25
 
*「夢二が描く 大正ファッション」 4/1 ~ 6/25
 
*高畑華宵展
 
 
170429iwasaki42a550
 
170429iwasaki43a550
 
 
 
この後、東大へ行って見ました。
 
170429toudai1a550a
 
東大 安田講堂
 
170429toudai3a550
 
 
170429toudai7a550
 
 
170429toudai8a550
 
 
170429toudai9a550
 
 
170429toudai11a550
 
 
170429toudai14a550
 
↑奥に見えるのが赤門
 
170429toudai16a550
 
左に赤門があります。
 
170429toudai18a550
 
外の通りから見た赤門
 
赤門は一度消失したら、二度とは作ってはいけない門だったとのことで、火事で燃えないよう大切に現代まで維持してきたんですね。
 
東大、本当に広いわあ~
門の所から上野に向かって歩いても歩いても東大の敷地がありますよね。
建物も由緒ある古い物から、近代建築の真新しい物から。。都内の他の場所にもグランドや植物園やら研究施設やらのある東大、財産もすごいなーといつも思います。
 
 
この日は1万歩ほど歩きました。
だらだら歩いたので、かえって疲れました。まだGWの初日。。
 
170505hachi1a550
 
東大の農学部の敷地にある、近年新たに作られたハチ公の銅像
(後日撮った写真)
新しいこの銅像は、上野先生にやっと会えて大喜び、飛びついているハチ公の姿です。
 
170505hachi2a550
 
泣けてきます。
 
待ったかいがあったね。大好きな先生に会えてよかった。
 
 

2017年5月 5日 (金)

2泊で広島へ4/24

4/24(月)朝ごはんは前日と同じ、ホテルすぐそばのサンマルクカフェで、パンとコーヒーを。
セットで超お安いです。
食後、義姉との待ち合わせにまだ時間があるので、お散歩に出かけました。
 
広島市内を走っている路面電車、色々あるんですね~
 
170424hiro2a550
 
 
170424hiro20a550
 
 
170424hiro21a550
 
↓可愛い絵柄の電車もあるんですね。
 
170424hiro23a550
 
長男のところの双子のぼくちゃんたちは1,2歳の頃から電車を見ると驚喜。大騒ぎしました。
3歳のお誕生日の頃に広島に連れてきたんですが、新幹線を下り、駅のロータリーで緑色の電車を目にするや否や、回らぬ口で、その電車の長ったらしい名前を叫んだのには、驚きました。子供用の電車図鑑を丸暗記してたようでした。
 
男の子ってほとんどの子が、ちっちゃいうちから車や電車には興味津々じゃないですか?
一方の女の子は、キラキラしたものやひらひらした可愛い物が大好き。もちろんそうじゃない子もいますけど。
長女の所の女の子が2歳の時は、抱っこすると視線はすぐに私の首元へ。キラキラのネックレスをじーっと見て、これ誰にあげるの?って聞いてきたりして。
欲しいんだ、2歳なのに。(空恐ろしいくらい口の達者な2歳児だった。)
 
男女平等っていうけど、生まれつき持ってるものってまるで違ってますからねえ。
男児は女児よりも無邪気だわ。
 
170424hiro3a550
 
原爆ドーム
 
170424hiro7a550
 
 
170424hiro14a550
 
 
170424hiro11a550
 
原爆ドームのあるこの川べりの先には橋が見えていますが、そこにオシャレなカフェがあり、その先に船着き場があります。
そこから宮島へ行く船が出ます。宮島までは40分くらいかかったんだろうか。。
 
それとは別に、つい数日前に見たテレビで、子役の福くんと夢ちゃんきょうだいが、そこから小さな丸い船に乗って、30分の遊覧(この界隈だけ)をしていました。
そういうボートも出るんだね。宮島への船だけかと思ってました。
 
広島はオバマさん以来、海外からの観光客が増えているようですね。この辺りにもたくさんの観光客が歩いていました。
 
170424hiro26a550
 
原爆ドームを後にして、旧市民球場跡の脇を通り、そごうのバスセンターに向かいました。
 
途中通った公園、ハノーバー庭園というところです。
 
ここもお散歩コースには良さそう。
緑の美しい静かなスペースが、この辺りにはとても多いように見受けられました。
 
バスセンターからバスに乗って、義姉と共に義母のところへ。
数時間居て午後早めにまた戻り、美術館でピーターラビット展を見てから、広島駅へ。
夕方の新幹線で東京へ戻ってきました。
 
170424hiro33a500
 
夕飯用に広島駅で購入した、「瀬戸の彩り弁当」
数回買ったことがあるんですが、これが一番お勧めかな。
 
 
9時台にようやく帰宅して、すぐに荷物を片付け洗濯も済ませました。
留守中に一度次男が仕事の都合で、我が家に一泊しています。その片づけも。
 
就寝が1時を過ぎたけど、翌朝は5時に起きて家事を済ませ、6時台の電車に乗り、前の家のメンテナンス兼トールペイント教室へ。
疲れているうえにさらに疲れました。
 
 

2017年5月 4日 (木)

2泊で広島へ4/23

4/22~4/24の広島
 
リーガロイヤルの正面には、ひろしま美術館があって、ちょうどピーターラビット展が開催されていました。
常設の絵画もなかなか充実していて素晴らしく、前回入館した時も感動した記憶があります。
美術館は他には県立美術館があって、そちらは更に規模が大きく立派な美術館です。傍には縮景園があります。
 
ひろしま美術館のピーターラビット展には、3日目の午後、新幹線に乗る前の数時間を空けていたので、その時に行きましたが、作者の歴史と共に素敵な原画がたくさん展示され、見ごたえがありました。
 
170423hiro6a550
 
6/4までなので、まだ1か月あります。
 
170423hiro12a550
 
美術館脇の散歩道
新緑が美しく、早朝だったせいもあり清々しく気持ちよかったです。
 
170423hiro19a550
 
桜の季節、紅葉の時期、夏は木陰を作り、季節それぞれに美しいだろうと想像します。
 
170423hiro20a550
 
小径を挟んで美術館の隣には図書館、更にアリーナがあります。
↑図書館の裏手になりますが、この建物には「映像文化ライブラリー」と書いてありました。
詳しそうに書いちゃいましたが、何度も来てるのに何も見ていなくて(余裕がない)、今回初めて、あっここにこんなのがあるんだってわかった程度で。。
ぐるりと回って、またひろしま美術館↓の前に戻りました。
 
170423hiro33a550
 
広島美術館入口
 
23日の朝ごはんは、ホテルビュッフェに大行列が出来ていて入れず、更に前夜の大食がたたって、とても食べる気にはならず、すぐ近くのカフェでコーヒーとパンだけで軽く済ませました。
 
朝の早めの時間にお墓参りを先にして、10時台からは前日に続き義母のお見舞いに。
昼ごはんは義母のホームで義姉妹ご主人と共に5人で。
夕方まで居て、5時台にホテルに戻りました。
 
晩ごはんは、そのリーガロイヤルの隣のそごうに入っている、お好み焼きの有名店「みっちゃん雅」で。
前夜に引き続き、義姉と共に3人です。
 
「みっちゃん雅」には今回が2度目です。
 
少し早めに入ったので、15分ほど待った程度で入れました。
(食べ終わったころは長蛇の列で、大変になってた。)
混みあうので、特に週末は予約しておいた方がいいんでしょうね。
 
170423hiro34a500
 
穴子入り卵焼き
 
他に豆腐とジャコのサラダ、他を注文。
お好み焼きは各自1枚。
 
170423hiro38a500
 
食べ散らかしてる写真で恥ずかしいデス。。
お好み焼きが運ばれてきたので、アッと思って、食べてる最中だったけど撮っちゃいました。
 
170423hiro41a500
 
麺入りの大きなお好み焼き、かなりのボリュームです。麺は、そばか、うどんか、です。
そばかうどん、って、前回初めて知ったんですよ。うどんもあるんだって。昔からそうだよって。
 
義姉やオットが小さい頃は、卵を1個家から持っていき、すぐ近くのお好み焼き屋さんに行って、その卵を入れておばちゃんに焼いてもらい、おやつ代わりに食べたそうです。
 
今回は全員、そば(焼きそば用の麺)を選択。
ネギがてんこ盛りになっていますが、そういうのをチョイスしたからです。
「観音ねぎスペシャル」っていうの。
 
私はお茶だけだったけど、二人はアルコールも入り、またもや食べ過ぎ状態になりました。
 
 
3日間をそれぞれ載せられても、見て面白いのは私だけだろうとは思います。申し訳ない。coldsweats01
まだ2日目なので、3日目は次の記事でね。
 
 

2017年5月 1日 (月)

2泊で広島へ4/22

4/22の朝、新幹線で広島へ向かいました。
 
朝ごはんも新幹線内で、一口だけ食べたんですが、広島へ着いたらすぐに義母の所へ行くので、お昼のお弁当もホームで買っておきました。
 
170422hiro2a500
 
穴子三昧と言うお寿司のお弁当。美味しかったです。
いきなりこんな写真を載せるって、食い意地張ってるのがバレバレだわ。。
 
朝の一口が効いたのか、この穴子のお弁当、量が多くて最後の二口分くらいを残してしまいました。
何が何でも食べる私には、かなり珍しいことです。
オットは幕の内弁当を好むのですが、バランス的には幕の内、いいですよね。
CMで・・・ 美味しいものは糖と脂肪で出来ている、っていうのがありますよね。
お寿司はそれに近いかな。この日の私には、このお米の量が多すぎました。。
 
170422hiro4a550
 
新幹線とホテル2泊が一緒になった、超お得なチケットをJR東海HPで購入していました。
毎回同じホテルに泊まるので、安いチケットにもかかわらず、お部屋がグレードアップしてありました。
有り難いです。(夜戻って寝るだけだから、関係ないけど、嬉しいです。)
真下にそごうが見えます。
そごうにはバスセンターがあるので、それを利用する私たちにはこのホテルは便利。
 
170422hiro6a550
 
右側には原爆ドームが半分ほど建物の陰から見えています。
 
170422hiro12a550
 
平和記念公園、資料館がその先に。
この川に沿った通りはとてもきれいな緑豊かな場所。
 
このホテルの真向かいには美術館があり、隣接の図書館、アリーナのぐるりには木々に囲まれた気持ち良い散歩道もあるのが、今回分かりました。(今まで気づいてなかった。。)
 
部屋に荷物を置いて、すぐにロビーに降り、バスセンターから義母の所へ向かいました。
夕方まで居て、またバスでホテルに戻り、夕食。
 
お昼にホテルに着いた時は、びっくりするくらい混みあっていて、チェックインに時間がかかりました。ホテルそばにあるアリーナで、韓流グループのコンサートがあったからだそうですが。
夕ご飯の時もどうかなと心配でしたが、6時前だったせいか、ホテルの1Fのビュッフェ、すぐに入れました。
 
メインを一つ選んで、他は食べ放題というビュッフェに変わっていました。
去年11月にも泊まっているんですが、お料理の雰囲気も少し変わっていました。
 
170422hiro22a500
 
私と義姉の選択↑ブイヤベース
 
オットの選択↓
 
170422hiro24a500
 
↑一切れ(鴨)もう食べちゃってますがパチリ。
 
170422hiro16a500
 
3人ともとんでもなくたくさん食べ、ずっとおなかが苦しく、後悔しました。
2人はビールとワインも何倍か飲んでたので、もっと大変だったようで。。
 
170422hiro28a500
 
デザート
凄い量に見えますけど、ちっちゃいのよ。coldsweats01
このところ夜なかなか寝られず(毎日元気なんだけど)かなりの睡眠不足でした。
この日、一日分だけでも更に疲労が増して、大量に食べたのにそのまま、バタンキュー。
エライことになりました。
 
 
次回に続く。
 
 

2017年4月30日 (日)

観劇とその前の新宿でのランチ

4/20(木)は午後3時スタートの「エレクトラ」を見に出かけました。
 
劇場は三軒茶屋にある世田谷パブリックシアター。
主演は、高畑充希さん。エレクトラの母親役は白石加代子さん。
父を殺した母に、弟を巻き込んで復讐する娘(次女)エレクトラの苦悩を描く舞台です。
 
170420elektra500_2
 
高畑さんにとって白石さんとの舞台は念願の共演だったそうで、カーテンコールの時、高畑充希さんが白石加代子さんに抱きついて抱っこしようとしていました。可愛い~lovely
 
膨大なセリフの量に驚く。
圧倒的な存在感の白石さんに負けず劣らず、売れっ子の実力を見せてくれた高畑さんの舞台に感激しました。
他の俳優さんは、麿赤児さん、村上虹朗さん、中嶋朋子さん、横田英司さん、仁村紗和さん
実力派の俳優陣で、力の入った舞台、見ごたえがありました。
 
 
 
で、その前のランチ。
 
劇の時間が遅めなので、この日相方が11時半に豪華なランチを予約してくれていました。
 
170420l1hyatt500
 
新宿にあるハイアットリージェンシー東京、3F 佳香
ネットで半額になっているのを見つけて申し込んだようで、びっくりのお得感でした。
 
席から見える景色は、左右にある東京都庁の2棟を結ぶ通路
 
170420l2hyatt500
 
写真はありませんが、最初に付き出しと焼き物のお皿が出ています。
最初の飲み物も付いて、半額でした。4日間だけの限定のお値段、と聞きました。
アルコールOKでしたが、私たちは下戸なのでフルーツ系のソフトドリンクをお願いしました。
食事の最後に、フルーツのデザートとコーヒーor紅茶が付いています。
お茶は食事中と最後に数回入れ替えて出してくれますが、食後は和食レストランでも最近はコーヒー、紅茶が付くんですね。
 
久々に美味しい外の食事をいただきました♪
見た目も美しく、お味も申し分なく、しかも半額!
嬉しかったです。
 
レストランの予約はネット(今回は一休)に限りますね。
いろんな高級店も期間限定で格安で頂けるのは、本当に有難いです。
 
 

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ