カテゴリー「のみもの」の9件の記事

2014年7月 1日 (火)

今年の梅酒と梅ジュース&サワー

梅酒を作りました。6/24

今のこの住まいは狭いので、今年購入した梅は梅酒用を2.5キロ。(144個ありました。)

これ以上は、作っても置く場所がありません。

梅2.5キロの他は

氷砂糖1キロ(1袋)、果実酒用ブランデー1.8リットル(1本)

を購入しましたんですが、手持ちのハチミツがあるのでそれもプラスし、分量をやりくりして全部使い切りました。

なので、とってもいい加減です。

140624ume1a451

4リットルの大びんは、この1本だけ。梅酒です。

去年はこれを2本作ったのかな。

今年の(相当いい加減な)分量・・・・・梅酒用の梅70個(1.2キロほど)、氷さとう1キロ、果実酒用ブランデー1.8リットル

ビンの上に隙間があるので、本当はブランデーをもっと入れたかったけど。。。

140624ume2a451

梅サワーには、梅酒用梅20個、リンゴ酢400cc、国産アカシアはちみつ500g

梅ジュースには、梅20個、国産アカシアハチミツ800g、国産レモン適宜

140624ume4a451

4リットルの大びん1本以外に使ったビンは、はちみつが入っていたビン3本。

左から、梅サワー、梅サワー、梅ジュース

この他、残り半分になっていたアカシアハチミツの小ビン1本に、梅を投入。梅ジュースにしています。

何度も書きますが、分量は、相当いい加減。

あるもので間に合わせて、とりあえず全部使うってことだけで作りました。

後日、だいぶ経ってから様子を見て、はちみつを足してみたり、お酢を入れたり、レモン(国産)の輪切りを入れたり。

数カ月後に梅を引き上げてからだって、足しちゃったりしてもOK、と思ってる。そのまま置いて、熟成させます。

出来上がった梅酒は、オットがひとりで飲みます。

我が家のは、かなり適当ながら梅の割合がとっても多いので、市販のも美味しいとは思うけど、うちのほうが断然美味しいと思うよ。

ビンの蓋の内側が酸等々ですぐに傷むので、ラップなんかを挟んでるけど、これはかなり微妙。。。もれやすいですよね。coldsweats01 

取っちゃおうかな。

140626ume3a451

2日後の梅サワーと梅ジュース

今日7/1は、梅がもっとしシワシワに小ぶりになってます。

2012年11月 4日 (日)

フカヒレラーメンと生姜の飲み物

11/3(土)のお昼ごはん

121103lunch1a400

前夜オットがおみやげに持ち帰った、後楽園飯店のフカヒレラーメン

2食がしっかりとしたケースに入っていまして、見るからに高級感がでておりましたよ。

麺、スープ、フカヒレの煮込み

作ってみました。smile

121103lunch2a400

フカヒレ~~lovely すごいでしょ。

フカヒレの浸っているスープは、濃厚でした。

お肌、つるつるになるかなあ~~wink

完食して、そのままテレビを見ていたら、生姜を漬けこんだ甘い飲み物が紹介されていました。

うちにもあんなのがあるよ、ということで・・・

121103ginger1a400

一度も登場させていませんでしたが、新生姜をスライスして、スライスレモンと一緒にハチミツに漬けこんだもの、です。食後の飲み物はこれ。

炭酸で割ったら、自家製ジンジャーエールでしょかね。。

121103ginger2a400

甘いけどサッパリしていて、とっても美味しいです。

新生姜の時期に作って(←簡単すぎるが)冷蔵していましたが、ここでお披露目できて、よかったよかった。

2012年6月 8日 (金)

ジューシーフルーツサワー

翌6/5(火)は届いたばかりの生活クラブのジューシーフルーツで、サワードリンクを作りました。

120605juicy2a400


ジューシーフルーツ(美生柑のことかな?グレープフルーツよりもさっぱりした味だと思います。)は1.2キロで4個あります。

120605juicy3a400

(↑ビンのお酢は少ないですが、このあとこれにさらに足しています。)

皮を剥き厚めにスライスして清潔な保存瓶に入れ、氷砂糖をのせてお酢を注ぐのですが、やることやること、実に適当ないい加減な私でありまして。

基本は、フルーツ1・砂糖1・お酢1 だと思っていますが、とりあえず、
この4個分に、リンゴ酢を2本半(1250ml)、氷砂糖の代わりにカロリーダウンの為に 「てんてきの糖」というのを1キロほど使いました。

120605juicy1a400

生活クラブのライブリーに、ジューシーフルーツサワーの作り方が載っていたので、中身をコピーしますね。(いい?)

■容器に、皮をむいたジューシーフルーツ1個、純りんご酢1.5カップ、ビートグラニュー糖250gを入れ、上下を返してよく混ぜ合わせる。飲みごろは4~5日後から。水か炭酸飲料で2~5倍に薄めて。

ジューシーフルーツの皮ですが、量があってかなりもったいなかったので、マーマレードを作りました。
そのマーマレードをどっさり混ぜて、今日は簡単なパウンドケーキを焼きましたよ。
それはまた後日載せますね。

来週は梅酒用の梅が届くので、そちらはオットが大好きな梅酒にするつもりですが、梅サワーもとても美味しいので、そっちも作ろうかな。

2009年9月27日 (日)

グレープフルーツのサワードリンクはダイエットに効く?!

毎年梅の時期に、サワードリンクを作っています。
梅とお酢とハチミツ(たまに氷砂糖)なので、体に良いのは間違いないです。

甘味でカロリーが気になるところだけど、お酢の割合を多めにすれば、毎日毎日ガブ飲みするわけじゃないと思うので、大丈夫でしょう。

他のフルーツでも作るのは簡単なので、さらにグレープフルーツでも作ってみました。

輸入ものなので、皮はしっかりと剥いて使います。厚切りの輪切りにして容器に入れ、ハチミツとリンゴ酢を注いで終わり!!

今回は(今回も)分量はいい加減ですが、
グレープフルーツ1個+1/3個くらい(残りはそのまま食べちゃったんで。。)、ハチミツ250ccくらい、リンゴ酢1本(500cc)を使ってみました。適当ですよ。ほんとに適当、この量は!

グレープフルーツサワーは果汁がどんどん出てくるので、梅サワーと違って、翌日には、もう美味しく飲めます。私は炭酸割りが好みです。

090925sour450x332

知り合いの先生は、これにレモン果汁を搾ったのを作っていて、それであっという間に痩せたと言っていました。1週間で2kg!!ダイエットにいいから、やってみて、と私も勧められましたが。。

オットにその話をしたらば、「飲み過ぎて、ごはん食べられなかったからじゃないの?」 と即答。私もそうじゃないかと思います。

2008年6月21日 (土)

すっぱ美味しい!ピクルスと梅サワー、梅酒

梅の季節なので、今年もまた梅サワーを作りました。今年は梅干はなし。
写真の梅は全部で2kg。(これとは別に少し前、2kgの梅でサワードリンクを作っています。)

080621sour280x830

ガラス瓶を使いたかったけど、全部出払っていたので、プラスチック容器を使用しました。

基本的には、サワードリンクは
梅1 : 氷砂糖1 : お酢1(リンゴ酢)

梅酒は、私が下戸なのでここしばらくつくっていなかったのですが、どうもオットが好きらしく、今年は作ることにしました。
焼酎の代わりに、梅酒用ブランデーを使用しました。

分量はこちらも基本は同量で。
でも、両方とも、梅を多めに糖分は少なめにしました。

容器も無精して、煮沸消毒の代わりに、お酢だったり酒だったり、少量を入れてぐるぐる回し、消毒(したつもり)。いいかげん・・・。

それと、ピクルスはこのところ、紫タマネギやらキュウリやらを頻繁に使い、普通の甘酢(リンゴ酢・砂糖・塩・タカのツメ・粒コショウ)に漬けていましたが、今回は加熱したマリネ液で。

マリネ液:

リンゴ酢1.5カップ、白ワイン1/2カップ、水1/4カップ、ハチミツ大2、塩小1と1/2

ハチミツを使いましたが、普通の砂糖でも三温糖でも。
甘いのが好きな人はもう少し甘み増量で。

これを数分煮立て、火を止めてから粒コショウ小1とタカのツメ1本を入れます。
切った野菜を容器に入れて、荒熱の取れたマリネ液を注ぎます。
野菜は必ず、液に全部浸るようにします。
長期保存食とはちがうので、冷蔵庫で保管し、早めに食べます。

今回の野菜は、紫タマネギ、ダイコン、キュウリ(皮をまだらに剥き、種を取って)、パプリカ、ブロッコリ(固く湯がいて)

1~2日過ぎたほうがおいしい。ほぼ毎日食べています。

2007年7月12日 (木)

ラズベリーサワー

庭のラズベリー、今年はとっても元気です。一日おきくらいに採っていますが、雨で採らなかったり忘れたりすると、虫さんのごはんになっています。

070703rasberrysour← これは7/3の収穫(ってほどじゃないねー)。

一度に採れる量はこんなものだけど、歩幅にして1,2歩だけの地面に生えているラズベリーにしては、けっこうすごい!って思う。まだまだ採れます!

ラズベリーはジャムにすると、ものすごく美味しいです。ジャムは何回か作っているので、今回はお酢につけました。

サワードリンクは、前も書いたけど、基本はフルーツとお酢と砂糖(氷砂糖orハチミツetc.)は同量。でも適当です。お酢をかなり多めにしています。特にラズベリーはジューシーなので、ラズベリーを少なめにしたほうがいいかな。

写真よりももっともっと赤くなりました。とてもきれい。炭酸で割ったら、夢のように美しい飲み物になります。

2007年7月 2日 (月)

赤ジソジュース

赤ジソジュース、なんとまあ初めてです。

作り方は、ネット検索するとわんさか出てきます。分量はいろいろ。ろくに較べもしないで、赤ジソの袋の裏に書いてある通りの作り方で作ってみました。

070628akajisomix ・・・材料・・・

赤しそ 1袋(葉&茎で280g)、クエン酸 20g(酢の場合は2カップ、レモン汁の場合は3個分)、砂糖 500g~800g(好みに応じて)、水2000cc

・・・作り方・・・

1.赤ジソの葉は水洗いする。 2.鍋に分量の水を煮立てて、クエン酸を溶かし、葉を2~3分煮出す。 3.鮮やかな色になったら葉を取り出し、ジュースをこして砂糖を加え、20~30分煮つめ、熱いうちにビンに詰める。

・・・飲用・・・

3~4倍に、水か炭酸水で薄めて飲む。

と、こんな具合。

クエン酸、そういえば戸棚に入ってたなあ、と後で思い出しましたが、お酢を使いました。砂糖は500g入れて。

あっという間に出来上がり。

500gのお砂糖は、私的にはちょっと甘すぎかなとも思ったけど、クラブソーダで薄めて飲んでみたら、まあこれくらいでいいかな。

070702shiso200

よそをあれこれ、今頃になって見てみましたが、クエン酸やお酢はシソを煮出してから最後に加えていました。

今回は最初から入れたけど、味の違いはどうなんでしょう??酢が入った状態で煮詰めてるから、すっぱさはまろやかになってるのでは?

春にはイチゴでサワードリンクを作り、6月には梅サワーを。今度は赤ジソジュース。スッパ甘い飲み物がやたらあります。お酢は体にとってもいいけど、お砂糖を摂り過ぎないように要注意だね。

2007年6月15日 (金)

梅サワー作りました

更新が遅れてるけど、ちょっと元気を取り戻せそうなので、これからまた頑張りますね!

070608umesourmix1週間前に(6/8)梅サワーを作りました。

この何年かは毎年つくってるサワードリンクだけど、一番美味しいのはやっぱり梅かなあ。

サワードリンクで今までためしたのは、梅、イチゴ、グレープフルーツ。

前回はイチゴサワーを作って、あれはあれで楽しんでおりますが、今頃こんなこと言っちゃ申し訳ないけど、焼酎で作るフルーツ酒でもそうなように、梅の美味しさを越えるものってないと思う。年数が経てばさらにまろやかさ芳醇な香りが増してくる!

サワードリンクの基本は、イチゴのところでも書いたと思うけど、

梅1:氷砂糖(はちみつ)1:酢1

の割合で作ります。私は酸っぱめが好きなので、お酢の量がこれよりも多めです。

今回はかなりいい加減な分量でして、梅は生活クラブのものを2kg使いましたが、入れ物の都合で(小さすぎ)、酢もハチミツも梅の分量よりも少ないです。後日梅を取ってから、お酢を足すと思います。(いい加減でしょ。でも大丈夫。)

梅は洗って軸のあったところを爪楊枝できれいにしてから、同じく爪楊枝でぷすぷすと穴をあけ、水気を取って使います。

今回もイチゴと同様に、氷砂糖ではなくてハチミツを入れました。お酢はリンゴ酢をつかいましたが、(買い置きが足りなくて)一部黒酢も足しました。それで何となく黒っぽいのかも。。。普通のお酢でももちろんいいけど、私的にはリンゴ酢がまろやかで好きです。他には、この後に写真を出す予定の 「玉姫酢」 ならば、ごく普通のお酢とはまるで違うやわらかい味で、こういうサワードリンクにもピッタリかなと思います。

追記: ネット検索をすると、梅サワーもかなりヒットします。読んでみると、ほとんどのところで、梅には穴をあけずにヘタを取るだけです。梅に傷をつけると濁る、ということのようです。私は何年も前から爪楊枝(金気はだめ)で穴をあけてやっております。(参考にしてた本にはそう書いてた!) 濁る・・・と言われるとそうなのかな、とも思うし、そうでもないと言えばそうでもない。。。穴あけたほうが、ジューシィにできそうな気がしてますが、居直りでそう思うのかも。わかんなーい(笑)好きにして~

2007年2月23日 (金)

イチゴのサワードリンク

ジャム用のイチゴ4パックセット、というのを注文していました。一度に4パックってすごいようで、たいしたことないですよね。イチゴって、なくなるの、あっという間。

それでジャムをとは思っていなかったんですよ。ちっちゃな粒で、中にはヘビイチゴじゃないかと思うようなのも入っているけど、普通に食べても酸っぱいこともなくて美味しいし、何よりも安い。

070222ichigosourmix 1パックはそのまま食べちゃいました。一つ前の記事の写真のイチゴはそれです。

で、残りのイチゴは←こちらに変身させました!

イチゴ1:ハチミツ1:お酢1

基本は、ほぼ同量。ハチミツは氷砂糖でももちろんOKだけど、いつもハチミツで作ります。

こういうのって、お酢が多かろうが、ハチミツが多かろうが全然構わないです。あとで足しちゃっても平気。

イチゴが浮いてくるので、たまにビンを振ってやります。

普通は2,3週間後から飲めるって書いてある気がしますが、それも適当。ハチミツが氷砂糖よりも溶けやすいので便利です。イチゴはそのころに引き上げます。

何ヶ月もたつうちに、赤色がだんだん褐色になってきます。でもそれにつれて、お酢のすっぱさもまろやかになるんですよね。サワードリンクって、色んな果物で簡単に作れるので、是非!と思います。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ