カテゴリー「かんたんデザート」の26件の記事

2016年8月17日 (水)

3人が遊びに来て、ランチとおやつ

翌8/11(木)は新しくできたという「山の日」
 
海の日があるから、山の日もってことでしょうか。
中途半端な木曜日っていうのが、何となく微妙ですけど。
 
たまたん(小4)とりっちゃん(小2)がこちらに来たいっていうことで、ママ(娘)と3人、急にこの日、我が家に遊びに来ました。
 
山の日なので、オットはお休みで在宅。でもパパ(娘の旦那さん)は仕事です。
 
お昼を我が家でってことなんですが、11時↓まだ何もできていません。
テーブルにとりあえずお皿を出しただけ。。
 
160811tamaritu3a500
 
↓キッチン
野菜と肉を入れたパックを冷蔵庫から出しただけ。
 
160811tamaritu2a500
 
娘なので気が楽、ということで、まるでやる気がわきません。
 
それに、これまで毎回作りすぎだったので、食べられないからそんなにしなくていいってことも言われています。
 
とりあえず、さっとできる1品を↓作りました。
 
160811tamaritu6a500
 
ホタテとセミドライトマトのニンニク炒め
オリーブオイル、ニンニク、蒸しホタテ、自家製セミドライトマト、塩、コショウ
 
子供向きじゃないですが、美味しい。ニンニクとトマトの酸味が効いてる。
 
160811tamaritu10a500
 
ご飯を炊いて、チキンライスを作りました。
ちょっと前に作ったオムライスがとっても美味しかったし、小学生にはそれかなあと思って。
 
バター、玉ねぎ、鶏もも肉、人参、パプリカ赤、ピーマン、セミドライトマト、塩、コショウ、鶏ガラスープ素、ケチャップ、トマトピュレ、ドライトマトパテ
ごはん、グリーンピース
 
160811tamaritu9a500
 
ドライトマトパテは↑これです。
 
旨みが濃くて、これが入ると味が違ってくる。パスタとかに使うと美味しいです。パンに塗ってもすごく美味しい。
 
残っていた自家製のセミドライトマトも刻んで入れてしまいました。
ご飯を炒める前に、先に薄焼き卵を5枚焼いておきました。
 
チキンライスが出来た12時過ぎ頃、3人が到着!
早速小学生二人にお手伝いしてもらいました。
 
こうするんだよと教えてあげて、型に薄焼き卵をのせ、チキンライスを入れて、お皿にパカッとのせてもらったんですが、二人とも大喜びでした。
 
で、ケチャップ頂戴と言うので、チューブを持たせたら↓
 
160811tamaritu15a500
 
二人で順番に、5人分を飾ってくれました。
 
160811tamaritu12a500
 
 
160811tamaritu28a500
↑りっちゃんはこんなのを。。。
 
 
160811tamaritu26a500
 
オムライスのお昼ごはん
ケチャップがいろいろで、可笑しい。
 
もうこれで十分、他には作らないで、とのことで、他にも準備しかかっていたものがあったけど、取りやめました。
 
160811tamaritu29a500
 
野菜とハムの盛り合わせ
 
食後に二人はピアノを弾いて遊んだりして楽しそうでした。
とっても上手になっていてびっくり。もうすぐ発表会があるので、来てね、ということでした。
その後、近くにある区の施設に出掛け、数時間過ごしました。
 
帰宅後におやつ。
 
160811tamaritu37a500
 
前夜、チョコがたっぷり入ったスコーン生地を作っておいたので、二人に小さな花型で型抜きしてもらいました。
 
型抜きだけだけど、やった感があったらしく、大喜びで作業する二人。
 
160811tamaritu47a500
 
180度のオーブンで焼きます。
小さな花型がぷっくりと膨らみました。
 
型抜きした残りの生地は、まとめて棒状にし、二人にナイフで厚くコロンとカットしてもらいました。
 
160811tamaritu51a500
 
これも追加ですぐに焼いたんですが、こちらの方がふくらみが良かったです。
 
チョコをたくさん入れたので、スコーンというよりはクッキーのような感じに出来上がり、甘くてさっくりして、とっても美味しかったです。病みつきになりそう。
 
焼き上がりの熱々を、「ヤケドに注意してね」 と言って食べてもらうのは楽しいし、二人とも大喜びでたくさん食べました。
 
160811tamaritu53a500
 
残りはお土産に。
 
すぐ近くではないけど、日帰りでこうやって行き来できるのも、有り難い事です。
 
160811tamaritu44a500
お土産に持ってきてくれた、ディーン&デルーカのお菓子
 
3人は、この数日前に(パパ抜きで)向こうのご両親と一緒に1泊の旅行をしてきています。
パパは仕事で行けなかったらしい。
 
日頃娘には、私たちのところよりも、向こうのおうちに頻繁に行ってね、と言い聞かせています。
実行してくれていると思います。
 
 

2015年10月14日 (水)

紅玉と洋梨のクランブル

10/9、紅玉を購入したので、盛岡駅中で買ってきた洋梨と共に、オーブンで焼きました。

バターと三温糖と薄力粉で作ったクランブルを作っておいて、スライスしたリンゴと洋ナシの上に三温糖を振り、しばらく置いてからクランブルをのせて焼くだけ。

151009cake2a451

薄めにスライスしました。

レモン代わりに、姉に大量にもらったすだちを絞って、色止めをする。上に三温糖を振る。

151009cake3a451

クランブルをのせて、200度で20分程度、様子を見て焼き色がつくまで焼く。

今回のクランブルは、無塩バター20g、三温糖20g、薄力粉30g、塩ひとつまみ、の割合です。その倍量を作りました。スコーンのように手ですり混ぜて作る。

薄力粉に加えて、アーモンドプードルを入れるレシピもあったので、次回はそれかな。

151009cake4a451

焼き上がり~

紅玉も甘酸っぱくて美味しかったけど、洋梨がとろりとしていい感じ。食べやすい。クランブルがカリカリしすぎたかも。

クランブルを作る時、バターをホイップしてから粉と砂糖を混ぜる作り方だと、そんなにカリカリしないかもしれません。

たくさん作ったので、残りを冷めてから冷蔵したんですが、クランブルがとろりと柔らかくなってて、そちらの方が好きでした。

151009cake5a451

2014年8月31日 (日)

フルーツのグラタン

8/25(月)のお昼に、神楽坂のラリアンスで妹と待ち合わせをしました。 妹とは、もしかして1年くらい会ってないかも、でしたね。coldsweats01

行きたくてもなかなか行けなかったラリアンスですが、8月のラリアンスは、食育、ということで小さな子も連れて行けるので、思い切って予約しました。

この日初めて、子供連れでお店に入りました。

娘とたまたん、りっちゃん、それにオットも合流して、賑やかなランチとなりました。

この日、ここで、小2のたまたんが初フレンチでした!!

小学生は、大人と同じコースが半額。

幼稚園年長さんのりっちゃんは、お子様プレート(ポタージュ、ハンバーグ&海老フライ&ポテト&サラダ、デザート)をお願いしたんですが、それはなんと無料です。

小2と幼稚園児なので、いくらなんでも早すぎるかとは思ったんですが、この日のラリアンスには1歳児と思われるベビーもママたちと一緒に居たんですよ。 ちらちら見てしまいましたが、静かにお利口さんに座っていて、それにもびっくりでした。

たまたんはきちんと落ち着いてフルコースを食べきり、デザートも全種類を盛り合わせにしてもらったんですが、それも全て食べきりました。満足したことでしょう。

食後、オット以外の全員で、家へ向かいました。

ラリアンスでしっかりとデザートをいただいたんですが、家でもお菓子を出しました。

140824fruit1b2a451

前夜のうちに、フルーツがたっぷりの簡単なお菓子を焼いておきました。

フルーツグラタン、と書きましたが、クラフティ、と同様です。

割と頻繁に作っていたクラフティですが、今回は、有元葉子先生のレシピで卵液を作りました。

「バットでできるお菓子とパン」(文化出版、有元葉子・山本真理) の中から 「いちじくのグラタン」

フルーツは、マンゴーとバナナと白桃 を入れてみました。

缶詰ではなく、フレッシュなフルーツです。

マンゴーは、弟がたまたま送ってくれた沖縄のものですが、食べきれなかったので、カットして冷凍していました。ここで役立ちました!

マンゴーがとろけるようで、ものすごく美味しかった。

140825fruit300x365

3種を盛り合わせるので、きれいにすくえない。。

が、味は抜群でした。

すぐにできる、超シンプルな果物のお菓子ですが・・・

さすがに有元先生のレシピは違う!とあらためて思いました。

(グラニュー糖ではなく、ちゃんとレシピ通りに、メープルシュガーを使いました。)

同じようなレシピはたくさんあると思うけど、ワンランク上の素晴らしい味だと、本当にあらためて感動しました。

140824fruit2a451

フルーツポンチ

ピンクグレープフルーツ、キウイ、白桃、グレープフルーツ果汁、レモン果汁、レモンジュース(レモン漬けハチミツ)、オレンジキュラソー

2014年5月30日 (金)

2回目のバナナナッツケーキと晩ごはん

ごはん写真の続きは、5/23(金)の分です。

この日は、お友達が遊びに来てくれました。

3日前に作ったのと同じ、バナナナッツケーキをもう一度作りました。

140523cake1a451

2度目は、バナナとナッツの下に流した生地が、前回よりももっと柔らかく出来ました。

上写真の状態のを焼いてから、1回目は(メープルスプレッドがないので、代わりに)上にメープルシュガーを振って焼きましたが、2回目はメープルシロップとメープルシュガーを練ったものを、たっぷりとのせて焼きました。

カリッと仕上がって、前回よりも美味しかったと思います。

140523cake7a451

カット面はこんな感じ。

140524lunch14c451

このケーキも同じですが、フルーツポンチも同様のを作りました。

連続して同じものを作ると、手際が違いますね。wink

夕方、お友達を駅まで送って行っていきました。

この日の晩ごはん

遅くなったので、慌てました。

140523dinner1a451

残っていた肉団子と新玉ねぎスライス

140523dinner2a451

鮭の塩麹漬け、茹で野菜(インゲン、スナップエンドウ、ブロッコリ)、大根おろし

140523dinner3a451

牛肉とセロリの葉を焼きました。

オリーブオイル、塩、コショウ、ニンニク醤油ちょっと

他、ごはんとおみそ汁

この翌日は土曜日ですが、そのお昼、二男が彼女と一緒に我が家にやってきました。お昼ごはんを準備しました。

火曜日と金曜日はお友達が来てくれて、木曜日は前の家のメンテ・庭の手入れに行って来て帰宅が遅くなり、さらに土曜日は息子、という具合で、この週は忙しかったです。

2014年5月25日 (日)

お友達が来たのでお菓子を焼きました

引っ越しから3カ月すぎた4月下旬に、ようやく食器棚とテレビ台ができ、数か所に散らばっていた食器類がしかるべき場所に収まりました。床置きされていた55インチのテレビも、ようやく壁にとりつけられました。

リビングとキッチンがきちんと整ったので、5/20(火)の午後、お友達のひとりが遊びにやってきました。

140520cake1a451

午前中、お菓子を焼いて迎える準備。

有元葉子先生の「バットでできるお菓子とパン」の本から、「バナナナッツケーキ」

すぐに出来上がります!

140520cake4a451

バットに流した生地の上に、バナナとナッツを並べて焼き、さらにメープルスプレッドをのせて焼くお菓子です。

表面がカリッとして、とっても美味しい。

バナナとナッツ(この日はクルミとヘーゼルナッツと松の実)なので、美味しくないはずがないです!

ただ、メープルスプレッドがなかったので、代わりにメープルシュガーをふって焼いたんですが、そこがちょっと微妙な感じでしたね。

スプレッドをたっぷりのせて焼いたら、香ばしさがもっと増して、カリリ感もさらにアップしたんじゃないかな。

140520cake5a451

このお菓子は、2日後にもう一度作りました。

まったく同じ仕上がりだけど、後日また写真を載せますね。よろしく~coldsweats01

140520fruits2a451

フルーツポンチ

(生活クラブの)白桃缶、キウイ黄色、キウイグリーン、イチゴ、白桃缶のシロップ全部、レモン汁少々、梅酒(去年の自家製)少々

こちらは、前夜のうちにシロップに浸して、冷蔵しておきました。イチゴはぐじぐじになりやすいので、どっぷり浸らないように上にのっけて、シロップをかけ回しただけ。

ほんのちょっと入れた梅酒がほのかに効いて、すごく美味しくなっていました。

140520tea451

お友達なので気の張り具合もそこそこだし、人をお招きするのもたまにはいいもんだなあと思いました。

家中を見てもらい、話も弾みまくりで、とっても楽しかったです。

3日後には別のお友達が遊びに来てくれましたよ。happy01

2012年9月 5日 (水)

イチジクのグラタン

8/31(金)の午後、娘がたまたんとりっちゃんを連れてやってきました。

その前に、すぐにできる、おやつになりそうな果物を入れたお菓子を焼きました。

今回のは有元葉子さんの「バットでできるお菓子とパン」の中の、イチジクのグラタンですが、以前何回も作っていた、果物入りのフランとかクラフティとか、そういうのと同じ種類のものです。

120831ichijiku400x595

フランやクラフティは超簡単なので、今まで何度も作っています。

果物に、卵液(卵・メープルシュガー・生クリーム・薄力粉・ラム酒)をかけて焼くだけ。

フルーツ入り焼きプリンって感じのものですが、これまではバナナや桃やブルーベリーやイチゴとかだったので、今回のイチジクは初めてです。

120831ichijiku6a400

イチジクって子供はあんまり好きじゃないかな~

子供むけだったら、ありきたりでもバナナあたりのほうがよかったかもしれません。

私的には美味しかったので、かなりの量を私が食べてしまいました。delicious

で、娘たちですが、2時過ぎにやってきました。

10日前に私と一緒に秋田のおばあちゃんちに行ったので、今年の夏は我が家に来るのはもうナシだと思っていたので、しばらく会っていないオットは大喜びでした。

我が家に来て、娘は携帯をスマホの変えたいのでつきあって、と言われ、一緒に近くのドコモショップに出かけました。

高校生の時に初めて購入した時、私の名義で買った娘の携帯なので、私がいないと名義変更すらできないので。今頃ですが、名義変更しました。恥ずかしながら、支払いも娘の口座に変更できました。 (やっと!)

ついでに、私もぼろぼろになっている携帯を機種変更しました。

が、3時半に出かけたのに、あれやこれやの手続きに3時間もかかり、帰宅したら7時過ぎ。
しかも、新携帯の充電器が見当たらずすったもんだし(古いケイタイの充電器が同じだから、それを使えってことかな?)、さらにそんな中、オットが早々と帰って来てしまって、晩ごはん、どうにもなりません。

7時すぎなんて、りっちゃんたちは普段ならばごはんもお風呂も済んでる時間です。ショップでは長時間だったのに、二人ともおりこうさんでした。大人でも飽きるのにえらい。

仕方なく、しぶるオットと共に、全員でファミレスに行きました。オットはファミレスなんて数年ぶりかも。人生の中で数回目かも。
混み合っていたので、けっこう人気なんだねえとびっくりしていました。

2010年11月23日 (火)

パウンドケーキ入りのクラフティ

いただき物の手作りココア味パウンドケーキを変身させて作った、クラフティ

その続きです。

しばらく前にご近所の花友さんに、沖縄土産のドライフルーツをいただきました。

101121dessert1a300

袋入りでしたが、全部を手持ちの瓶に入れ、手持ちのオレンジリキュールとラム酒をかけておいていました。

他に、ラム酒漬けのレーズンもあるのでそれも使います。

買い置きしている白桃の缶詰(生活クラブ)もカットして、パウンドケーキと共に耐熱容器に入れます。

なんとなく、クラフティやらパウンドケーキやらがすぐに作れる状態になってるでしょ。(笑)

101121dessert2b300

けっこうもりもりの中身ですね~

101121dessert2c300

これとは別に、ドライフルーツとパウンドケーキが入っていない、白桃だけのも作りました。

101121dessert4a300

(白桃だけ、なんて書いたけど、ほんとは柿も少し入っています。でも、柿はお勧めしません。固めだったせいか、焼き上りがもごもごして、よくなかった。白桃はクラフティにはお勧めです!フレッシュでも缶詰でも!)

101121dessert5a300

作った卵液は

溶き卵2個、(生クリームがなかったので)牛乳300cc、ハチミツ大3(かなり控えめな甘さです。要調節)、コーンスターチ大1、リキュール適宜

最後のリキュールは、手持ちの使えるフルーツ系がオレンジリキュールだけだったので、それにしました。ブランデーでも桃のリキュールでもなんでも。

混ぜてから一度漉しています。

101121dessert5d300

今回は、天板にお湯を張って焼きました。180度30分ほど。

101121dessert8c300

中に入れたパウンドケーキは、卵液を吸って大きく膨らみ、液と馴染んでふっくらと焼き上がりました。美味しかったです!

いただき物のパウンドケーキが。。

日曜日(11/21)、朝ごはんの後になぜか久々に作ったデザート

超カンタンなので、「作った」 と声を大にしては言い難いかな。

101121dessert7b

おけいこ仲間から、手作りのパウンドケーキをいただきました。ココア生地のものでした。

が、一口だけ食べて、あとは食べられず。。3日たち4日たち、そのままほおっておくわけにもいかず。

で、本当に悪いとは思ったけど、
全部サイコロ状にカットし、ドライフルーツ&缶詰の白桃と一緒にして、上に卵と牛乳と砂糖のプリンのような生地を流し、オーブンで焼いてみました。

お菓子を作ると、一人でついついぱくぱく食べてしまうので、最近は簡単なものでも滅多に作らなくなりました。だから久しぶり。

本当に久しぶりのクラフティです。

101121dessert7c300

途中で、卵液が余ってしまって、中身を缶詰のフルーツ(白桃)だけにして焼いたものもあります。

101121dessert8b300

食べる人、二人だけなのに、こんなに作ってどうしようか。。。

なーんて思わなくても、2日もあれば (私が) 食べつくします!

熱々の焼きたてもいいし、冷蔵庫で冷たくしたのはまさしく(具入りの)プリンのようです!

101121dessert9b300

せっかく
筋トレ教室に通ったり、ウォーキングをしたり、(たまに)晩ごはんをダイエットバージョンにしたりしても、
毎日おやつ付きの生活なので、やったかいがないんですよね。

こんな手作りお菓子がなくても、3食の他に、市販のせんべい等々をばりばり、の私です。

2010年1月12日 (火)

自家製の甘辛あられ

鏡開きは11日だというのに、その数日前に、早々と鏡餅を片づけてしまいました。あとで気づいたけど、もういいかぁって。

例年は餅の裏がかびているのだけど、今年は暖房を変えたこともあり、家の中が乾燥していたせいか、ほとんどカビはなくてきれいなままでした。
(うちの鏡餅は、剥きだしの昔ながらのものです)

ざるに入れて数日。
外に干さずに、台所の小窓で陽をあてつつ、置きっぱなし。

台所仕事の合間に、ひびに手を入れて、細かく割っておきましたが、からんからんに乾燥したので、少量をオーブンで焼いてみました。

100109mochi430x395

油で揚げずに、オーブンで焼いただけです。揚げたら、美味しいけどえらいことになります。痩せてる人はどうぞ。

オーブンでキツネ色に焼けたら、醤油とミリンで小鍋に甘辛いタレを作り、さっと絡める。
焼く時に使ったオーブンシートに、くっつかないように離して置きました。少し乾かして出来上がり。

美味しいです。

甘辛のタレを絡めなくても、そのままでも十分イケると思う。

かなりの量ができるので、(焼く前の)からからに乾いて石のようになった餅片は、空き缶にでもいれておき、必要に応じて焼こうかな。

2008年11月11日 (火)

ピンク色のリンゴのコンポートとリンゴジャム

せっかく紅玉を買っていたのに、なかなか使えず冷蔵庫に残っていたので、思い切って全部加熱してしまいました。

081111apple3a280購入前はあれも作ろうこれも作ろうと、そう思っていたのに、大概こういうことになってしまいます。

お姉ちゃん(娘)が買っていた雑誌をちらりとのぞいたら、皮を煮出した液で煮たリンゴのコンポートの写真を見たので、マネをしてみました。

ピンク色をしていて、なんだか美味しそう。

雑誌はそれ以上開いてみたわけでもなく、作り方はまったくいい加減な自己流です。。

081111apple1a200x603

■コンポート

皮を剥いて切ったリンゴに、手持ちの甘み(「てんてきの糖」という低カロリーの天然甘味料)をかけ、しばらく置いておきます。(高果糖液糖とハチミツでできている甘味料で、砂糖の60%のカロリーのようですね。)(砂糖を使うなら、アクの出ないグラニュー糖がベストだと、テレビの料理番組で言っていましたが。)

その間に剥いた皮をひたひたの水を入れて、強火で色を煮出しておきます。

甘味をかけたリンゴの水分が出たころ、強火にかけて煮て、沸騰してきたら火を落としてさらに数分煮、ピンク色の皮の煮出し液を入れて、リンゴが煮崩れない程度にことこと煮てできあがり。
こちらは短時間で出来上がります。

■ジャム

皮を剥いて適当にザクギリしたリンゴに、コンポート同様に甘味をかけておき、水分が出てきたら、同じく強火で煮ます。
火を弱め、水分が少なくなり煮崩れる程度まで、これまた同様にことこと煮ていきます。
(まったくいい加減な説明。。。)

081111apple2a452x200

甘味は本当に控えめ。
ジャムは、ヨーグルトに入れてもすっきりとした甘味で、とても美味しかったです。
冷蔵してもたいして日持ちはしないと思うので、小分けにして、すぐに食べない分は冷凍庫へ。

コンポートの色と言ったら、それはもう美しくて。
甘さも程よく出来上がりました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ